占いの意味や夢の意味・心理や数字はどんな意味?SPITOPIは「占い」であなたの深層心理に迫ります。

 

運勢・占い・心理の秘密


https://spitopi.com/blog/20180803163121.html
カラーマーケティングとは?カラーマーケティングの色別の効果【赤・青・黄・緑】

カラーマーケティングとは?カラーマーケティングの色別の効果【赤・青・黄・緑】 | SPITOPI

SPITOPI
カラーマーケティングとは?カラーマーケティングの色別の効果【赤・青・黄・緑】

スポンサーリンク

企業を成功させるためには、さまざまな手法が必要だと言われています。

そのなかでカラーマケティングという手法を知っているでしょうか。

カラーマケティングというのは、色を使ったマーケティングの方法であると言われています。

そのような、カラーマケティングの意味についてご紹介していきます。

  • カラーマケティングとは
  • カラーマケティングのカラー別の意味
  • カラーマーケティングの合わせた企業カラー
  • カラーマーケティングの必要性
  • まとめ

1. カラーマケティングとは

カラーマケティングとは

カラーマケティングというのは、色を使った商業方法です。

人というのは、色によってそのものや企業などのイメージを持たれているような傾向にあるとされています。

そのため、カラーマケティングでは、売り出したいと考えているような商売に見合ったカラーを取り入れるようにすると、利益が上がったり、顧客が増えたりというような効果をもたらしてくれるとされています。

カラーマケティングというのは、正に色によって自社のイメージを変えていき、利益を高めるように心がけているような傾向にあるとされています。

2. カラーマケティングのカラー別の意味

カラーマケティングのカラー別の意味

2-1. カラーマーケティングの赤

2-カラーマーケティングの赤

カラーマケティングのカラーのなかでは、赤を用いられる企業は多いとされています。

赤というのは、遠くからでも目立つようなカラーでもあると言われていますので、看板などに赤いカラーをいれることによって、他の企業よりも目立つカラーだと言われています。

また、心理的には赤というのは人を興奮させるカラーであるとされています。

購買意欲を駆り立てることが出来たり、興奮することによって冷静に判断しようというような気持ちも失ってしまいますので、お財布のひもが緩んでいくというような人が多いとされています。

2-2. カラーマーケティングの青色

2-カラーマーケティングの青色

カラーマーケティングの青色というのは、爽やかなイメージをもたらしているとされています。

そのため、爽やかさや清潔感があるようなイメージを持たせたいような時には、青色をカラーマーケティングに使われるとされています。

また、青色には冷静さを表しているとされていますので、赤色が興奮を誘うようなカラーである反面、青色というのは、冷静な気持ちになることができるような傾向にあるとされています。

2-3. カラーマーケティングの黄色

2-カラーマーケティングの黄色

カラーマーケティングの黄色というのは、明るさなどを表しています。

黄色というのは、人々に明るいようなイメージをあたえることで、コミュニケーションを高めていくことができるようになるとされています。

黄色を見ることで、いつもよりも明るいような気持ちになるため、商品にたいしてのポジティブなイメージを持つことができるようになるとされています。

2-4. カラーマーケティングの緑色

2-カラーマーケティングの緑色

カラーマーケティングの緑色というのは、信頼や親しみなどを表しているとされています。

信頼をすることができ、さらには親しみさえも持つことができるようなカラーであるとされています。

緑色というのは、身近な人のように、その企業のことに親しみを持ち、信頼しているような人であるとされています。

2-5. カラーマケティングの白

2-カラーマケティングの白

カラーマケティングで白というのはなかなか取り入れることが難しいかもしれません。

白というのは純白であることから、心機一転などのようなイメージを持たれています。

そのため、白一色で使うことよりも、赤を少し混ぜてピンクのような淡いカラーにして、ベビー用品などに取り入れることが多かったり、青などに白を混ぜるなど、何かと合わせて使われることが多いとされています。

3. カラーマーケティングの合わせた企業カラー

カラーマーケティングの合わせた企業カラー

3-1. 赤を使ったカラーマーケティングに合った企業

3-赤を使ったカラーマーケティングに合った企業

人のことを興奮させることができるようなカラーであるとされています。

また、赤を使ったカラーマーケティングというのは、満足感を得ることができるようになるカラーでもあると言われていますので、満足感を得ることが出来ることから、活気のあるような商品や食べ物に使われることをおすすめします。

