占いの意味や夢の意味・心理や数字はどんな意味?SPITOPIは「占い」であなたの深層心理に迫ります。

 

運勢・占い・心理の秘密


https://spitopi.com/blog/20180810144013.html
SNSを辞めたい【辞める方法や辞めるメリット】

SNSを辞めたい【辞める方法や辞めるメリット】 | SPITOPI

2018年08月10日公開

SPITOPI
SNSを辞めたい【辞める方法や辞めるメリット】

スポンサーリンク

SNSがやめたくてもやめられない、そんな症状に悩んではいませんか? SNS依存になってしまうと、時間が無駄になってしまうだけではなく、仕事や人間関係において支障が生まれてしまう危険性があります。

この記事ではSNSをやめるメリットやデメリット、SNSをやめる方法について紹介します。

この記事を参考にして、自分の他者との関わり方や、時間の使い方を見直してみてください。

  • SNS依存チェックリスト
  • SNSがやめられない理由や原因
  • SNSをやめるデメリット
  • SNSをやめるメリット
  • SNSをやらない理由
  • SNSをやめる方法
  • まとめ

1. SNS依存チェックリスト

SNS依存チェックリスト

1-1. 気づいたらSNSのサイトを開いている

1-気づいたらSNSのサイトを開いている

気付いたら、スマホやPCに触れていたり、SNSサイトを開いている場合は、SNS依存予備軍と言えるかもしれません。

さまざまな依存症において、依存が進むと無意識的に行動している場合が多いです。

たとえば買い物依存症の人は、知らないうちにネットショッピングで大量に購入することがあるでしょう。

また、アルコール依存症の人は昼夜関係なしに惰性的に飲んでしまうことがあります。

このように、SNS依存においても意識することなく行動に移ってしまうと危険なのです。

1-2. スマホやPCに張りついている時間が長い

1-スマホやPCに張りついている時間が長い

SNS依存やネット依存に陥っていると、スマホやPCに張りつく時間が長くなる傾向があります。

時間を制限しても、それをなかなか守られない場合は気をつけなければなりません。

また、他の生活のための時間を圧迫している状態であれば、SNS依存と言えるでしょう。

スマホやPCに張りつく時間が長いと、視神経にダメージを与えたり、肩コリや腰痛の原因にもなりやすいです。

体の健康のためにも、ほどほどの時間にしなければなりません。

同じ姿勢を続けないように、定期的体を動かしたり、伸ばすことも大切です。

1-3. SNSの時間が長すぎて生活に支障が出ている

1-SNSの時間が長すぎて生活に支障が出ている

SNSの時間が長すぎて、睡眠や食事の時間を圧迫している場合は、SNS依存と言えるでしょう。

食事中にむやみにスマホを使う行為は、マナー違反にもなるので気をつけましょう。

また、寝る前にスマホの画面を見てしまうとブルーライトの影響から、入眠を妨げることに繋がってしまいます。

疲れをとりたい人や、しっかり眠りたい人は、寝る前のスマホを控えることが大切です。

1-4. SNSの時間が多すぎて仕事や勉強に支障が出ている

1-SNSの時間が多すぎて仕事や勉強に支障が出ている

SNSの時間が長すぎて、仕事や勉強の時間を圧迫している場合は、SNS依存と言えるでしょう。

やるべき課題を行うことができなかったり、仕事に集中できない場合は、SNS断ちすることが大切です。

限りある時間を大切に有効活用していきましょう。

1-5. SNSをやっていないと不安になる

1-SNSをやっていないと不安になる

SNSをやっていないと不安になる人も、SNS依存と言えるでしょう。

相手のメッセージに反応しなければならない、自分自身を発信し続けなければならないと、強迫的になっている場合は危険です。

依存すればするほど自分自身を追い詰めてしまい、心身にダメージを負うことになるのです。

1-6. 余暇をSNS以外のことに使っていない

1-余暇をSNS以外のことに使っていない

余暇の時間を全てSNSに注ぎこんでいる場合も、SNS依存の予備軍と言えるでしょう。

時間の使い方は人それぞれですが、SNSのみに自分自身が拘束されている状態では危険です。

自分にとって何が必要なのか、何をすべきなのか、何をしたいのか、今一度考える必要があるでしょう。

1-7. SNS上において自分を過剰に演出している

1-SNS上において自分を過剰に演出している

SNS上において認められたい、称賛されたいという気持ちが強すぎる場合も危険です。

特に、自分を過剰演出したり、嘘やごまかしで塗り固めている人は注意しなければなりません。

現実と妄想を混同したり、現実逃避的になり、さまざまなトラブルの原因になってしまいます。

ありのままの自分自身を受け入れることが大切です。

2. SNSがやめられない理由や原因

SNSがやめられない理由や原因

2-1. 相手に嫌われたくない

2-相手に嫌われたくない

SNSがやめられない理由として、相手に嫌われたくない、相手を無視したくないという心理が働いてしまうことが挙げられます。

自分に自信がない人や、不安を感じやすい人ほど、相手の感情に敏感になってしまうのです。

しかし、そうした状態が続くと、相手に過度に媚びたりへつらってしまい、かえって関係がこじれることもあります。

