占いの意味や夢の意味・心理や数字はどんな意味?SPITOPIは「占い」であなたの深層心理に迫ります。

 

運勢・占い・心理の秘密


https://spitopi.com/blog/20180820113151.html
「チャラにする」の意味・類語とは?【語源や英語】

「チャラにする」の意味・類語とは?【語源や英語】 | SPITOPI

SPITOPI
「チャラにする」の意味・類語とは?【語源や英語】

スポンサーリンク

物事をなかったことにすることを「チャラにする」という表現で表しますよね。

それならば、「チャラにする」というのは一体どういう意味なのでしょうか。

ここではこの言葉の意味について解説します。

  • そもそも「チャラにする」の意味とは?
  • 「チャラにする」の類語や言い換え
  • 沢山有る!「チャラにする」の語源
  • 「チャラにする」の例文
  • 「チャラにする」の英語
  • まとめ

1. そもそも「チャラにする」の意味とは?

そもそも「チャラにする」の意味とは?

1-1. 「チャラにする」の由来とは

1-「チャラにする」の由来とは

カタカナの表現はなんとなく新しいもののように感じますが、実はこの「チャラにする」という表現の歴史は古く、江戸時代からこの言葉が使われていたと考えられています。

その由来は「ちゃらんぽらん」「ちゃらんぽらん」と言われており、「いい加減なもの」という意味を指すのです。

確かに、「茶化す」「べんちゃら」などということがありますよね。

つまり、「チャラにする」というのは「いい加減なものにする」ということであり、物事をなかったことにする、ということになるのです。

「チャラい」などという言葉も流行ったことがありますね。

これは言動が軽いということを表す言葉ですが、「チャラチャラ」から生まれた表現であり、接尾語「い」をつけた形になります。

1-2. 「チャラにする」は方言?

1-「チャラにする」は方言?

「茶化す」「べんちゃら」などという表現には「ちゃら」という言葉が使われています。

これは「まっさらにする」の「さら(新)」が転じて「ちゃら」になったのではないかと考えられており、これは関東の方言だと考えられています。

2. 「チャラにする」の類語や言い換え

「チャラにする」の類語や言い換え

2-1. 「水に流す」

2-「水に流す」

過去のいざこざやトラブル等をなかったことにすることを「水に流す」と言います。

この言葉は神道における「禊」に由来します。

禊というのは体の洗濯であり、身体的な汚れを落とすだけではなく、精神的な汚れを落とすために水を浴びると考えられていました。

禊をするときは川や滝に身を沈め、汚れを落とし、精神的にもすっきりするという目的を持っています。

また、かつて人々が農作業をしながら集団生活を行っていた時、みんなが協力して集落の生活を支えていたという時代がありました。

しかし、やはり集団生活となればトラブルなども起こりますよね。

そんな時、お互いに禊をすることによって仲直りをするということが行われていました。

これにより、禊を行うことによってトラブルを解決し、トラブルを起こしたものをまた集団社会に向かい入れるということが行われていたのです。

ここから「水に流す」という表現が来ています。

2-2. 「帳消しにする」

2-「帳消しにする」

もともとは借金等の返済が完了し、書面に記載する必要がなくなり、棒線で消すことを「帳消しにする」と言っていました。

そこから債務がなくなることや金銭の賃借関係がなくなることを指すようになり、徐々に金銭にかかわらず、損得の価値が失われるという状態を指すようになったのです。

今では一般的に互いに差し引いて損得がなくなる事を指すようになりました。

2-3. 「清算する」

2-「清算する」

きれいにする、整理する、という意味の「清」という事が使われていることからも分かるように、けじめをつける、はっきりさせる、関係を解消する、などという意味で使われます。

一般的には「年末までに借金を清算する」などといい形で使われますが、金銭の貸し借りのみならず、過去を清算する、人間関係を正す、などという意味でもよく使われています。

