占いの意味や夢の意味・心理や数字はどんな意味?SPITOPIは「占い」であなたの深層心理に迫ります。

 

運勢・占い・心理の秘密


https://spitopi.com/blog/20180817114807.html
人の輪に入れない原因【対処・焦らなくてもいい理由】

人の輪に入れない原因【対処・焦らなくてもいい理由】 | SPITOPI

SPITOPI
人の輪に入れない原因【対処・焦らなくてもいい理由】

スポンサーリンク

学校・職場で「人の輪」に上手く入ることができずに悩んでいる人は多くいますが、なぜ人の輪に入ることができないのでしょうか?単純に人の輪に参加している人たちと性格・雰囲気が合わないということもありますが、自分自身の「考え方・価値観・性格特徴」によって人の輪に加われないこともあります。

この記事では、「人の輪に入れない原因」について分かりやすく解説しながら、「人の輪に入れない時の対処方法」について紹介していきます。

  • 人の輪に入れないとは?
  • 人の輪に入れない原因
  • 人の輪に入れない時の対処方法
  • 人の輪にどうしても入れない場合には病気の可能性もある
  • 人の輪に入れなくても焦らなくて良い理由
  • まとめ

1. 人の輪に入れないとは?

人の輪に入れないとは?

人の輪に入れないというのは、学校・職場・イベントなどにおいて「複数の人が集まって一緒に時間を過ごしている場所」や「複数の人が集まってワイワイと騒いだりおしゃべりをしたりしている空間」に入っていけないということです。

人の輪に入れないことによって、集団生活における孤独感や疎外感、居場所の無さを感じやすいデメリットを感じやすくなってしまいます。

一方で、「自分と合わないタイプの人ばかりがいるコミュニティー」においては、敢えて人の輪に入らないことで、余計な対人トラブルのリスクを減らせるメリットもあります。

自分にとっての魅力がある人や一緒にいて楽しい気分になれる人とコミュニケーションを取れることが望ましいのですが、人間関係が「複雑化・選好化(選り好み化)」している現代社会では、人の輪に入れないという悩みを抱えている人も多いのです。

2. 人の輪に入れない原因

人の輪に入れない原因

人の輪に入れない原因としては、以下のような原因を考えることができます。

2-1. 自分から人の輪に加わっている人たちのことを何となく避けていて話しかけていない 人の輪に入れない原因として、「自分から人の輪に加わっている人たちのことを何となく避けていて話しかけていない」ということがあります。

自分は人から好かれないとか、自分には人が寄ってこないとかいった不平不満を持っている人は多いのですが、現実には「自分のほうから積極的に近寄って話しかけていく行動力」がないと他者との友人関係を築いて維持することは難しいものなのです。

2-2. 場違いな自分が人の輪に加わっても周りの人に迷惑になると感じている

場違いな自分が人の輪に加わっても周りの人に迷惑になると感じている

「場違いな自分が人の輪に加わっても周りの人に迷惑になると感じている」ということも、人の輪に入れない原因の一つになっています。

自分の外見(容姿)やコミュニケーション能力、性格の明るさなどに自信がなくて、「どうせ自分が話しかけても向こうも楽しくないだろうし迷惑を掛けるだけだ」とネガティブに考えることで、人の輪から自ら遠ざかってしまっていることは多いのです。

2-3. 人の輪に入っている人が自分と正反対のタイプの人たちばかりである

人の輪に入っている人が自分と正反対のタイプの人たちばかりである

人の輪に入れない原因として、「人の輪に入っている人が自分と正反対のタイプの人たちばかりである」ということがあります。

人間関係や友人関係は結局のところ、似た者同士が寄り集まって親交を深めていくという「類似性の原理」が働くことが多いので、「自分と完全に正反対のタイプの人」ばかりが集まっているコミュニティーに後から参加することはかなり難しいのです。