食べ物の販売に対しての販売促進のために赤を利用すると、購入する意欲を駆り立てるだけではなく、満足感を得られるとされています。

そのため、赤を使ったカラーマーケティングには、食べ物などに使われることが多いとされています。

また、赤色というのは、冷静さを失わせるようなカラーであることから、安売りなどの店舗においても、赤いカラーというのは栄えるカラーであるとされています。

しかし、気を付けなくてはならないのが、安心感を与えなければならないような企業においては、赤いカラーを使ったカラーマーケティングは避けるべきであると言われています。

また、火をイメージすることから、キッチン用品などに合いそうなイメージをされるかもしれませんが、あまりにも情熱的なイメージを与えすぎると、火事などを連想することになりますので、赤を取り入れたカラーマーケティングを取り入れる場合も企業などの選択に注意が必要だと言われています。

3-2. 青色を使ったカラーマーケティングに合った企業

3-青色を使ったカラーマーケティングに合った企業

爽快感のあるようなイメージを持たれることを目的とした企業であれば、青色を使ったカラーマーケティングが大切です。

飲料や涼しいイメージのあるもの、更には夏季などに取り入れるような食べ物や、商品などに対しては、青色を取り入れることが大切です。

爽快感の必要とされる飲料企業が青色をカラーマーケティングとして取り入れたことで、売り上げが倍増したと言われていますので、爽快感のあるイメージを与えたいと考えている企業は青色を取り入れることが必要だと言われています。

また、赤いカラーとは対照的に、青いカラーというのは、情熱的な気持ちを失わせてしまうような傾向にもありますので、あまりにも青を入れすぎてしまうと、本当にこの商品にお金を出しても良いのかを、悩まれてしまうことが多いとされています。

3-3. 黄色を使ったカラーマーケティングに合った企業

3-黄色を使ったカラーマーケティングに合った企業

明るいイメージを与えることを目的としたカラーマーケティングであれば、黄色を使ったカラーマーケティングがおすすめです。

黄色というのは、ポジティブで明るいようなイメージを持たれますので、元気がよくて明るいイメージの企業に使用することが大切です。

洋服店などにおいての販売を行う立場の人には、黄色のものを身に付けて接客をすると、フレンドリーになることができるとされており、より身近に商品に対して身近な存在であるように思われるとされています。

しかし、黄色というのは、あまりにもポップすぎてしまうことから、高級店などに使用してしまうと、とたんにイメージをダウンさせてしまったりというようなことが起きる可能性もありますので、注意が必要であるとされています。

黄色などを使用するのであれば、子供服を取り扱っているような店舗などもおすすめです。

3-4. 緑を使ったカラーマーケティングに合った企業

3-緑を使ったカラーマーケティングに合った企業

信頼と親近感を与えることができるようなカラーマーケティングとしては、緑を用いたカラーマーケティングが大切です。

相手に信頼だけではなく、親近感を得ることができるような企業を目指しているのであれば、緑を使ったマーケティングがぴったりであるとされています。

親近感と信頼が大切な企業というのは、銀行などであるとされています。

そのため、地方銀行なども、緑を用いた看板などを取り入れていることが多いとされています。

また、接客をするときなどにも、緑の小物を身に付けたりすることで、任せても安心だというような気持ちにさせることができるカラーであると言われています。

3-5. 黒を使ったカラーマーケティングに合った企業

3-黒を使ったカラーマーケティングに合った企業

黒というのは、暗いようなイメージを持たれることもありますので、あまりカラーマーケティングに用いられないのではないかと思われるかもしれませんが、実は黒というのは、高級感があるようなイメージを持たれる人が多いとされています。

明るいイメージを持つ黄色、情熱的な赤、黒いドレスがあったら、多くの人が黒いドレスを高級感があり、高いと思われる傾向にあるとされています。

そのため、高級感を持たせるために、カラーマーケティングに黒を取り入れることが多いとされています。

黒を使ったカラーマーケティングでは、車やブランド品などを用いられることが多いとされています。

4. カラーマーケティングの必要性

カラーマーケティングの必要性

カラーマーケティングの必要性というのは、企業のイメージを決めることから、ダイレクトにイメージが変わるともされています。

看板などはその企業の顔であり、看板のカラーを守るためにさまざまな企業が切磋琢磨していると言われています。

そのため、カラーマケティングというのは、企業においては重要なテーマとも言われています。

ある企業では、企業の看板のカラーを変えたところ、多くのお客が入るようになり、あるアパレルショップではデザインが素敵なのになかなか売れなかった洋服などに情熱的なイメージを持つ赤を取り入れたところ、次々と売れるようになったというような例もあります。

