占いの意味や夢の意味・心理や数字はどんな意味?SPITOPIは「占い」であなたの深層心理に迫ります。

 

運勢・占い・心理の秘密


https://spitopi.com/blog/20180824103701.html
緊張しない人の心理・する人の心理と違い

緊張しない人の心理・する人の心理と違い | SPITOPI

SPITOPI
緊張しない人の心理・する人の心理と違い

スポンサーリンク

世の中には「緊張する人」と「緊張しない人」がいます。

緊張する人と緊張しない人は「根本的な物事の考え方・心理状態」に違いがあるとされていますが、どのような違いがあるのでしょうか? 「緊張しない人の心理・特徴」と「緊張する人の心理・特徴」について整理しながら、「緊張しない為の心理・方法・工夫」についても分かりやすく紹介していきます。

  • 緊張しない人と緊張する人は考え方が違う
  • 緊張しない人の心理や特徴
  • 緊張する人の心理や特徴
  • 緊張しない人がしていること
  • 緊張しない為の心理・方法・工夫
  • まとめ

1. 緊張しない人と緊張する人は考え方が違う

緊張しない人と緊張する人は考え方が違う

「緊張しない人」と「緊張する人」は、人から見られていることを意識し過ぎているかどうかという明らかな考え方の違いがあります。

人から見られたり評価されたりすることを意識し過ぎている「自意識過剰な人(自分を実物以上に凄い人だと思わせたい人)」は、見栄を張りたがることで緊張する人になっていきます。

人から見られたり評価されたりすることをあまり意識しない「マイペースな人(自分にとってのベストを尽くす人)」は、ありのままの自分を出せるので緊張しない人になっていくのです。

「緊張しない人」の典型的な考え方として、周囲にいる人たちを自分に対して肯定的で友好的な人たちであるように認識するということがあります。

反対に、「緊張する人」の典型的な考え方は、周囲にいる人たちを自分に対して否定的で敵対的な人たちであるように認識するということになってくるのです。

2. 緊張しない人の心理や特徴

緊張しない人の心理や特徴

「緊張しない人の心理・特徴」として指摘できるものには、以下のようなものがあります。

「緊張しない人」がどのような心理状態や特徴を持っているのかを知りたい時に、各項目を確認してみて下さい。

2-1. 人に認められることよりも自分のベストを尽くすことを優先している

人に認められることよりも自分のベストを尽くすことを優先している

緊張しない人の代表的な心理・特徴として、「人に認められることよりも自分のベストを尽くすことを優先している」ということを指摘することができます。

緊張しない人は、人から「凄い人物・優秀な人物」としていつも認められたがっているわけではなく、「自分が今までやってきた努力や練習の成果」が少しでも出せればいいというように考えていることが多いのです。

人に褒められたり認められたりすることを過度に求めず、自分のベストを尽くすことだけを優先しているからこそ、緊張しにくい心理状態になっているのです。

2-2. 実力に見合った適度な自己評価と自信を持っている

実力に見合った適度な自己評価と自信を持っている

緊張しない人の心理や特徴として、「実力に見合った適度な自己評価と自信を持っている」ということがあります。

緊張しない人の心理状態として、「自分に対して本物の自信を持っている」ということを上げることができます。

本物の自信というのは「空威張り・虚勢」ではないということであり、自分の実力に見合った「適度な自己評価(極端に高くも低くもない自己評価)」を持っているということなのです。

適度な自己評価に裏打ちされた本物の自信に支えられているからこそ、いつも緊張することなく自然体で物事・他者と向き合うことができるのです。

2-3. 自分にできるだけの準備と努力をしてきたことを自覚している

自分にできるだけの準備と努力をしてきたことを自覚している

「自分にできるだけの準備と努力をしてきたことを自覚している」ということが、緊張しない人の心理・特徴の一つになっています。

緊張しない人は「自分の力を出し切れればそれで良い+結果としての優劣にはあまりこだわらない」という特徴を持っているので、緊張しないための方法として「十分な準備をすること+最大限の努力をすること」を重視しているのです。

