占いの意味や夢の意味・心理や数字はどんな意味?SPITOPIは「占い」であなたの深層心理に迫ります。

 

運勢・占い・心理の秘密


https://spitopi.com/blog/20180801094330.html
大人の対応とは?類語や反対語・大人の対応の仕方や例(恋愛時・職場編)

大人の対応とは?類語や反対語・大人の対応の仕方や例(恋愛時・職場編) | SPITOPI

SPITOPI
大人の対応とは?類語や反対語・大人の対応の仕方や例(恋愛時・職場編)

スポンサーリンク

人生経験を重ねている人、自分のこれまでの実績に自信がある人でも「大人の対応」ができているかといえば、そうでもないのです。

年若い人の方がよっぽど「大人の対応」ができていると感じる場面が職場や、集団の中でもあります。

「大人の対応ができない大人」などと陰で言われない為にもしっかりと理解して実践していけるようになりましょう。

ここでは大人の対応とは?大人の対応ができる人の特徴や傾向、また実例などをあげて紹介しています。

それでは見ていきましょう。

  • 大人の対応とは?
  • 大人の対応の類語や反対語・英語
  • 大人の対応ができる人の特徴や傾向
  • 大人の対応の仕方や例
  • 恋愛における大人の対応の仕方や例
  • 職場における大人の対応の仕方や例
  • まとめ

1. 大人の対応とは?

大人の対応とは?

大人の対応とは、どういう意味かまずは説明していきましょう。

生きていくには色々な人と関わっていかなくてならないのです。

いいことばかりではなく時には理不尽なことを言われることもありますし、受け入れられないようなことを押し付けられることもありますし、クレーマーからターゲットにされることもあるでしょう。

そのような時、相手が感情的だからと言って自分も感情的になったり、相手に対して怒ったりすると余計に事態がこじれてしまいます。

「大人の対応」とは相手と同じ土俵に立たない、知恵を使って穏便にすませる、スルーするといったように、落ち着いて相手に不快感を与えず、物事を対処することをいいます。

ちなみに年齢は関係ありません。

年若い人でも「大人の対応」をとることができる人もいますし、年齢を重ねた人が「大人の対応」がとれないこともあります。

「大人」というのは実年齢ではなく精神的な意味だととらえてください。

2. 大人の対応の類語や反対語・英語

大人の対応の類語や反対語・英語

大人の対応の意味が何となく理解できたでしょうか。

よく使う言葉ほど本来の意味がわからない場合もあります。

ここでは大人の対応と同じような意味を持つ言葉や反対の意味を表す言葉、また英語では何と言うかなどをまとめました。

2-1. 類語「余裕の対応」

2-類語「余裕の対応」

「余裕の対応」とは心が落ち着いていて、ゆったりとした余裕を感じさせる受け答えのことをいいます。

2-2. 類語「波風を立てず」

2-類語「波風を立てず」

「波風を立てず」とは揉め事を起こさないようにすることをいいます。

2-3. 類語「角の立たない」

2-類語「角の立たない」

「角の立たない」は表現、振舞い方などが柔らかいことをいいます。

2-4. 反対語「角が立つ」

2-反対語「角が立つ」

「角が立つ」とは理屈っぽい言動をすることによって人との間が穏やかでなくなることをいいます。

2-5. 反対語「狭量(きょうりょう)」

2-反対語「狭量(きょうりょう)」

「狭量(きょうりょう)」とは一つの考えにとらわれていて、異なる考えを受けいれられないこと、心が狭いことをいいます。

2-6. 大人の対応を英語で言うと?

2-大人の対応を英語で言うと?

