占いの意味や夢の意味・心理や数字はどんな意味?SPITOPIは「占い」であなたの深層心理に迫ります。

 

運勢・占い・心理の秘密


https://spitopi.com/blog/20180810143821.html
シンプルに考えるコツ【何が悪い?治し方】

シンプルに考えるコツ【何が悪い?治し方】 | SPITOPI

2018年08月10日公開

SPITOPI
シンプルに考えるコツ【何が悪い?治し方】

スポンサーリンク

シンプルに考えることによるメリットは、心理的・認知的な負担を減らしながら、効率的に問題を解決しやすくなることです。

問題や状況を必要以上に複雑に考えたり細かく考えたりすることによって、余計に解決が難しくなることがあります。

この記事では、「シンプルに考えるメリット」「シンプルに考える人の特徴」を上げながら、「物事をシンプルに考えるコツ」について解説していきます。

  • シンプルに考えるとは?
  • シンプルに考えるメリット
  • シンプルに考える人の特徴
  • 物事をシンプルに考えるコツ
  • 仕事で「シンプルに考えろ」と言われたらどういう意味?
  • 人間関係のシンプルシンキング
  • まとめ

1. シンプルに考えるとは?

シンプルに考えるとは?

シンプルに考えるということは、「現在の自分にとって本当に大切な事柄・必要な情報(クリティカルな事柄)」についてだけ考えるということです。

シンプルに考えるというのは「枝葉末節の知識情報・周辺状況に振り回されないこと」であり、「自分の問題解決(目的達成)に必要なことだけを考えるということ」を意味しているのです。

シンプルに考えることができれば、多くの人の悩みや問題は解決に向かいやすくなりますが、それは脳科学的に考えても人間の脳機能は「本質的な問題解決とは関係のない枝葉末節な事柄」ばかりを考えて思考と時間のリソースを無駄遣いしているからです。

今の自分にとって、本当に考えなければならない事は何なのかに意識を集中することでシンプル思考の精度は上がります。

2. シンプルに考えるメリット

シンプルに考えるメリット

シンプルに考えるメリットとしては、以下のような効果・恩恵・利益を考えることができるでしょう。

2-1. 本質的な物事についてだけ集中して考えることができる

2-本質的な物事についてだけ集中して考えることができる

物事をシンプルに考えるメリットとして、「本質的な問題・物事についてだけ集中して考えることができる」ということがあります。

例えば、営業の仕事で契約が取れずに悩んでいる時に、本来あなたが考えるべきことは、シンプルに「どうすれば契約件数を増やせるか?」ということだけなのです。

しかし、いたずらに物事を複雑に考える人は「自分は取引先・営業相手にどう思われているのか」や「このままだと人事評価が低くなって出世が遅れるのではないか」といった本質的ではない事柄にリソースを奪われやすくなってしまいます。

物事をシンプルに考えることができれば、本質的な物事についてだけ集中して考えられるので、必然的に問題解決(目的達成)の結果も付いてきやすいのです。

2-2. 考えても無駄なことを考える時間・労力を節約できる

2-考えても無駄なことを考える時間・労力を節約できる

「考えても無駄なことを考える時間・労力を節約できる」というのも、シンプルに考えることが持つ大きなメリットの一つでしょう。

物事を必要以上にややこしく考えて、ああでもないこうでもないと悪い方向に考え続けている人は、「有限の貴重な人生の時間・労力」を毎日無駄遣いしていることと同じなのです。

シンプルシンキング(シンプル思考)の習慣が付いている人は、「他人が自分をどう思っているか」とか「未来で何か悪い出来事が起こるのではないか」とかいった、考えても本質的に無駄なことを考えることがないのです。

「考えるだけ無駄なこと」を考えなければ、余った時間や労力を有益な活動に割り振ることができるのです。

2-3. ネガティブな思考の悪循環によって自分自身が苦しまずに済む

2-ネガティブな思考の悪循環によって自分自身が苦しまずに済む

シンプルに考えるメリットの一つとして、「ネガティブな思考の悪循環によって自分自身が苦しまずに済む」ということがあります。

物事の悪い側面やネガティブな可能性ばかりに意識を向けて複雑に考える人は、どうしても「最悪の結果を予測する思考の悪循環」にとらわれやすくなります。

「ネガティブな思考の悪循環」にはまり込んでしまうと、自分自身が長期的に苦しみ続ける危険性もあるのです。

シンプルシンキング(シンプル思考)をすることができれば、「考えても悩むだけの事柄」について必要以上に考えることがないので、結果として自分自身の苦しみやつらさが減るメリットがあるのです。

