占いの意味や夢の意味・心理や数字はどんな意味?SPITOPIは「占い」であなたの深層心理に迫ります。

 

運勢・占い・心理の秘密


https://spitopi.com/blog/20180811145015.html
「心中お察します 」の意味や別の言い換えとは?【類語や使い方と英語】

「心中お察します 」の意味や別の言い換えとは?【類語や使い方と英語】 | SPITOPI

SPITOPI
「心中お察します 」の意味や別の言い換えとは?【類語や使い方と英語】

スポンサーリンク

知り合いの大切な人などが亡くなった時、「心中お察しします」という表現を使ったことがある人もいるのではないでしょうか。

誰かに不幸があったときは様々な言い方がありますが、これもそんな時の表現の1つです。

ここでは、この「心中お察しします」という表現について解説します。

  • 「心中お察します」とは?
  • 「心中お察します」の言い換えや不幸があったときに使う言葉
  • 心中お察しますの使うタイミング
  • 「心中お察しします」を分解して解説
  • 「心中お察します」を使う相手で上司や目上に使うのは失礼?
  • 「心中お察します」と言われた時の返事
  • 「心中お察します」の英語
  • まとめ

1. 「心中お察します」とは?

「心中お察します」とは?

「心中お察しします」という表現には悲しみ、などという意味合いを含む言葉がありませんから、なんとなく誰かに不幸があったときに使える表現だと思えない、という人もいるかもしれません。

しかし、「心中お察しします」というのは身近な誰かを亡くした人にかけることができる重要な表現です。

大切な人が亡くなると、悲しみのあまり、会話ができなくなってしまいますよね。

誰かをなくした友人に気の利いた言葉をかけようと思ってもいざ向き合ったら何も言えず、ただ一緒に泣くしかできなかった、という経験を持つ人もいるのではないでしょうか。

むしろ、誰かを亡くした人が何かを言わなければいけないような声かけをするというのは気が利きません。

そんな時、「何を言いたいのかわかっています」「あなたの気持ちは指しています」という時に「心中お察しします」という表現が使えるのです。

2. 「心中お察します」の言い換えや不幸があったときに使う言葉

「心中お察します」の言い換えや不幸があったときに使う言葉

2-1. 「お悔み申し上げます」

2-「お悔み申し上げます」

誰かがなくなった場合、その遺族等に対して「心中お察しします」という以外に「お悔やみ申し上げます」ということができます。

お悔やみというのは誰かの死を弔うこと、誰かの死を悲しむこと、残された人に対する慰めの言葉」などという意味があります。

そしてお悔やみ申し上げますという表現には故人の死を残念に思います、とても悲しいです、という意味があります。

相手を励まそうと思っても、お葬式の場で例えば遺族に対し、「気持ちがわかります」などと言ってしまえば「あなたに私の何がわかる」と思わせてしまう可能性がありますよね。

ですから、決まり文句ではありますが、「お悔やみ申し上げます」と不幸があったときに使うべき表現を述べる方が無難、ということもあります。

2-2. 「ご冥福をお祈り申し上げます」

2-「ご冥福をお祈り申し上げます」

「ご冥福をお祈り申し上げます」という表現も不幸があったときによく使われる表現ですが、これは「お悔やみ申し上げます」のように「故人の死を残念に思います」などという意味ではなく、「故人に対し、死後の幸せをお祈りしています」という意味になります。

ですから、これには遺族の悲しい気持ちを察する、同情する、などといった意味合いは含まれません。

あくまでも故人の幸せを意識した表現になります。

2-3. 「ご心労お察します」

2-「ご心労お察します」

先ほども述べた通り、遺族と話をしようと思っても遺族は悲しみのあまり、言葉を発することができないということもあるかもしれません。

そんな時、無理に相手の言葉を待つのではなく、相手の気持ちを推し量り、「心が疲れていることを指しています」「心が疲れていることに同情を示します」という意味で使われるのです。

