占いの意味や夢の意味・心理や数字はどんな意味?SPITOPIは「占い」であなたの深層心理に迫ります。

 

運勢・占い・心理の秘密


https://spitopi.com/blog/20180812135033.html
クチャラーの原因(チェックリスト・クチャラー以外の最悪の食べ方)

クチャラーの原因(チェックリスト・クチャラー以外の最悪の食べ方) | SPITOPI

SPITOPI
クチャラーの原因(チェックリスト・クチャラー以外の最悪の食べ方)

スポンサーリンク

日頃からステキだなと思っていた異性と食事をする機会があると、期待感も高まりますよね。

ところがいざ食事が始まると、相手がクチャクチャと大きな音を立てて食べたり、食べ物が口に入った状態で喋りつづけたりするとショックを受けるでしょう。

クチャラーの特徴と原因、何故クチャラーになってしまうのか、これを機に知っておきましょう。

  • クチャラーとは?
  • クチャラーが周りを不快にする理由
  • クチャラーに多い特徴
  • クチャラーのチェックリスト
  • クチャラー以外の行儀の悪い食べ方
  • クチャラーになる原因
  • まとめ

1. クチャラーとは?

クチャラーとは?

クチャラーとは、食事をする時に食べながらクチャクチャと音を立てる人のことです。

一般常識として、食事の際にはなるべく音を立てない様にするのがマナーとされています。

しかし、食べ物を噛む時に「クチャクチャ」と咀嚼音を立てたり、舌を鳴らして文字通り「舌鼓を打つ」人がいます。

誰もが多少は音が出るものですが、これがひときわ大きくて周囲にも聞こえるレベルなのがクチャラーです。

しかもクチャラーは口を開けて食べる人が多く、周囲の人を不快にさせてしまうのです。

クチャラーは自分で自覚していないことが多く、いい大人になってからは周囲が指摘してくれることは少なくなります。

その為に、いつまでも直らずに音を立てて食べてしまうのです。

2. クチャラーが周りを不快にする理由

クチャラーが周りを不快にする理由

「食事位自由に食べてもいいじゃない」そう思う人もいるでしょう。

しかし目の前でクチャクチャと音を立てて食べていると、下記の様な理由で周りを不快にさせてしまうのです。

2-1. 食べ物や唾液が飛んで汚い

2-食べ物や唾液が飛んで汚い

クチャラーの音が大きいのは、口を開けて食べ物を噛むからです。

普通の人は食べ物を噛んだり飲み込んだりする時には、口を閉じて行います。

しかしクチャラーは口を開けたままの状態で食べ物を噛むので、細かくなった食べ物や唾液が飛び散り易いのです。

目の前で人の口から食べ物が飛び散って、テーブルや自分のお皿にかかっているのが分かると、気持ち悪いと感じる人が多いでしょう。

2-2. 舌の使い方が下品に見える

2-舌の使い方が下品に見える

クチャラーが食べる時には、舌の動きが忙しくて下品に見えることも原因の一つです。

食べる時に舌が先に出てきて料理を丸め込んだり、食べ物を自分の噛み合わせの最も良い部分に移動させようと舌を使ったりなど、様々な下の動きをします。

その時の表情や口の形、そして口の皮膚の盛り上がり具合で舌がどこにあるか分かると、あまりにも生々し過ぎて同席している人が食欲をなくしてしまうのです。

2-3. 音が不愉快

2-音が不愉快

人が食事を楽しむには味覚だけを働かせている訳ではありません。

食べ物を香りを楽しむ嗅覚と盛り付けを楽しむ視覚、そしてじゅうじゅう焼く音やパリッと割れる音などを楽しむっ聴覚もフルに使っています。

目では見ない様にしていても、クチャクチャする音が耳に入ってくると、今自分が食べているものを十分に楽しむことができません。

クチャラーは食事を楽しむ人にとって雑音を発する人でしかないのです。

3. クチャラーに多い特徴

クチャラーに多い特徴

「この人クチャラーだ」と思うと、それだけで生理的に無理、と思ってしまう人もいます。

そんなクチャラーに多い特徴には以下の様なものがあります。

3-1. 好き嫌いがない

3-好き嫌いがない

クチャラーの特徴として、食べ物の好き嫌いがなく、何でも食べてくれる、という点があります。

男性がクチャラーの場合、女性が料理を振るまうと「ウマイ、ウマイ」と言って片っ端から食べてくれます。

完食してくれるのは嬉しいのですが、何しろ食べ方が汚いので女性としては究極の選択になります。

バーベキューなど屋外で食べる時にはクチャラーは気にならず、むしろ豪快に見えて好感が持てるのですが、ちょっとオシャレなレストランでデートをしたい、と思った時に問題になるのです。