自分にできるだけの準備と努力をしたことに心から納得できれば、緊張するリスクは格段に低くなってきます。

どう逆立ちしても、今の自分にはそれ以上の準備や努力はできないのだから(やれるだけのことはやったのだから)、そこで緊張しても意味がないからです。

2-4. 体裁を整えようとしたり見栄を張ろうとしたりする心理がない

体裁を整えようとしたり見栄を張ろうとしたりする心理がない

緊張しない人の心理や特徴として、「体裁を整えようとしたり見栄を張ろうとしたりする心理がない」ということがあります。

緊張しやすい人というのは、自分を「物凄く立派な人物+欠点やミスのない完璧に何でもこなせる人物」であるかのように見せようとして、自業自得で緊張していることが多いのです。

反対に、緊張しない人は体裁を整えようとしたり見栄を張ろうとしたりする心理を持っていないからこそ、「ありのままのリラックスした自然体」でいることができるわけです。

緊張しない人というのは、「見栄・体裁の格好付け」にとらわれていない人なのです。

2-5. 周囲にいる他者を自分に対して肯定的な「友好的人物」であると感じている

周囲にいる他者を自分に対して肯定的な「友好的人物」であると感じている

「周囲にいる他者を自分に対して肯定的な「友好的人物」であると感じている」ということを、緊張しない人の心理・特徴として上げることができます。

緊張しない人は、人前で何かパフォーマンスをする時でも、自分を見ている人たちを「粗探しする敵」ではなく「良い所を見つけてくれる味方」のように感じていることが多いのです。

周囲にいる他者を、自分に対して肯定的な「友好的人物」であると思い込むことによって、不必要な緊張をする可能性を低くすることができます。

他者に対するポジティブな認知が、緊張を緩和してくれるのです。

2-6. 他者に対してはありのままの自分を見せれば良いと考えている

他者に対してはありのままの自分を見せれば良いと考えている

緊張しない人の心理や特徴として、「他者に対してはありのままの自分を見せれば良いと考えている」ということがあります。

緊張しない人の典型的な心理として、「ありのままの自然体の自分」を何も隠さずに見せることができるというものがあります。

他者に対して、いつでも「ありのままの自分」を見せれば良いと考えることができれば、緊張するリスクは相当に低くなってきます。

自分を着飾ったり偽ったりしてでも、「実物以上の立派な人物」に見せようとすれば必然的に緊張してしまうのです。

2-7. 失敗(ミス)をしてもそれで全てがダメになるわけではないと知っている

失敗(ミス)をしてもそれで全てがダメになるわけではないと知っている

「失敗(ミス)をしてもそれで全てがダメになるわけではないと知っている」ということが、緊張しない人の心理・特徴の一つです。

緊張しない人というのは、簡単に言えば「失敗すること(ミスすること)を恐れない人」なのです。

緊張する人は「一回でも失敗したら自分の人生全体が台無しになってしまう」と悲観的に思い込んでいますが、緊張しない人は「何度失敗してもそこからやり直しはできる」と楽観的・現実的に考えることができるのです。

2-8. 成功体験からも失敗体験からも新たなことを学び続けている

成功体験からも失敗体験からも新たなことを学び続けている

緊張しない人の心理や特徴として、「成功体験からも失敗体験からも新たなことを学び続けている」ということを上げることができます。

緊張する人は「失敗することに対する恐怖心」が強すぎるために、失敗体験をしたらひたすら自分を責めて落ち込むだけでその失敗の体験から何も新しいことを学ぶことができません。

