占いの意味や夢の意味・心理や数字はどんな意味?SPITOPIは「占い」であなたの深層心理に迫ります。

 

運勢・占い・心理の秘密


https://spitopi.com/blog/20180712150348.html
気を紛らわすとは?気を紛らわす方法・類語・反対語

気を紛らわすとは?気を紛らわす方法・類語・反対語 | SPITOPI

SPITOPI
気を紛らわすとは?気を紛らわす方法・類語・反対語

スポンサーリンク

「気を紛らわす」とは、「関心や気持ちを他に移すなどして嫌なことを忘れる・何か他のことをして自分の本当の感情や感覚をごまかす」を意味していますが、気を紛らわすためのコツや方法にはどのようなものがあるのでしょうか? この記事では、気を紛らわすの「類語(同義語)・反対語(対義語)」を示して、「気を紛らわすためのコツや方法・気を紛らわすのが上手い人の特徴や傾向」を説明していきます。

  • 気を紛らわすとは?
  • 気を紛らわすの類語・反対語
  • 気を紛らわすコツや方法
  • 気を紛らわすの英語表現
  • 気を紛らわすの使い方「例文」
  • 気を紛らわすのがうまい人の特徴や傾向
  • まとめ

1. 気を紛らわすとは?

気を紛らわすとは?

「気を紛らわす」には、「興味関心や気持ちを他に移すことでネガティブな思いを忘れること」や「何かをして自分の本当のつらい感情や退屈な感覚をごまかすこと」といった意味があります。

気を紛らわすというのは、自分の気持ちや意識を何かに向けることによって、自分のネガティブな気持ち・感覚を忘れるということですが、その「ネガティブな気持ち・感覚・出来事」を大きく分類すると以下のようになるでしょう。

「つらい感情・嫌な出来事・苦痛な出来事・苦しい気持ち・悲しい気持ち・怒っている感情・退屈な気分・面白くない気分・許せない感情・落ち込んでいる気持ち(抑うつ感)・不安な気持ち(不安感)・混乱した気持ち」などになります。

気を紛らわすとは、これらのネガティブな気持ちや感覚、出来事を、「他の物事・活動」に意識を向けることでごまかして忘れることなのです。

2. 気を紛らわすの類語・反対語

気を紛らわすの類語・反対語

気を紛らわすの「類語・反対語」について紹介していきます。

2-1. 気を紛らわすの類語(同義語)

2-気を紛らわすの類語(同義語)

気を紛らわすの類語には、以下のようなものがあります。

気を紛らわすの類語には、「余っている時間(つらい気持ちがこみ上げてくる時間)を何か別の物事をして過ごすことでつらいことを忘れる」といった意味合いがあります。

「息抜きをする(息を抜く)・暇つぶしをする・別の事を考える・暇を潰す・ヒマをつぶす・退屈をまぎらす・退屈しのぎをする・時間つぶしをする(時間をつぶす)」などが、気を紛らわすの類語になります。

類語のほとんどには「つらい気持ち・落ち込んだ気分を紛らわせる」といった意味はなく、「余っている暇な時間を何かをしてつぶす」「しなければいけないことが何もない暇な時間を適当な活動でつぶす」といった時間つぶしや暇つぶし、退屈しのぎが中心になっています。

2-2. 気を紛らわすの反対語(対義語)

2-気を紛らわすの反対語(対義語)

気を紛らわすの反対語(対義語)は辞書には示されていませんが、何もすることがない暇な時間や退屈な時間をつぶすという意味の反対語としては「一意専心・集中する・没頭する・問題を考え抜く・問題と向き合う(問題から逃げない)」などを上げることができるでしょう。

3. 気を紛らわすコツや方法

気を紛らわすコツや方法

つらい時や嫌なこと(不安なこと)があった時に、気を紛らわすコツ・方法には以下のようなものがあります。

3-1. 何にでも興味関心を持つようにする

3-何にでも興味関心を持つようにする

気を紛らわすコツとしてもっとも簡単なのは、日常生活でも人間関係でも周りの景色でも良いので、「何にでも興味関心を持ってみる」ということです。

興味関心の幅が狭くて、何にも心を動かされないような人は、やはり気を紛らわせることも苦手なことが多いのです。

日常生活の中で、「ちょっといつもとは違う種類のシャンプーやリンスを買いに行ってみよう」とか「普段ずっと掃除していなかった場所を徹底的に掃除して綺麗にしてやろう」とかいった興味関心を持つだけでも、かなり気は紛れてくるものです。