物事に対してけじめをつける、きれいに整理をする、という意味で今でも多くの人に使われている表現です。

2-4. 「相殺する」

2-「相殺する」

経済などで「相殺」という表現が使われますよね。

これは貸し借りを帳消しにすること、貸し借りがチャラになること、という意味を指しており、いずれにせよ「チャラにする」の類義語としても使われます。

また、大学受験などではこの単語の読み方が問われることもあり、難読語の1つとして考えられています。

基本的には「相殺する」「相殺される」という表現で使います。

3. 沢山有る!「チャラにする」の語源

沢山有る!「チャラにする」の語源

3-1. 「お茶にする」

3-「お茶にする」

実は、この「チャラにする」という表現には語源がたくさんあります。

かつて江戸時代では町人たちが暇つぶしにお茶のみをしながら世間話をしていました。

そんな時に冗談を楽しむこともあり、冗談を「お茶」「お茶の話」というようになっていったのです。

それにより、冗談話として忘れることを「お茶にする」というようになり、ここから「チャラにする」という表現が生まれたのではないかと考えられています。

3-2. 「チャラチャラ」

3-「チャラチャラ」

また、江戸時代で使われていた言葉で「チャラチャラ」というものがあります。

おしゃべりな人が発する言葉を「チャラチャラ」という擬音語で表したものであり、マイナスイメージの単語として待っていきました。

現代における似たような単語には「ペラペラ」というものがありますが、これはマイナスなものではありません。

例えば「あの人は英語がペラペラ」などとも言いますよね。

しかし、江戸時代における「チャラチャラ」というのは軽口、軽薄、ということであり、口からでまかせをいうことなどという意味もありました。

ここから「チャライ」という表現ができたのではないかという考え方もあります。

3-3. 「ちゃらちゃら」

3-「ちゃらちゃら」

同じく「ちゃらちゃら」という副詞には、江戸時代には派手な服装をしている様子、浮ついた振る舞いをする様子、などという意味がありました。

江戸時代、18世紀前半の洒落本にはすでにこの表現が登場しているため、この頃には使われていた単語であるということがわかります。

この場合、「ちゃら」というのはでたらめ、でまかせ、という意味であり、ここから「チャラにする」という表現ができたのではないかといわれています。

また、1部ではこの「ちゃらちゃら」という表現は薄い金属が触れ合って音を出す様子を表したものであるとも言われており、ここからでまかせ、でたらめ、などという意味に転じたのではないかとも言われています。

3-4. 江戸時代の茶番劇

3-江戸時代の茶番劇

江戸時代に行われていた茶番劇が「チャラにする」の語源になったのではないかとも言われています。

芝居においては後始末の付け方がいい加減なこともあり、「ちゃらんぽらん」「チャラぽこ」と表現されることがありました。

この表現が江戸の庶民たちの間に普及し、「チャラにする」という表現が生まれたのではないかとも言われています。

4. 「チャラにする」の例文

「チャラにする」の例文

4-1. 「あの借金はこれでチャラにしてください」

4-「あの借金はこれでチャラにしてください」

「チャラにする」というのはなかったことにする、という意味です。

そのため誰かからお金を借りている場合など何かをする代わりにあの借金はなかったことにしてほしい、という意味で「チャラにする」という表現を使うことができます。

あるいは「これであの借金をチャラにしてあげる」のようにお金を貸した側が使用することもできます。

金銭の貸し借りをなしにする、ということを「チャラにする」と言い換えることができるのです。

4-2. 「この間のトラブルはチャラにしよう」

4-「この間のトラブルはチャラにしよう」

この表現は金銭の貸し借り以外にも使われます。

そのため、誰かと喧嘩をした、トラブルを起こした、諍いがあった、などという場合、それをなかったことにする際に「チャラにする」という表現を使うことができます。

「これでこの間のいざこざはなかったことにしよう」「これで仲直りしよう」という意味で「チャラにしよう」ということができるのです。

5. 「チャラにする」の英語

「チャラにする」の英語

5-1. It's all history.

5-It's all history.

英語において「あれはなかったことにしよう」という時、It's all history. と表現することができます。

すべては歴史である、すべては過去のことである、と述べることにより、これは今現在は存在しない、今はもうない、これは過去の事、という表現をすることができるのです。

金銭の貸し借りであれ、誰かとのトラブルであれ、今はもう存在しないこと、解決したこと、過去の事、などというときにhistoryという単語を使うことができます。

5-2. Let's forget it.

5-Let's forget it.

誰かからお金を借りている場合、借りている人がいうと少々違和感があり表現になってしまいますが、Let's forget it. ということも可能です。

あの事は忘れよう、という直接的な表現ですが、だからこそこの場ですっきりと忘れる、なかったことにする、もう存在しないものにする、ということができるのです。

この言い方の場合、金銭の貸し借りの場よりも誰かとトラブルが起こった場合などに使う方が適していると言えるでしょう。

5-3. It didn't happen.

5-It didn't happen.