緊張しない人は、成功体験だけではなく失敗体験からも「次に失敗しないためのヒント」を学ぶことができるのです。

3. 緊張する人の心理や特徴

緊張する人の心理や特徴

「緊張する人の心理・特徴」として指摘できるものには、以下のようなものがあります。

「緊張する人」がどのような心理状態や特徴を持っているのかを知りたい時に、各項目をチェックしてみて下さい。

3-1. 周囲の人から認められたいという承認欲求が強い

周囲の人から認められたいという承認欲求が強い

緊張する人の心理や特徴として、「周囲の人から認められたいという承認欲求が強い」ということを上げることができます。

緊張する人は「自分で自分を認めること」が苦手であり、いつも「誰かに自分の価値を認めて欲しい」と思っています。

周囲の人から認められたいという過剰な承認欲求があると、不自然な部分が多い自分に無理な生活をすることになります。

その結果、自分の弱点・短所を知られたくないと思って、緊張感が強くなってしまうのです。

3-2. 自分自身を実際以上に凄い人間であるかのように見せかけようとしている

自分自身を実際以上に凄い人間であるかのように見せかけようとしている

「自分自身を実際以上に凄い人間であるかのように見せかけようとしている」ことが、緊張する人の心理・特徴になっています。

緊張する人というのは、「ありのままの自分」ではなくて「実物の自分以上の凄い自分」を人に見せたいと思っていることが多いのです。

しかし、どんなに努力や工夫をしても「50点のレベルの自分」を「100点〜200点以上の素晴らしい自分」であるように見せかけることには限界があります。

その現実と理想(虚栄心)のギャップによって緊張感が強まっていきます。

3-3. 完璧な素晴らしい成果を出さなければならないと思って身構えている

完璧な素晴らしい成果を出さなければならないと思って身構えている

緊張する人の心理や特徴として、「完璧な素晴らしい成果を出さなければならないと思って身構えている」ということがあります。

緊張する人は、自分自身が完璧な人間ではないことを知りながら、「完璧な人間」になろうとしているのです。

自分にできる最大限の努力をしてその結果を受け入れればいいだけなのに、緊張する人は「完璧な成果+素晴らしい結果」を求めすぎることによって、逆に緊張感を高めてしまうのです。

3-4. 見ている他者に批判(否定)される可能性を恐れている

見ている他者に批判(否定)される可能性を恐れている

「見ている他者に批判(否定)される可能性を恐れている」ということが、緊張する人の心理・特徴の一つになっています。

緊張する人というのは、いつも「他人から自分が査定(評価)される心理状態」になっているのです。

見ている他者から批判(否定)される可能性を恐れることによって、必然的に自己防衛的な緊張感が強くなってしまいます。

3-5. 周囲にいる他者を自分に対して否定的な「敵対的人物」であると感じている

周囲にいる他者を自分に対して否定的な「敵対的人物」であると感じている

緊張する人の心理や特徴として、「周囲にいる他者を自分に対して否定的な「敵対的人物」であると感じている」ということがあります。

緊張する人は「他者に対する基本的信頼感」が欠けていることが多く、周囲にいる他者を自分に対して否定的な「敵対的人物」であると思い込みやすい傾向があります。

周囲にいる人たちを「味方」ではなくて「敵」であると感じることによって、「自分の粗探しをされているような心理状態」に追い込まれやすくなり、「自分の短所・欠点」を隠そうとする結果として緊張感が高まってしまうのです。

3-6. 見栄っ張りで本当の自分の姿をできるだけ隠そうとしている

見栄っ張りで本当の自分の姿をできるだけ隠そうとしている

「見栄っ張りで本当の自分の姿をできるだけ隠そうとしている」ということが、緊張する人の心理・特徴の一つになっています。

緊張する人は一般的に、自分を実際以上に素晴らしい人物であるかのように見せかけたがるという意味で、「見栄っ張りな人+自慢好きな人」が多いのです。

自分の実力・魅力がそんなに凄いわけでもないのに、人に大きな見栄を張ろうとすると、「ありのままの自分の姿(=本当の自分の姿)」を隠さなければいけない状態になっていきます。