大人の対応を英語にしますと「act like an adult.」となります。

日本だけでなく海外でも、大人の対応というのはスキルの一つとしてとらえられているのです。

社会人として、身に着けておくことが求められるのです。

3. 大人の対応ができる人の特徴や傾向

大人の対応ができる人の特徴や傾向

学校や会社において、大人の対応ができる人は人間関係を上手く保つことができるでしょう。

ここでは大人の対応ができる人の特徴や傾向を見ていきましょう。

3-1. 冷静で落ち着いている

3-冷静で落ち着いている

大人の対応ができる人は、日頃から冷静で落ち着いているのが特徴です。

慌てたり、感情的になったり、騒いだりということはなく、静かな印象です。

3-2. 自分の意見を言うことができる

3-自分の意見を言うことができる

相手の言うことにそのまま流されるのではなく、自分の意見をしっかりと言うことができます。

相手がどのような立場であれ恐れたり、ひるんだりすることもなく平常心です。

3-3. 笑顔で人と接することができる

3-笑顔で人と接することができる

日頃から笑顔で柔らかい人柄であることが多いのです。

その為好かれやすく、悪印象を与えることはないでしょう。

そのような様子を妬む人達には嫌われたり嫌味を言われることもありますが、冷静にスルーすることができます。

言い争ったり、感情的になることはありません。

3-4. 威圧感を与えない

3-威圧感を与えない

相手に威圧感を与えて自分を大きく見せる人がいますが、このような人というのは人との関係性を上下関係で区別することが多く、打ちとける、仲良くなるということは少ないのです。

