占いの意味や夢の意味・心理や数字はどんな意味?SPITOPIは「占い」であなたの深層心理に迫ります。

 

運勢・占い・心理の秘密


https://spitopi.com/blog/20180810144300.html
人をバカにする人の特徴(心理・末路・言葉)【類語】

人をバカにする人の特徴(心理・末路・言葉)【類語】 | SPITOPI

SPITOPI
人をバカにする人の特徴(心理・末路・言葉)【類語】

スポンサーリンク

人をバカにする人は、「相手の失敗・失態・負け」など何らかの出来事をきっかけにして相手の価値をおとしめてバカにします。

相手の見た目や雰囲気、話し方、学歴・職歴、経済状況、婚姻・恋人の有無などをバカにしてくる人もいます。

人をバカにする人には、どのような特徴や心理があるのでしょうか。

この記事では、「人をバカにする人の特徴・心理」「人をバカにするの類語・似た言葉」を挙げて、人をバカにする人の末路についても紹介していきます。

  • 人をバカにするとは?
  • 人をバカにするの類語や似た言葉
  • 人をバカにする人の特徴
  • 人をバカにする人の心理
  • 人をバカにする言葉の例
  • 人をバカにする人の末路
  • まとめ

1. 人をバカにするとは?

人をバカにするとは?

人をバカにするというのは、相手を自分(や世間一般の人)と比較して、「劣っている存在(ダメな価値がない存在)」と見なして否定したり揶揄したり、茶化したりすることです。

例えば、相手の容姿やスタイルを「ブス・不細工・デブ・チビ」とバカにするのは典型的ですが、それ以外にも「相手の学歴・仕事のステータス・収入」などの低さをバカにすることがあります。

相手の雰囲気が暗くて陰気だったり、オタク的な趣味があったり、話し方がどもっていてたどたどしかったりする時にもバカにする事がありますが、人をバカにするというのは「相手の存在価値・能力や魅力の低さ・見かけの悪さ」などを否定したり笑いものにしたりする事なのです。

2. 人をバカにするの類語や似た言葉

人をバカにするの類語や似た言葉

人をバカにするの類語や似た言葉にはどのようなものがあるのでしょうか?

2-1. 人を侮蔑する・人を軽侮する

2-人を侮蔑する・人を軽侮する

人をバカにするの類語として、「人を侮蔑(ぶべつ)する」があります。

「人を侮蔑する」というのは、その相手の存在や行動、見かけ、特徴などを侮って(あなどって)蔑む(さげすむ)ことを意味しています。

人を侮蔑するというのは、相手のことを侮辱したり軽蔑したりして否定的に扱うことなのです。

人を侮蔑すると類似した意味を持つ言葉として、「人を軽侮(けいぶ)する」というものもあります。

人を軽侮するというのは、相手の人間的・人格的な価値を軽く見て、侮った対応をすることです。

「人を侮蔑する・人を軽侮する」には、相手の人間性を軽く見てバカにするという意味合いがあります。

2-2. 人を笑いものにする

2-人を笑いものにする

人をバカにするの類語として、「人を笑いものにする」があります。

人をバカにする時には、一対一のコミュニケーションの中でバカにすることよりも、学校・職場など周囲に大勢の人がいる「衆人環視(しゅうじんかんし)の状況でバカにすることが多くなってきます。

小学生であれば「こいつの家は貧乏で服も買ってもらえない」などとクラスメイトの前で言って、人を笑いものにすることもあります。

会社員でも意地の悪い上司であれば、大勢の同僚の前で罵倒して、人を笑いものにする事もあるでしょう。

2-3. 人を嘲笑する・人を嘲弄する

2-人を嘲笑する・人を嘲弄する

人をバカにすると似た言葉として、「人を嘲笑(ちょうしょう)する」があります。

人を嘲笑するというのは、相手の失敗や失態、落ち度などを見て、「嘲って(あざけって)笑うこと」を意味しています。

人を嘲笑するというのは、相手を自分よりも下に見て、バカにして笑うことなのです。

人を嘲笑すると類似の言葉として、「人を嘲弄(ちょうろう)する」というものもあります。

人を嘲弄するとは、人をバカにして嘲りながら、更に意地悪くもてあそぶ事を意味しています。

3. 人をバカにする人の特徴

人をバカにする人の特徴

人をバカにする人にはどのような特徴があるのでしょうか?