気を紛らわせる手っ取り早いコツは、日常生活のちょっとした出来事や行動、人間関係や他者の言動・変化にとにかく興味関心を持つように意識してみるということです。

興味関心を持つことができれば、「もっと徹底的にやってみよう・もっと詳しく検索して調べてみよう」などの次の行動のモチベーションも生まれてくるので、必然的に時間をつぶして気を紛らわせることができるのです。

3-2. 美味しい物を食べる・外食する

3-美味しい物を食べる・外食する

気を紛らわす簡単な方法として、「食事・グルメ・外食に興味を持ってみること」があります。

「美味しいものを食べたい」とか「珍しいもの(高級なもの)が食べたい」とかいうモチベーションが沸き上がってくるだけで、気を紛らわせやすくなってきます。

「美味しいものを食べたい」と思っていると、「ぐるなび・食べログなどのアプリ」を使って美味しいお店を反射的に検索して探したくなってきます。

まずはどんなジャンルの美味しいものを食べたいのかを絞り込むだけでも、フレンチならフレンチ、イタリアンならイタリアン、ラーメン屋ならラーメン屋でお店を探す楽しみが出てくるのです。

外食する習慣をつけるというのも、気を紛らわせるのには打ってつけの方法でしょう。

そんなにお腹が空いていなくてもコーヒーやカフェラテ、ティーなら軽く飲むことができるので、スターバックスでもタリーズでも個人の喫茶店でもいいので、「行きつけのカフェ・喫茶店」を作ってみてはどうでしょうか。

お酒とおしゃべりが好きなら 「行きつけのショットバー」でも作れば、十分に気を紛らわせることができるでしょう。

3-3. SNSで友人知人と気軽なコミュニケーションを取る

3-SNSで友人知人と気軽なコミュニケーションを取る

気を紛らわすコツとして、友人知人と気軽にコミュニケーションを取ることがあります。

実際に会って顔を見ながらコミュニケーションを取るのが一番ですが、現代では「対面コミュニケーションのコスト」が大きくなっていますから、SNS経由のコミュニケーション(おしゃべり)でも十分に気を紛らわせることができるでしょう。

自分がどこかに出かけて写真をパチリと撮ってから、SNSにアップすればそれだけで「話題のネタ」を作ることができ、友人知人に「イイネ」も付けてもらいやすくなります。

自分から積極的にSNSで情報発信することが苦手な人でも、友達や知人の投稿を閲覧してコメントを書き込めば、気を紛らわせることのできるコミュニケーションのきっかけを作ることが出来ます。

TwitterやFacebookといった現代のSNSも活用しながら、気を紛らわせていきましょう。

3-4. 散歩(ウォーキング)やジョギングの習慣をつける

3-散歩(ウォーキング)やジョギングの習慣をつける

気を紛らわすオーソドックスな方法として、「運動習慣を作ること・体を動かして嫌なことを忘れること」があります。

いきなりハードなスポーツや筋トレなどをしても、体力的にきつくて短期間で挫折しやすいですので、普段から体を動かしていない人はまず「散歩(ウォーキング)・ジョギングの習慣づくり」から始めてみてはどうでしょうか。

日本では高齢化社会の影響もあり、散歩(ウォーキング)を趣味とする人口が急速に増えていて、若い人たちも含めて「ウォーキングによって嫌なことや心配事を忘れられる=気を紛らわせられる」という感想を持っている人が増えているのです。

散歩(ウォーキング)に慣れてきて物足りなさを感じてきたら、ジョギングやランニングへとステップアップしてみて下さい。

ジョギングやランニングもやりすぎると循環器系に負担がかかって逆効果ですが、無理のない走り込みは心肺機能を高めるだけではなく、脳内の情報伝達物質(セロトニンなど)のバランスが整いやすくなって落ち込んだ気分(抑うつ気分)を改善してくれるのです。

