占いの意味や夢の意味・心理や数字はどんな意味?SPITOPIは「占い」であなたの深層心理に迫ります。

 

運勢・占い・心理の秘密


https://spitopi.com/blog/20180710135156.html
誇り高いとは?誇り高い人の特徴・類語・反対語

誇り高いとは?誇り高い人の特徴・類語・反対語 | SPITOPI

2018年07月10日公開

SPITOPI
誇り高いとは?誇り高い人の特徴・類語・反対語

スポンサーリンク

誇り高いという言葉を聞いたことがあったとしても、実際に使ったことはないというような人も多いのではないでしょうか。

誇り高いという言葉を理解していなかったり、間違った考えを持っている人というのも多いとされています。

そこで、今回は誇り高いという言葉の意味などについてご紹介していきます。

  • 誇り高いとは?
  • 誇り高いの類語や反対語
  • 誇りを使った例文
  • 誇り高いとプライドが高いの違い
  • 誇り高くなるコツ
  • 誇り高き男の特徴
  • まとめ

1. 誇り高いとは?

誇り高いとは?

誇り高いというのは、自分に自信を持っており、誇りと品格を兼ね備えているような人のことを言います。

自分のことを大切にすることができる人であるともされており、自己のことを一人の人間として愛することことができたり、尊敬をすることが出来るようなタイプであると言えます。

また、自信だけではなく、人としての品位も心得ていますので、誇り高いというのは、自分のよいところを自分で認めてあげることができ、自分自身を卑下したりしないようなタイプであると言えます。

2. 誇り高いの類語や反対語

誇り高いの類語や反対語

2-1. 誇り高いの類語

自分のことを誇りに思うことができるというような意味を持っている、誇り高いという言葉には類義語として使われているものが多数あります。

「貴意が高い」や「プライドが高い」などのような言葉を挙げられていますが、なかには自分に自信を持っているような様が鼻につくためか、「ごう慢的」というような言葉も類義語として挙げられています。

そのなかでも、プライドが日本語に直訳すると誇りということから、「プライドが高い」というのは、誇り高いという言葉の類義語としてや、同じような意味としてとらわれている方も多いとされています。

2-2. 誇り高いの反対語

誇り高いというような言葉の反対の意味を持っている言葉がなにかを知ることで、より一層誇り高いという言葉を知ることができると言えます。

誇り高いという言葉の反対語というのは、「自信がない」や「自己否定」などの言葉が挙げられています。

自分のことを認めてあげることができずに、自分で自分のことを否定してしまっているような様子というのを、自己否定であると言えますので、自分のことを認めてあげることができている様子の誇り高いという言葉とは全く異なる意味を持っているとされています。

他にも、自信がないというのは、自分のことを信じることが出来ないような様子を言いますので、これからの言葉は、自分の能力を信用することができるような誇り高いという言葉の反対語であると言えます。

3. 誇りを使った例文

誇りを使った例文

3-1. 「あの人は誇り高い人だ」

誇り高いという言葉を理解するためには、誇りを使った例文に目を向けるということが大切であるとされています。

そのなかでも、安易に使うことができるのが「あの人は誇り高い人だ」という文章です。

誇り高いという言葉は主に褒めの言葉として使われています。

そのため、あの人は誇り高い人だという言葉は相手のことを褒めていることが分かります。

自分に自信があって、正々堂々としているような様子でいるような人を見たり、周りから批判されても自分の信念に向けてひたすら頑張っているような人なども、誇り高いというような言葉を用いられるとされています。

3-2. 「弁護士は無罪を信じて誇り高く戦っている」

誇り高いというのは、自分のことを信じると当時に、清らかな姿勢であるとも考えられています。

そのため、自分の依頼に対して無罪であることを信じ、裁判で無罪にすることができるというように、自分の裁判能力を信じていき、裁判で最後までしっかりと戦う姿勢をみせているような人に向けても、誇り高いというような言葉を用いることが出来るとされています。

無罪であることを信じていないのであれば、裁判を辞退するほどの正義感なども、感じ取れることができる文章であり、誇り高いという言葉が当てはまるシチュエーションであると言えます。

また、弁護士というのは、雄弁なタイプでもあり、品格も持ち合わせていますので、そのような意味でも誇り高いという言葉を用いるのにはピッタリであると言えます。

3-3. 「私は目標に向けて穏やかな気持ちで誇り高く努力することが出来ている」

誇り高いという言葉は、第三者からの評価ばかりではなく、自分に対しての見解としても使うことができます。

誇り高いというのは、自分のことをしっかりと評価してあげることができており、大切に感じているような状態のことを言いますので、目標を達成するための力を自分自身が蓄えることができており、失敗をすることがないというような穏やかな気持ちで挑むことが出来ているというような意味として、「私は目標に向けて穏やかな気持ちで誇り高く努力することが出来ている」というような文章も用いることが出来るとされています。

