占いの意味や夢の意味・心理や数字はどんな意味?SPITOPIは「占い」であなたの深層心理に迫ります。

 

運勢・占い・心理の秘密


https://spitopi.com/blog/20180712150555.html
情けない男とは?情けない男の特徴・類語・反対語・恋愛

情けない男とは?情けない男の特徴・類語・反対語・恋愛 | SPITOPI

SPITOPI
情けない男とは?情けない男の特徴・類語・反対語・恋愛

スポンサーリンク

なぜか好きになるのが情けない男ばかりというような人も多いとされています。

しかし、よく使われる情けない男というのはどのような人のことを言うのでしょうか。

今回は情けない男の特徴についてご紹介していきます。

  • 情けない男とは?
  • 情けないの類語や反対語
  • 情けない男の恋愛傾向
  • 情けない男はモテるのか
  • 情けない男の使い方「例文」
  • 情けない男の特徴や傾向
  • まとめ

1. 情けない男とは?

情けない男とは?

情けない男というのは、一緒にいて嫌な気持ちになってしまったり、何らかの不振な気持ちを抱いてしまうような状態になる男のことを表しているとされています。

信頼することができないような男性などに対して、情けない男というような言葉を用いることが多いとされています。

2. 情けないの類語や反対語

情けないの類語や反対語

2-1. 情けない男の類義語

2-情けない男の類義語

情けない男のことをより深く理解するためには、情けない男の類義語を知ることが大切であるとされています。

情けない男の類義語というのは、「頼りのない男」であったり、「胡散臭い男」「弱々しい男」「意思が弱い男」というような言葉を用いられるとされています。

何かがあったときに、この人に頼ったとしても助けを得ることができないであろうと考えてしまうような人のことを「頼りのない人」というのですが、そのような人というのは、頼りなく情けない男でもあるとされていますので、情けない男と同じような意味でもあるとされています。

弱々しい男ということや、胡散臭い男というのは、情けない男の類義語として挙げられるとされています。

情けない男というのは、他にも様々な類義語が挙げられています。

2-2. 情けない男の反対語

2-情けない男の反対語

情けない男の反対語としては、「頼りがいのある男」「凛々しい男」「意思が強い男」などが挙げられています。

強くてしっかりものの頼りがいがある男の人に対して、情けない男というのは誰からも頼りにされないような人が多いと思います。

そのように、情けない男の反対語というのは、頼りがいがあるような男であったり、自分の意思がハッキリとしていて、意思が強い人であるというような言葉が挙げられています。

情けない男の反対語を理解することで、情けない男の意味を理解することが出来るとされています。

3. 情けない男の恋愛傾向

情けない男の恋愛傾向

3-1. 依存する

3-依存する

情けない男の恋愛の傾向としては、女性に対して依存してしまうような人が多いとされています。

情けない男というのは、自分の意思にて何かをしたり、自分で何かを決断することが苦手であるような人が多いとされています。

そのため、彼女などができてしまうと、その彼女に頼りきりになってしまい、決断するときにも彼女任せであったり、デートなどをするときにも彼女のことを喜ばせようというような意思はなく、彼女任せになってしまうような人が多いと言えます。

基本的には彼女がいないとなにもできないような状態に陥ってしまい、結婚もしていないのに彼女任せになってしまうような状態に、情けない男というのはなりがちであると言えます。

3-2. デートでおごらない

3-デートでおごらない

情けない男の恋愛傾向としては、デートをしても奢ったりしないような人が多いとされています。

最近では割り勘などが当たり前になっていますが、情けない男というのは、金銭感覚が通常よりも異なるような人が多く、デートでの食事などもきっかりと一円単位まで割り勘をしないと気がすまないというような人であったり、誕生日などにおいても奢ったりしないような人が多いとされています。

情けない男には基本的には見栄や思いやりが欠如してしまっているようなところがありますので、デートで彼女にお金を出させることに抵抗がないというような人も少なくはありません。