2-4. プライドが高すぎて人から冗談のネタにされることに耐えられない

プライドが高すぎて人から冗談のネタにされることに耐えられない

「プライドが高すぎて人から冗談のネタにされることに耐えられない」というのも、人の輪に入れない大きな原因の一つでしょう。

プライド(自尊心)が人一倍強いのに、性格が内気で内向的(消極的)な人は、「人から冗談のネタにされる+人から面白おかしく言及されて笑いの対象にされる」ということに耐えることができません。

人の輪の中ではちょっとした冗談やユーモアによって、軽い笑いの対象になることは多いですから、プライドや自意識が強すぎても人の輪に入りにくいのです。

2-5. 人の輪の中にいる人たちから好かれていない雰囲気が伝わってくる

人の輪の中にいる人たちから好かれていない雰囲気が伝わってくる

人の輪に入れない原因の一つとして、「人の輪の中にいる人たちから好かれていない雰囲気が伝わってくる」ということもあります。

人間は「他者の好意・悪意(自分が歓迎されているかどうか)」に対して敏感に察することのできる能力があるので、相手側からあまり気に入られていない雰囲気が伝わって来ると、そのコミュニティー(人の輪)に自分のほうから近づくことが出来なくなってしまうのです。

3. 人の輪に入れない時の対処方法

人の輪に入れない時の対処方法

人の輪に入れない時の対処方法としては、以下のようなやり方や工夫の仕方があります。

3-1. まずは人の輪に参加している人たちにあいさつをして自分を認識してもらう

まずは人の輪に参加している人たちにあいさつをして自分を認識してもらう

人の輪に入れない時の対処方法として基本になってくるのは、「まずは人の輪に参加している人たちにあいさつをして自分を認識してもらう」ということです。

自分自身の存在と名前くらいはしっかりと認識してもらわないと、人の輪に入っていくための前提が整わないからです。

その人の輪に加わりたければ、自分から笑顔であいさつをして軽い自己紹介をするくらいの自発的な行動力を発揮したほうがいいでしょう。

3-2. 人の輪にとにかく参加してそこで話されている話題に自分を合わせていく

人の輪にとにかく参加してそこで話されている話題に自分を合わせていく

「人の輪にとにかく参加してそこで話されている話題に自分を合わせていく」ということも、人の輪に入れない時の有効な対処方法の一つです。

人の輪に入ることの難しさは、初期段階に人の輪に加わっていく「勇気」を出せるかどうかにあります。

とにかく人の輪に参加してみて、そこでの話題に合わせて「みんなが返事をしたくなるような話・返事」をすることが重要になってきます。

3-3. 先入観や決めつけで人に苦手意識を持たないようにする

先入観や決めつけで人に苦手意識を持たないようにする

人の輪に入れない時の対処方法として、「先入観や決めつけで人に苦手意識を持たないようにする」ということがあります。

人は自分を嫌っている人のことを、嫌いになる傾向が強くあります。

先入観や決めつけで人に苦手意識を持って避けたり邪険に扱ったりすると、自分自身もその相手から嫌われて排除されやすくなってしまうので注意が必要です。

3-4. ありのままの自分の良い面を出すオープンマインドで話しかけてみる

ありのままの自分の良い面を出すオープンマインドで話しかけてみる

「ありのままの自分の良い面を出すオープンマインドで話しかけてみる」というのは、人の輪に入れない時のとても効果的な対処方法になります。

自分自身を装って格好つけるよりも、ありのままの自分の素直な部分や優しい性格を前面に出して、みんなと笑顔で明るく接しようとするほうが、結果として人の輪にスムーズに加わりやすくなるのです。

