占いの意味や夢の意味・心理や数字はどんな意味?SPITOPIは「占い」であなたの深層心理に迫ります。

 

運勢・占い・心理の秘密


https://spitopi.com/blog/20180810145618.html
ユーカリの花言葉・英名など花の解説・種類別花言葉

ユーカリの花言葉・英名など花の解説・種類別花言葉 | SPITOPI

2018年08月10日公開

SPITOPI
ユーカリの花言葉・英名など花の解説・種類別花言葉

スポンサーリンク

ユーカリ(学名Eucalyptus spp. )という花(植物)の特徴と名前の由来(英語での呼び方・語源)を説明しながら、「ユーカリの花言葉とその意味」について紹介していきます。

ユーカリの花に関する「原産地・開花時期・種類・似た花」の参考情報を紹介して、ユーカリの興味深い「マメ知識」も解説しています。

  • ユーカリとはどんな花なのか?
  • ユーカリの花言葉
  • ユーカリについての解説
  • ユーカリのマメ知識
  • ユーカリを育てる時の注意点
  • ユーカリの種類(原種・園芸品種の特徴)
  • ユーカリに似た花の特徴・花言葉
  • まとめ

1. ユーカリとはどんな花なのか?

ユーカリとはどんな花なのか?

ユーカリ(学名Eucalyptus spp. )は、フトモモ科ユーカリ属に分類される「オーストラリア(タスマニア島)・ニュージーランド」が原産地の常緑高木です。

樹高70メートル以上に生長する品種もありますが、室内で鉢植えの観葉植物として育てる場合はそこまで大きくはなりません。

観賞植物として人気があるユーカリは、降水量の少ないオセアニアの乾燥地帯でも逞しく生長する「生命力の強さ」が魅力になっています。

ユーカリは周年にわたって、細長い雄しべがポンポンのように見える独特な形の「白色・ピンク色・黄色・オレンジ色の目を引く花」を咲かせてくれます。

2. ユーカリの花言葉

ユーカリの花言葉

ユーカリには、以下のような花言葉があります。

ユーカリの一般的な花言葉である「再生・新生」「思い出(記憶・追憶)」「慰め」について、関連エピソードや花言葉の由来・解釈も含めながら分かりやすく説明していきます。

2-1. 「再生・新生」

2-「再生・新生」

ユーカリの花言葉は「再生・新生」です。

ユーカリは気温が高くなると樹木から引火性の強いテルペンを放出するため、山火事の原因になることもあるのですが、ユーカリは山火事の熱を利用して種子を発芽しやすくすると言われています。

乾燥にも山火事にも負けずに再生するユーカリは生命力に満ち溢れているのです。

「再生・新生」を象徴するユーカリの樹木・葉を観賞してそのエネルギーを分けてもらいましょう。

2-2. 「思い出(記憶・追憶)」

2-「思い出(記憶・追憶)」

ユーカリの花言葉は「思い出(記憶・追憶)」です。

誰にでも忘れられない大切な思い出があり、その記憶がつらい時に自分を支えてくれる事も多いのです。

悠然としたユーカリの大木を眺めながら、自分の心を豊かに満たしてくれる「過去の記憶・追憶」に浸ってみてはいかがでしょうか。

過去の良い思い出の追憶(想起)が、明日を生き抜くエネルギーやモチベーション(やる気)をチャージしてくれるのです。

2-3. 「慰め」

2-「慰め」

ユーカリの花言葉は「慰め」です。

樹高70メートルにもなる非常に背の高い樹木であるユーカリは、どこか人間を優しく見守ってくれているような温和な雰囲気を漂わせています。

ユーカリの葉っぱには薬効があり、傷薬やアロマテラピーの材料としても使われます。

疲れている心や傷ついた精神を癒したい時に、ユーカリの木や葉っぱをのんびりと眺めてみてはいかがでしょうか。

オセアニアのオーストラリアに自生する雄大なユーカリの木は、人の心に「慰め・癒しのひと時」を与えてくれるのです。

3. ユーカリについての解説

ユーカリについての解説

ユーカリの「各種情報(英語の呼び名と語源・原産地・名前の由来・エピソード・誕生日花など)」について解説していきます。

3-1. ユーカリの英語での呼び名と意味について

3-ユーカリの英語での呼び名と意味について

ユーカリは英語では、「Argyle Apple(銀丸葉ユーカリ)、Gunnii(グニー)」と呼ばれています。

Argyle Appleという呼び方はユーカリの葉っぱが丸くて光の反射で銀色に見えることに由来しています。

ユーカリ属の樹木(植物)には約500種類以上の品種があると言われていますが、ユーカリの葉っぱの形状や色彩に注目した命名が多く、「銀世界ユーカリ(Eucalyptus pulverulenta)」「ハートリーフユーカリ(Eucalyptus websteriana)」といった品種もあります。

