占いの意味や夢の意味・心理や数字はどんな意味?SPITOPIは「占い」であなたの深層心理に迫ります。

 

運勢・占い・心理の秘密


https://spitopi.com/blog/20180810144200.html
陰湿な人の特徴(心理・陰湿な行為や虐めの例)【類語】

陰湿な人の特徴(心理・陰湿な行為や虐めの例)【類語】 | SPITOPI

SPITOPI
陰湿な人の特徴(心理・陰湿な行為や虐めの例)【類語】

スポンサーリンク

陰湿な性格の人は、暗くネガティブな印象から他人に避けられてしまいがちです。

また、陰湿な行為をする人は、その攻撃性や卑怯な態度から、非難されることも多いでしょう。

ここでは、陰湿な性格の人や、陰湿な行為をする人の性格的特徴や、傾向などについて紹介します。

自分がマイナスの感情にとらわれ、過ちを犯していないかどうかチェックしてみましょう。

  • 陰湿とは?
  • 陰湿の類語や似た言葉
  • 陰湿な人や陰湿な行為をする人の特徴
  • 陰湿な行為をする人の心理
  • 陰湿な行為やいじめの例
  • 陰湿な行為をする人への対策
  • まとめ

1. 陰湿とは?

陰湿とは?

陰湿とは、人の性格や事柄が陰気で、晴々とした気持ちにさせないさまを指します。

暗くじめじめとしたネガティブな性格で、人を惹きつけず、嫌われやすい性格と言えるでしょう。

また、陰湿な行為やいじめをする人も、周囲から非難されたり、敬遠されやすいです。

周囲のことを考えず、自分勝手なふるまいしないように気をつけなければなりません。

また、卑怯なふるまいをせずに、正々堂々と立ち向かうように心がけていきましょう。

2. 陰湿の類語や似た言葉

陰湿の類語や似た言葉

2-1. 陰険

2-陰険

陰湿の類語として、陰険という言葉が挙げられます。

陰険とは、表面上は人当たり良い対応をしておきながら、裏でこっそりと悪事を働くさまを指します。

陰気でたくらみの多いさまも意味し、腹の内に一物を抱えている様子を指します。

2-2. 沈鬱

2-沈鬱

陰湿の類語として、沈鬱という言葉が挙げられます。

沈鬱とは、気分が沈んでふさぎこんでいるさまを意味します。

2-3. 陰気

2-陰気

陰湿の類語として、陰気という言葉が挙げられます。

陰気とは、天気や、性格、雰囲気などが暗く晴々としないさまを意味します。

2-4. 辛気臭い

2-辛気臭い

陰湿の類語として、辛気臭いという言葉が挙げられます。

辛気臭いとは、思うようにならなくてじれったいさまや、気が滅入る様子を意味します。

2-5. 暗澹

2-暗澹

陰湿の類語として、暗澹という言葉が挙げられます。

暗澹とは、うす暗く凄味を感じさせるさまを意味します。

また、将来の見通しが立たず、悲観的なさまを意味します。

2-6. 蕭然

2-蕭然

陰湿の類語として、蕭然という言葉が挙げられます。

蕭然とは、がらんとして物さびしいさまを意味します。

3. 陰湿な人や陰湿な行為をする人の特徴

陰湿な人や陰湿な行為をする人の特徴

3-1. 卑屈である

3-卑屈である

陰湿な性格の人は、卑屈であることが多いです。

自分はどうせ何もできない、自分には力がないと否定的に自分自身を評価してしまいます。

また、卑屈であるために、他人と真正面から向き合うことができません。

そのために姑息な方法をとったり、逃げの態度をとることによって、より関係性がこじれやすくなるのです。

また、過度に媚びへつらってしまうこともあるでしょう。

自分自身を客観的に評価して認めることを身につけなければなりません。

3-2. 卑怯である

3-卑怯である

陰湿な性格の人は、卑怯であることが多いです。

嫌なことから逃げるため、自分の欲求を押し通すために、小狡い方法をとってしまいます。

その逃げの姿勢と、卑劣なやり方によって、かえって周囲から味方が減ってしまうことになるのです。

正々堂々とさまざまな物事に向き合うことが大切です。

