占いの意味や夢の意味・心理や数字はどんな意味?SPITOPIは「占い」であなたの深層心理に迫ります。

 

運勢・占い・心理の秘密


https://spitopi.com/blog/20180712150758.html
敵対心とは?敵対心が強い人の特徴・類語・反対語

敵対心とは?敵対心が強い人の特徴・類語・反対語 | SPITOPI

SPITOPI
敵対心とは?敵対心が強い人の特徴・類語・反対語

スポンサーリンク

敵対心を抱くということは、自分の実力を高めるために古いただせることが出来るとされています。

そのため、ある程度の敵対心は抱いておくことが大切ですが、あまりにも敵対心むきだしであると、敬遠されてしまう可能性があります。

そこで、今回は敵対心についてご紹介していきます。

  • 敵対心とは?
  • 敵対心の類語や反対語
  • 敵対心を持つ心理
  • 敵対心を抱くことはいけないことなのか
  • 敵対心の使い方「例文」
  • 敵対心の強い人の特徴や傾向
  • 敵対心が強い人との関わりかた
  • まとめ

1. 敵対心とは?

敵対心とは?

敵対心とは、この人には負けたくないというような気持ちを抱いてしまう心の状態を表しているとされています。

勉強であったり、スポーツであったり、仕事であったりと、物事においてうまくこなすことができている人とそうではない人がいます。

多くの場合が自分の得意分野のなかで一番になりたいと感じてしまっていたり、得意なものだけではなく、自分の恋人や好きな人、友だちのなかで自分が最も大切な存在でいたいことから、その人に近づく可能性があるひとにたいして敵対心を抱くというような状態にある状態にあることを表しているとされています。

敵対心というのは、相手が自分自身のことをどのように思っているのかは関係がなく、一方的に敵対視をしているということも多いとされています。

敵対心というのは、比較的には相手に対してあまりよくない感情で抱いているような状態にあるとされています。

2. 敵対心の類語や反対語

敵対心の類語や反対語

2-1. 敵対心の類義語

2-敵対心の類義語

敵対心の類義語としては、さまざまな言葉が挙げられているとされています。

「敵視する」「目の敵にする」「拒否感を持つ」などのような言葉が挙げられています。

敵視するというのは、誰かに対して敵意の視線を向けることになるということを意味していますので、敵対心の類義語として挙げられています。

また、拒否感を持つというのは、相手に対しての拒絶反応などであり、敵対心という言葉と直接的な意味にはかっていませんが、相手のことを意識しているような状態にあることを意味しているということから、拒否感を持つというのは、敵対心の類義語として挙げられるとされています。

他にも「ライバル心」などのような言葉も敵対心の類義語では挙げられていますが、ライバル心というのは相手と才能などが同等であったり、その相手がいることで能力が高まっていくような傾向にもあるとされています。

2-2. 敵対心の反対語

2-敵対心の反対語

敵対心の言葉の意味をしっかりと理解することが出来るようになるためには、敵対心の反対語の意味を理解しておくことが大切であるとされています。

敵対心の反対語としては、「好意的」であったり、「仲間意識」などのような言葉が挙げられています。

敵対心というのは、相手に対して好意的であるような状態であるようには思われませんので、敵対心の反対語としては、好意的というような言葉というのが当てはまることであるとされています。

仲間意識という言葉も、一緒に頑張ろうというような気持ちなどを表しているとされています。

3. 敵対心を持つ心理

敵対心を持つ心理

3-1. 相手への憧れがある

3-相手への憧れがある

敵対心のある状態というのは、少なくとも相手の実力などを認めていることになります。

敵対心というのは、もしかすると自分では敵わないかもしれないというような相手に向けて抱くものであるとされています。

そのため、自分よりも明らかに実力などがないと思っている人に敵対心を抱くような人は少ないのではないでしょうか。

勉強に対する敵対心というのは、クラスでトップの成績をとる人にのみ感じられるものであり、クラスで最下位の成績の人に敵対心を抱くというような人というのは少ないとおもいます。

そのようなことから、敵対心というのは、相手への憧れというのが少なからずあるとされています。

相手が有能であり、敵対視するに値すると感じていることから、相手に対して敵対する気持ちが生まれてくると言えます。

3-2. 不安な気持ちから

3-不安な気持ちから

敵対心を抱く人というのは、実は自分の実力に自信を持っていないような人が多いとされています。

自分の実力について、このままでは認められないと感じたり、誰かに追い越されてしまうことによって、自分の実力が消されてしまうのではないかなど、自分のなかで自信となっているものがなくなっていくことへの不安な気持ちが敵対心には表しているとされています。