3. シンプルに考える人の特徴

シンプルに考える人の特徴

シンプルに考える人には、以下のような特徴があります。

3-1. どうにもならないことをいつまでもくよくよと悩まない

3-どうにもならないことをいつまでもくよくよと悩まない

シンプルに考える人の分かりやすい特徴として、「どうにもならないことをいつまでもくよくよと悩まない」ということがあります。

シンプルに考える人は、「考え続ければ解決できる問題」と「いくら考えても解決につながらない問題」をしっかりと区別して考えているのです。

そのため、「いくら考えても(いくら悩み続けても)解決につながらない問題」にとらわれることがなく、いつまでも同じ問題や悩みについてくよくよと悩むこともないのです。

3-2. 自分の置かれている問題状況とやるべきことがよく分かっている

3-自分の置かれている問題状況とやるべきことがよく分かっている

「自分の置かれている問題状況とやるべきことがよく分かっている」というのも、シンプルに考える人の典型的な特徴の一つになります。

物事・人間関係をいたずらに小難しく考える人は、「自分の置かれている問題状況」がよく分かっていないために、「今から自分が何をすればいいのか」について意思決定ができないことが多いのです。

シンプル思考で自分の人生・人間関係を充実させている人は、自分の置かれている問題状況とやるべきことがよく分かっているので、「自分がすべき次の意思決定・行動」についてあれこれ迷うことがないのです。

3-3. 自分の失敗やつらさの原因を他人に求めて責任転嫁しない

3-自分の失敗やつらさの原因を他人に求めて責任転嫁しない

シンプルに考える人の特徴として、「自分の失敗やつらさの原因を他人に求めて責任転嫁しない」ということがあります。

物事や人間関係を複雑に考えて悩んでいる人は、「自分の苦しみを他人の責任にしている人」が多いのです。

「あの人が優しくしてくれないから私はこんなに苦しんでいる」とか「あの人が助けてくれなかったから失敗した」とかいった責任転嫁が多いのですが、シンプル思考の人は自分の失敗・苦しみを他人のせいにすることはなく、「自分でどうやって解決できるのか」という前向きで現実的な思考をする傾向があるのです。

3-4. 思考の内容が現実的かつ実用的で無駄がない

3-思考の内容が現実的かつ実用的で無駄がない

「思考の内容が現実的かつ実用的で無駄がない」というのは、シンプルに考える人の分かりやすい特徴の一つでしょう。

シンプルに考える人の人生や人間関係は豊かなものになりやすいのですが、その大きな理由の一つが「思考の内容が現実的かつ実用的で無駄がないということ」なのです。

シンプル思考の人の思考内容は、「自分の現実の人生・人間関係で役に立つ内容」に集中しており、考えていることが全て実用的・効率的なので、「考えても仕方のないこと」について悩むこともほとんどないのです。

3-5. 思考の悪循環による「時間・労力の無駄遣い」を嫌っている

3-思考の悪循環による「時間・労力の無駄遣い」を嫌っている

シンプルに考える人の特徴として、思考の悪循環による「時間・労力の無駄遣い」を嫌っているということがあります。

シンプルに考える人が最も大切にしていることは、「自分の人生・人間関係における優先度の高い目的の達成」であり、それ以外の枝葉末節な出来事や事柄には、できるだけ時間や労力を費やしたくないと思っているのです。

ぐるぐると同じような問題について悩んでいる思考の悪循環によって、「時間・労力の無駄遣い」をすることを、シンプル思考の人は非常に嫌っているのです。

3-6. 自分の人生の目的意識が明確でブレることがない

3-自分の人生の目的意識が明確でブレることがない

「自分の人生の目的意識が明確でブレることがない」というのは、シンプルに考える人の代表的な特徴の一つになります。

自分の人生において何をやりたいのか、どんな目的を達成したいのかという目的意識が明確なので、思考内容も行動方針も非常にシンプルなものに統一することができるのです。

シンプルに考える人は「あれもこれもと欲張って迷う人」ではなく、「あれかこれかの目的を絞り込んで実践する人」なのです。

目的達成のために一直線に行動するので、無駄に複雑な思考に時間を費やすことはありません。

3-7. 自分にとって必要な人と不要な人との線引きがはっきりしている

3-自分にとって必要な人と不要な人との線引きがはっきりしている

シンプルに考える人の特徴として、「自分にとって必要な人と不要な人との線引きがはっきりしている」ということがあります。

シンプルに考える人は、「自分が関わっている人間関係」についてもシンプルに整理したがる傾向があります。

自分にとって必要な人に対しては一定の時間や労力のリソースを割いてコミュニケーションを取りますが、自分にとって不要な人に対しては「最低限の時間・労力以上のもの」を割こうとはしないのです。

