占いの意味や夢の意味・心理や数字はどんな意味?SPITOPIは「占い」であなたの深層心理に迫ります。

 

運勢・占い・心理の秘密


https://spitopi.com/blog/20180810145451.html
フユボタン(冬牡丹)の花言葉・英名など花の解説・種類別花言葉

フユボタン(冬牡丹)の花言葉・英名など花の解説・種類別花言葉 | SPITOPI

2018年08月10日公開

SPITOPI
フユボタン(冬牡丹)の花言葉・英名など花の解説・種類別花言葉

スポンサーリンク

冬に咲く冬牡丹にはとても手のかかる温度調節が必要です。

しかし花を咲かすと非常に心を温かくしてくれる咲き方をするのが特徴なのです。

  • 冬牡丹
  • 冬牡丹とはどんな花?
  • 冬牡丹の花言葉
  • 冬牡丹の解説
  • 冬牡丹の英文の呼び名
  • 冬牡丹の原産地
  • 冬牡丹の名前の由来
  • 冬牡丹の誕生花の日
  • 冬牡丹の豆知識1
  • 冬牡丹を育てる注意点
  • 冬牡丹の種類
  • 冬牡丹の品種
  • 冬牡丹の色
  • 冬牡丹に似ている植物
  • まとめ

1. 冬牡丹

冬牡丹

寒い季節でも色とりどりに咲く冬牡丹の姿は見ると心を温かくしてくれます。

しかも、花びらの姿が大きいので寒さを忘れる程綺麗です。

冬牡丹は見れば見る程ほど魅力的に見えるでしょう。

特に通常ではない時期の咲きほこる冬牡丹の花が咲いてくれたらきっと心が和むはずです。

その姿はまさに、冬の風格ある姿で気品があり美しいの一言です。

それは、色もそうですが冬牡丹には手間と時間がかかる方法で咲かせている環境作りと並外れた愛情を込めた方法での咲かせ方があるからです。

なので、冬牡丹は普段見ている牡丹よりも重みがある咲き方をしてくれ、魅了させてくれます。

そんな冬牡丹の咲かせ方を覗いてみます。

2. 冬牡丹とはどんな花?

冬牡丹とはどんな花?