相手に負けたくないという敵対心といのは、負けることによって自分の中にある尊厳などが失われてしまうのではないかというような恐れなども表していますので、そのような不安な気持ちから敵対心を抱いてしまうというような心理状態にあるとされています。

3-3. 服従されたい気持ち

3-服従されたい気持ち

敵対心を抱く人というのは、誰かに対して服従されたい気持ちがあるというような心理状態であるとされています。

その相手に勝つことによって、自分のなかでその相手を意のままにしたいというような、服従させたい気持ちが少なからずあると言えます。

何でも自分が一番でなくては気がすまないというような気持ちになっていたりというような、敵対心を強く持っている人というのは、どこかで相手のことを服従させたい気持ちがあるとされています。

3-4. モチベーションを高めるために

3-モチベーションを高めるために

誰かに強い敵対心を抱いている人のなかには、故意に誰かに敵対心を抱こうとしているような人も少なくはありません。

勉強やスポーツというのは、張り合う人がいる方が、張り合いがありモチベーションが高まるというような人が多いとされています。

そのため、モチベーションを高めるための要因として、無理にでも誰かに対しての敵対心を抱こうとしているような人も多いとされています。

3-5. 一番でいたい

3-一番でいたい

敵対心の強い人の特徴としては、どのようなシーンであったとしても、自分が一番でありたいというような気持ちが強いとされています。

勉強でもスポーツでも、自分のなかでベストをとったり、自分のたてた目標を達成するためにひたむきに頑張っている人というのは数多くいるとされています。

しかし、敵対心の強い人というのは、自分のたてた目標を達成するだけでは満足することがなく、誰よりも自分が上に立っていたいというような敵対心を抱いているとされています。

一番でいたいというような気持ちを満たしたいために、すでに一番に君利している人に対しての敵対心を抱いてしまうような状態にあるとされています。

3-6. 自分のトラウマを思い出して逆鱗に触れている

3-自分のトラウマを思い出して逆鱗に触れている

幼い頃などにトラウマを持っているような人というのは多いと思います。

そのトラウマを思い出させるような、逆鱗に触れてしまうような相手に対して、時には敵対心を抱いてしまうような人も多いとされています。

過去にいじめられていて、弱かった自分を克服して今は多くの友だちに囲まれていて、楽しい日々を過ごしていたとしても、過去にいじめられていた記憶というのはそう簡単には消えるものではありません。

その記憶を封じ込めようとしているときに、昔の自分を思い出させるような弱々しい状態にあるような人に出会ってしまったら、その人の存在で自分のトラウマを思い出してしまうことに苛立ちを感じてしまい、嫌悪感から敵対心を持つようにもなるとされています。

3-7. 負けず嫌い

3-負けず嫌い

敵対心が強い人というのは、言うまでもなく、負けず嫌いであるとされています。

自分の得意分野だけではなく、他のことでも負けたくないというような気持ちが強いことが挙げられています。

どのようなことに対しても、負けたくないというような傾向にあるというような状態にあるというような人というのは、負けることを恐れているような傾向にもあるとされています。

負けてしまうと、自分の存在価値がなくなってしまうのではないかというような思いが強い人というのが、敵対心が強いというような傾向にもあるとされています。

3-8. 認められたい気持ちが強い

3-認められたい気持ちが強い

敵対心が強い人というのは、誰かに対して認められたいというような気持ちが強いことを表しているとされています。

認められたいというような気持ちというのは、誰にでもあるものですが、敵対心が強い人というのは、認められないことで、目立っているような人に対して、この人がいるから自分が周りから認められないのだというような気持ちが高まっていく傾向にもあるとされています。

敵対心が強い人というのは、認められたいというような傾向にあることから、敵対心が強いような状態にあるとされています。

4. 敵対心を抱くことはいけないことなのか

敵対心を抱くことはいけないことなのか

敵対心を抱いたことがあるというような人も少なくはあります。

敵対心というのは、友好的な人間を築くことが大切であるとされている社会においては、除外しなくてはならないというような気持ちが強いというような傾向にもあるとされています。