心労とは心の疲れを指し、心配ということを表す場合もあります。

大切な人が命を落としてしまえば、悲しみのあまりストレスになってしまい、心が疲れますよね。

そんな気持ちを推し量る表現になります。

2-4. 「ご愁傷様です」

2-「ご愁傷様です」

これは落ち込んでいる人に対し、同情、慰め、お気の毒、などといった意味を込めて使われる表現です。

これは多くの人が耳にした経験を持つのではないでしょうか。

日常的に「ご愁傷様」と使われることがありますよね。

日常生活においても、友達に対して「気の毒に」という意味合いの言葉をいうときに「ご愁傷様」ということがないわけではありません。

しかし、この表現は本来は葬儀の場などで使われる表現ですから、もしも誰かを亡くした人に対してこの表現を使うのであれば、「ご愁傷様」ではなく、どれだけ親しい人に対してであったとしても「ご愁傷様でした」あるいは「ご愁傷様です」と声をかけることが大切です。

2-5. お力落とされませんように

2-お力落とされませんように

大切な人を失って心から悲しんでいる人に対し「元気出して」「時間が解決してくれるから」などという表現は厳禁です。

しかし、人によってはとても悲しんでしまい、周りが心配するほど泣いてばかりいる、落ち込んでいる、立ち直れない、ということもあるかもしれません。

そのような場合に「お力落とされませんように」という表現を使うことができます。

しかし、「お力を落とされませんように」というのは「元気出して」と似た表現だと思われることもありますので、もしもこの表現を使うときには「力になれることがあったら何でも言って下さい」「ご自愛ください」などのように相手を気遣った表現を加えるようにしましょう。

3. 心中お察しますの使うタイミング

心中お察しますの使うタイミング

3-1. 真っ先に使える言葉

3-真っ先に使える言葉

「心中お察しします」という表現は、誰かを亡くした人に対し、真っ先に使うことができる表現です。

例えば、お通夜や葬儀に赴き、受付で使うこともできますし、1族といざ対面したときに使うこともてできます。

そのような場合は「さぞかし辛いことと心中お察しいたします」「ご家族のご胸中はいかがなものかと、心中お察しいたします」を使うことができます。

より丁寧にしたいと思う場合は「心中お察し申し上げます」使うこともできます。

4. 「心中お察しします」を分解して解説

「心中お察しします」を分解して解説

4-1. 心中とは?

4-心中とは?

心中というのは、心の内、胸中、という意味を持ちます。

例えば、「心中穏やかでいられない」「心中を明かす」などという使い方を聞いたことがある人もいるのではないでしょうか。

つまり、相手の気持ち、相手の辛い気持ちや悲しい気持ち、ということを指す表現になるのです。

4-2. お察しとは?

4-お察しとは?

察するというのは推測すること、くみ取ること、そして同情すること、という意味になります。

先ほど心中という意味について紹介しましたが、相手の気持ちを汲み取る、相手の悲しい気持ちを推測する、相手の辛い気持ちに同情する、といった意味になるのです。

思いやること、推し量ること、共感を表すこと、という意味でも使われます。

5. 「心中お察します」を使う相手で上司や目上に使うのは失礼?

「心中お察します」を使う相手で上司や目上に使うのは失礼?

5-1. 目上の人には使わないほうが良いかも?

5-目上の人には使わないほうが良いかも?

結論からいうと、「心中お察しします」というのは決して失礼な表現ではありません。

しかし、「察する」というのは推し量る、という意味であり、だからこそ大切な人を失った目上の人にこのような表現を使うと、「私の気持ちなんてわかるわけない」「目下のくせに偉そうに」と思われてしまうこともないわけでは無いのです。

これは人によって受け取り方が違うためどうしようもないのですが、特に大切な人や身近な人を亡くし、悲しみに暮れている人に使ってしまうと、そんな気持ちはなかったとしても反発されてしまうこともあります。

