占いの意味や夢の意味・心理や数字はどんな意味?SPITOPIは「占い」であなたの深層心理に迫ります。

 

運勢・占い・心理の秘密


https://spitopi.com/blog/20180709180543.html
デンファレの花言葉や花について解説

デンファレの花言葉や花について解説 | SPITOPI

SPITOPI
デンファレの花言葉や花について解説

スポンサーリンク

会社での昇進祝いや退職祝い、お店の開店祝いなどに、コチョウランと同じように贈答用として贈られることの多い、デンファレ。

コチョウランに比べれば、花の丈も低く、花も小ぶりで、華やかさでは、負けますが、赤紫の小ぶりな花が、びっしりと咲いている様子は、逆に、可愛らしさを感じて、デンファレの方を好む人も多くいます。

花持ちが良いので、切り花には最適で、ブーケや花束を豪華に見せるメインキャストでもあります。

  • デンファレとはどんな花?
  • デンファレの花言葉
  • デンファレの育てて方や注意点
  • デンファレの名前の由来
  • デンファレの開花時期
  • 種類(原種、園芸品種)
  • まとめ

1. デンファレとはどんな花?

デンファレとはどんな花?

名前のデンファレというのは、デンドロビウム・ファレノプシスの略で、ニューギニアからオーストラリア北部にかけての地域を原産地とする、洋ランの総称になります。

厳密には、デンドロビウム・ビギバム系の原種を基にして交配し、できたデンドロビウムだけを、デンファレと言います。

花が付く花の茎「花茎」と呼ばれる部分が、とても長く伸びていて、節毎に、花を付けるので、2、3本寄せ植えにして鉢に入れ、水苔をかぶせると、赤紫の花が、枝垂れるように連なって咲く見事な鉢植えができます。

ただ、南方の原産だけに、耐寒性がなく、低温にも弱いので、越冬させるのが一苦労です。

その上、一冬越したからといって、多くの花芽を付けるか否かは、保証の限りではありません。

基本、常温で最低でも20度は、必要な植物なので、栽培はかなり難しいことになります。

切り花に多く用いられるように、花持ちはとてもよい植物なので、十分に眺めて楽しむくらいが、よいでしょう。

花は、赤紫を中心に、ピンクや白があります。

また、緑や黄もありますが、数が少ないので、あまり目にしません。

2. デンファレの花言葉

デンファレの花言葉

2-1. わがままな美人

2-わがままな美人

この花が群を抜いて、華やかで、色彩豊かなことは、万人の認めるところですが、時には、傲慢とさえ見えるような、圧倒的な美しさをもっているとことろから、種全体の全般的な花言葉になっています。