Gunniiは耐寒性や過湿に強いユーカリの品種の一つとしても知られています。

3-2. ユーカリの原産地と開花期

3-ユーカリの原産地と開花期

ユーカリの原産地は「オーストラリア・タスマニア島・ニュージーランド」で、樹高が約70〜100メートルにまで大きくなる常緑高木です。

ユーカリには約500種類以上の種類がありますが、その中でコアラが食用にできるのは「約12種類」と言われています。

ユーカリの開花期は「2月〜5月」の春ですが、ユーカリの花自体は周年にわたって出回っています。

ユーカリはたくさんの雄しべが伸びた独特な形状の「白色・ピンク色・黄色・オレンジ色の花」の花を咲かせます。

砂漠の多いオセアニアが原産地で、過湿に弱くて乾燥に強い植物としての特徴を持ちます。

そのため、砂漠地帯の緑化目的の植物としてもよく栽培されています。

3-3. ユーカリの名前の由来

3-ユーカリの名前の由来

ユーカリ(学名Eucalyptus spp. )は和名も同じ「ユーカリ」で、学名の英語「ユーカリプタス」を短縮したものです。

「Eucalyptus」という学名の語源は「eu-(真に・良く)+kalyptos(〜で覆った)」という意味で、ギリシア語で「良い蓋・強くて頑丈な蓋」を示していました。

このギリシア語がラテン語に変わったものが、「Eucalyptus」であると言われています。

ユーカリは蕾の萼(がく)と花弁が癒着して蓋状になっている特徴から「Eucalyptus」と命名されたのです。

あるいは、乾燥地帯でも旺盛に成長して乾いた大地を緑で蓋をするように被うことに由来していると言われます。

3-4. ユーカリの誕生日花

3-ユーカリの誕生日花

ユーカリが誕生日花とされている日は「11月7日、11月18日」です。

「11月7日、11月18日」が誕生日の人に、ユーカリの「再生・新生」「思い出(記憶・追憶)」「慰め」などの花言葉を添えてプレゼントしてみましょう。

乾燥地帯でも逞しく根を伸ばして水分を吸い上げ、樹高70メートル以上もの大木に成長するユーカリは、山火事の後に地面に落ちた種子が発芽する生態を持っていることから、「再生・新生」という花言葉が付けられました。

どんな困難に直面しても、過去の素晴らしい思い出を心の支えにして、人生の再生を遂げる事ができる事を示唆しています。

4. ユーカリのマメ知識

ユーカリのマメ知識

ユーカリのマメ知識を紹介していきます。

4-1. ユーカリの葉には「薬効・虫除けの効果」がある

4-ユーカリの葉には「薬効・虫除けの効果」がある

ユーカリの葉には薬効があることが古くから知られており、オーストラリア先住民のアボリジニたちは傷を癒すためにユーカリの葉の汁を利用していました。

ユーカリの葉っぱから抽出される精油(エッセンス)には、「殺菌作用・抗炎症作用・鎮痛・鎮静」などの薬効・作用があるため、医薬品・アロマテラピーの原材料として用いられる事があります。

ユーカリの葉っぱの香りには、蚊やアブなどを遠ざける虫除け効果もあります。

一方、ハーブ・精油として利用する場合には、他のサプリメント・薬物との相互作用に注意しなければいけません。

4-2. ユーカリの葉には毒性もある

4-ユーカリの葉には毒性もある

コアラの餌にもなるユーカリの葉には、上記したような体に良い効果効能がたくさんある一方で、「青酸配糖体」という毒性のある成分(毒性物質)を含んでいることから、コアラは食べられても人間は食べることができません。

青酸配糖体という有毒成分は「青梅」にも含まれていて手で触れても問題はありませんが、間違って食べてしまうと「呼吸器症状(喘息様症状の悪化)・腹痛や下痢などの食あたり」といった症状が出やすいので気をつけましょう。

