占いの意味や夢の意味・心理や数字はどんな意味?SPITOPIは「占い」であなたの深層心理に迫ります。

 

運勢・占い・心理の秘密


https://spitopi.com/blog/20180803163057.html
オーディオリンガルメソッドとは?オーディオリンガルメソッドを徹底解説

オーディオリンガルメソッドとは?オーディオリンガルメソッドを徹底解説 | SPITOPI

SPITOPI
オーディオリンガルメソッドとは?オーディオリンガルメソッドを徹底解説

スポンサーリンク

オーディオリンガルメソッドという言葉を聞いたことがある人もいるのではないでしょうか。

ある教育方を表した言葉ですが、オーディオリンガルメソッドとはどのようなものなのか、詳しき追求していきたいと思います。

  • オーディオリンガルメソッドとは
  • オーディオリンガルメソッドの取入れ方
  • オーディオリンガルメソッドのメリット
  • オーディオリンガルメソッドのデメリット
  • モチベーションが大切となる
  • オーディオリンガルメソッドを勉強に取り組むのは有効なことなのか
  • まとめ

1. オーディオリンガルメソッドとは

オーディオリンガルメソッドとは

オーディオリンガルメソッドというのは、聞いて反復することで覚えていく勉強方法であるとされています。

特に語学を覚えるためには、このオーディオリンガルメソッドを取り入れることが大切であると言われています。

オーディオリンガルメソッドは行動主義に基づいた勉強方法であり、ノートをとることで覚えようとする勉強方法ではなく、体で覚えるようにするような第二の言語を取り入れるための勉強方法であるとされています。

2. オーディオリンガルメソッドの取入れ方

オーディオリンガルメソッドの取入れ方

2-1. リスニングから始める

2-リスニングから始める

オーディオリンガルメソッドの取り入れ方としては、リスニングから取り入れることが大切であると言われています。

リスニングから始めるというのは、ただ聞くことに集中をするということです。

第二の言語を身に付けたいと願っている人は、単語をまず覚えよう、スペルを完璧に覚えようとしてしまうため、なかなか会話に至るまでいかないと言われています。

しかし、語学を覚えるためには、赤ちゃんに対する覚え方と同じであるともされています。

赤ちゃんが初めて言葉を覚えるときに、単語を覚えて、文字を覚えてというようなことはしません。

周りの言葉を聞いて、その言葉をインプットしていきます。

そのことから、オーディオリンガルメソッドは、始めにこのリスニングの工程というのは大切であると言われています。

2-2. スピーキング

2-スピーキング

オーディオリンガルメソッドでは、リスニングにインプットした言葉をスピーキングでアウトプットしていきます。

アウトプットというのは、得た知識を言葉に出すことです。

オーディオリンガルメソッドでは、リスニングで取り入れた時に、その意味を理解していなくても、スピーキングでアウトプットしていくことが大切であると言われています。

そうすることで、記憶に残りやすくなっていき、その後の工程に移ったときにどのような意味なのかを知ることができ、効率よく言葉を理解していくことが出来るようになるとされています。

2-3. リーディング

2-リーディング

リスニングとスピーキングをしたら、次はリーディングです。

このリーディングの際は、始めにリーディングだけに集中をして、次に言葉に出しながら読むことが大切であるとされています。

ひとつの文章を読むのを何度も繰り返すことが大切です。

2-4. ライティング

2-ライティング

リーディングで文章を読むことができたら、次はライティングでその文章を書くことが大切です。

書くことで単語の意味などを知ることができ、リーディングにて取り入れた知識をライティングにてアウトプットしていくことが出来るようになるともされています。

スペルを一目見ただけで意味を理解して書くことが出来るまで繰り返すことがポイントです。

3. オーディオリンガルメソッドのメリット

オーディオリンガルメソッドのメリット

3-1. 発音がよくなる

3-発音がよくなる

オーディオリンガルメソッドのメリットとしては、取り入れようとしている言語の発音を取り入れることが出来るようになるとされています。

オーディオリンガルメソッドでは、まずはリスニングにて音を聞き入れますので、本来の発音をしっかりと取り入れることが出来るようになると言われています。

単語を書いて覚えると、その単語が頭にあり、発音の邪魔をすると言われています。

正しい発音を取り入れることが出来るようになると言われています。

オーディオリンガルメソッドの始めに取り入れるリスニングでは、ネイティブが読んでいる文章を取り入れるようにするということも大切です。

同じ日本人が外国語で話すものもあるかもしれませんし、その方が聞き取りやすいと思われるかもしれませんが、海外では日本人の発音とは異なる発音をされますので、はじめからネイティブの発音に慣れておくことが必要となっていきます。