自分らしさを忘れずに、相手との距離感を大切にしていきましょう。

2-2. 相手が支配的である

2-相手が支配的である

SNSがやめられない理由として、相手が支配的であることも挙げられます。

相手がSNSから離れることを許さなかったり、常に反応を求めるタイプの場合は非常に危険です。

SNS上だけではなく、さまざまな場面において高慢で傲慢であることも多いです。

時にはストーカー的な行為をしてくることもあるので、早めに距離を置くことが得策です。

2-3. 周りから認められたい

2-周りから認められたい

SNSがやめられない一番の理由として、自分の承認欲求を満たしたいという想いが挙げられます。

人は誰しも、周りに認められたい、愛されたいと感じますが、それがすぎてしまうと危険です。

相手からの良い反応をもらいたいがために、SNS上で自分自身を偽ったり、過剰演出してしまうこともあるでしょう。

現実の自分とかけ離れてしまった結果、虚飾や嘘に塗れた人生を送ることになってしまいます。

ありのままの自分を受けれることが大切です。

2-4. 相手がSNS依存症である

2-相手がSNS依存症である

相手がSNS依存症であり、それに巻き込まれた結果、SNSがやめられないこともあります。

相手に執拗に返答を求められたり、時間を拘束してきた場合は気をつけなければなりません。

自分からSNSと共に関係を断ち切る必要が出てくる場合もあるでしょう。

3. SNSをやめるデメリット

SNSをやめるデメリット

3-1. 仕事や学校の連絡網として使われる場合がある

3-仕事や学校の連絡網として使われる場合がある

SNS依存は危険ですが、SNSをやめる上でデメリットが生じる場合もあります。

一つは、LINEなどのSNSが仕事や学校での連絡網や情報網になっている場合です。

この場合SNSをやめてしまうと、必要な情報を集められなかったり、連絡が滞ってしまうことに繋がってしまいます。

最近はSNSを取り入れている組織が多いので、SNSを避けたくても避けられない事情が存在しているのです。

3-2. 出会いのチャンスが少なくなる

3-出会いのチャンスが少なくなる

SNSをやめることで、さまざまな出会いのチャンスが減ってしまうというデメリットもあります。

SNSは、恋愛のみならず、共通の趣味や興味関心において繋がることができる場でもあります。

そうした、場や機会を失してしまうことが勿体ない時もあるのです。

しかし、ネット上の出会いというのは、相手の顔が見えないという危険性もあるので一長一短と言えるでしょう。

3-3. コミュニケーションツールが減る

3-コミュニケーションツールが減る

SNSをやめることで、コミュケーションツールが減ってしまうというデメリットもあります。

SNSは人と人が繋がるための大きなツールです。

それを断ち切ってしまうことで、コミュケーションの幅が狭まってしまうこともあるのです。

4. SNSをやめるメリット

SNSをやめるメリット

4-1. 仕事や勉強に集中できる

4-仕事や勉強に集中できる

SNSをやめるメリットとして、仕事や勉強に集中できるということが挙げられます。

SNSに時間が圧迫されたり、時間を拘束されてしまうと、やるべき事がおろそかになりがちです。

課題をクリアすることができなかったり、職務を全うすることができずに、社会的な信用を失してしまうことがあるでしょう。

また、自分自身が成長する機会も失われてしまうのです。

SNSをやめることで、必要な時間を設けることができ、自分の果たすべきことを果たすことができるようになるでしょう。

4-2. 時間を有効活用できる

4-時間を有効活用できる

SNSをやめることで、より自分が使える時間が増えます。

それによって、自分のやりたいことができるようになるのです。

目標のために行動したり、趣味に打ち込んだりと、充実した時間を過ごすようにしましょう。

4-3. 人間関係の断捨離ができる

4-人間関係の断捨離ができる

SNSをやめることで、人間関係における断捨離ができるというメリットがあります。

不特定多数の人と繋がったり、自分の情報が見られたりしている状態と言うのは、実はストレスになっていることも多いです。

それらを断ち切ることによって、より自分らしくあれることもあるのです。

また、本当は関わりたくない人と縁を切るきっかけにもなります。

自分の人生のためにも勇気を持って、SNS断ちすることが大切です。

4-4. 心身共に健康になれる

4-心身共に健康になれる

SNS依存になり、スマホやPCを使用する時間が長くなればなるほど心身に負担をかけてしまいがちです。

特に、首や肩の負担が強く、さまざまな凝りや血流障害に悩むことになるでしょう。

そして、同じ姿勢で座っている状態と言うのは、老化を早めることでもあるのです。

ですから、SNSのみならず、スマホやPCから離れる時間を作ることが大切です。

SNS以外のことに時間を費やすことによって、今より健康的になれるでしょう。

特に、軽い運動でも良いので、定期的に体を動かすことが大切です。

5. SNSをやらない理由

SNSをやらない理由

5-1. 他人とあまり関わりたくない

5-他人とあまり関わりたくない

SNSをやらない理由として、他人とあまり関わりたくない、コミュニケーションが得意ではないということが挙げられます。