3-3. 関係が進展しない

3-関係が進展しない

情けない男の恋愛傾向としては、決断力がないため、一向に関係が変わらないような状態にあるとされています。

付き合って長くなると、同棲や結婚などが話題に出てきますが、情けない男というのは、自分が決断をして間違っていたときに責任をとりたくないと感じていたり、優柔不断なところもありますので、なかなか関係を進展させようとしないというのが特徴であるとされています。

結婚をしたいという意思を表していたとしても、何年経っても結婚するためにプロポーズもしてくれない、いわゆる「結婚するする詐欺」をしているような状態に陥ってしまいかちであるとされています。

そのため、情けない男というのは、なかなか結婚に踏み出すことができずに彼女に愛想を尽かされてしまって別れることになったり、妊娠などのきっかけがないと結婚することができないような人が多いというのも特徴であるとされています。

基本的には恋愛において自分からリードするわけでもないことから、恋愛がなかなか発展していかないというような傾向にもあるとされています。

3-4. 浮気性

3-浮気性

情けない男の恋愛の特徴としては、浮気性な人が多いとされています。

情けない男というのは、自分の欲望にとても正直ですので、ちよっとでもいいなと感じた人には手を出してしまうようなところかあります。

基本的にはバレなければ何をやってもいいのではないかというような考えも持っていますので、情けない男というのは、浮気性であるような人が多いとされています。

また、浮気性が多いとされている情けない男の人ですが、平気で嘘をつくため浮気がバレにくいと思われがちですが、言い訳やアリバイ対策などが甘いため、比較的には浮気がバレやすいタイプでもあるとされています。

4. 情けない男はモテるのか

情けない男はモテるのか

情けない男というのは、実際にはモテるのどうか気になるというような人も多いのではないでしょうか。

実際に、悪い男や情けない男にばかり捕まってしまうと嘆いているような女性もいることから、情けない男というのは、モテない訳ではないとされています。

その背景には、情けない男というのが、どこかで守ってあげたいというような母性をくすぐられるような頼りなさを持っているからであるとされています。

情けない男というのは、基本的には女性から守られるような恋愛をしていますので、女性から生活をサポートしてもらうような人も多いとされています。

情けない男に惹かれていくのは、忙しい毎日を過ごしているようなタイプの女性であったり、恋愛に不馴れな女性であることが多いと言えます。

また、情けない男に惹かれていく女性はいることはいますが、とても少数派でもあるとされています。

そのため、情けない男というのは、モテるかもしれませんがとても少数であるとされています。

5. 情けない男の使い方「例文」

情けない男の使い方「例文」

情けない男というような言葉の使い方としては、例文などに目を向けることで、情けない男のことを理解することが出来るようになるのではないでしょうか。

情けない男例文としては「あの人はギャンブルばかりしていて情けない男だ」や「できもしないことばかり目標に設定して情けない男」などのような文章が情けない男というような言葉には当てはまることが出来るとされています。

情けない男というのは、さまざまな使われ方をされると言われています。

情けない男という言葉は、基本的には多くの人がどのような言葉であるのかをある程度は理解しているため、さまざまな使い方を出来ると言われています。

6. 情けない男の特徴や傾向

情けない男の特徴や傾向

6-1. 怠けもの

6-怠けもの

情けない男というのは、基本的には頑張るということが苦手な人が多いとされています。

基本的には怠け者であり、どうにかなるだろうと他力本願であるよう人も多いとされています。

何かに頑張ろうというような意欲がありませんので、うまく行かないことを世間のせいにしたり、周りの人のせいにして、自分は悪くないと正当化しようとしているような傾向にもあるとされています。

頑張ることへの拒絶反応さえも感じているような人が多いため、ついつい怠けてしまうような人もとても多いとされています。

6-2. 文句や批判で自分を強く見せる

6-文句や批判で自分を強く見せる

情けない男というのは、文句や批判を言うことで、自分を強く見せるような人が多いとされています。

情けない男というのは、基本的には弱い精神力を持っていますので、それを隠そうとしてしまいます。

誰かの文句や批判を言うことで、自分が強い人物であるというようなことを周りに訴えかけたり、家族や彼女などにだけは強気な態度をとってしまうような傾向にあると言われています。