3-3. 嫉妬深い

3-嫉妬深い

陰湿な性格の人は、嫉妬深い性格であることが多いです。

他人と自分を比較することに躍起になり、本質を見失ってしまいがちです。

自分が相手より劣っていると感じると、相手をこきおろすような卑怯な行為に出ることも多いでしょう。

また、友人関係においても、恋愛関係においても嫉妬の感情が暴走し、関係性がこじれやすいのも難点と言えるでしょう。

自分に自信を持ち、相手を認めることを大切にしていきましょう。

3-4. 攻撃的である

3-攻撃的である

陰湿な性格の人は、攻撃的な性格であることが多いです。

何か気に入らないことがあると、トゲトゲとした態度によって、相手を不快にさせてしまうでしょう。

また、自分から攻撃してくる場合もあります。

故意に相手を陥れたり、相手を傷つけた結果、罪に問われることになる場合もあるので気をつけましょう。

イライラせずに、自身の衝動をコントロールすることが大切です。

3-5. 自己中心的である

3-自己中心的である

陰湿な性格の人は、自己中心的でわがままな性格であることが多いです。

自分のことしか考えずに、周囲を見渡すような客観性や冷静さを持っていません。

相手の立場になって行動できないために、身勝手なふるまいが増えてしまうのです。

相手を思いやる気持ちを忘れずに、謙虚に行動していくことが大切です。

3-6. 自己陶酔に浸りやすい

3-自己陶酔に浸りやすい

陰湿な性格の人は、悪い意味でナルシズムに浸りやすいです。

自分の世界に閉じこもり、そして自分の世界観こそが正義だと思いこんでしまいます。

その結果、現実のギャップに苛立ったり、落ち込んでしまうことが多いです。

また、自分の世界で生きているので、自分の罪は許されると思いこんでいる場合もあります。

その罪悪感の薄さによって、問題行動をしてしまうので気をつけなければなりません。

3-7. 嘘つきである

3-嘘つきである

陰湿な性格の人は、嘘つきで軽薄な性格である場合が多いです。

自分の責任や罪から逃れるため、ごまかすために、嘘をついてしまいます。

時には、病的に嘘ばかりついてしまう人もいるでしょう。

その結果、社会的な信用を失ってしまいやすいのです。

正直であることや素直であることを大切にしていきましょう。

3-8. 常識を知らない

3-常識を知らない

陰湿な行為をする人の中には、常識を理解していない人もいます。

そのために、ルールやモラルに反した行動をしてしまうのです。

最近では、SNS上で炎上するような発言や行為をする人も見受けられます。

人として守るべきルールやマナー、モラルを身につけることが大切です。

3-9. マイナスの感情に支配されやすい

3-マイナスの感情に支配されやすい

陰湿な性格の人は、ネガティブな感情にとらわれてしまいがちです。

悲しみや怒りに任せて、過ちを犯してしまうことがあるので注意が必要です。

自分の感情に飲み込まれるのではなく、客観的にとらえ制御していくように心がけていきましょう。

3-10. プライドが高い

3-プライドが高い

陰湿な性格の人は、プライドが高すぎる場合が多いです。

自分のプライドを傷つけたくないがために、姑息な方法を使うことがよくあります。

また、自身のプライドを傷つけた相手を徹底的に攻撃するようなこともあるでしょう。

その卑劣さと苛烈さから、周囲から煙たがられてしまうのです。

4. 陰湿な行為をする人の心理

陰湿な行為をする人の心理

4-1. 嫉妬の気持ちを抑えられない

4-嫉妬の気持ちを抑えられない

陰湿な行為をする人は、相手と比較してしまいがちで、嫉妬の気持ちをコントロールできないことが多いです。

そのために、相手をこきおろそうとしたり、相手を傷つけ、陥れようとすることに繋がるのです。

また、心の奥底では自分に自信がなく、卑屈な性格である場合も多いです。

そのために、卑怯な手を使ってでも、自分が優位に立とうとしてしまうのです。