ただし、ユーカリの種類や精製方法によっては健康茶等として飲用される事もあります。

4-3. ユーカリは山火事の一因になる:ユーカリは山火事を利用して種子を発芽させる

4-ユーカリは山火事の一因になる:ユーカリは山火事を利用して種子を発芽させる

ユーカリの原産地であるオーストラリアは非常に乾燥していて元々山火事が起こりやすいのですが、ユーカリの葉は気温が高い時に「引火性のテルペン」を放出するので、ちょっとした火種があると山火事を引き起こす一因になります。

ユーカリの樹皮は非常に燃えやすいのですが、燃えると剥がれ落ちるので樹木の内部は損傷を受けない事が多いのです。

ユーカリの種子(タネ)は、山火事の高温を体験した後の降雨によって発芽しやすくなると言われており、ユーカリは山火事を利用して繁殖している部分もあるのです。

5. ユーカリを育てる時の注意点

ユーカリを育てる時の注意点

ユーカリを育てる時の注意点について説明していきます。

5-1. ユーカリ栽培に適した日当たり・置き場所

5-ユーカリ栽培に適した日当たり・置き場所

ユーカリ栽培に適した環境は、原産地のオーストラリアに近い「暖かくて乾燥した環境」なので、ベランダや窓際などの日当たりが良くて気温が高くなりやすい場所に鉢植えするようにすると良いでしょう。

ユーカリの樹木が苦手なのは「湿度の高い環境・気温の低い季節や場所(冷たい風の吹付け)・冬の霜(霜枯れ)」ですので、梅雨時や寒い真冬の季節は、できるだけ湿度が低くて暖かい場所を探して置くようにしましょう。

真冬は冷たい風が吹き付ける窓際よりもやや室内寄りの場所に置いてあげた方がいいでしょう。

5-2. ユーカリの水やり・肥料のポイント

5-ユーカリの水やり・肥料のポイント

ユーカリは原産地がオセアニア(オーストラリア、ニュージーランド)の乾燥地帯なのでとても乾燥に強い樹木です。

そのため、ユーカリの水やりは土が完全に乾いてから行うという感じでで大丈夫です。

他の観葉植物よりも生命力が強くて生長スピードも速いので、化学肥料を追加で与える必要のない育てやすい植物です。

5-3. ユーカリは害虫・病気には強いが、葉が枯れたら「植え替え」の時期

5-ユーカリは害虫・病気には強いが、葉が枯れたら「植え替え」の時期

ユーカリは非常に生命力の強い樹木で、基本的に病気や害虫の心配をほとんどしなくても良い観葉植物として知られています。

それでも葉っぱがシワシワになって枯れる事がありますが、それは土中に根を伸ばすスペースがない「根詰まりの合図」なので、少し大きめの鉢に植え替えをしましょう。

植え替えの時期は、葉っぱが頻繁に枯れやすくなった時ですが、「2〜3年に1回(3〜8月が適期)」の植え替えを意識しておくと良いでしょう。

6. ユーカリの種類(原種・園芸品種の特徴)

ユーカリの種類(原種・園芸品種の特徴)

ユーカリの色々な種類・園芸品種とその特徴について紹介していきます。

これらの花の花言葉は、ユーカリに準じて「再生・新生」「思い出(記憶・追憶)」「慰め」などになります。

6-1. ユーカリ・グニー(コマルバユーカリ)

6-ユーカリ・グニー(コマルバユーカリ)

ユーカリ・グニーは、オーストラリア原産で乾燥に強いだけではなく、過湿にも強いという特徴があるので、ユーカリ属の中でも育てやすい品種の一つとして人気があります。

ユーカリ・グニーは初期の若木の頃は丸っぽい「卵型の葉」を付けますが、生長して樹高(最終的に25メートル前後)が伸びるに従って先端が尖った葉っぱを付けるようになります。

ユーカリ・グニーは若木の頃の葉の形から、別名を「コマルバユーカリ」と言います。

6-2. ユーカリ・シトリオドラ(レモンユーカリ)

6-ユーカリ・シトリオドラ(レモンユーカリ)