2-2. 天性の華を持つ

2-天性の華を持つ

花言葉の通りです。

発芽し、成長していくにつれ、他の花は持ち得ない、この個体種、独特の華やかさをもっています。

それは、花が付く「花茎」が、他とは比べものにならないほど長いので、花が咲きそろった時の豪華さは、他の追随を寄せ付けません。

2-3. お似合いの二人

2-お似合いの二人

野生のデンファレは、他の樹木に着生して、生育します。

ここで大事な事は、「着生」することです。

「寄生」するのではありません。

「寄生」は、寄生した相手から、栄養分を搾取して成長するのですが、「着生」は、相手からは何も受け取りません。

搾取もしません。

ただ、一緒に成長しているだけです。

そんな、この植物の生態から生まれた言葉です。

2-4. 魅惑

2-魅惑

この花のもつ怪しいまでの美しさからくる花言葉です。

あまりの美しさに、引きずり込まれる、心を奪われるというのでしょうか。

まさに、この花のもっている美しさをズバリと言い切った表現と言えます。

2-5 思いやり

2-5 思いやり

「着生」から来る花言葉です。

たとえ「寄生」のように搾取はしてなくとも、「着生」しているのですから、軒下三寸借りた以上は、相手への「思いやり」は、生じて当然のことでしょう。

そんな心を表した花言葉です。

また、花茎が長いとはいえ、びっしりとその上に花が咲くわけですから、両隣の間もままならない状態です。

それで、咲いてる花を見ていると、お互いがお互いに、譲りあったり、重なり合ったりしながら、「思いやり」をもって咲いているように見えてきます。

その様子から思いやりの言葉も、自然と生まれてきました。

3. デンファレの育てて方や注意点

デンファレの育てて方や注意点

3-1 植え込み

3-1 植え込み

普通、ポットに入った状態で売られていますので、二、三株を、まとめて鉢に入れます。

その際に、痛んだ根や水苔を処理し、新しい水苔と洋ラン用の土も一緒にして、鉢に植え込みます。

植え込んだ鉢は、何しろ、寒さと低温が苦手ですから、日当たりよい窓辺などに置きます。

3-2 水やりや肥料

3-2 水やりや肥料

成長期の夏場は、たっぷり水をやりますが、気温が下がり始めた頃から、冬場にかけては、控えめにします。

しかし、だからといって、からからに乾いてしまわないようには、注意します。

なお、デンファレは、根っこよりも、葉っぱからの方が、水分を多く取り入れますので、霧吹きで、葉っぱにも、水をかけてやります。

開花している時には、肥料はやりません。

新芽がではじめる3月下旬から4月上旬にかけては、水苔の上に、粒状のランの肥料を置き肥として置いておきます。

7月頃までは、洋ラン用の液肥を水で薄めて、週に一回程度、与えます。

9月からは、開花促進の洋ラン用の液肥を水で薄めて、月に、2、3回与えますが、11月中旬以降は、全くやらずに、新芽の出るのを待ちます。

なお、寒くなるこの時期に、暖かな部屋に取り込む前に、一月ほど低温に当てておくと、花芽がよく付くそうですが、取り込むのに失敗などすると、枯れてしまって、元も子もないことになりますので、あまり、お勧めできません。

4. デンファレの名前の由来

デンファレの名前の由来

野生のデンファレが、他の樹木に着生して生育する様子から、ギリシャ語の「樹木」を意味する(Dendron)と「生活」を意味する(Bion)の合成語として、(dendrobium)が、うまれました。

また、コチョウランの学名フアレノプシスが付いている上に、花の付き方や花の形、花の姿まで、よく似ているので、コチョウランを小さくした、矮小性の植物だと理解している人も多くおられますが、これらは、全く別の植物です。

5. デンファレの開花時期

デンファレの開花時期

5月頃から、温室栽培であれば、9月10月が最盛期になります。

6. 種類(原種、園芸品種)

種類(原種、園芸品種)