相手と比較したり、マウンティングすることに躍起になるのではなく、自分らしさや自分の魅力を発見していくことが大切です。

4-2. ズルをしてでも逃げたい

4-ズルをしてでも逃げたい

陰湿な行為をする人は、自分の責任ややるべき事から、ズルをしてでも逃げたいと感じてしまうことが多いです。

そのために、嘘をついたり、ごまかりたり、逃避したり、相手に責任をなすりつけるような行為をしてしまうのです。

その姑息で卑怯なやり方によって、周囲から信頼を失ってしまうことも多いでしょう。

そして逃げてばかりいるので、結果として成長できずに終わってしまうのです。

4-3. 自分に責任はないと感じている

4-自分に責任はないと感じている

陰湿な行為をする人は、自分に責任はないと感じていることが多いです。

それゆえに、身勝手で自己中心的なふるまいをしてしまうことに繋がります。

また、罪の意識が低く、反道徳的で、反倫理的な行動をしてしまうことも多いです。

そのサイコパス的な性格から、周囲に嫌われたり、敬遠されるようになってしまうのです。

4-4. 自分の衝動や欲望を最優先にしたい

4-自分の衝動や欲望を最優先にしたい

陰湿な行為をする人は、感情的で衝動的な性格であることが多いです。

自分の感情を制御することができず、暴走してしまい相手を傷つける結果に繋がってしまいます。

自分の欲望を満たすためならば、周りの権利は関係ないとばかりに好き放題してしまうのです。

感情の暴走が収まるまで時間がかかり、被害や損害が広がってしまうことも多いです。

思いやりと、周りを見渡す客観性と冷静さを身につけなければなりません。

4-5. 他人をこきおろしてでも一番になりたい

4-他人をこきおろしてでも一番になりたい

陰湿な行為をする人は、自分がトップでありたい、一番でありたいという気持ちが強いです。

時には姑息な手を使ったり、他人をこきおろしてでも上に立とうとします。

たとえ欲しいものや、欲しい地位を得られたとしても、結果として信用を失い孤立することも多いので気をつけましょう。

仮初の王様というのは味方がいない、虚しいものであることを理解しなければなりません。

4-6. 気に入らないとすぐに不機嫌になる

4-気に入らないとすぐに不機嫌になる

陰湿な行為をする人は、気に入らないことがあるとすぐに不機嫌になってしまうことが多いです。

自分の機嫌をコントロールすることができず、負の感情に飲まれてしまいがちです。

そして、不機嫌なために、八つ当たりをしたり、悪口を言ったりと、相手を傷つけるような行為に繋がってしまうのです。

自分の機嫌は自分でしか直せないことを理解しなければなりません。

5. 陰湿な行為やいじめの例

陰湿な行為やいじめの例

5-1. 悪口や悪い噂を広める

5-悪口や悪い噂を広める

陰湿な行為やいじめの例として、相手の悪口や悪い噂を広めることが挙げられます。

相手の評価を下げるためや、気に入らない相手を陥れるために、そうした行為をすることが多いです。

また、嘘の噂をまことしやかに伝える手口を使う人もいるでしょう。

最近では、LINEなどのSNS上に悪い噂を流したり、ネットの掲示板に相手の情報を曝したりするようなやり方もあります。

場合によっては、名誉棄損で訴えられる行為なので気をつけなければなりません。

口からでまかせを言う人は、最終的に信用をなくすので、誠実に言葉を伝えることが大切です。

5-2. 自分の罪を他人になすりつける

5-自分の罪を他人になすりつける

陰湿な行為やいじめの例として、自分の罪を相手になすりつけることが挙げられます。

自分には責任はないと放りだしてしまうタイプの人もいるでしょう。

また、故意に相手を陥れるために、相手を糾弾し、責任を負わせるような人もいます。

上司でこのようなタイプの人は、パワハラで訴えられることもあるので気をつけましょう。