彼女などに対して、服装などを指摘したり、文句を言うことで支配しているような気持ちになってしまうような人物である人が、情けない男には多いとされています。

6-3. 優柔不断

6-優柔不断

情けない男というのは、基本的には物事を決めることができないような、優柔不断であるような人が多いとされています。

デートなどで、どこで食事をするかというようなことになったとき、どこで食事をするのかをバシッと決めることができなかったり、優柔不断な性格であるということが、情けない男には見られるような傾向にもあるとされています。

情けない男の人というのは、小さな決断から、恋人との関係をなかなか決断することが出来ないというような、大きな決断に至るまで、優柔不断な人というのは、恋人のことを不安にさせてしまったり、なかなか決定することができないため周りの人をイライラさせてしまうような傾向にもあるとされています。

6-4. 自分の意思がない

6-自分の意思がない

情けない男の人というのは、自分の意思がないような人が多いとされています。

どのようなことでも周りの人に任せてしまい、自分で考えようとしないようなタイプの人が多いとされています。

また、自分の意思がないような人というのは、実はどこかでこうしたいというような気持ちを密かに思っているのですが、なかなか自分の意見をいうことができずに、決定されたことに対して裏で文句を言っているような人も多いとされています。

情けない男の人というのは、自分の意思を言わないだけではなく、影ではその決定に対して批判ばかりをしているような人が多いとされています。

自分の意思を言うことができない、他人任せであるというのも、情けない男と呼ばれがちでです。

6-5. 問題から逃げる

6-問題から逃げる

情けない男というのは、問題から逃げるような傾向にあります。

自分が仕事などで失敗をしても、すぐには報告をせずにバレなければいいかと放置をしていたり、バレたとしても責任転嫁してしまうような人が多いとされています。

また、誰かが困った状態になっていたとしても、自分は関係がないと知らん顔をしてしまうような人が多かったりと、問題から逃げるようなタイプが多いとされています。

このような人は、恋人などが困った状態に陥ってしまったとしても、すぐに逃げ出してしまうようなタイプが多いとされていますので、そのような男性というのは、情けない男であると言われてしまっても仕方がない男性であると言えます。

6-6. すぐに泣く

6-すぐに泣く

涙は女の武器と言われていますが、男性が泣いてしまっても武器にはなり得ません。

時には涙を流すような男性に対して興味を持ってしまうような人もいるかもしれませんが、基本的にはすぐに泣く男性というのは、情けない男でえると思われてしまうような傾向にあります。

映画などを見ていて涙を流すのは問題がありませんが、喧嘩などをしてしまってすぐに泣いてしまったり、怒られたら職場でも泣いてしまう男を見たら、怒る気力を失ってしまいますが、情けない男だと感じてしまうような傾向にもあるとされています。

情けない男というのは、涙を安売りしているような傾向にもあるとされています。

6-7. 人任せ

6-人任せ

情けない男というのは、基本的には一人では生きていけません。

誰かの力を取り入れなくては生きていけないというような人が多く、人に任せてしまっていることにもきがついていないような人が多いとされています。

いつまでも経っても親に依存をしていて、朝は親に起こしてもらわないと起きることが出来ないというような傾向にあったり、お金の管理なども親に任せてしまっているような人が多いとされています。