3-5. 日々のニュースをチェックして内容を詳しく調べる

3-日々のニュースをチェックして内容を詳しく調べる

気を紛らわす方法としておすすめなのは、「毎日のニュースのチェック」によって「社会問題・政治経済・地域についての興味関心」を高めることです。

インターネットが普及した現代では、新聞を毎日読む人口は急減していますが、「新聞・テレビで毎日のニュース(新しい出来事)を知ること」は、明治時代から続いているもっともオーソドックスな気の紛らわせ方であり時間のつぶし方なのです。

日々のニュースを新聞やテレビでチェックすることによって、「少子高齢化問題についてもっと詳しくデータを調べてみよう」「若者の恋愛離れや結婚離れの本当の原因について詳しく知りたい」「なぜ最近になって児童虐待の件数が急速に増えてきたのだろう」「アメリカのトランプ政権が貿易戦争を仕掛けているというが具体的にどんな経済政策を取っているのだろう」「日本の社会保障制度は本当に持続可能なのだろうか」など次から次に知りたいことや調べたいことが湧き出てくるので、最高の気の紛らわせ方になってくるのです。

3-6. 読書・映画鑑賞(ドラマ鑑賞)で心を豊かにする

3-読書・映画鑑賞(ドラマ鑑賞)で心を豊かにする

気を紛らわすコツや方法として、多くの人が実際に行ったことがあるのはやはり「読書・映画鑑賞(ドラマ鑑賞)・音楽鑑賞」などのコンテンツを楽しむことでしょう。

優れたクリエーター(作家)によって創作された小説や映画、音楽の世界に入り込んで没頭することができれば、現実世界の嫌なことや不快な感情を忘れやすくなるのです。

幸い、現代には過去と比べ物にならないほどの膨大な数のコンテンツ(創作物)が溢れていますから、小説でも映画でも音楽でも好きなジャンルや作家・俳優(女優)が見つかれば、終わりなく楽しみ続けることができます。

読書や映画鑑賞(ドラマ鑑賞)によって気を紛らわせる行為の優れている所は、作品世界に感情移入して感激したり感動したりすることで「心を豊かにしてくれる」ということでしょう。

コンテンツ(創作作品)に心が揺さぶられて感動することで、更に苦痛な出来事や悲しい気持ちを忘れやすい効果もあるのです。

3-7. 犬猫などのペットを飼ってみる

3-犬猫などのペットを飼ってみる

気を紛らわす方法としてかなりの人に効果があるのが、「犬・猫・ウサギ・小鳥などのペット」を飼ってみることです。

ペットの動物を実際に飼うと、「餌やり・小屋掃除・散歩・トイレの片付け・シャンプーや病気のケア」などの世話がとても大変で手間も時間もかかります。

しかし、手間や時間がかかるからこそ、ペットの動物(犬猫など)に対する感情移入が深まりやすくなり、結果として気を紛らわせることができるのです。

ペットの犬・猫を飼っていると、生き物が相手ですから嫌でも毎日面倒を見てあげなくてはいけなくなります。

大型犬であれば、毎日の散歩に時間と体力を割かなければいけません。

ペットの世話は、人間の子供を育てるほど世話が大変なわけではありませんが、「毎日やらなければいけないことが増えること+可愛いペットの動物に愛情を感じられて没頭できること」によって気が紛れてくるのです。

4. 気を紛らわすの英語表現

気を紛らわすの英語表現

気を紛らわすの英語表現は、「take one's mind off、distract」になります。

「distracting a boring feeling」で、退屈な気分を紛らわせるの意味になります。

A pet shop took her mind off something.