3-1. いつも「自分よりも弱そうな人・自分よりも劣っていそうな人」を探している

3-いつも「自分よりも弱そうな人・自分よりも劣っていそうな人」を探している

人をバカにする人の特徴として、いつもキョロキョロと「自分よりも弱そうな人・自分よりも劣っていそうな人」を探しているという事があります。

人をバカにする人は、他人の見た目や行動・話している内容などについてよく観察していて、「何かバカにできそうな要素・部分」があればすぐ食いついてきます。

例えば、「一人だけ子供にプールの習い事をさせていない母親」がいれば、すぐに「何で○○さんはお子さんにプールの習い事をさせて上げないの。

そんなに月謝も高くないのに」などと嫌味な口調で話しかけてくるのです。

3-2. 他人の学歴・職歴などの過去の履歴に異常な興味がある

3-他人の学歴・職歴などの過去の履歴に異常な興味がある

「他人の学歴・職歴などの過去の履歴に異常な興味がある」というのは、人をバカにする人の典型的な特徴でしょう。

しかし、もし相手の学歴が東大法学部や京大医学部、ハーバード大などの超高学歴であれば、途端に「学歴関連の話題」には一切触れなくなります。

人をバカにする人は、「相手の学歴や職歴が自分よりも劣っていること」に期待して、「あなた(ご主人)はどこの学校を出られたのですか?どこにお勤めですか?」と聞いてきますが、相手に立派な肩書きやエリートの履歴があるとすぐに逃げ出してしまいます。

3-3. 相手に恋人がいるかどうか(異性にモテるかどうか)を気にする

3-相手に恋人がいるかどうか(異性にモテるかどうか)を気にする

人をバカにする人の特徴として、「異性にモテるかどうか・美人かどうか」を気にして、相手の恋人の有無をチェックしたがるという事があります。

人をバカにする人にとっては、「恋人がいない=誰からも愛されない可哀想な人」という極端な決めつけがあり、どんな恋人や配偶者でもとにかく相手がいれば勝ちというような価値観があるのです。

ただし、いくら恋人・配偶者がいなくても、誰がどう見ても美人(可愛い人)な相手に対しては、「恋愛・結婚・パートナーの話題」を振ることはまずありません。

3-4. 既婚者であれば相手が結婚しているかどうかで態度を変える

3-既婚者であれば相手が結婚しているかどうかで態度を変える

人をバカにする人の特徴として、結婚しているかどうかに異常にこだわり、一定の年齢で結婚していなければ、どんな理由・事情があろうと「結婚できなかった可哀想な人・負け組」といった一方的な決めつけをしてきます。

更に、自分に子供がいれば相手に子供がいるかどうかを必ず確認してきます。

いくら結婚していても、人をバカにする人にとっては「子供のいない結婚」は相対的に価値のない結婚のように見えているからです。

3-5. 自分の事を棚に上げて、人の嫌がる事ばかりを話してくる

3-自分の事を棚に上げて、人の嫌がる事ばかりを話してくる

人をバカにする人の特徴として、「自分の事を棚に上げて、人の嫌がる事ばかりを話してくる」ということがあります。

人をバカにする人はすぐに、「世の中の平均・標準」を持ち出して、相手の仕事や収入、結婚、学歴などをバカにしてくることが多いのです。

高卒で一生懸命に働いていれば別にそれで良いのですが、人をバカにする人は「今時、大学に進学しない人って珍しくないですか?」と相手が嫌がる事を平気で口に出してきます。

「日本の平均年収の400万程度はどんな仕事でも楽に稼げますよね」などと言って、低所得の人や非正規雇用の人をさりげなくバカにしてくる事もあるでしょう。

3-6. 他人が休日に何をして過ごしているのかに強い関心がある

3-他人が休日に何をして過ごしているのかに強い関心がある

他人が休日に何をして過ごしているのかに強い関心があるというのも、人をバカにする人の特徴でしょう。

人をバカにする人は、「休みの日に何の予定も入っていない人」を「友達がいなくて遊ぶ計画のない寂しい人(みんなに人気のない面白くなくて孤独な人)」と勝手に決めつけてバカにしてくることも多いのです。

休日に一人でゆっくり過ごしたいという気持ち、一人で読書や映画鑑賞を楽しみたい気持ちを真剣に語っても、人をバカにする人は「寂しい人の負け惜しみ」としてしか受け取らない傾向があります。