情けない男というのは、何気ないことに対しても誰かに任せてしまっているような人が多いとされています。

6-8. 金銭感覚がおかしい

6-金銭感覚がおかしい

情けない男というのは、基本的には金銭感覚がおかしいというような人が多いとされています。

ドケチすぎてしまっているような人であったり、反対にギャンブルなどに手を出してしまうような傾向にもあるとされています。

誰かと食事に行ったとしても、きっちりと割り勘にしなくてはならないというような気持ちになってしまうような人であるとうような傾向にもあるとされています。

また、ケチなだけではなく、反対にギャンブルなどに手を出してしまい、借金などをしているような状態にあるともされています。

お金の管理がにがであるような状態にあるとされています。

6-9. 自分を強く見せようとする

6-自分を強く見せようとする

情けない男というのは、基本的には強くはないのにも関わらず、自分のことを強く見せようとしてしまうような傾向にもあるとされています。

昔の武勇伝を語ったり、職場でいかに必要とされているのか、ありもしないことを述べてしまうようなタイプであるともされています。

実力に伴わないような自信を持っているような状態にあるとされています。

6-10. なかなか実行しない

6-なかなか実行しない

情けない男というのは、何かをやるといいながらも、なかなか実行にしない、口だけの男であるとされています。

「ビッグになる」と言いながら、なかなか行動に移さないため、全く関わることができないような人が多いとされています。

6-11. 弱いもの苛めをする

6-弱いもの苛めをする

情けない男というのは、自分よりも相手が下であると感じてしまうと、途端に強気になってしまうような人が多いとされています。

弱いもの苛めをする人というのは、情けない男としても挙げられるとされています。

強い人というのは、弱い人ほど守ろうとします。

しかし、弱い人は弱い人のことを卑下してしまったり、弱いもの苛めることで、自分が強くなったと感じてしまうような人が多いとされています。

弱いもの苛めるような人というのは、周りから情けない男だと思われている可能性が高いとされています。

6-12. コンプレックスの固まり

6-コンプレックスの固まり

情けない男というのは、コンプレックスの固まりであるとされています。

自分に自信がないような人とというのは、自分自身でダメだと決めつけてしまうような傾向にもあるとされています。

そのため、情けない男というのは、コンプレックスの塊であるような人が多いとされています。

まとめ

情けない男の特徴などについて理解することが出来たでしょうか。

情けない男というのは、基本的には自分のことを強く見せようとしていたり、周りからの評価を気にしていながらも、周りからの評価を下げるような言動をしてしまうような人が多いとされています。

情けない男の特徴などをしっかりとつかみ、男性は情けない男にならないように、女性は情けない男に捕まらないように注意をすることも必要であるとされています。

様々なタイプの人のなかで、情けない男について、しっかりと理解しておくことが大切であるとされています。

なぜか好きになるのが情けない男ばかりというような人も多いとされています。

しかし、よく使われる情けない男というのはどのような人のことを言うのでしょうか。

今回は情けない男の特徴についてご紹介していきます。


情けない男とは?

情けない男というのは、一緒にいて嫌な気持ちになってしまったり、何らかの不振な気持ちを抱いてしまうような状態になる男のことを表しているとされています。

信頼することができないような男性などに対して、情けない男というような言葉を用いることが多いとされています。

情けないの類語や反対語

2-1. 情けない男の類義語

2-情けない男の類義語

情けない男のことをより深く理解するためには、情けない男の類義語を知ることが大切であるとされています。

情けない男の類義語というのは、「頼りのない男」であったり、「胡散臭い男」「弱々しい男」「意思が弱い男」というような言葉を用いられるとされています。

何かがあったときに、この人に頼ったとしても助けを得ることができないであろうと考えてしまうような人のことを「頼りのない人」というのですが、そのような人というのは、頼りなく情けない男でもあるとされていますので、情けない男と同じような意味でもあるとされています。

弱々しい男ということや、胡散臭い男というのは、情けない男の類義語として挙げられるとされています。

情けない男というのは、他にも様々な類義語が挙げられています。

2-2. 情けない男の反対語

2-情けない男の反対語

情けない男の反対語としては、「頼りがいのある男」「凛々しい男」「意思が強い男」などが挙げられています。

強くてしっかりものの頼りがいがある男の人に対して、情けない男というのは誰からも頼りにされないような人が多いと思います。

そのように、情けない男の反対語というのは、頼りがいがあるような男であったり、自分の意思がハッキリとしていて、意思が強い人であるというような言葉が挙げられています。

情けない男の反対語を理解することで、情けない男の意味を理解することが出来るとされています。

スポンサーリンク

1 / 3
記事の続きを読む

スポンサーリンク

※当サイトは占いやスピリチュアルに関連する記事を掲載するメディアサイトです。
掲載中の記事には効果や効能に根拠がない物、証明されていない場合もありますのでご注意下さい。
また当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害について、運営者は一切の責任を負いません。
この記事は2018年12月06日に更新されました。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

無料占い