占いの意味や夢の意味・心理や数字はどんな意味?SPITOPIは「占い」であなたの深層心理に迫ります。

 

運勢・占い・心理の秘密


https://spitopi.com/blog/20180731114330.html
ビジネスでの打診とは?類語や反対語・英語・例文

ビジネスでの打診とは?類語や反対語・英語・例文 | SPITOPI

SPITOPI
ビジネスでの打診とは?類語や反対語・英語・例文

スポンサーリンク

ビジネスにおける打診の言葉の意味とは ビジネスにおいて、打診という言葉が使われることがあります。

よく耳にする聞き慣れた言葉ではありますが、一体、どのような意味を持つのでしょう。

  • ビジネスでの打診とは?
  • 打診の反対語・英語
  • ビジネスで打診するメリット
  • ビジネスでの打診の例文や使い方
  • 打診に似た言葉や類語
  • ビジネスで打診が失敗する原因
  • まとめ

1. ビジネスでの打診とは?

ビジネスでの打診とは?

ビジネスにおける打診とは、相手に少し働きかけて、相手の出方をみるといった意味となります。

相手に事を説明し、相手がそのことについてどのように思うのかを見て、様子をみるといった意味になります。

この言葉は、医師が打診器で患者の体を叩き、その反応する音で診察をしたことからきており、それが、比喩的にビジネスにおいて使用されるようになりました。

今では、ビジネスにおいて聞き慣れている言葉となっていますが、案外、使い方を誤っている人が多い言葉でもあるので、詳しく打診の意味について見ていきましょう。

2. 打診の反対語・英語

打診の反対語・英語

打診の反対語・英語はどのような言葉となるのでしょう。

2-1. 打診の反対語・強制

2-打診の反対語・強制

打診の反対語を挙げるとしたら、「強制」という言葉がぴったりかもしれません。

強制とは、相手が快諾していなくても、お構いなしに要望を押し付けることを指しています。

打診が相手の様子を伺いながら話を進めるのに対し、強制とは相手の様子がどうであれ、有無を言わさず話を進める意味があるので、対になる言葉と考えてよいかもしれません。

打診という言葉が強制と対になる言葉だということから分かるように、打診とは、相手の出方次第では、話が破談になったり、あるいは予定していたものを修正したりする可能性を含んでいます。

