占いの意味や夢の意味・心理や数字はどんな意味?SPITOPIは「占い」であなたの深層心理に迫ります。

 

運勢・占い・心理の秘密


https://spitopi.com/blog/20180710135107.html
支配欲とは?支配欲の強い人の特徴・類語・反対語

支配欲とは?支配欲の強い人の特徴・類語・反対語 | SPITOPI

SPITOPI
支配欲とは?支配欲の強い人の特徴・類語・反対語

スポンサーリンク

誰かを思い通りにしたいというような気持ちになったことがある人も多いのではないでしょうか。

そのような人のことを支配欲と言うのですが、支配欲とはいったいどのような意味をもたらしているのでしょうか。

今回は支配欲についてご紹介していきます。

  • 支配欲とは?
  • 支配欲の類語や反対語
  • 支配欲が強い人の心理
  • 支配欲が強い人の恋愛傾向
  • 支配欲と独占欲の違い
  • 支配欲が強い人の特徴
  • 支配欲の強い人の対応方法
  • まとめ

1. 支配欲とは?

支配欲とは?

支配欲とは、誰かのことを自分の思い通りにしたいというような気持ちが強いということを表しています。

自分の思ったように周りが動いてほしいというような気持ちが強いことから、自分の思っていた行動と相手の行動が異なることに、怒りやもどかしさを感じてしまうような人が多いとされています。

支配欲のある人というのは、何でも自分の思い通りに相手が動いてくれると思っていたり、自分の気持ちを理解してくれているはずだと考えているような傾向にあるともされています。

2. 支配欲の類語や反対語

支配欲の類語や反対語

2-1. 支配欲の類義語

2-支配欲の類義語

支配欲と似たような意味を持っている言葉は多数あるとされています。

支配欲というのは、相手のことを自分の意のままにしたいというような気持ちから、「所有欲」などのような言葉が、支配欲の類義語として挙げられています。

支配欲というのは、相手の気持ちを所有したいというような気持ちから、「所有欲」というような言葉が当てはまると言えます。

2-2. 支配欲の反対語

2-支配欲の反対語

支配欲の反対語というのは、「従属」ということはがあげられています。

従属という言葉はあまり聞き覚えがない言葉かもしれませんが、支配欲の反対語である従属というのは、権力に対して従うような様子を表しています。

誰かのことを自分の意のままに動かしたいというような気持ちが強い支配欲に比べて、相手に対して従う気持ちが強い支配欲というのは、従属とは全くの逆の意味があるとされており、従属が支配欲の反対語ということを意識することで、支配欲の意味をもっとしっかりと理解していくことが出来るようになるとされています。

3. 支配欲が強い人の心理

支配欲が強い人の心理

3-1. 自分のやり方を絶対であると思っている

3-自分のやり方を絶対であると思っている

支配欲の強い人というのは自分のやり方や考えが絶対的に正しいというような考えを持っているような人が多いとされています。

支配欲の強い人というのは、自分の考えには否定をされたとしても、絶対的に正しいと信じています。

そのため、正しいと思っていることを、なぜ周りの人が真似ないのかを理解できていないような傾向にあるとされています。

自分のやり方を絶対的に正しいと感じていることから、相手に対してそのやり方を押し付けてしまうような状態にあると言えます。

3-2. 支配欲があることに気がついていない

3-支配欲があることに気がついていない

支配欲のあるひとというのは、自分自身が支配欲のある人間であるということを気がついていないような人が多いとされています。

本人が支配欲を自覚していませんので、誰かに支配欲があることを指摘されてたとしても、「そんなことない」と、否定してしまうような傾向にあるとされています。

自分では支配欲のあるようなタイプではないと思っていますので、支配欲というのは徐々に高まっていたり、誰にも止めることが出来ないような状態にあるような状態にあるとされています。

3-3. わがまま

3-わがまま

支配欲の強い人の心理としては、わがままであるということが挙げられています。

支配欲というのは、相手の都合などを考えずに、自分の支配下に置いておきたいというような気持ちが強いことから、わき出るものであるともされています。

そのため、支配欲の強い人というのは基本的には自分が一番であると考えているような、わがままな人が多いとされています。

自分のやり方を受け入れてくれるのが当たり前であると感じていたり、自分の気持ちを理解して動くのが当たり前だというような、わがままな思考を抱いているような人が多いとされています。