そのため、オーディオリンガルメソッドでは、最初のリスニングからネイティブのものを取り入れることが大切であると言われています。

3-2. 会話力を高めることが出来る

3-会話力を高めることが出来る

日本人の語学力が乏しいのは、会話力がないからであるとされています。

しかし、このオーディオリンガルメソッドを取り入れることで、まずは聞いて話すことから始めますので、会話力を高めることが出来るようになるとも言われています。

会話力を高めることで、言葉を発することに自信を持つことが出来ますので、会話力を高めることは、第二の言語を身に付けるためには大切であると言われています。

会話力というのは、アウトプットする習慣がないと身に付けることが出来るというものではありません。

アウトプットでしっかりと発言する勇気を身に付けることが出来るというの柄オーディオリンガルメソッドのメリットです。

3-3. 文法を完全に理解することが出来る

3-文法を完全に理解することが出来る

オーディオリンガルメソッドのメリットとしては、文法を完全に理解することが出来るようになるというような傾向にあるとされています。

文法を完全に理解することが出来るように、多くの人が文法の勉強をしようとしますが、オーディオリンガルメソッドでは、文章になったものを聞くことになりますので、文法を完全に理解することが出来るようになるとされています。

また、オーディオリンガルメソッドでは、文法だけではなく、正しい学習方法を取り入れることが出来るようになるとも言われていますので、オーディオリンガルメソッドは正しい学習を身に付けるためにも役立つことこが出来ると言われています。

4. オーディオリンガルメソッドのデメリット

オーディオリンガルメソッドのデメリット

4-1. 優れた教師が必要となる

4-優れた教師が必要となる

オーディオリンガルメソッドは優れた言語の取得方法であるとも言われていますので、メリットばかりであると思われているかたもいるかもしれませんが、オーディオリンガルメソッドにはデメリットもあります。

オーディオリンガルメソッドのデメリットというのは、一人で行う勉強方法ではありますが、オーディオリンガルメソッドを一人でこなすというのは大変であったり、退屈に感じてしまう可能性もあります。

そのため、オーディオリンガルメソッドを取り入れるためには、優れた教師が必要だとされています。

リスニングで聞いたりする言葉が後々分かるようになるのは、優れた教師がいるからでもあるとされています。

優れた教師がいないと、飽きや壁にぶつかってしまう可能性もありますので、注意が必要だと言われています。

2. モチベーションが大切となる

モチベーションが大切となる

オーディオリンガルメソッドのデメリットとしては、オーディオリンガルメソッドを取り組むときには、本人にモチベーションがあることが必須であると言われています。

オーディオリンガルメソッドのデメリットとしては、このオーディオリンガルメソッドではモチベーションがないと続かないということです。

どれだけ語学を聞かされても、モチベーションがないと、インプットしていくことが出来ないと言われています。

どんどん詰め込もうとしても、意欲や興味がないと、なかなかインプットしていくことが出来ないというような点が、オーディオリンガルメソッドのデメリットであるとされています。

4-3. 時間を要する

4-時間を要する

オーディオリンガルメソッドというのは、リスニングをしてスピーキングし、リーディングをしてライティングをして覚えていかなくてはならないため、時間がないと達成することが出来ないと言うことが、オーディオリンガルメソッドのデメリットであるとされています。

オーディオリンガルメソッドというのは、短期間でこの行程をすることに意味があるのです。

しかし、オーディオリンガルメソッドのこの行程をしっかりと取り組むことが出来るような人というのは、時間が必要となっていきます。

そのようなことから、オーディオリンガルメソッドのデメリットというのは、時間が必要となっていることがデメリットであるとされています。

5. オーディオリンガルメソッドを勉強に取り組むのは有効なことなのか

オーディオリンガルメソッドを勉強に取り組むのは有効なことなのか

オーディオリンガルメソッドは、一部では有効な語学の勉強方法であるとされていますが、オーディオリンガルメソッドは有効な勉強方法ではないというような意見もあります。

語学を身に付けたいと願っている人がオーディオリンガルメソッドを進められたとき、どちらの意見もあることから、オーディオリンガルメソッドが有効であるのか否かを悩まれているような方も多いとされています。