強制とは違い、そこには、相手への敬意、あるいは相手の顔色を伺いながら、物事を決定していく意味が込めれられています。

2-2. 打診の英語・sound

2-打診の英語・sound

ビジネスにおいて打診とは、soundという意味で現すことができます。

soundとは相手の心を探るという意味が込められており、日本語のビジネスにおける打診と意味が類似しています。

例文としては、sound somebody’s opinion. (意見を打診する)といった使い方となります。

3. ビジネスで打診するメリット

ビジネスで打診するメリット

打診とは、ビジネスにおいて、相手に相談をもちかけるという意味であることは分かりましたが、果たして、どのような状況下で打診の言葉が使われているのでしょうか。

まず、ビジネスにおいて、よく打診の言葉が用いられるのは、日程調整です。

仕事先の相手との日程調整などに用いられ、仕事先の相手の都合を聞くときに使います。

打診している段階で、まだ日程が決定していない状態なので、あくまで仕事先の相手の、都合の良い日程を聞いて、日程を調整するという作業が必要になります。

このように、ビジネスにおいては相手の意向を聞く、重要な手段として、打診の言葉が用いられています。

この言葉があるために、相手の意向を聞くことができるといっても過言ではありません。

また、相手の意見を聞いたからと言って、必ずしも相手の言い分を全て飲み込むこともありません。

あくまで相手の意向を聞いてみるだけなので、お互いに自分と相手で折り合いをつけて、話を進めることができます。

どちらかが我慢をして、相手の意向を受け入れるという意味はありません。

ビジネスにおいて、この意味は重要な役割を果たすのではないでしょうか。

ビジネスにおいて、人と人との繋がりは重要です。

コミュニケーションなくしては、ビジネスは成り立ちません。

そのため、打診とは、相手と円滑に物事を進める上で、重要なコミュニケーションであると言えます。

打診もなく、仕事の話を進められては、相手としては面白くありません。

相手の意向を伺って様子をみながら話を進めるのは非常に大切なことであると言えます。

4. ビジネスでの打診の例文や使い方

ビジネスでの打診の例文や使い方

ビジネスでの打診の例文や使い方について紹介します。

4-1. 「仕事先の人にゴルフ開催の日程について打診してくれ」

4-「仕事先の人にゴルフ開催の日程について打診してくれ」

仕事先の人とゴルフに行くことになったAさん。

そして、さらに厄介なことに、仕事先の人との日程調整を上司から頼まれます。

そのときに上司がAさんに言った一言。

「仕事先の人にゴルフの開催の日程について打診してくれ」

日程調整をするときに用いられる言葉です。

4-2. 「この内容で良いのか上司に打診してみよう」

4-「この内容で良いのか上司に打診してみよう」

一生懸命、仕事で使えそうな案を練ってきて、自分でベストは尽くしたつもりだが、自信がないAさん。

Aさんは、この自分が練ってきた案でよいのかどうか上司に確認したいと思っています。

そのときに心の中で抱いた思いがこれです。

「この内容で良いのか上司に打診してみよう」

上司にこれでよいのか相談してみるという意味になります。

4-3. 「もっと良い案はないのか打診してみよう」

4-「もっと良い案はないのか打診してみよう」

仕事先の人と、今後の仕事について話し合っていたAさん。

仕事先の人から「この案はいかがでしょう」と言われてみたけど、なんとなく気が進まない。

そのときにAさんが仕事先の人に抱いた気持ちがこれです。

「もっと良い案はないのか打診してみよう」相手に提案をしたいときに使います。

5. 打診に似た言葉や類語

打診に似た言葉や類語

打診に似た言葉や類語をみていきましょう。

5-1. 打診に似た言葉や類語・調整

5-打診に似た言葉や類語・調整

打診に似た言葉や類語として挙げられるのは、まずは「調整」です。

打診とは相手の都合と調整をすることなので、打診の類語として調整という言葉はぴったりです。

相手の意見を聞聞きながら、自分の意見と相手の意見をうまくまとめるという作業を現しています。

相手や自分の都合がうまくつくように働きかける意味が込められています。

5-2. 打診に似た言葉や類語・相談

5-打診に似た言葉や類語・相談

相手にビジネスの相談をしたいときに用いられます。

相談とは、あくまで相談どまりの意味です。

話を持ち掛けたからといって、その話が決定するものではありません。

まだ話が決定するかは分からないけど、相手はこの話をどう考えるのかなと、相手の意見を聞きたいときに使われる言葉です。

よって、相手の意見を聞いて良い返事を受けたとしても、その話がそのまま進むのか、あるいは話がなくなってしまうのかは、誰にも分かりません。

ただ、「案として、このような話が出ていますが、あなたはこの話をどのように考えますか」ということを聞きたいときに、打診の言葉が使われています。

相談という言葉も、相手の意向をみたいときに使われる言葉となっています。

打診は相談するの意味と非常によく似ています。

5-3. 打診に似た言葉や類語・提案

5-打診に似た言葉や類語・提案

ビジネスにおいて仕事先の人などに提案したいときに用いられる言葉となっています。

提案なので、そこに決定した事項はありません。

相手に話を持ち掛けたからといって、それが強制力を持つものではありません。

そのため、あなたが提案したものが、相手が受け入れられないものであるのなら、あなたの提案はなかったことになるでしょう。

提案は打診の意味とよく似ており、相手に単なる案をおくりつけ、相手の意向を伺う姿勢を現しています。

5-4. 打診に似た言葉や類語・意見をきく

5-打診に似た言葉や類語・意見をきく

打診の言葉に似た言葉として、もう一つ挙げるとするなら、「相手の意見をきく」という言葉です。

打診とは、物事の全てを理解させた上で、相手の反応を見るという意味の言葉です。

相手の反応をみるとは、つまりは、相手の意見をいうもの。

相手がその話を聞いた上で、どのように思ったのかを探る、意見を聞くという意味へと繋がっていきます。

6. ビジネスで打診が失敗する原因

ビジネスで打診が失敗する原因

ビジネスで打診が失敗する原因についてみていきましょう。