そして、無責任で自己中心的なふるまいばかりしていると周囲から敬遠されるので注意しましょう。

5-3. 他人の物を壊したり汚したりする

5-他人の物を壊したり汚したりする

陰湿な行為やいじめの例として、他人の私物を壊したり汚したりするような行動が挙げられます。

相手のことが気に入らないために、わざとそうした行為をして、相手を苦しめたり傷つけたりします。

ですが、器物損壊の罪に問われる行為なので気をつけましょう。

また、常識として、相手に損害を与えるような人は、社会からつまはじきにされても仕方ないのです。

相手に対する思いやりと、人間として守るべき道徳や倫理を失わないように心がけましょう。

5-4. 集団で無視したり仲間はずれにする

5-集団で無視したり仲間はずれにする

陰湿な行為やいじめの例として、集団で無視したり、仲間外れにすることが挙げられます。

相手を孤立させ、心を傷つける卑劣な行為と言えるでしょう。

最近では、LINEなどのSNS上で無視する行為や、仲間外れにする行為をすることもあります。

ネットだから、相手の顔が見えないからこそ、より攻撃的になりやすいので気をつけなければなりません。

5-5. 暴力をふるう

5-暴力をふるう

陰湿な行為やいじめの例として、暴力をふるうことが挙げられます。

いじりと称して、執拗に小突いたり、叩いたりする行為もいじめと言えるでしょう。

相手の痛みを理解せずに、大ケガを負わせてしまう事例もあります。

また、集団でリンチをするようなこともあるでしょう。

罪に問われると同時、社会的な信用を失墜させる行為と言えます。

怒りや衝動に任せて手をあげるのではなく、理性的に対応するように心がけましょう。

5-6. 理不尽な命令をする

5-理不尽な命令をする

陰湿な行為やいじめの例として、理不尽な命令をすることが挙げられます。

子供の間の行為では、相手を何度もパシリにすることが当たるでしょう。

時には脅しながら金銭を要求するような、恐喝まがいの行為をする場合もあります。

また、大人の場合では、職場におけるパワハラが当たるでしょう。

部下に無理難題を押し付けたり、攻撃的に命令することなどが挙げられます。

いずれにせよ、相手を委縮させ、傷つけることや、時間や行動を制限させることに繋がるので気をつけましょう。

自分の要求を押し通するために、感情を暴走させないように戒めていきましょう。

5-7. ストーカー行為をする

5-ストーカー行為をする

陰湿な行為やいじめの例として、ストーカー行為が挙げられます。

相手を執拗に追い回したり、個人情報を悪用したり、時間や行動を拘束しようとする行為などが当たります。

最近では、無関係な人の間ではなく、恋人間や友人間、職場での関係においてもそうしたストーカー行為が見受けられます。

自分の想いばかりが先行し、相手を傷つけるようなふるまいをしないように気をつけましょう。

場合によっては、罪に問われることもあるので、理性的に相手と接することが大切です。

6. 陰湿な行為をする人への対策

陰湿な行為をする人への対策

6-1. 距離を置く

6-距離を置く

陰湿な行為をする人とは、早いうちに距離を置くのが最善策です。

さまざまな問題に巻き込まれてしまうと、それが長引いてしまうことが多いです。

いじめや陰湿な行為から抜け出したい時は、転校や転勤をすることも大切です。

また、この人は難アリだなと感じた場合は、あまり関わらないようにすることも重要です。

巻き込まれる前に予防線を張りましょう。

6-2. 味方を増やす

6-味方を増やす

陰湿な行為をする人は、社会通念上、道徳的、倫理的に過ちを犯していると言えます。

相手の卑劣な行為やふるまいに屈せずに立ち向かっていくことも大切です。

そして、間違っていると感じたのであれば、正々堂々と声を上げることも重要です。

声を上げることで、同じような声を上げる人が増え、味方が増えていくことになるのです。

そうすることで、より、卑劣な相手に立ち向かい、打ち勝つことができるようになるのです。