どちらかというとお金を貸した側、あるいはトラブルを引き起こされた側に適した表現ですが、It didn't happen. ということもできます。

お金を貸してもらった側やトラブルを引き起こした張本人が使うとさらなるトラブルを巻き起こす可能性があるため注意が必要ですが、お金を貸した側、トラブルを引き起こされた側が使うのであれば問題はありません。

さらっとIt didn't happen. ということにより、あれは起こらなかった、そんなことが起こっていない、心配しなくても大丈夫、という気持ちを伝えることができます。

どちらかというと親切な表現とも言えるでしょう。

また、「チャラにする」の直訳ではありませんが、It didn't happen. を強調してI don't remember. ということもできます。

これはなおさら借金をした側などを使うことができませんので気をつけましょう。

借金をした張本人がI don't remember. と言ってしまえばさらにトラブルを大きくする可能性があります。

まとめ

いかがでしょうか。

カタカナ用語というとどうしても新しい単語に聞こえてしまうかもしれませんが、「チャラにする」というのが江戸時代から使われているというのは面白い発見ですよね。

確かに語源はたくさんあり、いったいどれが本物の語源なのかというのは未だに明らかにはなっていません。

しかし、「さらにする」という表現が古いものであるというのは確かです。

もちろん、帳消しにしなければいけない、相殺しなければいけない何かがあるというのはあまりよろしくないことですが、もしも使う機会があればいちど使ってみてはいかがでしょうか。

物事をなかったことにすることを「チャラにする」という表現で表しますよね。

それならば、「チャラにする」というのは一体どういう意味なのでしょうか。

ここではこの言葉の意味について解説します。


そもそも「チャラにする」の意味とは?

1-1. 「チャラにする」の由来とは

1-「チャラにする」の由来とは

カタカナの表現はなんとなく新しいもののように感じますが、実はこの「チャラにする」という表現の歴史は古く、江戸時代からこの言葉が使われていたと考えられています。

その由来は「ちゃらんぽらん」「ちゃらんぽらん」と言われており、「いい加減なもの」という意味を指すのです。

確かに、「茶化す」「べんちゃら」などということがありますよね。

つまり、「チャラにする」というのは「いい加減なものにする」ということであり、物事をなかったことにする、ということになるのです。

「チャラい」などという言葉も流行ったことがありますね。

これは言動が軽いということを表す言葉ですが、「チャラチャラ」から生まれた表現であり、接尾語「い」をつけた形になります。

1-2. 「チャラにする」は方言?

1-「チャラにする」は方言?

「茶化す」「べんちゃら」などという表現には「ちゃら」という言葉が使われています。

これは「まっさらにする」の「さら(新)」が転じて「ちゃら」になったのではないかと考えられており、これは関東の方言だと考えられています。

「チャラにする」の類語や言い換え

2-1. 「水に流す」

2-「水に流す」

過去のいざこざやトラブル等をなかったことにすることを「水に流す」と言います。

この言葉は神道における「禊」に由来します。

禊というのは体の洗濯であり、身体的な汚れを落とすだけではなく、精神的な汚れを落とすために水を浴びると考えられていました。

禊をするときは川や滝に身を沈め、汚れを落とし、精神的にもすっきりするという目的を持っています。

また、かつて人々が農作業をしながら集団生活を行っていた時、みんなが協力して集落の生活を支えていたという時代がありました。

しかし、やはり集団生活となればトラブルなども起こりますよね。

そんな時、お互いに禊をすることによって仲直りをするということが行われていました。

これにより、禊を行うことによってトラブルを解決し、トラブルを起こしたものをまた集団社会に向かい入れるということが行われていたのです。

ここから「水に流す」という表現が来ています。

2-2. 「帳消しにする」

2-「帳消しにする」

もともとは借金等の返済が完了し、書面に記載する必要がなくなり、棒線で消すことを「帳消しにする」と言っていました。

そこから債務がなくなることや金銭の賃借関係がなくなることを指すようになり、徐々に金銭にかかわらず、損得の価値が失われるという状態を指すようになったのです。

今では一般的に互いに差し引いて損得がなくなる事を指すようになりました。

2-3. 「清算する」

2-「清算する」

きれいにする、整理する、という意味の「清」という事が使われていることからも分かるように、けじめをつける、はっきりさせる、関係を解消する、などという意味で使われます。

一般的には「年末までに借金を清算する」などといい形で使われますが、金銭の貸し借りのみならず、過去を清算する、人間関係を正す、などという意味でもよく使われています。

物事に対してけじめをつける、きれいに整理をする、という意味で今でも多くの人に使われている表現です。

2-4. 「相殺する」

2-「相殺する」

経済などで「相殺」という表現が使われますよね。

これは貸し借りを帳消しにすること、貸し借りがチャラになること、という意味を指しており、いずれにせよ「チャラにする」の類義語としても使われます。

また、大学受験などではこの単語の読み方が問われることもあり、難読語の1つとして考えられています。

基本的には「相殺する」「相殺される」という表現で使います。

スポンサーリンク

※当サイトは占いやスピリチュアルに関連する記事を掲載するメディアサイトです。
掲載中の記事には効果や効能に根拠がない物、証明されていない場合もありますのでご注意下さい。
また当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害について、運営者は一切の責任を負いません。
この記事は2018年12月07日に更新されました。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

無料占い