3-7. すぐに自分と他人の生活状況・人間関係を比較する

3-すぐに自分と他人の生活状況・人間関係を比較する

人をバカにする人の特徴として、「すぐに自分と他人を比較して優劣(勝ち負け)をつけたがる」ということがあります。

自分と他人の「学歴・職歴・収入・結婚や子供の有無」を比較してみたり、「お互いの家庭の経済状況・生活水準」を比較してみたりしながら、「相手が自分よりも劣っていそうな部分」を必死に探しているのです。

人をバカにする人が自分と他人を比較することが多いといっても、「明らかに全ての分野において自分よりも優れている人」に対しては比較や競争をしようとはしない特徴があります。

3-8. 人の悪口や噂話が大好きである

3-人の悪口や噂話が大好きである

人の悪口や噂話が大好きというのも、人をバカにする人の典型的な特徴でしょう。

人をバカにする人は、3人以上の友達同士で集まった時でも、「その場からいなくなった友達」について、「あの人はこの間、こんなことをしていた・あの人にはこんなダメな部分がある・あの人は誰々のことを嫌っている」といった悪口や陰口の混じった噂話を始めてしまうのです。

人をバカにする人は、「自分自身がやりたいこと・目標にしていること」がないことが多く、「知っている誰かについての悪口混じりの噂話」をすることが半ば趣味のようになっていて、「友人知人の弱み・失敗談(人に知られたくない情報)」を握っていることも多いのです。

4. 人をバカにする人の心理

人をバカにする人の心理

人をバカにする人には、どのような心理や動機が働いているのでしょうか?人をバカにする心理について解説していきます。

4-1. 劣等コンプレックスが強くて自分に自信がない

4-劣等コンプレックスが強くて自分に自信がない

人をバカにする人は、「自分の能力・魅力(見た目)・ステータス」について本当の意味での自信がない事が多いのです。

人をバカにする人は「自分の学歴・職歴・収入・結婚(恋愛)」に対しても、一定の劣等コンプレックスを抱えていることが多く、その劣等コンプレックスを緩和するために「自分よりも劣っていそうな人(バカにしても抵抗することが出来なさそうな人)」を探していたりします。

自分に自信がなくて劣等コンプレックスが強いからこそ、自分一人で自分の人生の課題や目標に向き合うことができず、弱そうな他人を見つけてバカにすることで「見せかけの自信(ハッタリの優越感)」を付けようとしているのです。

4-2. 承認欲求・愛情欲求・プライドが強いが満たされない

4-承認欲求・愛情欲求・プライドが強いが満たされない

人をバカにする人の心理的特徴として、「人から認められたい承認欲求」と「人から愛されたい愛情欲求」が強いという事があります。

人一倍、承認欲求と競争心が強いのですが、自分自身に圧倒的な能力や魅力があるわけではないので、自分よりも劣っていそうな人を蹴落とすことでしか「承認欲求」を満たすことができないのです。

愛情欲求が満たされないことでフラストレーションや孤独感も感じていますが、誰からもまともに愛されないからこそ、欲求不満が人をバカにする攻撃性に転換されやすいのです。

人をバカにする人は、プライド(自尊心)も非常に強いのですが、そのプライドに見合うだけの能力・魅力が備わっていないので、「根拠のないプライド」を満たすために他人を叩いておとしめて抑えつけようとするのです。

4-3. 自分がバカにされる前に先手を打ってバカにしようとする心理

4-自分がバカにされる前に先手を打ってバカにしようとする心理

人をバカにする人は、過去に自分自身が他人から「自分の存在価値や能力魅力」を否定されて「トラウマ(心的外傷)」を負っていることも多いのです。

人からバカにされて傷つけられたトラウマによって、「自分がバカにされる前に先手を打ってバカにしようとする心理」が働きやすくなっているのです。

自分の見た目・能力魅力に自信がないからこそ、「大人しくて敵意のない自分+礼儀正しく振る舞っている優しい自分」だと、相手からバカにされて傷つけられるのではないかという恐怖が生まれやすいのです。

人をバカにする人は、意地悪になったり攻撃的になったりすることによって、相手を威嚇することで自衛している部分があるのです。

5. 人をバカにする言葉の例

人をバカにする言葉の例

人をバカにする時の言葉の「具体的・状況的な例」としては、以下のようなものがあります。

5-1. 「そんな簡単なこともできないの?そんな常識的なことも知らないの?」

5-「そんな簡単なこともできないの?そんな常識的なことも知らないの?」

人をバカにする言葉の例として、相手が仕事や勉学でできないことがあると、「そんな簡単なこともできないの?」というものがあります。

相手にとっての仕事の難易度(勉強の理解度)を無視して、一方的に「こんな簡単な仕事ができないなんて能力がない・こんな簡単な問題も解けないなんて頭が悪い」という形で、相手のことをバカにしているのです。