3-5. 人の輪に参加している人たちに興味を持って色々な側面を理解しようとする

人の輪に参加している人たちに興味を持って色々な側面を理解しようとする

人の輪に入れない時の対処方法として、「人の輪に参加している人たちに興味を持って色々な側面を理解しようとする」ということがあります。

人の輪に入るために必要なことは、「自分自身を人に理解してもらうこと」と「みんなの色々な側面を自分が共感的に理解しようとすること」だからです。

人は自分を理解してくれる人のことを、好きになる傾向があるのです。

4. 人の輪にどうしても入れない場合には病気の可能性もある

人の輪にどうしても入れない場合には病気の可能性もある

人の輪にどうしても入れない場合には、精神的な病気や精神発達(脳機能)に関連する障害の可能性もあります。

人前で何か話そうとすると極端に緊張して過度にどもったり、冷や汗をかいて動悸がしたりして全く何も話せなくなるような場合には、「社会不安障害(対人恐怖症)」という精神疾患を発症している可能性もあります。

社会不安障害(対人恐怖症)の判断基準として重要になるのは、人間関係やコミュニケーションにおける「耐え難いほどの強い緊張感・不安感・焦燥感」であり、緊張したり不安を感じたりするのと同時に「自律神経系の身体症状(冷や汗・めまい・動悸・息苦しさ・パニック発作)」が出てくることが多いのです。

気になる対人状況での異常な緊張・不安がある場合には、心療内科・精神科などで専門医の診察を受けましょう。

4-1. 広汎性発達障害(自閉症スペクトラム)の可能性もある

広汎性発達障害(自閉症スペクトラム)の可能性もある

人の輪にどうしても入れない場合には、人間関係やコミュニケーションの障害を主要な症状とする「広汎性発達障害(自閉症スペクトラム)」の可能性も出てきます。

広汎性発達障害には、他者の気持ちや意図を適切に推測することができない「心の理論の障害」を持つ「アスペルガー障害」の人も含まれていて、アスペルガー障害の人は自分の発言を相手がどのように受け取るのかを上手く推測することができません。

その結果、アスペルガー障害をはじめとする広汎性発達障害の問題を抱えている人は、悪気はなくても「他者に対する無関心な態度」や「他者が傷つくような不適切な言動」を取ることによって、人の輪に入ることが難しくなっていってしまうのです。

重症自閉症や知的障害のある発達障害でなければ、「人間関係・コミュニケーションの障害」だけがある広汎性発達障害のケースは見逃されたままであることもあるのです。

5. 人の輪に入れなくても焦らなくて良い理由

人の輪に入れなくても焦らなくて良い理由

人の輪に入れなくても焦らなくて良い理由としては、以下のようなことがあります。

5-1. 人の輪に無理をして入ってみても結局楽しめない性格の人も多い

人の輪に無理をして入ってみても結局楽しめない性格の人も多い

人の輪に入れなくても焦らなくて良い理由としてずばり、「人の輪に無理をして入ってみても結局楽しめない性格の人も多い」ということがあります。

自分の性格や生き方を偽って、無理をしながら人の輪に加わったとしても、「別にやりたくない集団行動」に付き合わされるだけで、結局、自分一人で行動したほうが楽しいということにもなりかねないのです。

5-2. その人間関係を長期にわたって維持したいのでなければいずれ離れ離れになる

その人間関係を長期にわたって維持したいのでなければいずれ離れ離れになる

「その人間関係を長期にわたって維持したいのでなければいずれ離れ離れになる」という寂しい現実も、人の輪に入れなくても焦らなくて良い理由の一つでしょう。

そこまで性格や価値観が合うわけでもない人たちと無理に友人知人になって、人の輪に入ったとしても、学校を卒業したり会社を転職したりすれば、もうその人たちと一緒に会話したり遊んだりする機会はほとんどないのです。

5-3. その人間関係に興味が弱ければ仕事や学業に集中した方が良いことも多い

その人間関係に興味が弱ければ仕事や学業に集中した方が良いことも多い

人の輪に入れなくても焦らなくて良い理由として、「その人間関係に興味が弱ければ仕事・学業に集中した方が良いことも多い」という合理的な理由があります。

結局、人間の人生は自分自身で自立して生きていかなければならない厳しい現実があり、「学業・資格・仕事(キャリア)」のほうが「それほど好きでもない仲間と群れて騒ぐ行動(表面的な友情)」よりも有益で役に立つことが多いのです。

