占いの意味や夢の意味・心理や数字はどんな意味?SPITOPIは「占い」であなたの深層心理に迫ります。

 

運勢・占い・心理の秘密


https://spitopi.com/blog/20180809142926.html
癖のある人とは?類語・癖のある人の特徴【付き合うコツ】

癖のある人とは?類語・癖のある人の特徴【付き合うコツ】 | SPITOPI

2018年08月09日公開

SPITOPI
癖のある人とは?類語・癖のある人の特徴【付き合うコツ】

スポンサーリンク

学校や会社、社会に出て人付き合いをしていると、特に危害がある訳ではないのですが何となく変わった話し方であったり、発想が不思議であったり、服のセンスが何ともいえないものであったりと、いわゆる「癖のある」人に出会う事があります。

時には「えっ、そこなの」とツッコミたくなるようなことも多く、常人には少し理解しがたいことで怒ったり笑ったりするので、感情を理解するのに戸惑う事も少なくありません。

ではその癖のある人とは一体どのような人の事を指すのでしょうか。

  • 癖のある人とは
  • 癖のある人の類語
  • 癖のある人の特徴や性格
  • 癖のある人と付き合うコツ
  • 癖のある人に好かれやすい女性の特徴
  • まとめ

1. 癖のある人とは

癖のある人とは

癖は誰にでもあり、他人とは違う自分では気づいていない事だと言われています。

その違いとは性質であったり行動や発言や外見、その人そのものの特徴の場合もあります。

いわゆる「変わった人」と呼ばれる人達のことをいいますが、癖があるからといって、人格に問題があったり能力が欠落しているということではありません。

癖があっても優しく思いやりのある人は沢山います。

全体からみて少数派の性質を持っている人達のことを表すだけで、決していいか悪いかという事ではありません。

ですがイメージ的にあまり意味で使われる事は少ないようです。

それはおそらく癖のある人には強いこだわりや、見るからに特徴的な個性があるからであり、そのイメージのせいで付き合いにくい、面倒臭そう、ややこしそうと思われてしまうからで、実際にそれが癖に繋がっている場合が多く、その癖が強いほど厄介なものになっている事は否めません。

人には好みがあるので十人十色だという事は百も承知なのですが、どうしても沢山ある物の中で、殆どの人が選ばない珍しいものを好む人には奇異な目を向けてしまうのは人間の特性かもしれません。

2. 癖のある人の類語

癖のある人の類語

「癖のある」とは物事や人物の見た目や性質が独特で目立つ事という意味で、近い表現や類語として、"他に類を見ない・特質的な・強烈な個性・扱いにくい・アクが強い・個性的ななどがあります。

3. 癖のある人の特徴や性格

癖のある人の特徴や性格

3-1. 周りを気にしない

3-周りを気にしない

癖のある人は自分が癖がある・強いと気づいていない場合が殆どです。

それは自分にとっては普通の事であり、癖だと思っていないからです。

ですから当然平気でその癖のある事をしますし、発言します。

よく言えばいつも自分に正直なので、例え「あれ、自分は周りと違う」と気付いたとしてもそのまま気にせず貫くでしょう。

なぜ我慢したり辛抱したり、考え方を曲げなければいけないのかと思っていますし、その意味すらわからないと思っています。

他の人も自分と同じように自分の意思を貫いて我慢せず楽に過ごせばいいのにと思っているかもしれません。

自分勝手な訳ではないのですが、クセが強いために他人が不快に思ったり気を揉んだりしているところに気付かないところが自己中だと思われてしまう所以でしょう。

他人の評価など気にしないので、精神面は落ち着いていてストレスが溜まりにくいのも特徴です。

3-2. マイナーな趣味がある

3-マイナーな趣味がある

趣味は自由ですし法を犯していたり、人としてどうかと思うようなこと以外は他人にとやかく言われる筋合いはありませんが、やはりポピュラーな趣味ではない場合は、クセが強いと思われてしまうことが殆どでしょう。

癖がある人は、一般的な価値観として認められにくいものに執着したりこだわりを持ったりする独特の世界観を持っている場合が多いので、理解されにくく孤立してしまう場合が多くなります。