しかし、敵対心を抱くということが絶対にいけないことであるというようなことではありません。

誰かに対して敵対心を抱くというのは、時には自分のやる気をふるいただせることができるようにもなりますので、ある程度の敵対心というものを抱いていくことで、やる気なども高めることが出来るような傾向にもあるとされています。

5. 敵対心の使い方「例文」

敵対心の使い方「例文」

敵対心の使い方としては、さまざまな使い方をすることができます。

「二つのチームに分かれて敵対心を抱いて対決に挑む」というような意味をもたらしていたり、「彼に近づいてくる異性に強い敵対心を抱く」というような使い方をすることが出来ます。

敵対心というのは、比較的には相手に対しての負けたくないというような思いであったり、対抗してしまう気持ちなどを表す意味があるとされています。

6. 敵対心の強い人の特徴や傾向

敵対心の強い人の特徴や傾向

6-1. 話に自慢が入る

6-話に自慢が入る

敵対心が強い人というのは、常に誰よりも一番でいたいというような気持ちであったり、優位でいたいというような気持ちが強いということから、会話をしているとちょくちょくと自慢話をしてしまうよう人が多いとされています。

誰も聞いていないのに過去の武勇伝を語りだしたり、悩みを言っているような状態で実は自慢をしているというような人が多いとされています。

話に自慢が入るような人というのは、敵対心が強いような人が多いとされています。

6-2. 自分よりも優れている人に拒否感を示す

6-自分よりも優れている人に拒否感を示す

敵対心が強い人というのは、自分よりも優れていると感じる人に対して、脅威に感じてしまうことから、自分よりも優れている人に拒否感を抱いているような状態にあるとされています。

自分よりも優れている人というのは、自分の場所を奪いかねないような相手であるとも考えられるため、拒否感を隠すことなく、あからさまに周りと態度を変えてしまうような傾向にもあるとされています。

自分の場所を奪われたくないというような気持ちが強いということから、自分よりも優れている人を特に理由もなく嫌ってしまうような傾向にもあるとされています。

6-3. 他人を見下した言動が多い

6-他人を見下した言動が多い

敵対心が強い人というのは、他人を見下した言動をしてしまうような人が多いとされています。

他人のことを見下したような言動をしてしまうような人が多いとされています。

敵対心が強い人というのは、周りの人よりも自分が上にあると考えている傾向にあるとされています。

そのため、敵対心が強い人というのは、他人のことを見下したような言動をついついしてしまうというような人が多いとされています。

敵対心が強い人というのは、人と自分に対してランクをつけてしまうような人が多いことから、敵対心を抱いていないような人というのは、自分よりも下の人物であるというような認識でいるとされています。

その事から、自分よりも下の人物である人に対しては卑下してしまうような傾向にあることから、他人のことを見下してしまうような傾向にもあるとされています。

6-4. 相手のあげあしをとりがち

6-相手のあげあしをとりがち

敵対心が強い人というのは、自分よりも相手が下であると思いたいため、相手のあげあしをとるために、会話を誘導してしまうような人が多いとされています。

相手が自分よりも下であるような人であるように言葉を誘導してしまったり、敵対心が強い人というのは、あげあしをとってしまうような傾向にもあるとされています。

話のなかであげあしをとってしまうような傾向にもあるとされています。

7. 敵対心が強い人との関わりかた

敵対心が強い人との関わりかた

7-1. 自慢話はしない

7-自慢話はしない

敵対心が強い人というのは、自分よりも相手が下であると感じてしまうと、相手に対しての敵対心が減少していくとされています。

そのため、敵対心が強い人と当たり障りのないような関係を築くためには、自分が相手よりも優れているということをひけらかさないようなことが大切であるとされています。

相手の逆鱗に触れることのないように、自慢話をしないということはもちろんですが、敵対心が強い人というのは、相手の自慢話になるような情報を引き出そうとしてしまうような傾向にもあるとされています。

そのため、敵対心が強い人というのは、自慢話をしないということだけではなく、相手の誘導にも乗らないようにすることが大切であるとされています。

7-2. 同じ土俵にあがらない

7-同じ土俵にあがらない

敵対心が強い人というのは、自分の実力と相手の実力をついつい見比べてしまうような人が多いとされています。

そのため、敵対心が強い人というのは、同じ土俵にあがらないようにするということが大切であるとされています。

例えば、学生であれば同じ部活に入らないということや、同じ部活でも互いに役割がことなるということを相手にしっかりと認識させることで、相手が全く異なることをしているのだからと、敵対せずにすむようになるとされています。