6-1. 言葉の使い方が間違っている

6-言葉の使い方が間違っている

打診の言葉の意味を誤って使っている人が見受けられます。

打診とは相手の意見を聞いてみるという意味ですが、「交渉する」という意味と勘違いしている人が多いようです。

交渉とは、決まった物事について相手とあれこれと相談しながら話を進めていくというものですが、打診は違います。

打診とはあくまで相手の意見を聞くだけのものであり、その先に進む話はありません。

あれこれと相手とやりとりをして話を進める交渉とは違い、打診はただ意見を聞くだけにとどまり、こちら側の意見を相手に伝えて話を進めるというものではありません。

6-2. 打診しすぎて話がまとまらない

6-打診しすぎて話がまとまらない

打診という言葉は、相手の気持ちを確認する作業に非常に役立つ言葉です。

ですが、打診ばかりしていると、いつまでたっても話がまとまらないという事態が起こります。

一人二人の意見をまとめるのなら良いのですが、大人数の意見をまとめる場合、一人一人打診をしていくのは困難です。

そのため、打診をするとはいっても、ほどよいところで打診を辞めるということも重要です。

大体の意見をまとめて、反対する声が上がっても、半ば強制的にその話で進めていくことが必要となります。

いつまでも周りの意見を聞いてばかりいては、話がまとまらず、仕事が遅いなどと揶揄されることになるでしょう。

6-3. 仕事における建前と本音が分かっていない

6-仕事における建前と本音が分かっていない

これは、日本独特の文化かもしれませんが、日本には建前と本音という言葉が存在しています。

日本人はとにかく曖昧な表現が多いのが特徴的です。

例えば、ビジネスにおいて「早急に」と上司に言われたら、何が何でもできる限りの力を尽くして仕事を早く終わらせようと努力するはずです。

しかし、海外の人に「早急に」といっても、平気で一週間後に仕事を終わらせ「早急に仕事を終わらせました」などと言われる場合が多々あります。

「〇時まで仕事を終わらせて」「今日中に仕事を終わらせて」などと具体的に指示されなくても、日本人ならその曖昧な表現をくみとって、「早急に」とは「今日中」のことかもしれないと理解することができます。

このように日本人のビジネスは非常に曖昧な表現で成り立っていることが多いです。

そして、これを理解していないと、仕事で失敗をすることになるので注意が必要です。

打診という言葉は、相手の意向を伺うものであり、そこに強制力はないと説明しましたが、これは単なる建前である場合もあります。

例えば、リクルート活動をしている学生が会社の人事の人に、次の面会の日時について打診を受けたとします。

その学生はその日は都合が悪かったので、別の日を打診しました。

しかし、もう一人の学生は都合をなんとかつけてこようと思い、その日で快諾します。

さて、会社の人事の人は、あくまで日程を打診したまでですが、この段階で合格に近いのは、日時を調整してまできてくれる学生であると言えるでしょう。

何が何でも会社に都合を合わせてきてくれる姿は、会社への畏敬の念を感じ、何よりも重要な事項にあげて優先している姿が伺えるからです。

打診されたからといって、相手との間に、上下関係がある場合などは、相手の気持ちを優先せずに自分の本音を言ってしまうと、失敗する可能性が高いです。

まとめ

打診の意味を知って、これまで意味を誤解していたことに気づいた人は多いのではないでしょうか。

打診という言葉は、言葉の意味を理解すれば非常に利用価値の高い言葉ですが、相手も打診の意味を誤解したまま認識している可能性があるので、使うときは注意しましょう。

ビジネスにおける打診の言葉の意味とは ビジネスにおいて、打診という言葉が使われることがあります。

よく耳にする聞き慣れた言葉ではありますが、一体、どのような意味を持つのでしょう。


ビジネスでの打診とは?

ビジネスにおける打診とは、相手に少し働きかけて、相手の出方をみるといった意味となります。

相手に事を説明し、相手がそのことについてどのように思うのかを見て、様子をみるといった意味になります。

この言葉は、医師が打診器で患者の体を叩き、その反応する音で診察をしたことからきており、それが、比喩的にビジネスにおいて使用されるようになりました。

今では、ビジネスにおいて聞き慣れている言葉となっていますが、案外、使い方を誤っている人が多い言葉でもあるので、詳しく打診の意味について見ていきましょう。

打診の反対語・英語

打診の反対語・英語はどのような言葉となるのでしょう。

2-1. 打診の反対語・強制

2-打診の反対語・強制

打診の反対語を挙げるとしたら、「強制」という言葉がぴったりかもしれません。

強制とは、相手が快諾していなくても、お構いなしに要望を押し付けることを指しています。

打診が相手の様子を伺いながら話を進めるのに対し、強制とは相手の様子がどうであれ、有無を言わさず話を進める意味があるので、対になる言葉と考えてよいかもしれません。

打診という言葉が強制と対になる言葉だということから分かるように、打診とは、相手の出方次第では、話が破談になったり、あるいは予定していたものを修正したりする可能性を含んでいます。

強制とは違い、そこには、相手への敬意、あるいは相手の顔色を伺いながら、物事を決定していく意味が込めれられています。

2-2. 打診の英語・sound

2-打診の英語・sound

ビジネスにおいて打診とは、soundという意味で現すことができます。

soundとは相手の心を探るという意味が込められており、日本語のビジネスにおける打診と意味が類似しています。

例文としては、sound somebody’s opinion. (意見を打診する)といった使い方となります。

スポンサーリンク

※当サイトは占いやスピリチュアルに関連する記事を掲載するメディアサイトです。
掲載中の記事には効果や効能に根拠がない物、証明されていない場合もありますのでご注意下さい。
また当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害について、運営者は一切の責任を負いません。
この記事は2018年12月07日に更新されました。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

無料占い