3-2. 核家族の共働き家庭に育っている

3-核家族の共働き家庭に育っている

小さい頃から夫婦共働きの家庭に育ち、託児所に預けられたり1人で食事をすることが多かった人は、クチャラーになり易い傾向があります。

自分の好きなものだけを好きな様に食べられるし、音を立てていることを注意する家族がいないからです。

学校の給食は雑然とした雰囲気の中で食べるので、クチャクチャはさほど目立ちません。

そして高校、大学と進むに連れて友達関係がはっきりしてきて、クチャラーを気にしない人と付き合う様になるので治らないのです。

3-3. 逆に大家族で育っている

3-逆に大家族で育っている

兄弟姉妹が多くて、昔から食事の時には早い者勝ちだった、という環境で育つと、食べ方がどうの言っていられないことから早食いのクチャラーになる可能性があります。

とにかく食べることが優先ですので、その他のことには構っていられないのです。

3-4. いつもデート1回でフラれる

3-いつもデート1回でフラれる

初デートをした時に相手がクチャラーだったら、早いうちにさっさと見切りを付けて別れるものです。

当然理由をはっきり言わずに「合わないから」だけで済まされるでしょう。

本人としては「何故いつもデート1回でフラれるのだけれど、何が悪いのだろう」と悩んでしまうのです。

本当に何でも言い合える親友でもないとクチャラーは指摘できないので、引きずってしまいます。

3-5. 好奇心旺盛

3-好奇心旺盛

食事をしていていも、他のことを考えているので、食べ物を味わうことで精一杯、食べ方を考える余裕はありません。

或いは思いついたことをすぐに口に出したくなるので、自分が今食べ物をほおばっていても我慢が利かないのです。

3-6. 声が大きい

3-声が大きい

クチャラーは、食べ物を噛んでいても自分の言いたいことを伝えようとします。

滑舌が悪くなる分声の大きさでカバーしようとします。

普段から声が大きい人が多く、食べ方だけではなく会話の内容も周囲から注目されがちです。

4. クチャラーのチェックリスト

クチャラーのチェックリスト

人と一緒に食事をしたくても、断られることが多い、何となく避けられている様な気がする、その様な人は、もしかしたらクチャラーかも知れません。

以下クチャラーのチェックリストを掲載します。

2つ以上当てはまる場合はクチャラーの可能性がありますので、家族か親友に食事の食べ方をチェックして貰うと良いでしょう。

4-1. 大食い・早食いである

4-大食い・早食いである

一度に口に入れる量が多いと、それだけ噛んだり飲みこんだりするのに口が忙しくなります。

口を閉じるのが難しいとクチャ音がでてしまうのです。

4-2. 猫背である

4-猫背である

猫背の人は、パソコン仕事など長時間前かがみの状態が続くと、頬の筋肉がたるんで垂れ下がってきます。

当然口の締まりも悪くなり、クチャラーになってしまうのです。

4-3. 鼻の通りが悪い

4-鼻の通りが悪い

春秋の花粉症やアレルギー性鼻炎、副鼻腔炎など、鼻が詰まり易い人は、自然と口呼吸になります。

食事をしていても口が開きっぱなしになり、咳やくしゃみをすると大惨事になります。

4-4. ながら食べをする

4-ながら食べをする

テレビやDVDを観ながら食べる、スマホを見ながら食べる習慣がある人は、脳が他のことに集中しているので口の筋肉が緩みがちになります。

自覚していなくても口が開いてしまい、クチャラーになっていることが多くあるのです。

4-5. すきっ歯が多い

4-すきっ歯が多い

すきっ歯の人は、歯の間によく食べ物が挟まります。

飲み込む時にも口の中に残る食べ物が多いので、いつまでも噛んでいる様に見えるのです。

舌で歯のあいだを探っている時にクチャクチャと音が出てしまうことがあります。

5. クチャラー以外の行儀の悪い食べ方

クチャラー以外の行儀の悪い食べ方

「相手にドン引きされる食べ方のNGマナーランキング」では、クチャラーはダントツで1位になっています。

しかしその他にも異性がすると幻滅するという行儀の悪い食べ方は以下の通りです。

5-1. すぐに食べない

5-すぐに食べない

回転寿司ではなく、カウンター形式の高級な寿司店に入った時に、雰囲気を楽しむだけで出されたお寿司をすぐに食べないのはマナー違反です。

そばを食べる時も、数本ずつ少しずつ食べて中々減らないと、食べたくないのかと思われてしまいます。

作っている人への礼儀としても、今味わえる食事を堪能する様にしましょう。

5-2. 口にモノを入れたまま喋る

5-口にモノを入れたまま喋る

クチャラーと似ているのですが、こちらは音ではなく口の中に食べ物が入ったまま喋ろうとする人です。

少量の食ベものではなく、唐揚げなど丸ごと口に入れてから「そう言えばアレ・・」とモゴモゴしながら喋ろうとします。