ですが本人はそんなことは気にせず、好きなことに没頭し、突き詰めることに重きを置いているので、場合によっては専門家並の知識や博識を持っている事も多く、単純にクセが強いだけで収まらず、見直すところも多々あります。

3-3. 常識に囚われていない

3-常識に囚われていない

癖がある人は自分がルールなので、世の中の常識や決まり事などに囚われて行動しない人が多いです。

空気を読まず、どうしても自分のやり方や考え方を優先してしまうので、周りは驚いたり引いてしまうかもしれません。

ですがクセがあるという事はこだわりや感覚に特徴があるという事なので、発想や感性が斬新であったり新鮮な感覚わ持っている事も多く、才能を認められるというメリットもあります。

タイミングや運、やり方や出し方を間違えなければ、驚くほどの能力を発揮してビジネスで大成功したり、大富豪になる可能性もあります。

癖があるというとネガティブなイメージを持ってしまいがちですが、悪い事だけではなく本人がうまく活かせれば大輪の花を咲かせ、その功績は周りにも大きな影響を与える事になるでしょう。

3-4. 非常にこだわりが強い

3-非常にこだわりが強い

癖があると必然的にこだわりが強くなるので、凝り性な人が多くなります。

ファッションやインテリア、食事などから誰も気にならないような他人にとってはどうでもいいような事にまでこだわりがあったりします。

本人だけの問題で勝手に楽しんでいる分には変わり者で済まされますが、他人を巻き込んだり迷惑がかかってしまうような状況になると話は変わってきます。

また強要をしたり、こだわりを他人に押し付けたりすると敬遠されてしまうでしょう。

こだわりを持つ事は自由ですが、節度を持った行動を保たなければいけません。

3-5. 集団行動が苦手

3-集団行動が苦手

クセのある人は協調性や順応性に欠けるところがあるので集団行動が苦手な人が多くなります。

自分の意思や考え方を貫きたいタイプなので、人と共に行動することに閉塞感や窮屈さを覚えてしまうのです。

クセが強くなるほどふさわしくない行動や発言をしてしまったり、作業中に自分の癖が出てしまって空気を乱してしまうなどの状況を作ってしまうことも多いようです。

少し一緒に過ごせば変わった人だなと周りは気づくとは思いますが、あまりにも頻繁にそれが続いてしまうと一緒に行動がしにくく、やりにくい人だと思われてしまっても仕方がありません。

単純に集団行動が苦手な人は沢山いますが、そのタイプの人とクセがある事は別物であり、集団行動が苦手だからといって全員が協調性がないわけではありません。

3-6. 極端である

3-極端である

癖がある人は考え方が極端なところも特徴の一つです。

特に癖が強いほど、行動や言動、思考が偏りがちでバランスが悪く、白黒はっきりつけたがる傾向にあります。

中間や曖昧な状態を好まず、その状態悪く気持ち悪いのかもしれません。

そこがクセが強いと言われるところでもありますが、融通が利かないところも繋がっていくでしょう。

言い換えれば中途半端が嫌いな真面目な性格であり、一つの物事に対し途中で放り出さず最後までやり通す意思の強い人間であると言えますが、状況や場合によってはそれが仇となり前進せず逆に周りに迷惑かけてしまうこともあるでしょう。

空気を読んだり立場によって曖昧にしておかなければいけないことがあることも学ばないといけません。

4. 癖のある人と付き合うコツ

癖のある人と付き合うコツ

4-1. ツッこむ

4-ツッこむ

クセのある人は自分では癖があるとは思っておらず、普通だと思っています。

当然と言えばそうですが、周囲の事を気にしないという事は周囲の感情や動きにも鈍いという事になります。

だからこそ、そこにズレが生じ変わった人になってしまうのですが、そこをあえて突っ込むようにすると、少しずつ「あー、自分は違うんだな」といった意識が芽生え、自分の中でも考えだすようになるでしょう。

ツッコミも愛情込め、かうようにする事がポイントになります。

暴走しだして止まらなくなってしまった時にも、マニアックで誰も興味がないようなことに対しても莫大な効果を生み出すでしょう。

お笑い芸人がツッコミをしますが、あれは計算されていて簡単にできることではありません。

人を笑わせる事は本当に難しく容易なことではありませんが、そこまで一般人が考える必要は無いので、雰囲気が悪くならない程度に思ったことをそのままツッコミに反映してみてはいかがでしょうか。