3-4. 自信のなさを隠したい

3-自信のなさを隠したい

支配欲がある人というのは、自信のなさを隠すために強くなっているような傾向にあるとされています。

支配欲が強い人というのは、多くの場合は自分に自信を持っているような人が多いとされています。

しかし、なかには自信のなさを隠すために支配によって相手のことを従属させようというような気持ちが起こる可能性があります。

恋人や友だちのことを支配している人には、支配をしていないと自分から離れていくのではないかというような気持ちが強いことから、支配していないと不安でたまらないというような思いから、支配をしてしまっているような傾向にあるとされています。

自分の自信のなさを隠すために、支配をすることで、安心感を得ようとしているような状態を支配欲の強い人の心理状態であるとされています。

3-5. 負けず嫌い

3-負けず嫌い

負けず嫌いの人というのは、支配欲の強い人の心理状態であるとされています。

負けず嫌いの人というのは、人生において負けなのか、勝ちなのかというようなことが挙げられています。

そのため、負けず嫌いの人というのは、自分が支配されてしまうことを、負けであるというような認識を持ってしまうような傾向にあるとされています。

誰に対しても負けたくないと感じていることから、負けず嫌いの人というのは、自分が相手から支配されてしまう前に、支配をしておかなくてはならないと考えてしまうことから、支配欲を高めていくような傾向にあります。

支配されることが負けず嫌いの人にとっては負けなので、支配をして勝ちたいという心理状態にあると言えます。

3-6. 実は小心者

3-実は小心者

支配欲の強い人というのは、実は小心者であったり、嫌な思い出を体験したことがあるような人が多いとされています。

支配欲の強い人というのは、強い人であるように感じるかもしれませんが、実は小心者であり、幼少時などに自分の思い通りにならなかったような記憶があり、うまく行かないことに対して、トラウマのような気持ちになってしまうような傾向にあります。

自分の思い通りにいかないことにトラウマを感じてしまい、昔のような自分にはならないというような思いから、支配欲を満たそうとしてしまうような傾向にあるとされています。

4. 支配欲が強い人の恋愛傾向

支配欲が強い人の恋愛傾向

支配欲の強い人というのは、相手に依存しやすい恋愛になってしまいがちです。

相手が自分のために連絡してくれるのが当たり前になっていたり、自分が会いたいときに会ってくれないのはおかしいと、ときには仕事よりも自分のことを優先するべきであるというような考えを持ってしまうような人も多いとされています。

恋愛において、自分が相手よりも上でいたいと感じてしまうことから、相手のことを蔑んだような言葉で攻撃してしまったり、自分の気持ちを打ち明けたら負けであるとというように考えてしまうことから、なかなか好きという言葉を言うことが出来ないような関係となり、相手が不安になってしまうことも多いとされています。

5. 支配欲と独占欲の違い

支配欲と独占欲の違い

支配欲と独占欲というのが同じような意味をもたらしているというような傾向にあるとされています。

支配欲というのは、相手のことを服従させたいというような気持ちになってしまっているような状態にあることを意味しているとされています。

相手に対して愛情があるか否かというのは関係なく、誰であったとしても、自分のことを尊敬しておき、自分の支配下に置いておきたいというような気持ちが強い状態を意味しています。

しかし、それに対して独占欲というのは、相手のことを自分だけのものにしたいというような気持ちが強いことを意味しているとされています。

支配欲というのは、嫌いな相手であったとしても、服従させたいというような気持ちが強く、独占欲というのは、相手のことを自分だけのものにしておきたいというような気持ちが強い、愛情などがそこにはあるとされています。

6. 支配欲が強い人の特徴

支配欲が強い人の特徴

6-1. 攻撃的

6-攻撃的

支配欲の強い人というのは、基本的には攻撃的な態度をとる人が多いというのが、特徴となっています。

攻撃的なひというのは、気に入らないことがあると、その人のありもしないような悪口をいったり、相手のことをどうにか陥れてやりたいというような気持ちが強くなってしまうような傾向にあるとされています。