そのため、企業のカラーマケティングというのは、とても重要性が高いとされています。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

カラーマケティングについて、理解をすることが出来たでしょうか。

人は初めてみた感情を引きずるような傾向にあるとされています。

カラーマケティングというのは、その初めてみた印象を変えることができる、企業のマーケティングの手法であるともされています。

カラーによって企業のイメージを変えることが出来るようになっているのですが、そのカラーマケティングを失敗すると、なかなか売り上げが伸びなかったりします。

売り上げが伸びないとお悩みであれば、カラーマケティングを取り入れてみて、企業のイメージをアップするようにしてみてはいかがでしょうか。

カラーマケティングにおいては、さまざまなカラーがあり、そのなかで取り入れるべきカラーであったり、避けていた方が良いカラーがあることなどを覚えておくと便利であるとされています。

企業を成功させるためには、さまざまな手法が必要だと言われています。

そのなかでカラーマケティングという手法を知っているでしょうか。

カラーマケティングというのは、色を使ったマーケティングの方法であると言われています。

そのような、カラーマケティングの意味についてご紹介していきます。


カラーマケティングとは

カラーマケティングというのは、色を使った商業方法です。

人というのは、色によってそのものや企業などのイメージを持たれているような傾向にあるとされています。

そのため、カラーマケティングでは、売り出したいと考えているような商売に見合ったカラーを取り入れるようにすると、利益が上がったり、顧客が増えたりというような効果をもたらしてくれるとされています。

カラーマケティングというのは、正に色によって自社のイメージを変えていき、利益を高めるように心がけているような傾向にあるとされています。

カラーマケティングのカラー別の意味

2-1. カラーマーケティングの赤

2-カラーマーケティングの赤

カラーマケティングのカラーのなかでは、赤を用いられる企業は多いとされています。

赤というのは、遠くからでも目立つようなカラーでもあると言われていますので、看板などに赤いカラーをいれることによって、他の企業よりも目立つカラーだと言われています。

また、心理的には赤というのは人を興奮させるカラーであるとされています。

購買意欲を駆り立てることが出来たり、興奮することによって冷静に判断しようというような気持ちも失ってしまいますので、お財布のひもが緩んでいくというような人が多いとされています。

2-2. カラーマーケティングの青色

2-カラーマーケティングの青色

カラーマーケティングの青色というのは、爽やかなイメージをもたらしているとされています。

そのため、爽やかさや清潔感があるようなイメージを持たせたいような時には、青色をカラーマーケティングに使われるとされています。

また、青色には冷静さを表しているとされていますので、赤色が興奮を誘うようなカラーである反面、青色というのは、冷静な気持ちになることができるような傾向にあるとされています。

2-3. カラーマーケティングの黄色

2-カラーマーケティングの黄色

カラーマーケティングの黄色というのは、明るさなどを表しています。

黄色というのは、人々に明るいようなイメージをあたえることで、コミュニケーションを高めていくことができるようになるとされています。

黄色を見ることで、いつもよりも明るいような気持ちになるため、商品にたいしてのポジティブなイメージを持つことができるようになるとされています。

2-4. カラーマーケティングの緑色

2-カラーマーケティングの緑色

カラーマーケティングの緑色というのは、信頼や親しみなどを表しているとされています。

信頼をすることができ、さらには親しみさえも持つことができるようなカラーであるとされています。

緑色というのは、身近な人のように、その企業のことに親しみを持ち、信頼しているような人であるとされています。

2-5. カラーマケティングの白

2-カラーマケティングの白

カラーマケティングで白というのはなかなか取り入れることが難しいかもしれません。

白というのは純白であることから、心機一転などのようなイメージを持たれています。

そのため、白一色で使うことよりも、赤を少し混ぜてピンクのような淡いカラーにして、ベビー用品などに取り入れることが多かったり、青などに白を混ぜるなど、何かと合わせて使われることが多いとされています。

無料占い

スポンサーリンク



無料占い

※当サイトは占いやスピリチュアルに関連する記事を掲載するメディアサイトです。
掲載中の記事には効果や効能に根拠がない物、証明されていない場合もありますのでご注意下さい。
また当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害について、運営者は一切の責任を負いません。
この記事は2018年12月07日に更新されました。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!