4-2. 普通に接する

4-普通に接する

癖がある人は基本的には自分が考えていることが全てですし、曲げようとしないので、こちらが何を言ってもあまり意味がありません。

相手も別にアドバイスや意見を求めているわけではないですし、ただ話を聞いて欲しい人が多いので深入りをしてしまうとずっとそれに付き合わなければいけなくなってしまいます。

本当にその話題に興味があればいいのですが、通常の場合は何とも思わないと感じることの方が多いでしょう。

うまく付き合うためにも普段の自分を忘れず、相手をクセが強い人だと思わないことが大切になります。

どうしても癖があると思ってしまうと構えてしまうので、自然に神経を使い疲れてしまうので、いつものように適度に話を流したり、思ったことを素直に口に出したり、話題を変え共感するところは共感するといった本当に"普通"のことをするように心掛けてみて下さい。

4-3. あまり顔色を窺わないようにする

4-あまり顔色を窺わないようにする

クセが強い人の中には気難しくあまり何を考えているかわからない人も存在します。

どうでもいい事ならいいですが、いきなり怒りだしたり、周りとは違うところで怒っていたりと地雷の箇所がさっぱりわからない人がいます。

そうなってしまうと顔色を窺って気を遣うようになり、本音が言えずずっと鎧をつけて過ごさなければいけないようになってしまいます。

常にそのような状態だとこちらが精神的に参ってしまうので、正直面倒臭く、関わりたくないと思ってしまっても仕方がありません。

なるべく避ける事ができればいいですが、不可能なら顔色を窺う事をやめ、少々ムッとされても気にしない程のメンタルを持つようにする必要があります。

もしくはなぜ機嫌が悪いのかと素直に聞いてみるのも一つの方法でしょう。

気分が良ければ答えてくれるでしょうし、面倒臭いと思えばそれから少しずつ距離ができて相手の方から離れていくかもしれません。

4-4. シラケる

4-シラケる

こちらは最終手段になりますが、癖があまりにも強い人といると、頑張って話合わせたり相槌を打ったとしても、無理矢理している限りどんどん心が疲弊してしまうでしょう。

そんな段階になった時にはシラけた空気感を出してみるといいかもしれません。

決して馬鹿にしたり、見下すのではなく、あくまでも「そろそろその話はお腹いっぱいなので次の話題に進みたい」「自分には興味がなく、理解できないのでやめて欲しい」といったムードを漂わせるのです。

相手は話を聞いて欲しいがために話している場合が多いので、こちら側が興味がなく聞いてくれないとなると本人も楽しくないので話をやめざるをえません。

むしろそれを利用して、"あなたにも話したい時があるように、こちらにも話したくない時がある"といった事を植え付けるようにすると、関係性が良くなりお互いに楽になるかもしれません。

クセが強い人は基本的にマイペースなので自分のペースを乱されることを嫌います。

ですからそこを逆手に取り、相手も同じなのだと伝えておくことで距離感が保てストレスが少なくなる付き合い方ができるかもしれません。

4-5. クセを受け入れる

4-クセを受け入れる

クセが強いことを面倒くさがるのではなく、面白い人・変わったこと言う人と受け入れてみるのもうまく付き合っていくには得策だと言えるでしょう。

もちろん全てを受け入れる必要はありませんし、興味が持てないものは無理強いする必要はありませんが、自分にはない不思議な感覚や、感性などを持っている場合が多いので、参考になるかもしれませんし色々な事を振り返ったり見直すきっかけになるかもしれません。

何事も最初からシャットアウトしたり芽を摘むよりは、何かあるかもしれないと可能性を見出したり、興味を持つことの方が自分の感受性も豊かになり、器も大きくなり懐も広がるのではないでしょうか。

4-6. 話を聞かない

4-話を聞かない

癖のある人はこだわりが強く、マイワールドを持っている場合が多いと思います。

内容に興味があったり魅力を感じればいいですか、殆どの場合はマニアック過ぎたりマイナー過ぎて、聞きたいとすら思わないかもしれません。

そのような時も付き合わなければいけないのであれば、気になるところだけ話を聞き後は流すことをお勧めします。

相手は話をすることに集中しているのでいちいち聞いているかどうかをチェックする事はありませんし、自分の話を聞いてもらいたいだけの場合が多いので、感想を問う事も少ないでしょう。