ありのままの自分を隠せば隠すほど、無理をする場面が増えて緊張感が強くなっていってしまうのです。

3-7. 一度の失敗(ミス)ですべてがダメになるものと思い込んでいる

一度の失敗(ミス)ですべてがダメになるものと思い込んでいる

緊張する人の典型的な心理・特徴として、「一度の失敗(ミス)ですべてがダメになるものと思い込んでいる」ということを上げることができます。

緊張する人は、「自分が完璧な人間でなければ認めてもらうことができない」という非現実的な自己認識を持っていることが多いのです。

完璧な自己イメージにこだわることで、「一度の失敗(ミス)ですべてがダメになる」という間違った信念を持ちやすくなってしまいます。

「失敗・挫折に対する過度の恐怖心や絶望感」によって、人はどんどん緊張しやすくなってしまうのです。

3-8. 成功体験からは学べるが失敗体験をすると落ち込むだけである

成功体験からは学べるが失敗体験をすると落ち込むだけである

「成功体験からは学べるが失敗体験をすると落ち込むだけである」というのが、緊張する人の心理・特徴になっています。

緊張する人は「失敗に対する悲観・恐怖心」によって、一度でも大きな失敗をしてしまうと精神が萎縮して、何もそこから学び取ることができないのです。

緊張する人は成功体験をすれば勢いに乗って「成功するためのヒント」を学ぶことができるのですが、失敗体験をすればただ暗くなって落ち込むだけなのです。

4. 緊張しない人がしていること

緊張しない人がしていること

「緊張しない人がしていること」には、以下のようなことがあります。

普段から緊張しやすくて悩んでいる人は、「緊張しない人がしていること」を真似してみるのも良いと思います。

4-1. しっかりと準備をして自分で納得のできる合格ラインを決めている

しっかりと準備をして自分で納得のできる合格ラインを決めている

緊張しない人がしていることとして、「事前にしっかりと準備をして自分で納得のできる合格ラインを決めている」ということがあります。

緊張しない人は「完全主義者」ではありませんが、「自分なりに努力して頑張ろうとする人」ではあります。

それは、自分なりにできるだけの努力をすれば緊張しにくくなることを知っているということなのです。

しっかりと事前に準備をして、自分でも達成できる「合格ライン(及第点の水準)」を定めているので、「努力は実るという成功体験」を積み重ねることができます。

自分の身の丈に合った成功体験を積み重ねていくことで、緊張しない心理状態が形成されてくるのです。

4-2. 等身大のありのままの自分の価値を自分で認めている

等身大のありのままの自分の価値を自分で認めている

緊張しない人がしていることとして、「等身大のありのままの自分の価値を自分で認めている」ということを上げることができます。

緊張しない人は「虚勢・見栄」を張ることがなく、人から凄い人間だと思われる「虚栄心の充足」を主要な行動のモチベーションにしていません。

緊張しない人がしていることは、「ありのままの自分でも構わないということ」を自分自身が認めているということであり、「等身大の自己像」を無理やりに拡大したいとは考えていないのです。

背伸びをしない等身大の自己イメージを受け入れて、そんな完璧ではない自分を認められる時(愛せる時)に、人は緊張することが無くなってくるのです。

5. 緊張しない為の心理・方法・工夫

緊張しない為の心理・方法・工夫

緊張しない為の「心理(心の持ち方)・方法・工夫」には、以下のようなことがあります。

5-1. 周囲のみんなが自分のことを応援しようとしてくれていると思うようにする

周囲のみんなが自分のことを応援しようとしてくれていると思うようにする

緊張しない為の心理・方法・工夫として、「周囲のみんなが自分のことを応援しようとしてくれていると思うようにする」ということがあります。

緊張してしまう大きな原因の一つとして、周囲の自分を見ている人たちについて、「自分の粗探しをしようとしている人(自分にとって批判的で敵対的な人)」と思い込んでしまうことがあります。

反対に、周囲のみんなが自分のことを応援しようとしてくれていると信じて、「自分を良い方向に評価してくれる人(自分にとって肯定的で友好的な人)」と思い込むことができれば緊張感は急速に和らいでくるのです。