4. 誇り高いとプライドが高いの違い

誇り高いとプライドが高いの違い

誇り高いと、プライドが高いの違いというのは、実はないに等しいとされています。

誇りというのはプライドと同じ意味を持っていますが、プライドが高いというのは、なぜか誇り高いという言葉よりも悪いイメージを持たれています。

プライドが高いというのは、自分に自信があって、ごう慢であるような態度であったり、他者に対してもやや攻撃的で自分勝手なイメージを持たれています。

反面誇り高いというのは、自分の信念に忠実であり、自分のことを信じ、大切にすることが出来ているような、穏やかな性格であるようなイメージを持たれるのではないでしょうか。

誇り高いとプライドが高いというのは、本来であれば異なる意味はありませんが、最近では言葉のイメージが進行しているため、プライドが高いというのは、自分のことを守りすぎてしまったりしているような人というような状態であるという、マイナスなイメージが強い言葉であると考えられており、誇り高いというのは、自分のことも周りの人のことも大切にしているような、プラスのイメージが強い言葉であると考えられています。

5. 誇り高くなるコツ

誇り高くなるコツ

5-1. 長所と短所を知る

誇り高いという言葉が褒め言葉としてとらえられることが多いことから、誇り高い人になるために努力することが必要だとされています。

誇り高いというような人間になるためには、まずは自分自身の長所と短所を把握することが大切です。

長所が見当たらないというような人は多いのですが、誰よりも長けているところなどないと考えていたら、大抵の人は長所がない人になってしまいます。

自分よりも長けている人がいない長所を持っている人など、数少ないのです。

そのため、誇り高いというような人になるためには、どんなに小さな長所でも良いので探すことがです。

絵がうまい、コミュニケーション能力が長けているなどでも大丈夫です。

その長所を意識することで、それがあなたの中のプライドになります。

そのなかで短所も同時に探してみます。

短所を探すことで、自分のなかに傲りを作ることをセーブすることができますし、短所があることで、あなたの長所が際立ちます。

その長所を大切に育てていくことで、あなたのなかに大切にしなくてはならない誇りが生まれていき、次第に誇り高い人になることができるとされています。

5-2. 人生に何か目標を持つ

誇り高い人になるためには、人生において何らかの目標を持つということは大切です。

目標がないのに誇りをもって生きるということは難しいものです。

そのように、あなたが人生において何かひとつ、大きな目標をたてることが大切であるとされています。

例えば、定年までに五千万円貯めるや、一括払いでマイホームを建てるなどでも構いません。

または、今の仕事でなにか大きな成功を手に入れるというような、漠然としたものでも構いませんので、何か目標を持つことで、自分のなかで誇りを持つことができ、誇り高い言動を取ることができるようになるとされています。

5-3. 成功体験を増やす

誇り高い人になるためには、自分のなかで成功体験を増やす努力をすることが大切であるとされています。

成功体験を増やすことによって、自分には成功する力があるのだと、自分自身のことを信用してあげることが出きるようになるとされています。

そのため、成功体験を増やす努力をすることは、誇り高い人になるためにはとても大切であるとされています。

小さな目標から成功していき、毎日に活気と自信を身に付けることができるような行動を取ることが必要だとされています。

人は失敗をすることも大切ですが、実際には成功していくことで、自分のなかに誇りを持つことができるようになるとされています。

そのため、成功体験を増やすことは、誇りの数を増やすことにも繋がると言えます。

5-5. 行動力をつけて結果に責任を持つ

誇り高い人になるためには、迷ったら行動する癖をつけていくことが必要であるとされています。

人生において、チャレンジするか否かを迷ったことがあるというような人は多いと思います。

しかし、そこでいつも尻込みをしていたら、自分はチャレンジする力も勇気もない人だと、自信を失ってしまいます。

そのため、行動力をつけるために、思い立ったら吉日という言葉を信じて挑むことが必要であるとされています。

また、挑むことであなたが得た結果は、責任をもつことも大切であるとされています。

その責任というのが、あなたのなかの尊い誇りになるはずです。

5-7. 過去の成功体験を書き出す

人というのは、一つくらいは過去を振り返ることで、成功したことがあるというような人も多いのではないでしょうか。

誇り高いというような人になるためには、過去の成功体験をノートなどに書き出すことが大切であるとされています。

自分の過去には思い出して成功をしたと思えるようなものがないと考えてしまう人もいるかもしれませんが、成功せずにここまでこれたという人はすくないはずです。

高校の入試に受かった、留年することなく無事に卒業をすることができた、お金をもらえる仕事に就くことが出来たというのは、あなたが何気なく過ごしているかもしれませんが、全て成功の証です。