また、第三者から例えば「あの人のお母様が亡くなったらしい」などと聞いただけで気軽に「心中お察しします」ということも避けた方が良いでしょう。

5-2. 亡くした人との関係を考えて

5-亡くした人との関係を考えて

誰でも皆、大切な誰かを失うという経験があってもおかしくはありません。

しかし、やはり場合によっては周りの人が想像もできないような、想像を絶するほどの悲しみに陥る場合もあるものです。

例えば、子供を亡くしたり、不慮の事故で突然配偶者を失ったり、という人に対し、「心中お察しします」などと使ってしまうと「あなたに何がわかる」と思わせてしまうこともあるかもしれません。

ですから、想像を絶するほどの悲しみの中にいる人に対してはこの表現は適切でないかもしれません。

決してこの表現に問題があるわけではありませんが、前によって表現を使い分けることが大切です。

6. 「心中お察します」と言われた時の返事

「心中お察します」と言われた時の返事

「心中お察しします」と言われたら、「ありがとうございます」と返せば良いのです。

そもそも身近な誰かを失った場合、人と話をする余裕などないかもしれません。

だからこそ、相手は「心中お察しします」という表現を使うことにより、 相手が言葉を返すことができないということも含めてその気持ちを推し量ってくれているのです。

ですから、それに対して気の利いた表現をしなければいけないと頑張る必要はありません。

その時は「ありがとうございます」というだけで充分ですし、一言でも走ったら涙が出てきてしまう、きちんとお礼をいう余裕もない、ということであれば軽く頭を下げるだけでも構いません。

そのような状態であっても相手はきっと理解してくれるでしょう。

7. 「心中お察します」の英語

「心中お察します」の英語

7-1. You have my sympathies.

7-You have my sympathies.

英語でお悔やみの言葉をいう場合、日本語と同じように決まり文句があります。

「お悔やみ申し上げます」「ご同情申し上げます」そして「心中お察しします」などという意味でYou have my sympathiesという表現が使えるのです。

sympathiesは同情や哀れみという表現を表すsympathyの複数形になります。

7-2. My condolences.

7-My condolences.

ご愁傷様です」と言いたい場合はMy condolencesということができます。

これ以外にもPlease accept my condolencesということにより「哀悼の意を表します」と、より丁寧にすることもできます。

また、I respectfully offer my condolencesにすれば「謹んでお悔やみ申し上げます」とすることもできるのです。

My deepestやMy sincereなどという表現を加えることにより、さらに表現を強調させることもできます。

7-3. I'm sorry to hear that.

7-I'm sorry to hear that.

誰かの訃報を聞いたとき、真っ先にI'm sorryということもできます。

これだけ聞くと謝罪をしているかのように思われてしまうかもしれませんが、I'm sorryには残念です、という意味があるのです。

ですから、例えばI'm sorry to hear thatと言えば「それを聞いて残念です」という意味になり、お悔やみ申し上げます、という意味になるのです。

この表現は誰かが亡くなった話を聞いた時だけに使えるものではなく、例えば「最近風邪をひいた」「試験に落ちた」などのようにショッキングな情報を得たときにも使うことができます。

まとめ

いかがでしょうか。

社会人になるとなおさら訃報を聞くことが多くなりますよね。

相手が誰かということをしっかりと踏まえた上で、失礼のない表現を使えるようになりたいものです。

知り合いの大切な人などが亡くなった時、「心中お察しします」という表現を使ったことがある人もいるのではないでしょうか。

誰かに不幸があったときは様々な言い方がありますが、これもそんな時の表現の1つです。

ここでは、この「心中お察しします」という表現について解説します。


「心中お察します」とは?