自分の支配下におくことが出来ないような人に対しては、敵意をむき出しにしてしまうような人というのが多いとされています。

大人になると、自分が気に入らないような相手がいたとしても、スルーをしたりするのが基本となっており、嫌いな相手ともどうにか折り合いをつけてうまくやっていこうというような気持ちであるような人が多いのですが、支配欲の強い人というのは、自分の支配下におけないと感じたり、嫌いだと感じた人には攻撃的になるというのが、特徴であるとされています。

6-2. 暴力的

6-暴力的

支配欲の強い人というのは、自分のなかでうまく行かないと感じることがあると、我を失ってしまうのうな人が多いとされています。

そのため、自分の都合が悪いことが起きると、暴力的になってしまうような人も多いとされています。

相手に対して暴力をするだけではなく、ものに当たってしまうような人というのも、支配欲の強い人というのは、多いとされています。

特に、恋愛によってDVなどが起きるのは、この支配欲の強さからくる暴力的な状態にあるとされています。

恋人やパートナーが自分の思い通りにいかないことにいらだちを感じてしまい、自分が満足するまで依存してしまうため、相手に暴力というような間違った表現をしてしまうような傾向にあるとされています。

支配欲の強い人というのは、我を失ってしまって暴力をしてしまうようなひとが多いとされています。

6-3. 人の話を聞かない

6-人の話を聞かない

支配欲の強い人というのは、自分が一番であると考えていますので、相手の気持ちなどを気にしていないような傾向にあるとされています。

そのため、支配欲の強い人というのは、人の話を聞かないというのが特徴であるとされています。

周りの意見が正しいと言われていたとしても、人の話を聞かないため、他人の気持ちを全く理解しようとしなかったり、理解しなくてもよいのではないだろうかというような気持ちでもいるとされています。

初対面で自分の話ばかりをしており、人の話などを遮ってしまったり、人の話を聞く姿勢がないような人と出会ったら、それは支配欲の高さを表しているかもしれません。

6-4. コミュニケーションが苦手

6-コミュニケーションが苦手

支配欲の強い人というのは、基本的にはコミュニケーションが苦手であるとされています。

人間関係において、支配欲で満たしていくと、必ず周りの人から不満が現れていきます。

支配欲を高めていくことで、周りとのコミュニケーションを取ることが出来なくなってしまうような傾向にあるとされています。

そのため、コミュニケーションが苦手な人は支配欲の強い人であるとされています。

人間関係を長く構築することが、支配欲の強い人においては苦手であると考えていたり、支配欲が強いことで、周りとの関係性が疎遠になってしまう可能性もありますので、注意が必要であるともされています。

6-5. 自分の方法を押し付けようとする

6-自分の方法を押し付けようとする

支配欲の強い人というのは自分の考えややり方というのが一番であると考えていますので、周りの人に自分の方法を押し付けようとする傾向にあるとされています。

どのようなことでも自分のやり方というのがあるはずです。

家庭によって教えられた方法なども異なりますし、方法を変えようとするのは困難です。

その方法があまりにも目に余るものであれば、注意が必要であるかも知れませんが、特に問題がなかったり、決まった方法がなかったら、大抵の人がそのようなやり方もあるのだと気にしないのですが、支配欲の強い人はちがいます。

自分のやり方とは異なるのであれば、自分のやり方と同じやり方をするように強要してしまうとされています。

7. 支配欲の強い人の対応方法

支配欲の強い人の対応方法

7-1. 出来るだけ否定しない

7-出来るだけ否定しない

支配欲の強い人が身近にいるのであれば、支配欲の強い人にどのように対応をしたらよいのかわからないというような人も多いとされています。

支配欲の強い人が周りにいるのであれば、出来るだけ否定しないということが大切であるとされています。

支配欲の強い人というのは、自分のことを否定されることを異様に嫌がるような傾向にあるとされています。

会話などにおいて、相手が言ったことが間違っていたら、否定したくなるかもしれませんが、否定してしまうと、相手があなたに対して強い敵意を表してしまう可能性があります。