聞いてる振りをして他のことを考えていたとしても、相手は気づいていないので満足するのではないでしょうか。

5. 癖のある人に好かれやすい女性の特徴

癖のある人に好かれやすい女性の特徴

5-1. 聞き上手である

5-聞き上手である

まず人に好かれやすい人は聞き上手である事は確かだと思います。

話が100とすると聞き上手は70ほど聞き、あとの30程度を意見やアドバイス、相槌などで返すと言われています。

もちろん人によって好みがあるのでこの数字が変わる場合もありますが、基本的に話を聞いて欲しい人にとっては、意見をされるよりも自分がメインとなって話をする方が楽しく気持ちいいと感じるのではないでしょうか。

また聞いてくれる人に対して好意を持つ事はおかしくありません。

つまりそれが癖がある人になると、より周りが見えなくなり自分の話に集中するので、うんうんと聞いてくれる人を離したくないという気持ちが芽生えてしまうのかもしれません。

それが異性で女性の場合は、母性を感じ、包み込んでくれると感じさせるのかもしれません。

5-2. 献身的である

5-献身的である

聞き上手と近いものがありますが、話を聞いてくれると相手は心を開いてくれたものだと思いますし、場合によっては同じ感覚を持ってくれている、似たような感性をしていると自分と同じ類の人物だと認識するようになります。

聞いている側は全くその気がなくても、それが特にクセがある人になるといいように思い込むところがあるので、仲間だと思われて更に距離感を縮めようとしてくるのかもしれません。

献身的な事自体は悪いことではありませんし、人として素晴らしいことですが、相手との距離感や境界線をきっちりと定めておかないと、自分にとって有害な人物や、本当に人生を左右してしまうほどの出来事が起こったときに自分の首を絞めてしまうことになるので、しっかりと見極める必要はあるでしょう。

5-3. 自分の話をよくする

5-自分の話をよくする

クセがある人に対しても、どんどん自分の趣味や考え方、感情などを話す人や、クセなど気にせず懐く人はやはり好かれやすく、好意を持たれるのではないでしょうか。

いくら自分と趣味や感覚が違うとは言え、心を開いてくれる人に嫌な感情を持つ人はいません。

クセがあるといっても、性質に癖があるだけであり性格はまた別かもしれません。

穏やかで優しい人もいるので、自分の話に乗ってくれたり自分の話をしてくれる人には魅力を感じるのだと思います。

まとめ

クセのある人は自分に忠実であり自由に生きているので、一般の人には受け入れ難いところもたくさんありますが、少し見方を変え、柔軟な考え方をすれば非常に魅力的で、感性を刺激される場合もあるかもしれません。

思いもよらない思考や発想をすることも多いので、一緒に過ごすと刺激になりこちら側の感受性を高めてくれることもあるでしょう。

もちろんクセがあり過ぎると非常に疲れますし、関わりたくないと思ってしまうものですが、全てが自分と同じような人であれば、極端な話、現在社会や文化はできていなかったかもしれません。

うまくコミュニケーションを取り、距離感を保つと、自分にとって素敵な関係性になるかもしれないと思ってみてはいかがでしょう。

学校や会社、社会に出て人付き合いをしていると、特に危害がある訳ではないのですが何となく変わった話し方であったり、発想が不思議であったり、服のセンスが何ともいえないものであったりと、いわゆる「癖のある」人に出会う事があります。

時には「えっ、そこなの」とツッコミたくなるようなことも多く、常人には少し理解しがたいことで怒ったり笑ったりするので、感情を理解するのに戸惑う事も少なくありません。

ではその癖のある人とは一体どのような人の事を指すのでしょうか。

記事の続きを読む

※当サイトは占いやスピリチュアルに関連する記事を掲載するメディアサイトです。
掲載中の記事には効果や効能に根拠がない物、証明されていない場合もありますのでご注意下さい。
また当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害について、運営者は一切の責任を負いません。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

無料占い