(ペットショップが彼女の嫌な気持ちを紛らわせてくれた。)

5. 気を紛らわすの使い方「例文」

気を紛らわすの使い方「例文」

気を紛らわすの使い方を示す「例文」としては、「彼女は趣味の音楽で気を紛らわせていた・彼は気を紛らわすこともできず深刻な抑うつを感じていた・気を紛らわせられる何かがあればまた違うのだが・気を紛らわせるための趣味で莫大なお金を使ってきた・気を紛らわせるだけでは本質的な解決にならない・気を紛らわせでもしないと正気を保つことが難しい・本当に最悪な気分の時には気を紛らわせることもできない・誰かが側にいてくれるだけで気を紛らわせることができる・祖父は気を紛らわせるために良くパイプの煙をくゆらせていた」などがあります。

6. 気を紛らわすのがうまい人の特徴や傾向

気を紛らわすのがうまい人の特徴や傾向

気を紛らわすのがうまい人の特徴や傾向には、以下のようなものがあります。

6-1. 多趣味で何にでもチャレンジしてみる性格である

6-多趣味で何にでもチャレンジしてみる性格である

気を紛らわすのがうまい人の特徴として、インドアにしてもアウトドアにしても「多趣味であること」を上げることができるでしょう。

ボーリングやカラオケ、読書、ネット、登山、スノボー、食べ歩きが趣味である多趣味な人であれば、毎日必ず何かやりたいことが必然的に出てくるので、簡単に気を紛らわせることができます。

少しでも興味を持ったものには、何でもチャレンジしてみる積極的な性格なので、常に気を紛らわせられるやりたい活動があるのです。

6-2. 人付き合いや人とのコミュニケーションが好きである

6-人付き合いや人とのコミュニケーションが好きである

気を紛らわすのがうまい人の傾向として、「人付き合いが得意+他者とのコミュニケーションが好き」ということがあります。

遥か古代の昔からある人間の暇つぶし・娯楽の代表格が、「気の合う人とのおしゃべり」なのです。

気の合う友達とカフェやファミレスに出かけたら、ついつい2時間以上は軽く話し込んでしまうというような「おしゃべりが大好きな人」は、誰かと一緒にいればすぐに気を紛らわせることができるのです。

人付き合いが活発で、人とのコミュニケーションを遊び・娯楽にできる人は、気を紛らわせることが上手いことが多いでしょう。

6-3. 何気ない日常生活や他人の変化に気づいて楽しむことができる

6-何気ない日常生活や他人の変化に気づいて楽しむことができる

気を紛らわすのがうまい人の特徴として、「何気ない日常生活・他人の変化」に敏感に気づくことができるということがあります。

いつも通勤通学で使っている道に、見たことのない花が咲いていたとか、新しいお店が建設されているとかいった変化に気づくことができて、その変化を楽しめれば十分に気を紛らわせることができます。

気を紛らわすのが上手い人は、「他人のちょっとした変化」にも目ざとく気づくことができるので、いつも「会話のネタ」に困ることがないのです。

ヘアスタイルやファッションを少し変えるだけでも、「今日はいつもと違う髪型をしていて可愛いね」といった感じで変化に気づいて声をかけてくれるような人は、気を紛らわせることが上手いと言えるでしょう。

6-4. 知的好奇心や新しい物事に対する興味が強い

6-知的好奇心や新しい物事に対する興味が強い

気を紛らわすのがうまい人の傾向には、色々な物事や現象に対してもっと知りたいという「知的好奇心」が強いということがあります。

知的好奇心が旺盛な人は、「退屈する時間・手持ち無沙汰な時間」というものが基本的にありませんから、いつでも即座に気を紛らわせることができるのです。

新しい物事に対する興味関心を持っていて、知的好奇心が強いという性格傾向を持つ人は、気を紛らわせることが相当に上手いことが多いのです。

「常に知りたいことがある+新しい物事をすぐに体験してみたい」という心理状態があれば、気を紛らわせることに悩むことはまずありません。

6-5. 小説・映画などの創作された物語の世界に感情移入しやすい

6-小説・映画などの創作された物語の世界に感情移入しやすい

気を紛らわすのがうまい人の特徴として、「小説・映画」などの創作された物語の世界が好きであり、想像力が豊かなので感情移入しやすいということがあります。

色々と個性的な登場人物が出てきて、様々な悲喜劇・犯罪解決のストーリーを展開するのが小説・映画の醍醐味ですが、「物語世界が好きな人」や「コンテンツにのめり込んで感情移入しやすい人」は、気を紛らわせることが得意なことが多いのです。