相手も目のやり場に困るし、滑稽な顔に見えてしまうので損です。

5-3. 喋り過ぎる

5-喋り過ぎる

テーブルの上に色々な料理が並んでいる時に、ひたすら身を乗り出してお喋りをしていると、周囲の人から見て唾が飛ぶのが気になって仕方ありません。

ついそっとその人の前から食べ物を移動させたくなります。

5-4. お箸の使い方が悪い

5-お箸の使い方が悪い

お箸には、様々なマナーがあります。

食事の時にすると嫌われる代表的なNGマナーは以下の通りです。

「指し箸」

お箸を使って人を指すことです。

これをされるとバカにされていると思われる人も多いです。

「刺し箸」

大きな食べ物を箸で上からグサッと差して取る行為です。

「叩き箸」

箸で食器や茶碗をチンチンと叩く行為です。

人から見て目障りでうるさいと思われます。

「寄せ箸」

遠いところにあるお皿に、箸をひっかけてこちらに引き寄せる行為です。

「移り箸」

一度料理に手を付けたのに取らず、他の料理に移ります。

上記の箸のNGマナーを行うと、「育ちが悪い人」と思われてしまいます。

5-5. トッピングを使い過ぎる

5-トッピングを使い過ぎる

テーブルに調味料が備え付けてあるレストランもあります。

チーズや紅ショウガ、七味唐辛子、お酢など様々な調味料がありますが、どれもドバドバと使うと偏食だと思われてしまいます。

5-6. 犬食い

5-犬食い

茶碗やお皿をテーブルに置いたまま、顔を近づけて食べることです。

本人はバクバク食べて美味しいと思っているのですが、周囲から見るとがさつな行為に見えます。

器の中には持ち上げられないものもありますが、背筋を伸ばして箸を口に運ぶ習慣を身に付けましょう。

5-7. 髪の毛を触る

5-髪の毛を触る

女性に多いのですが、ヘアスタイルを気にしながら食事をします。

食べ物に髪の毛が落ちるのでは、と一緒に食事をしている人に不快感を与えます。

髪の毛は顔にかからない様にピンで留めるか結ぶと好感度がアップします。

5-8. 少食をアピール

5-少食をアピール

こちらも女性に多いのですが、ダイエット中で極端に食が細かったり、バクバク食べるとはしたないと思い、少しずつ残す様にします。

あまりにも食事量が少ないと一緒に食事をする意味を感じなくなってしまいます。

5-9. 嫌いなものが多い

5-嫌いなものが多い

男女に関わらず出て来た料理を見て「これ嫌い」を連発する人がいます。

中には美味しいと思っている人もいるのですから、食事中に「嫌い」は言わない様にしましょう。

コース料理で出てきてしまったら「私これちょっと苦手なので食べてくれる?」と言う様にしましょう。

もちろん普段から嫌いなものでも人前で食べられる様に練習しておくことも大切です。

5-10. スマホを横に置いて食べる

5-スマホを横に置いて食べる

最近特に多い食事中のマナー違反として多いのが、スマホをテーブルの上に置いたまま食事をする人です。

食事を作ってくれた人や相手に対して大変失礼な行為です。

人と食事をしている時には目の前の人と会話をすることを考えましょう。

5-11. ひじをついて食べる

5-ひじをついて食べる

居酒屋でざっくばらんに話しながら食事をする時に、ひじを付いて食べる人がいます。

親密な関係で奥深い話をしている時についやってしまう行為ですが、行儀が悪いと思われます。

5-12. 店員に横柄な態度を取る

5-店員に横柄な態度を取る

デートの時に男性がやりがちなNG行為です。

店員に横柄な態度を取り、注文したものが遅かったり、間違っていたりすると居丈高に怒ります。

自分はお客様だという態度がハナにつくと、二度と一緒に食事をしたくなくなります。

6. クチャラーになる原因

クチャラーになる原因

口が開いているからクチャクチャ音が漏れて聞こえてしまうのならば、気を付けて食事をすれば良いだけです。

クチャラーになってしまう原因はどの様なものがあるでしょうか。

6-1. 口呼吸をしている

6-口呼吸をしている

基本的に人間は鼻で呼吸をしていますが、口呼吸をしている人もいます。

中には鼻炎や副鼻腔炎で自然と口呼吸をせざる負えない人もいるでしょう。

鼻が通らず口呼吸のまま食事をすると、息が苦しくなります。

一つの食べ物を口に入れてから噛んで飲み込むまでには意外と時間がかかります。

その間何度か口を開ける必要があるので、クチャラーになってしまうのです。

6-2. 小さい頃からの習慣

6-小さい頃からの習慣

特に呼吸器系に問題がなくてもクチャラーになってしまう人は、小さな頃から習慣付いていることも多くあります。

両親が特に食べ方まで注意しなかった、或いは家族がクチャラーでその中で育ったので皆が当然のことだと思っていると、周囲が深いな思いをしていることに気が付かないのです。