似たような形で相手をバカにする言葉として、「そんな常識的なことも知らないの?・こんな当たり前のことも知らないの?」というものがあります。

人間ひとりひとりが持っている知識・情報の個人差を無視して、「自分が知っていて相手が知らないこと」を探し、「こんなの常識だよ・知らないのは異常で恥ずかしいことだよ」という意味合いで、相手が無知・無教養であることを示してバカにしているのです。

5-2. 「そんな学歴や仕事(低収入)、パートナーで恥ずかしくないの?」

5-「そんな学歴や仕事(低収入)、パートナーで恥ずかしくないの?」

人をバカにする言葉の例として、「そんな学歴や仕事(低収入)、パートナーで恥ずかしくないの?」というものがあります。

人をバカにする人は、「学歴が自分よりも低い人・仕事のステータスが自分よりも低い人(自分が正社員や公務員なら派遣社員・フリーターを馬鹿にする)・パートナーの見た目やステータスに魅力がない人」を見つけ出す意地悪な嗅覚に優れています。

自分が大卒であれば、高卒や中卒で働いている人を見つけ出して、「今の時代は過半数の人が大学に行くようになっているのにどうして?」などの相手が聞いたら不愉快な思いをすることを平気で言ったりします。

相手の仕事のステータスをバカにしたり、相手の収入が平均収入よりも低いことやボーナスがないことをバカにしたりもするのです。

相手のパートナーのビジュアル・仕事・学歴についてバカにするような言動を仕掛けてくる事もあるでしょう。

5-3. 「何で車(持ち家・高級ブランド)を買わないの?普通に働いていれば買えるでしょう」

5-「何で車(持ち家・高級ブランド)を買わないの?普通に働いていれば買えるでしょう」

人をバカにする言葉の例として、「何で車(持ち家・高級ブランド)を買わないの?」というものがあります。

相手の雇用形態や所得水準などから考えて、車や家を買いにくいことが分かっているにも関わらず、「先週、うちはようやく新車に買い換えたんだけど、あなたはいつ買い換える予定なの?」と新車を買うのが当たり前のような前提で質問をしてきたりします。

住宅ローンが組みにくい非正規雇用・低所得であることが分かっているのに、「そろそろ家を買わないと年齢的に住宅ローンが組めなくなるわよ」などピントのズレたアドバイスをすることによって、間接的に相手の仕事や経済状況をバカにしてくることもあるのです。

「何で車(持ち家・高級ブランド)を買わないの?」という相手を間接的にバカにする言葉の背景には、「普通に働いていれば買えるでしょう」という意味合いがあります。

つまり、こういった嫌味ったらしい発言で人をバカにしてくる人は、「あなたは世の中の普通の経済水準に及んでいない(大手の正規雇用や公務員ではないあなたは相対的に貧乏である)」ということを遠まわしに指摘したがっているのです。

6. 人をバカにする人の末路

人をバカにする人の末路

人をバカにする人の末路は、概ね孤独で悲惨なものになることが合理的に予測されます。

人をバカにする人は、声の大きさや腐れ縁などで無理やりにつながっている友人知人はいるかもしれませんが、「人をバカにする人のことが好きな人(人をバカにする人にずっと付いていきたい人)」というのは基本的にいないため、「学校・職場・子供などのつながり」がなくなると途端に孤独な状況に陥りやすくなるのです。

いつも誰かの悪口や陰口ばかりを言っている人をバカにする人は、「他者からの信用・好意・尊敬」を受けることができませんから、私生活でも仕事でも冷遇されることが増えてきやすいのです。

そのため、人をバカにする人の末路は、みんなから嫌われて誰からも承認されないという孤独・無力で悲惨な末路に落ち込みやすいのです。

まとめ

人をバカにする人の特徴や心理について詳しく解説してきましたが、いかがだったでしょうか。

人をバカにする人の特徴としては、「他人の学歴・職歴・結婚(子供)などに異常な興味がある」「自分の事を棚に上げて世の中の平均(一般論)でバカにしてくる」「他人が休日に何をして過ごしているのかに強い関心がある」「すぐに自分と他人の生活状況・人間関係を比較する」などがあります。