5-2. 自分の普段の努力の成果をそれなりに出せれば十分という判断基準を持つ

自分の普段の努力の成果をそれなりに出せれば十分という判断基準を持つ

「自分の普段の努力の成果をそれなりに出せれば十分という判断基準を持つ」ということが、緊張しない為の心理・方法・工夫の一つになります。

緊張する人というのは、「実際以上の素晴らしい自分を見てもらいたいという承認欲求」が強すぎることが多いのです。

自分にできる以上のことは結局はできないものですから、賞賛・尊敬を求めるような「承認欲求の高望み」をすればするほど緊張しやすくなります。

自分の普段の努力・練習の結果がそれなりに発揮できれば十分という甘めの基準を設定することで、緊張しない心理状態になりやすいのです。

5-3. 人の目を意識しないようにして深呼吸・筋弛緩で身体的にもリラックスしておくようにする

人の目を意識しないようにして深呼吸・筋弛緩で身体的にもリラックスしておくようにする

緊張しない為の心理・方法・工夫として、「人の目を意識しないようにして深呼吸・筋弛緩で身体的にもリラックスしておくようにする」ということがポイントになってきます。

緊張しない為にできる簡単な工夫のポイントとして、「人の目を意識しないこと(=自分にできるだけのことをやればそれでいいと割り切ること)」があります。

更に「精神的なリラックス」に加えて「身体的なリラックス」を得ることで、緊張しにくい心理の基盤を整えることができます。

身体的なリラクセーションの方法として、「深呼吸・筋弛緩・自律訓練法」などがあります。

普段から、呼吸をゆっくりと大きく確実に行いながら(息を吐き出す時間を長めにしながら)、強く緊張させた筋肉を段階的に緩めていくトレーニングを行って下さい。

まとめ

まとめ

緊張しない人の心理・特徴として、「人に認められることよりも自分のベストを尽くすことを優先している」「体裁を整えようとしたり見栄を張ろうとしたりする心理がない」などがあります。

緊張する人の心理・特徴として、「周囲の人から認められたいという承認欲求が強い」「見ている他者に批判(否定)される可能性を恐れている」などがあります。

緊張しない人と緊張する人では「根本的な物事の考え方の違い」があるのですが、この記事で紹介した「緊張しない為の心理・方法・工夫」を実践することによって、緊張感を緩和していくことができます。

緊張しない人と緊張する人の心理・特徴について詳しく知りたい人は、ぜひこの記事を参考にしてみて下さい。

世の中には「緊張する人」と「緊張しない人」がいます。

緊張する人と緊張しない人は「根本的な物事の考え方・心理状態」に違いがあるとされていますが、どのような違いがあるのでしょうか? 「緊張しない人の心理・特徴」と「緊張する人の心理・特徴」について整理しながら、「緊張しない為の心理・方法・工夫」についても分かりやすく紹介していきます。


緊張しない人と緊張する人は考え方が違う

「緊張しない人」と「緊張する人」は、人から見られていることを意識し過ぎているかどうかという明らかな考え方の違いがあります。

人から見られたり評価されたりすることを意識し過ぎている「自意識過剰な人(自分を実物以上に凄い人だと思わせたい人)」は、見栄を張りたがることで緊張する人になっていきます。

人から見られたり評価されたりすることをあまり意識しない「マイペースな人(自分にとってのベストを尽くす人)」は、ありのままの自分を出せるので緊張しない人になっていくのです。

「緊張しない人」の典型的な考え方として、周囲にいる人たちを自分に対して肯定的で友好的な人たちであるように認識するということがあります。

反対に、「緊張する人」の典型的な考え方は、周囲にいる人たちを自分に対して否定的で敵対的な人たちであるように認識するということになってくるのです。

緊張しない人の心理や特徴

「緊張しない人の心理・特徴」として指摘できるものには、以下のようなものがあります。

「緊張しない人」がどのような心理状態や特徴を持っているのかを知りたい時に、各項目を確認してみて下さい。

2-1. 人に認められることよりも自分のベストを尽くすことを優先している

人に認められることよりも自分のベストを尽くすことを優先している

緊張しない人の代表的な心理・特徴として、「人に認められることよりも自分のベストを尽くすことを優先している」ということを指摘することができます。

緊張しない人は、人から「凄い人物・優秀な人物」としていつも認められたがっているわけではなく、「自分が今までやってきた努力や練習の成果」が少しでも出せればいいというように考えていることが多いのです。

人に褒められたり認められたりすることを過度に求めず、自分のベストを尽くすことだけを優先しているからこそ、緊張しにくい心理状態になっているのです。

2-2. 実力に見合った適度な自己評価と自信を持っている

実力に見合った適度な自己評価と自信を持っている

緊張しない人の心理や特徴として、「実力に見合った適度な自己評価と自信を持っている」ということがあります。

緊張しない人の心理状態として、「自分に対して本物の自信を持っている」ということを上げることができます。

本物の自信というのは「空威張り・虚勢」ではないということであり、自分の実力に見合った「適度な自己評価(極端に高くも低くもない自己評価)」を持っているということなのです。

適度な自己評価に裏打ちされた本物の自信に支えられているからこそ、いつも緊張することなく自然体で物事・他者と向き合うことができるのです。

2-3. 自分にできるだけの準備と努力をしてきたことを自覚している

自分にできるだけの準備と努力をしてきたことを自覚している

「自分にできるだけの準備と努力をしてきたことを自覚している」ということが、緊張しない人の心理・特徴の一つになっています。

緊張しない人は「自分の力を出し切れればそれで良い+結果としての優劣にはあまりこだわらない」という特徴を持っているので、緊張しないための方法として「十分な準備をすること+最大限の努力をすること」を重視しているのです。