冬牡丹とは例年の時期に咲くボタンとは違い、冬の季節に咲く人口温度調節をして咲くボタンです。

そのため、優しい色合いが特徴的な咲き方をしています。

この人工的な咲き方が冬牡丹の愛らしい姿なのです。

背丈も大きくなく葉っぱが柔らかく、しかし花びらが高貴な色をはなっているのです。

元々ボタンの花は中国から伝来した花なので、色合いとしてはおめでたい色の赤が基調となているのが、古き良き時代の特徴になっています。

人工的に温度調整をして冬に咲く冬牡丹ですが、季節が冬でも姿は美しく映えて見えるのが、冬牡丹と言えましょう。

3. 冬牡丹の花言葉

冬牡丹の花言葉

冬牡丹の花言葉は、ボタンの咲く姿をとらえている花言葉がついています。

それは、風格・富貴・恥じらいといった見たままの姿をイメージし思いつく言葉です。

このイメージは主に中国でのイメージが多くあります。

それは、中国では牡丹の花が、古くから花の王様と呼ばれていたからです。

また、人々にも愛されて親しまれてきた牡丹の花なのです。

そうして、見た目でもボリュームたっぷりのあでやかな花姿は非常に存在感のある姿です。

そのため、1輪咲いている牡丹でも気品があり象徴する風格を漂わせて愛されている花なのです。

3-1. 風格

3-風格

風格では、冬牡丹の花びらが大きく咲くのが特徴なのでとても懐が広いといったイメージです。

なので、懐が広い年上の花と言えましょう。

3-2. 富貴

3-富貴

富貴では、中国からの富貴な冬牡丹の咲いた時の姿をイメージした言葉があります。

それが、中国の中国北宋時代の儒学者の言葉です。

愛蓮説の「牡丹は花の富貴なるものなり」の一節があります。

この一節でボタンとは富貴という方々にピッタリな花だととらえられたのです。

3-3. 恥じらい

3-恥じらい

恥じらいでは、冬牡丹の姿を見ていた西洋の方々が考えられたのでしょう。

そうして、冬牡丹を見て西洋のイメージをつけたのです。

それは冬牡丹の見ためを女性に見たことにあります。

そうして冬牡丹の咲いている姿が恥ずかしがっている人に見えたのでしょう。

なので、女性が恥ずかしい時と同様の赤い頬をイメージしているように見えてしまいます。

これは、西洋の人の頬が赤くなった時と同じような色を冬牡丹が咲いた時に見えるからです。

4. 冬牡丹の解説

冬牡丹の解説

冬牡丹は、人工的に温度調整して冬に咲いているので本来よりも大きくは咲きません。

ですが迫力ある咲き方をしますので、人気の冬牡丹なのです。

そこで牡丹との違いを探ると茎が細い事と花の大きさが少し小さい事です。

なので、そんなに見た目では変りませんが、冬牡丹は若干色が薄い事が特徴になります。

なので、見て楽しむ時は冬牡丹の色合いを楽しむといいでしょう。

また中国では、牡丹の花は花の王や高貴なる花といった幸せを運ぶイメージがあるので、冬に咲く冬牡丹は縁起ものなのです。

そうした事で、冬に咲くボタンを大切に育ててくれる環境でもあります。

冬牡丹は、季節が寒くなって咲いているのです。

なので、普通の牡丹と変わらない特徴です。

ですが、大切に温度調整をされて温かくムクムクと見守られながら咲く花なので、冬牡丹は少しだけ貴重な花なのです。

5. 冬牡丹の英文の呼び名

冬牡丹の英文の呼び名

冬牡丹の英文の呼び名は、Tree Peonyといいます。

学名はPaeonia suffruticosaです。

ボタン科の花で冬に咲くから冬牡丹です。

冬にだけ咲く花とは違い温度の調整をした人工の調整をしますが、結果としては温度調整で冬に咲くので姿はキレイですし、優美な姿です。

なので、牡丹の花は全て季節感を変えて人工的な温度調整をすれば冬牡丹になるのだと感じた方がいいでしょう。

そうすれば、普段咲いている牡丹でも冬に咲いてくれることがあると思う事で見る角度が変わって楽しみ方も増えます。

ですが、手間暇はかかるのでその分は我慢することです。

6. 冬牡丹の原産地

冬牡丹の原産地

冬牡丹の原産地は、中国になります。

華麗な花の色なので、中国の国を象徴した花と言えましょう。

7. 冬牡丹の名前の由来

冬牡丹の名前の由来

冬牡丹の名前の由来は牡丹の花が咲くのは4月から6月なのですが、冬牡丹は咲く時期が11月から1月になります。

温かい所で開花の時期を遅らせることで、季節感をずらして咲いているので冬に咲く花になったのです。

なので、冬でも牡丹が咲くことにより冬牡丹と言う名前が流行したのでしょう。

この冬牡丹は、季節が冬になっても咲いているので冬牡丹なのです。

ですが、寒ボタンという花もあるので見極めが必要です。

なので、冬に咲くボタンは2種類あると覚えるといいかもしれません。

8. 冬牡丹の誕生花の日

冬牡丹の誕生花の日

冬牡丹の誕生日は、12月17日となっています。

季節はとても寒い時期になっています。

そうして12月17日はなんと飛行機の日です。

そのため、冬牡丹を見る時は飛行機で空の旅と共に安全な冬牡丹を楽しめる場所にい行ってはどうでしょう。

また、忘れてはいけないブータン建国記念日でもあります。

なので、色鮮やかな冬牡丹は幸せの象徴です。

9. 冬牡丹の豆知識1

冬牡丹の豆知識1

冬牡丹の豆知識として冬牡丹は大きな花びらの為咲いたら落ちます。

そのため、お祝いの席や開店するお店そうして、恋の始まりには余りイメージがあるので合いません。

しかし、美しい姿形は見ているだけで心をホッコリとさせてくれるので、見物はイイでしょう。

特に見物する場所としていい所は、上野東照宮がいいです。

キレイに咲き誇る冬牡丹を堪能できるでしょう。

9-1. 冬牡丹の豆知識2

9-冬牡丹の豆知識2

冬牡丹は、咲く前の蕾が何とも可愛らしい所です。

それは、茎と葉っぱに似合わず蕾が大きいからと言えましょう。

そうして、咲くころになれば色を変える所もあります。

なので、もっちりとした蕾から咲く花びらもいっそうもっちりとするのです。

そうした姿を長引かせるために温度調整は必要です。

また、冬牡丹は咲く期間も短いので注意を払って楽しんで観察をしたり見る事が大事になります。