ユーカリ・シトリオドラは日本でもっともポピュラーなユーカリの一種で、観葉植物として葉っぱを観賞するだけではなく、「葉っぱの爽やかな香り」を楽しむことができます。

ユーカリ・シトリオドラは、その葉っぱからレモンのような柑橘類の香りがすることから、別名を「レモンユーカリ」と呼んでいます。

ユーカリ・シトリオドラの葉っぱは、ツヤツヤとした光沢のある緑色で、香りが良い事から「精油・ポプリ・入浴剤」などに利用されています。

6-3. ユーカリ・ポポラス(マルバユーカリ)

6-ユーカリ・ポポラス(マルバユーカリ)

ユーカリ・ポポラスは葉っぱを愛でる観葉植物としてのユーカリの一種で、「ハートのような可愛らしい形」の葉っぱを付ける高い人気のある品種です。

ユーカリの中では生育速度がゆったりとしていて、観葉植物としての葉っぱの特徴は葉の色が「グルーグレイ」でやや青みがかった銀色をしているという事です。

葉っぱの形がハート型で丸っぽいことから、ユーカリ・ポポラスは別名を「マルバユーカリ」といいます。

7. ユーカリに似た花の特徴・花言葉

ユーカリに似た花の特徴・花言葉

ユーカリに似た美しい葉(個性的な葉)を持つ観葉植物の花の特徴・花言葉について紹介していきます。

7-1. アイビー

7-アイビー

アイビー(学名Hedera helix)は、ウコギ科キヅタ属に分類される「ヨーロッパ・北アフリカ・西アジア」が原産地の花です。

アイビーの学名「Hedera(ヘデラ)」はラテン語の「haerere(しがみつく)」が語源であり、ツタ(蔦)のように他の植物に絡みついていくアイビーの生態に由来していると言われます。

ツタのような植物であるという事から、アイビーの和名は「西洋木蔦(セイヨウキヅタ)」といいます。

アイビーは9月〜12月に、「黄緑色・黄褐色」の花を咲かせます。

アイビーの一般的な花言葉は、「永遠の愛」「友情」「不滅」「結婚」「誠実」になります。

7-2. モンステラ

7-モンステラ

モンステラ(学名Monstera deliciosa)はサトイモ科モンステラ属(またはホウライショウ属)に分類される花で、「熱帯アメリカ」が原産地です。

モンステラの学名「Monstera(モンステラ)」は、ラテン語で「奇怪・奇妙・異常」を意味する「monstrum(モンストルム、英語ではmonstrous)が語源になっています。

モンスラムの深い切れ込みや穴が開いた個性的な葉っぱの形に由来しているのです。

観葉植物であるモンステラは、周年にわたって白色の仏炎苞(ぶっぽうえん)の花を咲かせますが、ハワイではハイビスカスとプルメリアに並んでポピュラーな花とされています。

モンステラの花言葉は、他者との深い関係や心がワクワクする連絡を意味する「うれしい便り」「壮大な計画」「深い関係」になります。

まとめ

ユーカリ(学名Eucalyptus spp. )は、フトモモ科ユーカリ属に分類される「オーストラリア」が原産地の常緑高木でコアラの餌になる葉っぱを付ける事でも知られています。

ユーカリは和名もユーカリであり、属名の英語読み「ユーカリプタス」を短縮した呼び方になっています。

ユーカリは周年(一年中)にわたって、大量の細長い雄しべがポンポンのように見える独特な形状の「白色・ピンク色・黄色・オレンジ色の花」を咲かせます。

ユーカリの一般的な花言葉は、「再生・新生」「思い出(記憶・追憶)」「慰め」になります。

ユーカリの花言葉や植物・花の特徴、種類について知りたい方は、この記事を参考にしてみて下さい。

ユーカリ(学名Eucalyptus spp. )という花(植物)の特徴と名前の由来(英語での呼び方・語源)を説明しながら、「ユーカリの花言葉とその意味」について紹介していきます。

ユーカリの花に関する「原産地・開花時期・種類・似た花」の参考情報を紹介して、ユーカリの興味深い「マメ知識」も解説しています。

記事の続きを読む

※当サイトは占いやスピリチュアルに関連する記事を掲載するメディアサイトです。
掲載中の記事には効果や効能に根拠がない物、証明されていない場合もありますのでご注意下さい。
また当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害について、運営者は一切の責任を負いません。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

無料占い