しかし、人をバカにする人は「他人の悪口・陰口・噂話」がどうしても多くなるので、人をバカにして妄想的な優越感に浸っているうちに、周囲にいる人たちが離れていって孤独な状態になりやすいのです。

人をバカにする人の末路は、「孤独(話し相手がいない)・仲間外れ(みんなから嫌われる)・信用や人徳がない」という悲惨なものになりやすいのです。

「人をバカにする人の特徴・心理・類語・末路」について詳しく知りたい方は、ぜひこの記事を参考にしてみて下さい。

人をバカにする人は、「相手の失敗・失態・負け」など何らかの出来事をきっかけにして相手の価値をおとしめてバカにします。

相手の見た目や雰囲気、話し方、学歴・職歴、経済状況、婚姻・恋人の有無などをバカにしてくる人もいます。

人をバカにする人には、どのような特徴や心理があるのでしょうか。

この記事では、「人をバカにする人の特徴・心理」「人をバカにするの類語・似た言葉」を挙げて、人をバカにする人の末路についても紹介していきます。


人をバカにするとは?

人をバカにするというのは、相手を自分(や世間一般の人)と比較して、「劣っている存在(ダメな価値がない存在)」と見なして否定したり揶揄したり、茶化したりすることです。

例えば、相手の容姿やスタイルを「ブス・不細工・デブ・チビ」とバカにするのは典型的ですが、それ以外にも「相手の学歴・仕事のステータス・収入」などの低さをバカにすることがあります。

相手の雰囲気が暗くて陰気だったり、オタク的な趣味があったり、話し方がどもっていてたどたどしかったりする時にもバカにする事がありますが、人をバカにするというのは「相手の存在価値・能力や魅力の低さ・見かけの悪さ」などを否定したり笑いものにしたりする事なのです。

人をバカにするの類語や似た言葉

人をバカにするの類語や似た言葉にはどのようなものがあるのでしょうか?

2-1. 人を侮蔑する・人を軽侮する

2-人を侮蔑する・人を軽侮する

人をバカにするの類語として、「人を侮蔑(ぶべつ)する」があります。

「人を侮蔑する」というのは、その相手の存在や行動、見かけ、特徴などを侮って(あなどって)蔑む(さげすむ)ことを意味しています。

人を侮蔑するというのは、相手のことを侮辱したり軽蔑したりして否定的に扱うことなのです。

人を侮蔑すると類似した意味を持つ言葉として、「人を軽侮(けいぶ)する」というものもあります。

人を軽侮するというのは、相手の人間的・人格的な価値を軽く見て、侮った対応をすることです。

「人を侮蔑する・人を軽侮する」には、相手の人間性を軽く見てバカにするという意味合いがあります。

2-2. 人を笑いものにする

2-人を笑いものにする

人をバカにするの類語として、「人を笑いものにする」があります。

人をバカにする時には、一対一のコミュニケーションの中でバカにすることよりも、学校・職場など周囲に大勢の人がいる「衆人環視(しゅうじんかんし)の状況でバカにすることが多くなってきます。

小学生であれば「こいつの家は貧乏で服も買ってもらえない」などとクラスメイトの前で言って、人を笑いものにすることもあります。

会社員でも意地の悪い上司であれば、大勢の同僚の前で罵倒して、人を笑いものにする事もあるでしょう。

2-3. 人を嘲笑する・人を嘲弄する

2-人を嘲笑する・人を嘲弄する

人をバカにすると似た言葉として、「人を嘲笑(ちょうしょう)する」があります。

人を嘲笑するというのは、相手の失敗や失態、落ち度などを見て、「嘲って(あざけって)笑うこと」を意味しています。

人を嘲笑するというのは、相手を自分よりも下に見て、バカにして笑うことなのです。

人を嘲笑すると類似の言葉として、「人を嘲弄(ちょうろう)する」というものもあります。

人を嘲弄するとは、人をバカにして嘲りながら、更に意地悪くもてあそぶ事を意味しています。

スポンサーリンク

1 / 4
記事の続きを読む

スポンサーリンク

※当サイトは占いやスピリチュアルに関連する記事を掲載するメディアサイトです。
掲載中の記事には効果や効能に根拠がない物、証明されていない場合もありますのでご注意下さい。
また当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害について、運営者は一切の責任を負いません。
この記事は2018年10月18日に更新されました。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

無料占い