そんな時には毎日日替わりで蕾を写メを撮るといいでしょう。

一つの期間しか咲かないので思い出になります。

なので、冬牡丹の楽しみ方の豆知識として蕾から楽しむといいでしょう。

9-2. 冬牡丹の豆知識3

9-冬牡丹の豆知識3

冬牡丹をお家で咲かせたいと感じている人へは、咲く時期を逆にする必要があります。

そのために部屋での温度調整も必要ですので、牡丹の花を咲く時期とは違った方法で咲かすことが大事です。

その時にいいのが、季節感を無くならせるために水槽での育て方がいいでしょう。

その時にサーモスタットか、明るい電球などで温度の調整を図るといいでしょう。

そうして、季節感をなくして涼しい場所へ移動させれば冬牡丹を咲かせる事が出来ます。

また、枝わけすることで次のシーズンも楽しめますので、枝訳をする事が大切です。

10. 冬牡丹を育てる注意点

冬牡丹を育てる注意点

冬牡丹を育てる時の注意は、温度調整です。

まず冬牡丹の適温は12度から18度の温度なので、温度の調整はシッカリとしましょう。

その時に便利な場所としては、玄関などの日当たりが無い所が良いです。

ですが、シッカリと光合成はさせて下さい。

冬牡丹は、温度調整が必要なだけなので、後は普通の花の様に寒くなった時期はベランダや外で太陽の光を浴びせると元気になってくれます。

そうすれば長持ちもして綺麗に咲きほこるでしょう。

10-1. 冬牡丹の水やり

10-冬牡丹の水やり

冬牡丹の水やりについては、土の渇きがポイントです。

必ず水をあげる時には、土の表面が乾いてから上げるといいでしょう。

そうした時の水をあげる量の目安ですが、普通のコップで2杯程で十分です。

これは、一株の話ですが、二株になっても余り水をがぶがぶとはあげない方がいいです。

そうして土もふんわりとした土を作り肥料は有機肥料を使って大切にして下さい。

その時に大切なのが肥料を与える時期です。

3月5月9月と三回に分けてサイクルを作ると冬牡丹には良い肥料が与えられるし長くもたせるポイントです。

11. 冬牡丹の種類

冬牡丹の種類

冬牡丹の種類としては牡丹の数と同様にあります。

そのため色も豊富です。

赤白ピンクそうして紫黄色などカラフルに牡丹の色はあるのです。

そうして冬牡丹の色合いを楽しむならやはり王道の赤がいいでしょう。

それは、普段の時期に咲いた牡丹の蕾を再度冬に咲かすことで、雪とのハーモニーが出るからです。

この雪と赤い冬牡丹の花は季節感が変わっていい雰囲気を出すので、赤い花の冬牡丹は映えます。

12. 冬牡丹の品種

冬牡丹の品種

冬牡丹の数は牡丹の数だけあります。

花王・金閣・貴婦人・鎌田藤・太陽・サンダーボルトなどの品種があります。

花王では、濃い色の花が特徴です。

そうして、万重咲きをした大輪品種です。

金閣は、オレンジの縁取りで黄橙色の花びらが特徴になっています。

そうして、中輪千重咲き品種になり切り花、鉢植えなどに最適です。

貴婦人は、白色に近い乳白色の色です。

そうして八重咲の品種となっています。

また咲く時には、立派に咲き高貴な咲き方をするのが特徴です。

鎌田藤は、紫がかった色をつけた花びらで八重咲品種になっています。

そうして、花が咲くにつれて色が濃くなり変化のあるスタイルを持っています。

太陽はもの凄く濃い色をした赤い色が特徴です。

そうして八重咲の品種で、色が濃いだけにとても丈夫なのです。

エネルギーがあるので、色に反映されているのです。

サンダーボルトは、アメリカで作られた品種で、花びらが赤褐色の一重咲きタイプです。

そのため花には大きさもあり見どころ満載な花びらなのです。

13. 冬牡丹の色

冬牡丹の色

冬牡丹の色は豊富ですが、赤かピンクそうして薄紅などの色が豊富にあります。

なので、白とかオレンジと言った色は珍しい存在になります。

ですが、冬牡丹にはある色なので探して見つけると幸せに近くなります。

これは、花言葉で富貴な花としてたたえられているからです。

なので、見つけて写真におさめればパワーがつくかもしれません。

14. 冬牡丹に似ている植物

冬牡丹に似ている植物

冬牡丹に似ている花が芍薬です。

同じ時期に咲いていることもあり、また見た目も似ていることからよく間違えられエしまう事があります。

ですが、芍薬はボタンより花が大きいので違いはわかるでしょう。

冬牡丹の品種としては、冬牡丹一つです。

しかし、仲間として寒牡丹があります。

この寒ボタンは春に咲こうとする蕾をとって夏に葉も摘み取り開花時期を遅らせるのです。

その時に暖かい場所にずっと置いておくと花開く様になります。

なので、咲いている時には葉がないのが特徴です。

また、冬牡丹では、鉢のまま温度調整で咲く季節をずらすので葉は残っている状態です。

そのため葉がない方が寒ボタンで、葉がある方が冬牡丹なのです。

まとめ

冬に咲く冬牡丹は、色もそうですが沢山咲く八重咲と花びらを特徴にした一重咲きがあります。

そのため牡丹の花同様に楽しめます。

それが、季節の楽しみ方にかかわらず、手をかけるだけで冬牡丹と言う名前で咲いてくれるので、良いのではないでしょうか。

また、冬の季節に咲くことで冬でも花が咲くのだと感じてもらう事も出来ます。

そのことで、花の大切に温度管理すればシッカリとした冬に楽しめる冬の花になるのだと伝えれるのです。

そうした手の込んだ冬牡丹なので、手をかけた綺麗で優美な姿を見る事が冬になるとみられます。

冬に咲く冬牡丹にはとても手のかかる温度調節が必要です。

しかし花を咲かすと非常に心を温かくしてくれる咲き方をするのが特徴なのです。

記事の続きを読む

※当サイトは占いやスピリチュアルに関連する記事を掲載するメディアサイトです。
掲載中の記事には効果や効能に根拠がない物、証明されていない場合もありますのでご注意下さい。
また当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害について、運営者は一切の責任を負いません。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

無料占い