現実世界だけではなく「物語世界・仮想世界に対する興味関心」を広げていくことで、よりいっそう気を紛らわせやすくなるのです。

まとめ

この記事では、「気を紛らわす」の意味を示して、「気を紛らわす」の類語や反対語を紹介してきましたがいかがだったでしょうか。

気を紛らわすコツや方法としては、「何にでも興味関心を持つようにする・美味しい物を食べたり外食をしてみる・SNSで友人知人と気軽なコミュニケーションを取る・散歩(ウォーキング)やジョギングの習慣をつける・日々のニュースをチェックして内容を詳しく調べてみる・犬猫などのペットを飼ってみる」などがあります。

「気を紛らわす」の意味や類語・反対語・英語表現、気を紛らわすコツや方法、気を紛らわすのがうまい人の特徴や傾向について調べたい時には、この記事を参考にしてみて下さい。

「気を紛らわす」とは、「関心や気持ちを他に移すなどして嫌なことを忘れる・何か他のことをして自分の本当の感情や感覚をごまかす」を意味していますが、気を紛らわすためのコツや方法にはどのようなものがあるのでしょうか? この記事では、気を紛らわすの「類語(同義語)・反対語(対義語)」を示して、「気を紛らわすためのコツや方法・気を紛らわすのが上手い人の特徴や傾向」を説明していきます。


気を紛らわすとは?

「気を紛らわす」には、「興味関心や気持ちを他に移すことでネガティブな思いを忘れること」や「何かをして自分の本当のつらい感情や退屈な感覚をごまかすこと」といった意味があります。

気を紛らわすというのは、自分の気持ちや意識を何かに向けることによって、自分のネガティブな気持ち・感覚を忘れるということですが、その「ネガティブな気持ち・感覚・出来事」を大きく分類すると以下のようになるでしょう。

「つらい感情・嫌な出来事・苦痛な出来事・苦しい気持ち・悲しい気持ち・怒っている感情・退屈な気分・面白くない気分・許せない感情・落ち込んでいる気持ち(抑うつ感)・不安な気持ち(不安感)・混乱した気持ち」などになります。

気を紛らわすとは、これらのネガティブな気持ちや感覚、出来事を、「他の物事・活動」に意識を向けることでごまかして忘れることなのです。

気を紛らわすの類語・反対語

気を紛らわすの「類語・反対語」について紹介していきます。

2-1. 気を紛らわすの類語(同義語)

2-気を紛らわすの類語(同義語)

気を紛らわすの類語には、以下のようなものがあります。

気を紛らわすの類語には、「余っている時間(つらい気持ちがこみ上げてくる時間)を何か別の物事をして過ごすことでつらいことを忘れる」といった意味合いがあります。

「息抜きをする(息を抜く)・暇つぶしをする・別の事を考える・暇を潰す・ヒマをつぶす・退屈をまぎらす・退屈しのぎをする・時間つぶしをする(時間をつぶす)」などが、気を紛らわすの類語になります。

類語のほとんどには「つらい気持ち・落ち込んだ気分を紛らわせる」といった意味はなく、「余っている暇な時間を何かをしてつぶす」「しなければいけないことが何もない暇な時間を適当な活動でつぶす」といった時間つぶしや暇つぶし、退屈しのぎが中心になっています。

2-2. 気を紛らわすの反対語(対義語)

2-気を紛らわすの反対語(対義語)

気を紛らわすの反対語(対義語)は辞書には示されていませんが、何もすることがない暇な時間や退屈な時間をつぶすという意味の反対語としては「一意専心・集中する・没頭する・問題を考え抜く・問題と向き合う(問題から逃げない)」などを上げることができるでしょう。

スポンサーリンク

1 / 3
記事の続きを読む

スポンサーリンク

※当サイトは占いやスピリチュアルに関連する記事を掲載するメディアサイトです。
掲載中の記事には効果や効能に根拠がない物、証明されていない場合もありますのでご注意下さい。
また当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害について、運営者は一切の責任を負いません。
この記事は2018年12月06日に更新されました。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

無料占い