そうした人は、SNSのアカウントを作らないことも多いです。

また、一人でいることが好きで、自分の趣味や仕事に打ち込むタイプの人も多いです。

5-2. SNSをしなくても情報を得られる

5-SNSをしなくても情報を得られる

SNSをやらない理由として、SNSをしなくても情報は簡単に集まるということが挙げられます。

しかしながら、この場合、SNSをしなくてもネット依存になっている場合があるので気をつけましょう。

スマホやPCを触る時間を制限することが大切です。

5-3. 自分を発信することに興味がない

5-自分を発信することに興味がない

SNSをやらない理由として、自分自身を発信することに興味がなかったり、恥ずかしいと感じてしたりすることが挙げられます。

性格的にミステリアスで秘密主義だったり、口が堅く物静かなタイプが多いでしょう。

SNSのみならず、普段においても多くを語らないことがよくあります。

5-4. 必要な人間関係だけで足りている

5-必要な人間関係だけで足りている

SNSをやらない理由として、不特定多数と繋がる必要はなく、今の人間関係で足りているということが挙げられます。

そうした人は、自分の現在の人間関係にある程度満足している場合が多いです。

また、不用意に見知らぬ人と関わるのを嫌がる警戒心の強い人も、このような理由をあげるでしょう。

5-5. 時間や行動を拘束されたくない

5-時間や行動を拘束されたくない

SNSをやらない理由として、自分の大切な時間を拘束されたくない、ということが挙げられます。

SNSに費やす暇はなく、自分のやるべき事や、やりたいことに集中したいひという人がこれに当てはまるでしょう。

また、相手に行動を拘束されたくない人も多いでしょう

6. SNSをやめる方法

SNSをやめる方法

6-1. アカウント消す

6-アカウント消す

SNSをやめたいのであれば、思いきってアカウントを消すことも大切です。

アカウントが残っていると、いつまでもSNSの自分のページを開いてしまうことに繋がってしまいます。

ただし、相手と責任が生じるような関係性である場合は、無責任にアカウントを消すような行為はやめましょう。

誠意ある対応をすることが大切です。

6-2. 自分のページを非公開にする

6-自分のページを非公開にする

SNSをやめたい場合は、他人からの閲覧を断ち切ることも大切です。

相手の反応がなくなることによって、SNSから離れようという気持ちが強くなりやすいです。

ですから、自分のページを非公開設定にするやり方もありです。

6-3. スマホやPCそのものを触らない

6-スマホやPCそのものを触らない

なぜ、SNSに依存してしまうのかというと、スマホやPCをつい触ってしまうことが原因と言えるでしょう。

ですから、スマホやPCを触らない時間を設けることも大切です。

自分の目に見える所に、そうした物を置かないように気をつけましょう。

6-4. やるべき事に集中する

6-やるべき事に集中する

仕事や勉強をやりたくなくて、ついSNSへ逃げてしまうこともあるでしょう。

しかし、その状態が続いてしまうと、悪い状態が続いてしまいます。

やる気というのは、物事に関わることで創出されるものです。

嫌だ嫌だ逃げるのではなく、やるべき事に取り掛かり集中することが大切です。

6-5. 徐々に離れていくことが大切

6-徐々に離れていくことが大切

SNSをいきなり断つことができる人は、それほど依存した状態ではないと言えます。

本当に依存している場合は、すぐに断ち切ることはできないのです。

ですから、徐々に離れていくことが大切です。

焦らずに、自分のために努力していきましょう。

6-6. 重症な場合は病院に行く必要がある

6-重症な場合は病院に行く必要がある

SNS依存を含め、さまざまな依存症が深刻化すると生活に大きな支障が生じます。

必要な場合は、病院などの依存症に対応してくれる機関に頼ることも大切です。

自分だけでどうすることもできない場合もあるので、第三者の力を借りて、悪い状況から抜け出しましょう。

まとめ

SNSがやめられなくなると、時間をムダ遣いするだけではなく、生活に支障が生じてしまいます。

自分のやるべきことや、やりたいことに気づき、時間の使い方を改めていく必要があるでしょう。

SNSのみに縛られることなく、一度きりの大切な人生を歩んでください。

SNSがやめたくてもやめられない、そんな症状に悩んではいませんか? SNS依存になってしまうと、時間が無駄になってしまうだけではなく、仕事や人間関係において支障が生まれてしまう危険性があります。

この記事ではSNSをやめるメリットやデメリット、SNSをやめる方法について紹介します。

この記事を参考にして、自分の他者との関わり方や、時間の使い方を見直してみてください。

記事の続きを読む

※当サイトは占いやスピリチュアルに関連する記事を掲載するメディアサイトです。
掲載中の記事には効果や効能に根拠がない物、証明されていない場合もありますのでご注意下さい。
また当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害について、運営者は一切の責任を負いません。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

無料占い