もしも部活動が陸上であれば、長距離や短距離などで種目が異なると思います。

そのように、同じような土俵にはいないということをアピールすることが大切であるとされています。

7-3. スルーする

7-スルーする

敵対心が強い人に目をつけられたら、逃れるのは難しいと思います。

自分とあなたは異なる土俵にいるというようなことをアピールしたとしても、相手が敵対心を緩めなかったのであれば、スルーすることが大切であるとされています。

スルーすることによって、相手が自分のことを意識していないことをつまらないと感じてしまうような可能性があります。

敵対心を持たれてしまうと、面倒であったり、悔しいというような気持ちがあるかもしれませんが、敵対心を持たれることに気がついていないかのように接したり、スルーする心の余裕をこちらが持つことが大切であるとされています。

まとめ

敵対心について理解することが出来たでしょうか。

敵対心がある人は負けず嫌いであったり、自分が常に一番で目立っていたいというような気持ちが強いというような傾向にもあるとされています。

絶対的な自信があるような人もいれば、自信がないことから、敵対心を抱いてしまうような状態にあると言えます。

敵対心を持たれてしまっても、慌てずに敵対心が強い人に対しての対応の方法などを参考にしてみてください。

そうすることで、より良い関係にすることも出来るかも知れません。

敵対心を抱くということは、自分の実力を高めるために古いただせることが出来るとされています。

そのため、ある程度の敵対心は抱いておくことが大切ですが、あまりにも敵対心むきだしであると、敬遠されてしまう可能性があります。

そこで、今回は敵対心についてご紹介していきます。


敵対心とは?

敵対心とは、この人には負けたくないというような気持ちを抱いてしまう心の状態を表しているとされています。

勉強であったり、スポーツであったり、仕事であったりと、物事においてうまくこなすことができている人とそうではない人がいます。

多くの場合が自分の得意分野のなかで一番になりたいと感じてしまっていたり、得意なものだけではなく、自分の恋人や好きな人、友だちのなかで自分が最も大切な存在でいたいことから、その人に近づく可能性があるひとにたいして敵対心を抱くというような状態にある状態にあることを表しているとされています。

敵対心というのは、相手が自分自身のことをどのように思っているのかは関係がなく、一方的に敵対視をしているということも多いとされています。

敵対心というのは、比較的には相手に対してあまりよくない感情で抱いているような状態にあるとされています。

敵対心の類語や反対語

2-1. 敵対心の類義語

2-敵対心の類義語

敵対心の類義語としては、さまざまな言葉が挙げられているとされています。

「敵視する」「目の敵にする」「拒否感を持つ」などのような言葉が挙げられています。

敵視するというのは、誰かに対して敵意の視線を向けることになるということを意味していますので、敵対心の類義語として挙げられています。

また、拒否感を持つというのは、相手に対しての拒絶反応などであり、敵対心という言葉と直接的な意味にはかっていませんが、相手のことを意識しているような状態にあることを意味しているということから、拒否感を持つというのは、敵対心の類義語として挙げられるとされています。

他にも「ライバル心」などのような言葉も敵対心の類義語では挙げられていますが、ライバル心というのは相手と才能などが同等であったり、その相手がいることで能力が高まっていくような傾向にもあるとされています。

2-2. 敵対心の反対語

2-敵対心の反対語

敵対心の言葉の意味をしっかりと理解することが出来るようになるためには、敵対心の反対語の意味を理解しておくことが大切であるとされています。

敵対心の反対語としては、「好意的」であったり、「仲間意識」などのような言葉が挙げられています。

敵対心というのは、相手に対して好意的であるような状態であるようには思われませんので、敵対心の反対語としては、好意的というような言葉というのが当てはまることであるとされています。

仲間意識という言葉も、一緒に頑張ろうというような気持ちなどを表しているとされています。

スポンサーリンク

1 / 4
記事の続きを読む

スポンサーリンク

※当サイトは占いやスピリチュアルに関連する記事を掲載するメディアサイトです。
掲載中の記事には効果や効能に根拠がない物、証明されていない場合もありますのでご注意下さい。
また当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害について、運営者は一切の責任を負いません。
この記事は2018年12月06日に更新されました。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

無料占い