4. 物事をシンプルに考えるコツ

物事をシンプルに考えるコツ

物事をシンプルに考えるコツとしては、以下のようなものがあります。

4-1. 今・ここにいる自分に「できること」と「できないこと」をはっきりと区別する

4-今・ここにいる自分に「できること」と「できないこと」をはっきりと区別する

今・ここにいる自分に「できること」と「できないこと」をはっきりと区別するということが、物事をシンプルに考えるコツの一つになります。

物事を実際以上に複雑に細かく考えてしまう時には、「自分の力ではどうやってもできないこと」について考えている事が多いのです。

「特定の誰かに絶対に好かれたい(特定の誰かから絶対に叱責されたくない)」とか「短期間で大きなお金を仕事で手に入れたい」とかいうことをあれこれ複雑なロジックで考えても、それは「あなた一人の力ではできないこと」なのです。

今・ここにいる自分に「できること」と「できないこと」をはっきり区別していくことで、「考え続けても意味がない思考内容」を切り捨てていくことができるでしょう。

4-2. 人が自分のことをどう評価しているかについて必要以上に考えない

4-人が自分のことをどう評価しているかについて必要以上に考えない

物事をシンプルに考えるコツとして、「人が自分のことをどう評価しているかについて必要以上に考えない」ということがあります。

物事を複雑に考えてしまう原因の一つは、「他人の心理・感情・評価」に対して必要以上のイマジネーション(想像力)を働かせてしまうからなのです。

「他人から良く思われたい・好かれたい+他人から悪く思われたくない・嫌われたくない」というのは自然な感情なのですが、「他人の自分に対する評価」ばかりにとらわれてしまうと、自分のやるべきことに意識を集中できなくなります。

他人が自分をどう評価しているかは、本人に質問して正直に答えてくれなければ分かりませんから、自分の頭の中だけで複雑にあれこれ考える事には意味がないのです。

4-3. 「自分の目的意識・自分がやりたいこと」に意識を集中させる

4-「自分の目的意識・自分がやりたいこと」に意識を集中させる

物事をシンプルに考えるコツは、今の自分が本当にやりたいことは何なのかを考えてみて、そのやりたいことの目的を達成するためには「今の自分が何をすれば良いのか?」を絞り込むことです。

「自分の目的意識+自分がやりたいこと」に意識を集中させることで、自然に自分の目的達成に必要なことだけを考えるようになっていき(目的達成に関係ない枝葉末節を切り捨てることができ)、結果として「シンプル思考」を手に入れることができるのです。

5. 仕事で「シンプルに考えろ」と言われたらどういう意味?

仕事で「シンプルに考えろ」と言われたらどういう意味?

仕事をしている時に、上司・先輩などから「シンプルに考えろ」と言われた場合、その言葉にはどういう意味が込められているのでしょうか?仕事で「シンプルに考えろ」と言われた場合の実質的な意味について考えていきます。

5-1. 仕事で求められている役割以外の余計な役割まで果たそうとしている

5-仕事で求められている役割以外の余計な役割まで果たそうとしている

あなたは慌ただしく必死に仕事をしていますが、あなたの仕事の悩みの多くが、「あなたの果たすべき役割(職位)ではないこと」をやろうとして生まれているのではないかということです。

あなたは自分一人で全ての仕事をこなそうとしているために、思考が複雑になり過ぎていて仕事量も多くなり過ぎています。

仕事で上司や先輩から「シンプルに考えろ」と言われた時には、あなたは本来、自分がやる必要のない仕事にまで首を突っ込んでいる可能性があるのです。

自分の役割以外の「余計な役割・越権行為」を切り捨てて、シンプルに考えていきましょう。

5-2. 仕事で期待されている成果とは関係のない悩み事にとらわれている

5-仕事で期待されている成果とは関係のない悩み事にとらわれている

あなたが現在の仕事で実現することが期待されている「成果」とは何なのでしょうか?仕事で上司や先輩から「シンプルに考えろ」と言われた時には、あなたは毎日、仕事で必死に動き回っていても「仕事で期待されている成果につながらない作業」をしていることが多いのです。