そのなかで、仕事プリを褒められたり、よい車に乗ることができた、よい仲間に恵まれているなど、あなたのなかに誇れることというのは、山ほど溢れているはずです。

その過去に体験した成功を書き出していき、それを読み返すことによって、自分にはお金を稼ぐ才能があるということを認識したりすることができると言えます。

そうすることで、あなたのなかには誇りが芽生えていくはずです。

6. 誇り高き男の特徴

誇り高き男の特徴

6-1. 自分に自信を持っている

誇り高い男の人というのは、自分のなかに誇りをもっています。

誇りというのは、自分には成功することができるスキルがあるというような自信などを表しているとされています。

自分のスキルや知識などに自信を持っているような人というのは、誇り高い男の特徴として挙げられています。

また、その自信を糧に自分の仕事などに対しては手を抜かずに懸命に頑張ることができるというのも、誇り高い男の特徴であるとされています。

6-2. 高い理想を掲げている

誇り高いというような人というのは、自分を高めるために、高い理想を掲げているような人が多いとされています。

人は人生において目標を無くしてしまうと、プライドなどはどうでもよくなってしまいます。

誇り高いというような人は、常に自分の未来に向けて、壮大な理想を掲げているものです。

自分のスキルであればこれくらいの仕事を与えられるのが当たり前であると考えたり、自分の能力であればこれくらいのことを出来なくてはいけないなど、自分の能力によって望むものを手に入れようとしているようなタイプでもあります。

また、誇り高い人には、無謀であるとも言えるような願いを抱いているような人も多いとされていますが、案外すんなりと叶えてしまうような人も多かったりする傾向にあります。

6-3. 執念深い

誇り高い人というのは、実は執念深い人が多いとされています。

誇り高い人というのは、自分のなかにある誇りをとても大切にしています。

その誇りを誰かに傷つけれてしまったり、傷つけられる恐れがあるときには、必死に自分の誇りを守ろうとしているような傾向にもあるとされています。

執念深い人は、もしも自分のスキルのことを大したことがないとバカにされてしまったり、あっさりと自分が知らないようなスキルを誰かに披露されてしまうと、悔しくてたまらないというような気持ちになってしまうものです。

そのようなことから、自分の大切にしているものを傷つけられたり、誇りを奪われそうになったときには、執念で必死に勉強をして追い付こうとする根性も持ち合わせています。

6-4. 品格がある

誇り高い男性というのは、自分の誇りなどを守ろうとしているだけではなく、そこには品位もあるとされています。

誇り高い男性などは自分の信念を守るために戦うことができる人ですが、自分のプライドを傷つけられたとしても、そこで機嫌が悪くなってしまうようなことはありません。

また、誇りを保つために誰かのことを蹴落とそうとするようなこともありませんので、そこには洗礼された大人の余裕すら見えてくるはずです。

プライドが高いというと、知識だけを身に付けて、経験値がないのにプライドを傷つけられたりすることを恐れているような男性がイメージをされますが、誇り高いというのは、自分自身に絶対的な自信があり、周りへも親切にすることが出来るような、大人の余裕があるようなタイプの人が多いとされています。

6-5. 弱味を見せない

誇り高いというような男の人というのは、人に対して弱味を見せることを嫌うような人が多いとされています。

自分の誇りを保つためには、常に強くなくてはならないというような気持ちを持っていますので、困ったことがあったとしても、周りの人には悟られないようにしたり、周りに助けを求めないようなタイプが多いとされています。

全て自分で解決しようとしますので、一人で抱え込むタイプでもありますので、いつのまにかトラブルに巻き込まれて、知らないうちに一人で解決していたというようなことも多いとされています。

また、誇り高いというような男性というのは、自分自身は弱味を見せたり相談したりはしないものの、周りの人が自分のことを頼ってくれるのは好きであるというような、上司体質であるともされています。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

誇り高いというような人の意味を理解することができたでしょうか。

誇り高いという人は、時にはプライドが高いというような人と混合されてしまうような人も多いのですが、実は同じようでも異なる意味があると言えます。

誇り高いというのは、いわゆる洗礼されており、落ち着いた大人の余裕があるようなひとであるようなイメージを持たれると、誇り高いという言葉の人物とぴったり合うと言えます。

誇り高いというような言葉を言われたら、それは褒め言葉として受け取ってもいいのではないでしょうか。

誇り高いという言葉を聞いたことがあったとしても、実際に使ったことはないというような人も多いのではないでしょうか。

誇り高いという言葉を理解していなかったり、間違った考えを持っている人というのも多いとされています。

そこで、今回は誇り高いという言葉の意味などについてご紹介していきます。

記事の続きを読む

※当サイトは占いやスピリチュアルに関連する記事を掲載するメディアサイトです。
掲載中の記事には効果や効能に根拠がない物、証明されていない場合もありますのでご注意下さい。
また当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害について、運営者は一切の責任を負いません。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

無料占い