ハワイで始まった交配による品種改良が、タイやマレーシア、シンガポールなどへ波及し、多くの品種が生まれてきました。

6-1. デンドロビウム ファレノプシス

6-デンドロビウム ファレノプシス

デンファレの原点となる交配種で、ここを出発点として、様々な種類が作り出され、実に4,5000にもなる種が、誕生しています。

鮮やかな赤みがかった紫色が、心に残る美しいデンファレの歴史や自然を大切にしたいものです。

6-2. デンドロビウム ビギバム

6-デンドロビウム ビギバム

デンドロビウム ファレノプシスと双璧をなす原種で、特に、小型の品種の基となっています。

この種を起点として、俗に「ミニデンファレ」と呼ばれる品種が、1万を越える数量で、開発されています。

白や紫の小さな花を付けた、ミニチュアのコチョウランのような様子が、多くのファンを生み出しています。

6-3. デンファレ エカポールパンダ

6-デンファレ エカポールパンダ

パンダ系の代表的な品種で、丸味をおびた花びらをしているのが特徴です。

さらに、花びらの先端が、濃い色合いに色づいて、赤紫色の大から中の花輪が咲きます。

最もデンファレらしいデンファレと言えるかもしれません。

6-4. デンファレ エマホワイト

6-デンファレ エマホワイト

名前の通りに、白が美しい品種です。

華やかな真っ白の色の中にも、どこか落ち着いた風情があるので、威厳すら感じ取ることができ、重要な式典などで、献花や供花として使われることも多多あります。

6-5. デンファレ ペガサスピンク

6-デンファレ ペガサスピンク

中輪の花を咲かせますが、何とも形容しがたい、透明感のあるピンクの色が、印象的な品種です。

とかく、色がぼやけがちになるピンクを、はっきりと意識させる、静かな中にも、主張色が見える品種です。

まとめ

デンファレやコチョウランをいただくと、玄関やリビングが、パッと華やぎます。

花も長く、一月くらいは十分もちます。

さて、花が終わって、来年も咲かせたいと思うのですが、咲いたことがありません。

温室栽培でもしない限り、赤道直下を原産とする花に、冬の寒さは、無理のようです。

育てることより、しっかり観て、楽しみましょう。

会社での昇進祝いや退職祝い、お店の開店祝いなどに、コチョウランと同じように贈答用として贈られることの多い、デンファレ。

コチョウランに比べれば、花の丈も低く、花も小ぶりで、華やかさでは、負けますが、赤紫の小ぶりな花が、びっしりと咲いている様子は、逆に、可愛らしさを感じて、デンファレの方を好む人も多くいます。

花持ちが良いので、切り花には最適で、ブーケや花束を豪華に見せるメインキャストでもあります。


デンファレとはどんな花?

名前のデンファレというのは、デンドロビウム・ファレノプシスの略で、ニューギニアからオーストラリア北部にかけての地域を原産地とする、洋ランの総称になります。

厳密には、デンドロビウム・ビギバム系の原種を基にして交配し、できたデンドロビウムだけを、デンファレと言います。

花が付く花の茎「花茎」と呼ばれる部分が、とても長く伸びていて、節毎に、花を付けるので、2、3本寄せ植えにして鉢に入れ、水苔をかぶせると、赤紫の花が、枝垂れるように連なって咲く見事な鉢植えができます。

ただ、南方の原産だけに、耐寒性がなく、低温にも弱いので、越冬させるのが一苦労です。

その上、一冬越したからといって、多くの花芽を付けるか否かは、保証の限りではありません。

基本、常温で最低でも20度は、必要な植物なので、栽培はかなり難しいことになります。

切り花に多く用いられるように、花持ちはとてもよい植物なので、十分に眺めて楽しむくらいが、よいでしょう。

花は、赤紫を中心に、ピンクや白があります。

また、緑や黄もありますが、数が少ないので、あまり目にしません。

デンファレの花言葉

2-1. わがままな美人

2-わがままな美人

この花が群を抜いて、華やかで、色彩豊かなことは、万人の認めるところですが、時には、傲慢とさえ見えるような、圧倒的な美しさをもっているとことろから、種全体の全般的な花言葉になっています。

2-2. 天性の華を持つ

2-天性の華を持つ

花言葉の通りです。

発芽し、成長していくにつれ、他の花は持ち得ない、この個体種、独特の華やかさをもっています。

それは、花が付く「花茎」が、他とは比べものにならないほど長いので、花が咲きそろった時の豪華さは、他の追随を寄せ付けません。

2-3. お似合いの二人

2-お似合いの二人

野生のデンファレは、他の樹木に着生して、生育します。

ここで大事な事は、「着生」することです。

「寄生」するのではありません。

「寄生」は、寄生した相手から、栄養分を搾取して成長するのですが、「着生」は、相手からは何も受け取りません。

搾取もしません。

ただ、一緒に成長しているだけです。

そんな、この植物の生態から生まれた言葉です。

2-4. 魅惑

2-魅惑

この花のもつ怪しいまでの美しさからくる花言葉です。

あまりの美しさに、引きずり込まれる、心を奪われるというのでしょうか。

まさに、この花のもっている美しさをズバリと言い切った表現と言えます。

2-5 思いやり

2-5 思いやり

「着生」から来る花言葉です。

たとえ「寄生」のように搾取はしてなくとも、「着生」しているのですから、軒下三寸借りた以上は、相手への「思いやり」は、生じて当然のことでしょう。

そんな心を表した花言葉です。

また、花茎が長いとはいえ、びっしりとその上に花が咲くわけですから、両隣の間もままならない状態です。

それで、咲いてる花を見ていると、お互いがお互いに、譲りあったり、重なり合ったりしながら、「思いやり」をもって咲いているように見えてきます。

その様子から思いやりの言葉も、自然と生まれてきました。

スポンサーリンク

1 / 3
記事の続きを読む

スポンサーリンク

※当サイトは占いやスピリチュアルに関連する記事を掲載するメディアサイトです。
掲載中の記事には効果や効能に根拠がない物、証明されていない場合もありますのでご注意下さい。
また当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害について、運営者は一切の責任を負いません。
この記事は2018年11月03日に更新されました。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

無料占い