自分にできるだけの準備と努力をしたことに心から納得できれば、緊張するリスクは格段に低くなってきます。

どう逆立ちしても、今の自分にはそれ以上の準備や努力はできないのだから(やれるだけのことはやったのだから)、そこで緊張しても意味がないからです。

2-4. 体裁を整えようとしたり見栄を張ろうとしたりする心理がない

体裁を整えようとしたり見栄を張ろうとしたりする心理がない

緊張しない人の心理や特徴として、「体裁を整えようとしたり見栄を張ろうとしたりする心理がない」ということがあります。

緊張しやすい人というのは、自分を「物凄く立派な人物+欠点やミスのない完璧に何でもこなせる人物」であるかのように見せようとして、自業自得で緊張していることが多いのです。

反対に、緊張しない人は体裁を整えようとしたり見栄を張ろうとしたりする心理を持っていないからこそ、「ありのままのリラックスした自然体」でいることができるわけです。

緊張しない人というのは、「見栄・体裁の格好付け」にとらわれていない人なのです。

2-5. 周囲にいる他者を自分に対して肯定的な「友好的人物」であると感じている

周囲にいる他者を自分に対して肯定的な「友好的人物」であると感じている

「周囲にいる他者を自分に対して肯定的な「友好的人物」であると感じている」ということを、緊張しない人の心理・特徴として上げることができます。

緊張しない人は、人前で何かパフォーマンスをする時でも、自分を見ている人たちを「粗探しする敵」ではなく「良い所を見つけてくれる味方」のように感じていることが多いのです。

周囲にいる他者を、自分に対して肯定的な「友好的人物」であると思い込むことによって、不必要な緊張をする可能性を低くすることができます。

他者に対するポジティブな認知が、緊張を緩和してくれるのです。

2-6. 他者に対してはありのままの自分を見せれば良いと考えている

他者に対してはありのままの自分を見せれば良いと考えている

緊張しない人の心理や特徴として、「他者に対してはありのままの自分を見せれば良いと考えている」ということがあります。

緊張しない人の典型的な心理として、「ありのままの自然体の自分」を何も隠さずに見せることができるというものがあります。

他者に対して、いつでも「ありのままの自分」を見せれば良いと考えることができれば、緊張するリスクは相当に低くなってきます。

自分を着飾ったり偽ったりしてでも、「実物以上の立派な人物」に見せようとすれば必然的に緊張してしまうのです。

2-7. 失敗(ミス)をしてもそれで全てがダメになるわけではないと知っている

失敗(ミス)をしてもそれで全てがダメになるわけではないと知っている

「失敗(ミス)をしてもそれで全てがダメになるわけではないと知っている」ということが、緊張しない人の心理・特徴の一つです。

緊張しない人というのは、簡単に言えば「失敗すること(ミスすること)を恐れない人」なのです。

緊張する人は「一回でも失敗したら自分の人生全体が台無しになってしまう」と悲観的に思い込んでいますが、緊張しない人は「何度失敗してもそこからやり直しはできる」と楽観的・現実的に考えることができるのです。

2-8. 成功体験からも失敗体験からも新たなことを学び続けている

成功体験からも失敗体験からも新たなことを学び続けている

緊張しない人の心理や特徴として、「成功体験からも失敗体験からも新たなことを学び続けている」ということを上げることができます。

緊張する人は「失敗することに対する恐怖心」が強すぎるために、失敗体験をしたらひたすら自分を責めて落ち込むだけでその失敗の体験から何も新しいことを学ぶことができません。

緊張しない人は、成功体験だけではなく失敗体験からも「次に失敗しないためのヒント」を学ぶことができるのです。

無料占い

スポンサーリンク



無料占い

※当サイトは占いやスピリチュアルに関連する記事を掲載するメディアサイトです。
掲載中の記事には効果や効能に根拠がない物、証明されていない場合もありますのでご注意下さい。
また当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害について、運営者は一切の責任を負いません。
この記事は2021年02月02日に更新されました。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!