そのため、支配欲の強い人と関わるときには、相手のことを否定しないようにするということが大切であるとされています。

同調できないようなことを言われたとしても、「そのような意見があるのね」くらいに留めておくことが必要です。

7-2. 自分の意見は強く持つ

7-自分の意見は強く持つ

支配欲の強い人というのは、誰でも自分の支配下に置いておきたいと願うものです。

そのため、支配欲の強い人というのは、自分に従ってくれそうな人に対して、支配欲を高めていくとされています。

支配欲の強い人は誰でも自分の支配下に置いておきたい思いながらも、支配できる人のできない人を振り分けています。

そのため、相手のことを否定しない程度に自分の意見をしっかりと述べることが大切であるとされています。

自分の意見だけは相手に惑わされないようにすることが大切であるとされています。

7-3. 適度に距離を保つ

7-適度に距離を保つ

支配欲が強い人というのは、深く関わることで支配欲を見せていきます。

そのため、支配欲の強い人というのは、適度に距離を保つようにすることが大切であるとされています。

あまりにも相手との距離を保ってしまうと、相手があなたのことを遠くの存在であり、自分の支配下におくことが出来ていないことに焦りを感じてしまい、より相手のことを自分のものにしたいというような気持ちが強くなってしまうようになり、必要以上にあなたに接近してしまうかもしれません。

大切なのは、あなたが支配欲の強い人にとって、如何にどうでもよい存在になることができるのかにかかっているとされています。

そのため、適度に距離を保つことが大切であるとされています。

まとめ

支配欲の強い人に関して、理解を深めることができたでしょうか。

支配欲の強い人というのは、自分のことが一番であると考えていたり、自分の思い通りにしたいというような気持ちが強いことを意味しているとされています。

支配欲の強い人というのは、自分に自信を持っているような人が多いと思われていますが、実は自分に自信がなかったり、小心者であるような傾向にあるとされています。

自分の支配下に置いておきたいというのは、人間のエゴであるとも言えます。

支配欲が強い人が周りにいるのであれば、支配欲の強い人の対応の方法をしっかりと理解しておくことが大切であるとされています。

くれぐれも、自分が支配欲を強くならないように注意が必要であるとされています。

誰かを思い通りにしたいというような気持ちになったことがある人も多いのではないでしょうか。

そのような人のことを支配欲と言うのですが、支配欲とはいったいどのような意味をもたらしているのでしょうか。

今回は支配欲についてご紹介していきます。


支配欲とは?

支配欲とは、誰かのことを自分の思い通りにしたいというような気持ちが強いということを表しています。

自分の思ったように周りが動いてほしいというような気持ちが強いことから、自分の思っていた行動と相手の行動が異なることに、怒りやもどかしさを感じてしまうような人が多いとされています。

支配欲のある人というのは、何でも自分の思い通りに相手が動いてくれると思っていたり、自分の気持ちを理解してくれているはずだと考えているような傾向にあるともされています。

支配欲の類語や反対語

2-1. 支配欲の類義語

2-支配欲の類義語

支配欲と似たような意味を持っている言葉は多数あるとされています。

支配欲というのは、相手のことを自分の意のままにしたいというような気持ちから、「所有欲」などのような言葉が、支配欲の類義語として挙げられています。

支配欲というのは、相手の気持ちを所有したいというような気持ちから、「所有欲」というような言葉が当てはまると言えます。

2-2. 支配欲の反対語

2-支配欲の反対語

支配欲の反対語というのは、「従属」ということはがあげられています。

従属という言葉はあまり聞き覚えがない言葉かもしれませんが、支配欲の反対語である従属というのは、権力に対して従うような様子を表しています。

誰かのことを自分の意のままに動かしたいというような気持ちが強い支配欲に比べて、相手に対して従う気持ちが強い支配欲というのは、従属とは全くの逆の意味があるとされており、従属が支配欲の反対語ということを意識することで、支配欲の意味をもっとしっかりと理解していくことが出来るようになるとされています。

スポンサーリンク

1 / 4
記事の続きを読む

スポンサーリンク

※当サイトは占いやスピリチュアルに関連する記事を掲載するメディアサイトです。
掲載中の記事には効果や効能に根拠がない物、証明されていない場合もありますのでご注意下さい。
また当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害について、運営者は一切の責任を負いません。
この記事は2018年11月03日に更新されました。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

無料占い