「心中お察しします」という表現には悲しみ、などという意味合いを含む言葉がありませんから、なんとなく誰かに不幸があったときに使える表現だと思えない、という人もいるかもしれません。

しかし、「心中お察しします」というのは身近な誰かを亡くした人にかけることができる重要な表現です。

大切な人が亡くなると、悲しみのあまり、会話ができなくなってしまいますよね。

誰かをなくした友人に気の利いた言葉をかけようと思ってもいざ向き合ったら何も言えず、ただ一緒に泣くしかできなかった、という経験を持つ人もいるのではないでしょうか。

むしろ、誰かを亡くした人が何かを言わなければいけないような声かけをするというのは気が利きません。

そんな時、「何を言いたいのかわかっています」「あなたの気持ちは指しています」という時に「心中お察しします」という表現が使えるのです。

「心中お察します」の言い換えや不幸があったときに使う言葉

2-1. 「お悔み申し上げます」

2-「お悔み申し上げます」

誰かがなくなった場合、その遺族等に対して「心中お察しします」という以外に「お悔やみ申し上げます」ということができます。

お悔やみというのは誰かの死を弔うこと、誰かの死を悲しむこと、残された人に対する慰めの言葉」などという意味があります。

そしてお悔やみ申し上げますという表現には故人の死を残念に思います、とても悲しいです、という意味があります。

相手を励まそうと思っても、お葬式の場で例えば遺族に対し、「気持ちがわかります」などと言ってしまえば「あなたに私の何がわかる」と思わせてしまう可能性がありますよね。

ですから、決まり文句ではありますが、「お悔やみ申し上げます」と不幸があったときに使うべき表現を述べる方が無難、ということもあります。

2-2. 「ご冥福をお祈り申し上げます」

2-「ご冥福をお祈り申し上げます」

「ご冥福をお祈り申し上げます」という表現も不幸があったときによく使われる表現ですが、これは「お悔やみ申し上げます」のように「故人の死を残念に思います」などという意味ではなく、「故人に対し、死後の幸せをお祈りしています」という意味になります。

ですから、これには遺族の悲しい気持ちを察する、同情する、などといった意味合いは含まれません。

あくまでも故人の幸せを意識した表現になります。

2-3. 「ご心労お察します」

2-「ご心労お察します」

先ほども述べた通り、遺族と話をしようと思っても遺族は悲しみのあまり、言葉を発することができないということもあるかもしれません。

そんな時、無理に相手の言葉を待つのではなく、相手の気持ちを推し量り、「心が疲れていることを指しています」「心が疲れていることに同情を示します」という意味で使われるのです。

心労とは心の疲れを指し、心配ということを表す場合もあります。

大切な人が命を落としてしまえば、悲しみのあまりストレスになってしまい、心が疲れますよね。

そんな気持ちを推し量る表現になります。

2-4. 「ご愁傷様です」

2-「ご愁傷様です」

これは落ち込んでいる人に対し、同情、慰め、お気の毒、などといった意味を込めて使われる表現です。

これは多くの人が耳にした経験を持つのではないでしょうか。

日常的に「ご愁傷様」と使われることがありますよね。

日常生活においても、友達に対して「気の毒に」という意味合いの言葉をいうときに「ご愁傷様」ということがないわけではありません。

しかし、この表現は本来は葬儀の場などで使われる表現ですから、もしも誰かを亡くした人に対してこの表現を使うのであれば、「ご愁傷様」ではなく、どれだけ親しい人に対してであったとしても「ご愁傷様でした」あるいは「ご愁傷様です」と声をかけることが大切です。

2-5. お力落とされませんように

2-お力落とされませんように

大切な人を失って心から悲しんでいる人に対し「元気出して」「時間が解決してくれるから」などという表現は厳禁です。

しかし、人によってはとても悲しんでしまい、周りが心配するほど泣いてばかりいる、落ち込んでいる、立ち直れない、ということもあるかもしれません。

そのような場合に「お力落とされませんように」という表現を使うことができます。

しかし、「お力を落とされませんように」というのは「元気出して」と似た表現だと思われることもありますので、もしもこの表現を使うときには「力になれることがあったら何でも言って下さい」「ご自愛ください」などのように相手を気遣った表現を加えるようにしましょう。

無料占い

スポンサーリンク



無料占い

※当サイトは占いやスピリチュアルに関連する記事を掲載するメディアサイトです。
掲載中の記事には効果や効能に根拠がない物、証明されていない場合もありますのでご注意下さい。
また当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害について、運営者は一切の責任を負いません。
この記事は2018年12月07日に更新されました。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!