そのため、オーディオリンガルメソッドを勉強方法ではなく、取り入れることは、タイプによって合う会わないがあるとされています。

あまり語学に対しての意欲を持っていないというような人は、オーディオリンガルメソッドを続けることが困難であるとされています。

しかし、語学を専門的に取り入れたいと考えているような人というのは、オーディオリンガルメソッドは有効的な手段であるともされています。

オーディオリンガルメソッドを取り入れことで、語学をしっかりと身に付けることが出来ますので、専門的に知識を身に付けたい人や、学習意欲が高い人などには有効的な手段であるともされています。

まとめ

オーディオリンガルメソッドという言葉を聞いたことがない人であっても、聞くことから始める手法であるということが分かると、納得することが出来るようになるとも言われています。

オーディオリンガルメソッドは、リスニング、スピーキング、リーディング、ライティングの順番で学習をすることによって、しっかりと語学を取得することが出来るようになる勉強方法であるとも言われています。

しかし、オーディオリンガルメソッドには、合う人と合わない人がいますので、オーディオリンガルメソッドのメリットやデメリットを参考にされて、自分自身にオーディオリンガルメソッドが合うのか思案してみてもいいかもしれません。

オーディオリンガルメソッドという言葉を聞いたことがある人もいるのではないでしょうか。

ある教育方を表した言葉ですが、オーディオリンガルメソッドとはどのようなものなのか、詳しき追求していきたいと思います。


オーディオリンガルメソッドとは

オーディオリンガルメソッドというのは、聞いて反復することで覚えていく勉強方法であるとされています。

特に語学を覚えるためには、このオーディオリンガルメソッドを取り入れることが大切であると言われています。

オーディオリンガルメソッドは行動主義に基づいた勉強方法であり、ノートをとることで覚えようとする勉強方法ではなく、体で覚えるようにするような第二の言語を取り入れるための勉強方法であるとされています。

オーディオリンガルメソッドの取入れ方

2-1. リスニングから始める

2-リスニングから始める

オーディオリンガルメソッドの取り入れ方としては、リスニングから取り入れることが大切であると言われています。

リスニングから始めるというのは、ただ聞くことに集中をするということです。

第二の言語を身に付けたいと願っている人は、単語をまず覚えよう、スペルを完璧に覚えようとしてしまうため、なかなか会話に至るまでいかないと言われています。

しかし、語学を覚えるためには、赤ちゃんに対する覚え方と同じであるともされています。

赤ちゃんが初めて言葉を覚えるときに、単語を覚えて、文字を覚えてというようなことはしません。

周りの言葉を聞いて、その言葉をインプットしていきます。

そのことから、オーディオリンガルメソッドは、始めにこのリスニングの工程というのは大切であると言われています。

2-2. スピーキング

2-スピーキング

オーディオリンガルメソッドでは、リスニングにインプットした言葉をスピーキングでアウトプットしていきます。

アウトプットというのは、得た知識を言葉に出すことです。

オーディオリンガルメソッドでは、リスニングで取り入れた時に、その意味を理解していなくても、スピーキングでアウトプットしていくことが大切であると言われています。

そうすることで、記憶に残りやすくなっていき、その後の工程に移ったときにどのような意味なのかを知ることができ、効率よく言葉を理解していくことが出来るようになるとされています。

2-3. リーディング

2-リーディング

リスニングとスピーキングをしたら、次はリーディングです。

このリーディングの際は、始めにリーディングだけに集中をして、次に言葉に出しながら読むことが大切であるとされています。

ひとつの文章を読むのを何度も繰り返すことが大切です。

2-4. ライティング

2-ライティング

リーディングで文章を読むことができたら、次はライティングでその文章を書くことが大切です。

書くことで単語の意味などを知ることができ、リーディングにて取り入れた知識をライティングにてアウトプットしていくことが出来るようになるともされています。

スペルを一目見ただけで意味を理解して書くことが出来るまで繰り返すことがポイントです。

スポンサーリンク

1 / 3
記事の続きを読む

スポンサーリンク

※当サイトは占いやスピリチュアルに関連する記事を掲載するメディアサイトです。
掲載中の記事には効果や効能に根拠がない物、証明されていない場合もありますのでご注意下さい。
また当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害について、運営者は一切の責任を負いません。
この記事は2018年12月06日に更新されました。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

無料占い