大人の対応ができる人は、威圧感を与えず親しい友人関係のような雰囲気を作ることが上手です。

3-5. 理解力がある

3-理解力がある

感情的になっている相手が何を言おうとしているのか、真意を読み取ることが得意です。

理解力が優れているのでつじつまが合わない話、感情的で支離滅裂になっている話でも相手の言いたいことが大体わかるのです。

3-6. 相手の話を最後まで聞くことができる

3-相手の話を最後まで聞くことができる

人の話を最後まで聞かずに途中で遮って自分の言いたいことを言い始める人がいます。

感情的になっている人の場合は話を遮られることでさらに怒りが大きくなりますし、自分を言いくるめようとしていることに憤慨するでしょう。

そうなりますと、お互い感情のぶつかり合いになり関係性は修復が厳しいものとなります。

大人の対応ができる人はそのようなことを理解しているので相手の言い分をしっかり最後まで聞こうとするのです。

3-7. 丁寧な口調

3-丁寧な口調

普段から丁寧な言葉遣いと口調ですので、上品な印象を与えます。

3-8. 自分の価値観を相手に押し付けない

3-自分の価値観を相手に押し付けない

大人の対応ができる人は相手には相手の価値観があるとわかっていますし、控えめですので自分の価値観を相手に押し付けるようなことはないのです。

相手の為を思ってとアドバイスをするのが好きな人ほど上から目線になりがちで余計なお世話になっていることが多いのです。

3-9. 臨機応変に対応できる

3-臨機応変に対応できる

大人の対応ができる人は、臨機応変に対応ができます。

決められた通りでないとパニックになるということもありません。

機転もきくのです。

3-10. わかり合おうと努力できる

3-わかり合おうと努力できる

大人の対応ができる人は心が広いのです。

相手とはとりあえず話し合おうとします。

最初からイメージだけで決めつけたり、嫌ったりということはなく人間関係が上手くいくための努力はしようとするのです。

4. 大人の対応の仕方や例

大人の対応の仕方や例

社会人であれば、大人の対応をしなくてはならない場面が多いのです。

またそれができない人は周囲との人間関係を悪くしたり、周りを振り回したり迷惑をかけるものです。

大人の対応の仕方や例を紹介しましょう。

さらっと自然に大人の対応ができるのが理想的です。

4-1. 相手の言い分を最後まで聞く、話を遮らない

4-相手の言い分を最後まで聞く、話を遮らない

わかっている話でも、相手の言い分は最後まで聞く姿勢を持ちましょう。

また話を遮ったり、先を急かしたりもしないことです。

話し上手よりも聞き上手であることを意識しましょう。

4-2. 落ち着いて話す

4-落ち着いて話す

話し方は、落ち着いて話すようにしましょう。

感情的になって一方的にまくしたてたり、「これぐらい知ってて当然でしょう」とばかりに順番や説明を飛ばして話したりしないようにしましょう。

相手にしてみたら「馬鹿にされた」と感情を害する場合もあるのです。

相手にわかりやすく説明するようにしましょう。

4-3. 譲れないことに関してはしっかりと説明する

4-譲れないことに関してはしっかりと説明する

こればかりはいくら頼まれてもできないということに関しては、うやむやにせずにはっきり断ることです。

どうしてダメなのかをしっかり説明しておくようにしましょう。

「これ以上頼んでも無理だ」と相手に理解してもらうことが大事です。

一番良くない対応は「ちょっと考えてみます」といって引き延ばした上に断ることです。

期待させておいて断ると怒りが湧くものです。

4-4. ラインやメールなど返信が早く、丁寧である

4-ラインやメールなど返信が早く、丁寧である

ラインやメールは読んだ後は「了解しました」などと一言でもいいので返信を返すようにしましょう。

色々な人に一斉に送っている側としてはいつも既読スルーの人に対して「常識がない」と思うこともあるのです。

「ちゃんと読んでいます」という気持ちを伝える為にも返信は早く返すのが大人の対応です。

4-5. 感謝の気持ちなどは言葉でしっかり伝える

4-感謝の気持ちなどは言葉でしっかり伝える

感謝していると心で思っていても相手には伝わりません。

言葉にして初めて相手に伝わるのだと思いましょう。

してもらうことが当たり前なのではなくありがたいことなのだと謙虚になり、感謝の気持ちを言葉にするようにしましょう。

4-6. 感情に振り回されず、本質を見極める

4-感情に振り回されず、本質を見極める

感情的になっている人が何を言いたいのかわからないということはよくあります。

クレームをつけている?ヒステリーを起こしている?とこれで終わってはいないでしょうか。

本当は何を伝えたかったのか、何が不満でそうなったのかと物事の本質を見極めるようにしましょう。

それがわかれば次からはそうならないように対処することができるのです。

4-7. 無駄に敵を作るようなやり方はしない

4-無駄に敵を作るようなやり方はしない

大人の対応ができない人は、感情的に振舞い、人を嫌ったり、文句を言ったり、仲間外れにしたりとなりがちですが、そのような対応は結局のところ無駄に自分の敵を増やしているだけなのです。