クチャラーの殆どが自覚していないのは、家族が容認しているからと言えます。

6-3. 歯並びが悪い

6-歯並びが悪い

人によっては歯並びが悪くて、噛み合わせがきちんとできなかったり、口が閉じにくいこともあります。

噛み合わせが悪いと何とかして食べ物をすりつぶそうとして、口の形を変える為に、口が開いてしまいます。

また、受け口だったり前歯が出ていると、口が閉じにくくなります。

普段から口を閉じにくい人は、食事をしていてもつい口が開き気味になってしまうのです。

その為に小さい頃は普通に食べていても、成長するに従ってクチャラーになってしまうのです。

6-3. 口の周囲の筋肉が衰えている

6-口の周囲の筋肉が衰えている

最近の若い人に多いのですが、口を大きく開けて笑ったり話したりする機会が少なくなっていることで、口の周囲の筋肉が衰えがちになっています。

また、仕事でデスクワークが多いと猫背になり、頬が重力に負けて下がってくることもあります。

口の周囲の筋肉が衰えると、口が締まりにくくなります。

口笛が上手な人は、唇の筋肉が発達していてしっかりと伸縮できるので、口を器用にすぼめられるのです。

普段からあまり話さない人でクチャラーの場合、筋力不足が考えられます。

6-4. 舌の動きが悪い

舌は食べ物をスムーズに飲み込む為に重要な働きをしています。

普段は全く気にしていないのですが、舌を上手に使えないと食べ物を噛んで飲み込むまでの一連の動作はできなくなります。

舌が良く動かないことでより大きく口を動かさなければならず、それだけ口が開いてしまい、音が出る様になってしまうのです。

6-5. 音を出すのが粋だと思っている

6-音を出すのが粋だと思っている

昔から日本では、そばやラーメンなどは音を立てて食べるものとされています。

また、中年男性で日本酒が好きな人は、飲んだ時に「舌鼓」を打つのが通の飲み方、という人もいます。

音を立てることで美味しさを表現する文化があるのは事実です。

しかしそれを勘違いして、何でも音を立てた方が男らしくて粋だと思ってしまっている人もいるのです。

ガムをクチャクチャさせるのも「まるでメジャーリーガーみたいでカッコいい」と思う人もいます。

まとめ

クチャラーは、基本的に食べることが好きで、性格的に明るい人が多くなります。

「もしそれさえなければ」と思うこともあるでしょう。

本当にその人の為を思うならば、一度はハッキリと教えてあげるのも優しさでしょう。

もしもアドバイスを受け入れて脱クチャラーになってくれたら、申し分のないステキな人になる可能性もあるからです。

日頃からステキだなと思っていた異性と食事をする機会があると、期待感も高まりますよね。

ところがいざ食事が始まると、相手がクチャクチャと大きな音を立てて食べたり、食べ物が口に入った状態で喋りつづけたりするとショックを受けるでしょう。

クチャラーの特徴と原因、何故クチャラーになってしまうのか、これを機に知っておきましょう。


クチャラーとは?

クチャラーとは、食事をする時に食べながらクチャクチャと音を立てる人のことです。