5-4. 本当に自分の性格や生き方と合った仲間を探した方がいい

本当に自分の性格や生き方と合った仲間を探した方がいい

「本当に自分の性格や生き方と合った仲間を探した方がいい」ということが、人の輪に入れなくても焦らなくて良い理由になっています。

学校や職場などでただ群れて騒ぐだけの「人の輪」に入ったとしても、「本当に一緒にいて楽しい友人」がそこにいないのであれば本質的な意味はないのです。

複数のどうでもいい知人よりも、一人か二人の本心から分かり合える親友のほうが大事なのです。

5-5. 長い人生では学校・職場の人間関係だけが全てではなく、また良い出会いがある

長い人生では学校・職場の人間関係だけが全てではなく、また良い出会いがある

人の輪に入れなくても焦らなくて良い理由として、「長い人生では学校・職場の人間関係だけが全てではなく、また良い出会いがある」ということがあります。

若い時代には、「今通っている学校の友達関係」が自分の人生や人間関係の全てだと思い込みやすいのですが、客観的に考えれば「学校卒業後の出会い」も多いので、学校で人の輪に加われなかったとしても「次(別)の場所での良い出会い」に期待すれば良いだけなのです。

5-6. 正反対の性格や価値観の人と無理して一緒にいても疲れるだけである

正反対の性格や価値観の人と無理して一緒にいても疲れるだけである

人の輪に入れなくても焦らなくて良い理由として、「正反対の性格や価値観の人と無理して一緒にいても疲れるだけである」というもっともな理由があります。

学校や職場で自分一人でいると「ぼっち(孤独な人)」だと思われてつらいから、とにかく誰でもいいからつるんでいたいという考え方自体に、孤独を過度に恐れる幼稚な面が多いのです。

自分と正反対の性格で全く合わない人と一緒にいても、話題も価値観もズレていて面白くないので、結局、相手の機嫌取りをして疲れるだけになりやすいのです。

5-7. 自分の人生にとって本当に必要な相手であるかをじっくり見極めた方が良い

自分の人生にとって本当に必要な相手であるかをじっくり見極めた方が良い

「自分の人生にとって本当に必要な相手であるかをじっくり見極めた方が良い」ということも、人の輪に入れなくても焦らなくて良い大きな理由になります。

世の中には学生時代の悪友との縁が切れなかったばかりに、つまらないいじめや犯罪事件に巻き込まれる(付き合わされてしまう)人も多くいます。

その友人知人が自分の人生にとって本当に必要なまっとうな相手なのかを、じっくり見極めて付き合ったほうが、その後の人生のリスクが減りやすくなるのです。

まとめ

まとめ

この記事では、「人の輪に入れない原因」について分かりやすく説明して、「人の輪に入れない時の対処方法」についても取り上げてきましたが、いかがだったでしょうか? 「人の輪に入れない原因」としては、「自分から人の輪に加わっている人たちのことを何となく避けていて話しかけていない」「プライドが高すぎて人から冗談のネタにされることに耐えられない」などがあります。

「人の輪に入れない時の対処方法」として有効なやり方には、「人の輪にとにかく参加してそこで話されている話題に自分を合わせていく」「人の輪に参加している人たちに興味を持って色々な側面を理解しようとする」などがあります。

人の輪に入れなくても焦らなくて良い理由についても多く紹介していますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

学校・職場で「人の輪」に上手く入ることができずに悩んでいる人は多くいますが、なぜ人の輪に入ることができないのでしょうか?単純に人の輪に参加している人たちと性格・雰囲気が合わないということもありますが、自分自身の「考え方・価値観・性格特徴」によって人の輪に加われないこともあります。

この記事では、「人の輪に入れない原因」について分かりやすく解説しながら、「人の輪に入れない時の対処方法」について紹介していきます。


人の輪に入れないとは?