自分が嫌えば相手も悪感情を持つ、これは当然でもあります。

大人の対応ができる人は無駄に敵を作るようなやり方はしません。

むかっとくることがあっても自分が一歩引いて離れる、スルーするなど相手と争うより距離をとろうとします。

4-8. 余計な一言が多い人にもにこやかに対応できる

4-余計な一言が多い人にもにこやかに対応できる

余計な一言が多い人はどこにでもいます。

悪気はなく自分が言った言葉が相手を不愉快にさせていると思っていませんし、指摘されたら「気にする方が悪い」と逆切れするようなところがあります。

このような困ったタイプに大人の対応で接する方法は、真剣に受け取らないこと、にこやかに対応することなのです。

まず言っている内容は心の中でスルーです。

そして表面的には相手のことを肯定しておくのです。

余計な一言が多い人に何か言えば倍になって返ってくるだけなのです。

それを理解しているのでにこやかに対応して「早く帰ってもらう」「早くこの時間をやり過ごす」という方法をとるのです。

4-9. 自分に悪意を持っている人には冷静にスルーする

4-自分に悪意を持っている人には冷静にスルーする

自分に悪意を持っている人が近づいてきた時は身構えてしまいます。

嫌味を言いに来たとわかるからです。

理不尽なことを言われてイライラして相手に言い返してしまうということは避けたいところです。

それでは相手と同じレベルになってしまうだけですし、相手の望むことなのです。

つまり悪意を持っている人は相手にしないのが大人の対応となります。

冷静にスルーすること、また悪意のある行動に対しては証拠をとるなどしておくことです。

「これ以上このような行為をすれば困ったことになるのはあなたです」と冷静に対応することで、相手を排除していくのです。

いちいち相手になって言い返したり、逆に落ち込んだりするのはよくありません。

4-10. 相手と同じレベルにならないように自分を律している

4-相手と同じレベルにならないように自分を律している

大人の対応をとる為には、常日頃から相手と同じレベルにならないように自分を律することです。

悪口を言いたくなる時もあるでしょう。

しかし言ったところでいい気持ちになることもありませんし、時間も無駄です。

それよりももっと有意義な時間を過ごす方がいいとポジティブに考えるようにしているのです。

5. 恋愛における大人の対応の仕方や例

恋愛における大人の対応の仕方や例

恋人同士においても、気をつけておかないと、いつの間にかつまらないことで衝突したり、相手に不満を募らせてしまうことになってしまいます。

どちらかがネガティブになっている時に、同じようにネガティブな感情を返してしまうと、喧嘩になるだけです。

そのような時こそ「大人の対応」で上手く対応することが求められるのです。

恋愛における大人の対応とはどのようなことなのかをまとめてみました。

5-1. 相手に依存しない

5-相手に依存しない

つきあい始めは頼ってもらえることが嬉しい、頼れることが嬉しいと思うものです。

しかし、頼られる側にとってそれが日常的になると疲弊してくるものです。

また頼る側がどんどん要求が大きくなるということもあります。

このような状態ではいい関係性どころかどちらもそれぞれに不満を感じることが多くなるでしょう。

恋人だからといって何でも頼ることは止めましょう。

そもそも独立した一人の人間同士です。

相手に依存しない、これが大人の対応といえるでしょう。

5-2. 束縛しない

5-束縛しない

相手の動きを制限しないことです。

「どこに行っていた」「誰といた」とついつい聞きたくなるものです。

そして「自分以外の異性とは口をきかないで」「遊びに行かないで」と束縛してしまいます。

ですが社会人をしていれば仕事上のつきあいなど断れないものもあるのです。

大人なのだから仕方がない時もあると思うことが「大人の対応」といえるでしょう。

それに浮気するような相手ならば、束縛していてもどうにかして浮気をするものです。

恋人のことを信じることが大事です。

5-3. 相手のことを思いやる

5-相手のことを思いやる

自分のことばかりではなく、相手のことを思いやれることが恋愛において「大人の対応」といえるでしょう。

自分が疲れていても、相手に「疲れていない?」と気遣えるような人になりましょう。

6. 職場における大人の対応の仕方や例

職場における大人の対応の仕方や例

職場は大人の対応が特に求められるところです。

職場は学校でもサークルでもありません。

仕事をする場所ですから感情的に行動するのではなく理性的になることが大事なのです。

6-1. 感情的にならない、いつも平常心

6-感情的にならない、いつも平常心

自分の状態がどうであれ、それは周りには関係がないことです。

感情的にならない、いつも平常心でいることは基本です。

機嫌が悪いと人に八つ当たり、口も利かないというのは本来大人が職場でするべき態度ではないでしょう。

6-2. 口が堅い、安易に悪口や噂を言わない

6-口が堅い、安易に悪口や噂を言わない

職場で大事なことは人間関係です。

人間関係が上手くいくことで仕事もスムーズに進むものです。