一般常識として、食事の際にはなるべく音を立てない様にするのがマナーとされています。

しかし、食べ物を噛む時に「クチャクチャ」と咀嚼音を立てたり、舌を鳴らして文字通り「舌鼓を打つ」人がいます。

誰もが多少は音が出るものですが、これがひときわ大きくて周囲にも聞こえるレベルなのがクチャラーです。

しかもクチャラーは口を開けて食べる人が多く、周囲の人を不快にさせてしまうのです。

クチャラーは自分で自覚していないことが多く、いい大人になってからは周囲が指摘してくれることは少なくなります。

その為に、いつまでも直らずに音を立てて食べてしまうのです。

クチャラーが周りを不快にする理由

「食事位自由に食べてもいいじゃない」そう思う人もいるでしょう。

しかし目の前でクチャクチャと音を立てて食べていると、下記の様な理由で周りを不快にさせてしまうのです。

2-1. 食べ物や唾液が飛んで汚い

2-食べ物や唾液が飛んで汚い

クチャラーの音が大きいのは、口を開けて食べ物を噛むからです。

普通の人は食べ物を噛んだり飲み込んだりする時には、口を閉じて行います。

しかしクチャラーは口を開けたままの状態で食べ物を噛むので、細かくなった食べ物や唾液が飛び散り易いのです。

目の前で人の口から食べ物が飛び散って、テーブルや自分のお皿にかかっているのが分かると、気持ち悪いと感じる人が多いでしょう。

2-2. 舌の使い方が下品に見える

2-舌の使い方が下品に見える

クチャラーが食べる時には、舌の動きが忙しくて下品に見えることも原因の一つです。

食べる時に舌が先に出てきて料理を丸め込んだり、食べ物を自分の噛み合わせの最も良い部分に移動させようと舌を使ったりなど、様々な下の動きをします。

その時の表情や口の形、そして口の皮膚の盛り上がり具合で舌がどこにあるか分かると、あまりにも生々し過ぎて同席している人が食欲をなくしてしまうのです。

2-3. 音が不愉快

2-音が不愉快

人が食事を楽しむには味覚だけを働かせている訳ではありません。

食べ物を香りを楽しむ嗅覚と盛り付けを楽しむ視覚、そしてじゅうじゅう焼く音やパリッと割れる音などを楽しむっ聴覚もフルに使っています。

目では見ない様にしていても、クチャクチャする音が耳に入ってくると、今自分が食べているものを十分に楽しむことができません。

クチャラーは食事を楽しむ人にとって雑音を発する人でしかないのです。

スポンサーリンク

1 / 3
記事の続きを読む

スポンサーリンク

※当サイトは占いやスピリチュアルに関連する記事を掲載するメディアサイトです。
掲載中の記事には効果や効能に根拠がない物、証明されていない場合もありますのでご注意下さい。
また当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害について、運営者は一切の責任を負いません。
この記事は2018年12月06日に更新されました。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

無料占い