人の輪に入れないというのは、学校・職場・イベントなどにおいて「複数の人が集まって一緒に時間を過ごしている場所」や「複数の人が集まってワイワイと騒いだりおしゃべりをしたりしている空間」に入っていけないということです。

人の輪に入れないことによって、集団生活における孤独感や疎外感、居場所の無さを感じやすいデメリットを感じやすくなってしまいます。

一方で、「自分と合わないタイプの人ばかりがいるコミュニティー」においては、敢えて人の輪に入らないことで、余計な対人トラブルのリスクを減らせるメリットもあります。

自分にとっての魅力がある人や一緒にいて楽しい気分になれる人とコミュニケーションを取れることが望ましいのですが、人間関係が「複雑化・選好化(選り好み化)」している現代社会では、人の輪に入れないという悩みを抱えている人も多いのです。

人の輪に入れない原因

人の輪に入れない原因としては、以下のような原因を考えることができます。

2-1. 自分から人の輪に加わっている人たちのことを何となく避けていて話しかけていない 人の輪に入れない原因として、「自分から人の輪に加わっている人たちのことを何となく避けていて話しかけていない」ということがあります。

自分は人から好かれないとか、自分には人が寄ってこないとかいった不平不満を持っている人は多いのですが、現実には「自分のほうから積極的に近寄って話しかけていく行動力」がないと他者との友人関係を築いて維持することは難しいものなのです。

2-2. 場違いな自分が人の輪に加わっても周りの人に迷惑になると感じている

場違いな自分が人の輪に加わっても周りの人に迷惑になると感じている

「場違いな自分が人の輪に加わっても周りの人に迷惑になると感じている」ということも、人の輪に入れない原因の一つになっています。

自分の外見(容姿)やコミュニケーション能力、性格の明るさなどに自信がなくて、「どうせ自分が話しかけても向こうも楽しくないだろうし迷惑を掛けるだけだ」とネガティブに考えることで、人の輪から自ら遠ざかってしまっていることは多いのです。

2-3. 人の輪に入っている人が自分と正反対のタイプの人たちばかりである

人の輪に入っている人が自分と正反対のタイプの人たちばかりである

人の輪に入れない原因として、「人の輪に入っている人が自分と正反対のタイプの人たちばかりである」ということがあります。

人間関係や友人関係は結局のところ、似た者同士が寄り集まって親交を深めていくという「類似性の原理」が働くことが多いので、「自分と完全に正反対のタイプの人」ばかりが集まっているコミュニティーに後から参加することはかなり難しいのです。

2-4. プライドが高すぎて人から冗談のネタにされることに耐えられない

プライドが高すぎて人から冗談のネタにされることに耐えられない

「プライドが高すぎて人から冗談のネタにされることに耐えられない」というのも、人の輪に入れない大きな原因の一つでしょう。

プライド(自尊心)が人一倍強いのに、性格が内気で内向的(消極的)な人は、「人から冗談のネタにされる+人から面白おかしく言及されて笑いの対象にされる」ということに耐えることができません。

人の輪の中ではちょっとした冗談やユーモアによって、軽い笑いの対象になることは多いですから、プライドや自意識が強すぎても人の輪に入りにくいのです。

2-5. 人の輪の中にいる人たちから好かれていない雰囲気が伝わってくる

人の輪の中にいる人たちから好かれていない雰囲気が伝わってくる

人の輪に入れない原因の一つとして、「人の輪の中にいる人たちから好かれていない雰囲気が伝わってくる」ということもあります。

人間は「他者の好意・悪意(自分が歓迎されているかどうか)」に対して敏感に察することのできる能力があるので、相手側からあまり気に入られていない雰囲気が伝わって来ると、そのコミュニティー(人の輪)に自分のほうから近づくことが出来なくなってしまうのです。

無料占い

スポンサーリンク



無料占い

※当サイトは占いやスピリチュアルに関連する記事を掲載するメディアサイトです。
掲載中の記事には効果や効能に根拠がない物、証明されていない場合もありますのでご注意下さい。
また当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害について、運営者は一切の責任を負いません。
この記事は2021年02月09日に更新されました。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!