職場の人間関係での大人の対応とは、口が堅く、人の悪口や噂を言わないことでしょう。

これらが原因となって人間関係が悪くなることがほとんどなのです。

6-3. 仕事を断る勇気がある

6-仕事を断る勇気がある

仕事を頼まれた時に快く引き受けるのが大人の対応というわけではありません。

自分ができるならばいいのですが、スケジュール的に厳しい、能力的に自信がないという時はそれを断る勇気を持つことが大人に対応です。

できもしないのに安易に引き受けて結局、後でできないと断ったり、仕上がりの悪いものを出すようなことでは、信用も失くしますし、迷惑をかけてしまいます。

6-4. 甘えない

6-甘えない

当たり前ではありますが、自分の仕事には責任を持って取り組むことです。

周りの人をあてにしたり、甘えるのは社会人としてはあまりにも無責任です。

大人の対応は「自分の仕事は責任を持つ」ことなのです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

大人の対応という言葉の意味、大人の対応ができている人の特徴、仕方、例などをまとめて紹介しました。

大人の対応とはただ我慢して相手に合わせることではありません。

相手のことを尊重しつつも自分の意見はしっかり言えることなのです。

お互いが納得いく結果になるように努力していくことが大事です。

自分が我慢しているという考え方ではなく、どうすればいい結果になるかと前向きに考えて行動するようにしましょう。

大人の対応ができると人間関係がもっと上手くいくようになります。

人生経験を重ねている人、自分のこれまでの実績に自信がある人でも「大人の対応」ができているかといえば、そうでもないのです。

年若い人の方がよっぽど「大人の対応」ができていると感じる場面が職場や、集団の中でもあります。

「大人の対応ができない大人」などと陰で言われない為にもしっかりと理解して実践していけるようになりましょう。

ここでは大人の対応とは?大人の対応ができる人の特徴や傾向、また実例などをあげて紹介しています。

それでは見ていきましょう。


大人の対応とは?

大人の対応とは、どういう意味かまずは説明していきましょう。

生きていくには色々な人と関わっていかなくてならないのです。

いいことばかりではなく時には理不尽なことを言われることもありますし、受け入れられないようなことを押し付けられることもありますし、クレーマーからターゲットにされることもあるでしょう。

そのような時、相手が感情的だからと言って自分も感情的になったり、相手に対して怒ったりすると余計に事態がこじれてしまいます。

「大人の対応」とは相手と同じ土俵に立たない、知恵を使って穏便にすませる、スルーするといったように、落ち着いて相手に不快感を与えず、物事を対処することをいいます。

ちなみに年齢は関係ありません。

年若い人でも「大人の対応」をとることができる人もいますし、年齢を重ねた人が「大人の対応」がとれないこともあります。

「大人」というのは実年齢ではなく精神的な意味だととらえてください。

大人の対応の類語や反対語・英語

大人の対応の意味が何となく理解できたでしょうか。

よく使う言葉ほど本来の意味がわからない場合もあります。

ここでは大人の対応と同じような意味を持つ言葉や反対の意味を表す言葉、また英語では何と言うかなどをまとめました。

2-1. 類語「余裕の対応」

2-類語「余裕の対応」

「余裕の対応」とは心が落ち着いていて、ゆったりとした余裕を感じさせる受け答えのことをいいます。

2-2. 類語「波風を立てず」

2-類語「波風を立てず」

「波風を立てず」とは揉め事を起こさないようにすることをいいます。

2-3. 類語「角の立たない」

2-類語「角の立たない」

「角の立たない」は表現、振舞い方などが柔らかいことをいいます。

2-4. 反対語「角が立つ」

2-反対語「角が立つ」

「角が立つ」とは理屈っぽい言動をすることによって人との間が穏やかでなくなることをいいます。

2-5. 反対語「狭量(きょうりょう)」

2-反対語「狭量(きょうりょう)」

「狭量(きょうりょう)」とは一つの考えにとらわれていて、異なる考えを受けいれられないこと、心が狭いことをいいます。

2-6. 大人の対応を英語で言うと?

2-大人の対応を英語で言うと?

大人の対応を英語にしますと「act like an adult.」となります。

日本だけでなく海外でも、大人の対応というのはスキルの一つとしてとらえられているのです。

社会人として、身に着けておくことが求められるのです。

スポンサーリンク

※当サイトは占いやスピリチュアルに関連する記事を掲載するメディアサイトです。
掲載中の記事には効果や効能に根拠がない物、証明されていない場合もありますのでご注意下さい。
また当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害について、運営者は一切の責任を負いません。
この記事は2018年12月07日に更新されました。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

無料占い