6-3. ルールや法律に則って裁く

6-ルールや法律に則って裁く

陰湿な行為をする人は、法律に反した行為をしている場合も多いです。

ですから、法律やルールに従って、訴え裁くことも大切です。

しかるべき機関に相談し、損害の少ないうちに行動するように心がけましょう。

6-4. 反応しない

6-反応しない

陰湿な行為をする人は、罪悪感がなく、相手の反応を楽しむようなサイコパス的な性格の人もいます。

そうした人に対しては、反応すればするほどドツボにハマってしまうこともあるのです。

ですから、無視を決め込むことによって相手を退けることができる場合もあるのです。

しかし、無視した結果、エスカレートする場合もあるので、その時は、然るべき機関に相談して自分を守ることが大切です。

まとめ

陰湿な性格の人や、陰湿な行為をする人は、他人から避けられ嫌われてしまいがちです。

自分の欲求や感情をコントロールして、相手を思いやって行動できるように心がけましょう。

暗い気持ちにとらわれずに、ポジティブであることで、良い未来や関係性が開けていくでしょう。

陰湿な性格の人は、暗くネガティブな印象から他人に避けられてしまいがちです。

また、陰湿な行為をする人は、その攻撃性や卑怯な態度から、非難されることも多いでしょう。

ここでは、陰湿な性格の人や、陰湿な行為をする人の性格的特徴や、傾向などについて紹介します。

自分がマイナスの感情にとらわれ、過ちを犯していないかどうかチェックしてみましょう。


陰湿とは?

陰湿とは、人の性格や事柄が陰気で、晴々とした気持ちにさせないさまを指します。

暗くじめじめとしたネガティブな性格で、人を惹きつけず、嫌われやすい性格と言えるでしょう。

また、陰湿な行為やいじめをする人も、周囲から非難されたり、敬遠されやすいです。

周囲のことを考えず、自分勝手なふるまいしないように気をつけなければなりません。

また、卑怯なふるまいをせずに、正々堂々と立ち向かうように心がけていきましょう。

陰湿の類語や似た言葉

2-1. 陰険

2-陰険

陰湿の類語として、陰険という言葉が挙げられます。

陰険とは、表面上は人当たり良い対応をしておきながら、裏でこっそりと悪事を働くさまを指します。

陰気でたくらみの多いさまも意味し、腹の内に一物を抱えている様子を指します。

2-2. 沈鬱

2-沈鬱

陰湿の類語として、沈鬱という言葉が挙げられます。

沈鬱とは、気分が沈んでふさぎこんでいるさまを意味します。

2-3. 陰気

2-陰気

陰湿の類語として、陰気という言葉が挙げられます。

陰気とは、天気や、性格、雰囲気などが暗く晴々としないさまを意味します。

2-4. 辛気臭い

2-辛気臭い

陰湿の類語として、辛気臭いという言葉が挙げられます。

辛気臭いとは、思うようにならなくてじれったいさまや、気が滅入る様子を意味します。

2-5. 暗澹

2-暗澹

陰湿の類語として、暗澹という言葉が挙げられます。

暗澹とは、うす暗く凄味を感じさせるさまを意味します。

また、将来の見通しが立たず、悲観的なさまを意味します。

2-6. 蕭然

2-蕭然

陰湿の類語として、蕭然という言葉が挙げられます。

蕭然とは、がらんとして物さびしいさまを意味します。

スポンサーリンク

1 / 4
記事の続きを読む

スポンサーリンク

※当サイトは占いやスピリチュアルに関連する記事を掲載するメディアサイトです。
掲載中の記事には効果や効能に根拠がない物、証明されていない場合もありますのでご注意下さい。
また当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害について、運営者は一切の責任を負いません。
この記事は2018年10月18日に更新されました。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

無料占い