民間企業であれば多くの仕事の目的は、「利益を上げること+顧客の個人・法人に喜んでもらうこと」になりますが、あなたはそういった仕事で期待されている「本質的な成果」とは関係のない部分に時間・労力を割いて、無駄に働き過ぎている可能性があるのです。

5-3. 本質的ではない統計的なデータや周辺情報に振り回されて意思決定ができなくなっている

5-本質的ではない統計的なデータや周辺情報に振り回されて意思決定ができなくなっている

仕事で上司や先輩から「シンプルに考えろ」と言われた時は、本質的な成果につながるわけでもない「統計的なデータ・瑣末な周辺情報」にあなたが振り回されている恐れがあります。

仕事を効率的に遂行する上で、マーケティングに役立つ統計データや業務の周辺情報は大切なのですが、「データ至上主義(情報こそ正義の価値観)」にとらわれてしまうと、自分の仕事の目的が分かりづらくなって、仕事上の意思決定ができなくなるリスクがあるのです。

「意思決定のスピード」というのも、立派な仕事上のスキルですから、細かいデータにとらわれて意思決定ができないことは大きなマイナス評価にもなりかねないのです。

6. 人間関係のシンプルシンキング

人間関係のシンプルシンキング

人間関係の悩みや問題を解決に向かわせる「シンプルシンキング」には、以下のようなものがあります。

6-1. 「自分は自分・他人は他人」という自分と他人の境界線を明確にする

6-「自分は自分・他人は他人」という自分と他人の境界線を明確にする

人間関係のシンプルシンキングとしてもっとも実践しやすい思考方法として、「自分は自分・他人は他人」という自分と他人の境界線を明確にするということがあります。

勇気づけの「アドラー心理学」でも、「今やろうとしている事柄が自分の課題なのか相手の課題なのかを分けて考えることで、対人関係の悩みが無くなる」というシンプルな考え方があります。

人間関係で悩んでいる時には、「他人の課題(他人である相手が考えるべき問題)」に必要以上にのめり込んで振り回されていることが多いのです。

「自分は自分・他人は他人」という認知的・実践的な区別ができれば、自分自身の課題や悩みではない「他人の課題・悩み」に必要以上に振り回されるリスクは減るでしょう。

6-2. 他人が自分のことをどう思っているかについて必要以上に複雑に考えない

6-他人が自分のことをどう思っているかについて必要以上に複雑に考えない

人間関係のシンプルシンキングとしてもっとも実用性のある考え方として、「他人が自分のことをどう思っているかについて必要以上に複雑に考えない」ということがあります。

もっと分かりやすく言えば、「他人に無理をしてまで好かれようとしないこと」や「他人から嫌われたら嫌われたで仕方ないと思って諦めること」を意味しています。

どんなに相手に気を遣ってもどんなに相手のご機嫌取りをしても、多様性のある人間関係ではどうしても「自分のことを嫌ってくる相手+自分の誠意や好意を受け入れてくれない相手」は出てきます。

「相手が自分のことを悪く思っていないだろうか」とくよくよ考えることをやめて、「相手が自分のことを好きなのか嫌いなのかは相手の気持ち次第で自分にはどうしようもできない」と割り切ってシンプルに考えた方が、人間関係の悩みは無くなりやすいのです。

まとめ

「シンプル思考(シンプルシンキング)のメリット」を上げて、「シンプルに考える人の特徴」を詳しく解説してきましたがいかがだったでしょうか。

物事をいたずらに複雑に細かく考えても、目的の達成(問題の解決)は遠のくばかりであることが多く、シンプル思考には「効率的に時間・労力を節約しながら目的を達成できる」という明らかなメリットがあります。

物事をシンプルに考えるコツとして実践しやすいものには、「今・ここにいる自分に「できること」と「できないこと」をはっきりと区別する」や「他人が自分のことをどう思っているかについて必要以上に考えない」ということがあります。

シンプルに考えることについて詳しく知りたい時には、この記事を参考にしてみて下さい。

シンプルに考えることによるメリットは、心理的・認知的な負担を減らしながら、効率的に問題を解決しやすくなることです。

問題や状況を必要以上に複雑に考えたり細かく考えたりすることによって、余計に解決が難しくなることがあります。

この記事では、「シンプルに考えるメリット」「シンプルに考える人の特徴」を上げながら、「物事をシンプルに考えるコツ」について解説していきます。

記事の続きを読む

※当サイトは占いやスピリチュアルに関連する記事を掲載するメディアサイトです。
掲載中の記事には効果や効能に根拠がない物、証明されていない場合もありますのでご注意下さい。
また当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害について、運営者は一切の責任を負いません。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

無料占い