占いの意味や夢の意味・心理や数字はどんな意味?SPITOPIは「占い」であなたの深層心理に迫ります。

 

運勢・占い・心理の秘密


https://spitopi.com/blog/20180709180353.html
キャピキャピとは?キャピキャピしている人の特徴・類語・反対語

キャピキャピとは?キャピキャピしている人の特徴・類語・反対語 | SPITOPI

SPITOPI
キャピキャピとは?キャピキャピしている人の特徴・類語・反対語

スポンサーリンク

元気な女性を見ると、キャピキャピしているというような言葉を用いられることもありますが、キャピキャピという言葉の意味をしっかりと理解している人は少ないのではないでしょうか。

そこで、今回はキャピキャピしている人の特徴などについてご紹介します。

  • キャピキャピとは?
  • キャピキャピの類語や反対語
  • キャピキャピ感を出す方法
  • キャピキャピの語源
  • モテるキャピキャピしている人とは?
  • キャピキャピしている人の特徴
  • まとめ

1. キャピキャピとは?

キャピキャピとは?

キャピキャピというのは、明るい性格であったり、元気な様子を現しているとされています。

特に、女性などに使われることが多いのですが、女性のみに使われる言葉であるという訳ではありません。

物事を見て楽しいと感じたらそのまま全体を使って表現することが出来るような人というのが、キャピキャピしている人の特徴であるとされています。

若くて元気な女性を見ると、キャピキャピしているというような傾向にあり、小さなことにおいてもしっかりとリアクションをしてくれるようなタイプというのは、キャピキャピしている人であると言えます。

2. キャピキャピの類語や反対語

キャピキャピの類語や反対語

2-1. キャピキャピの類義語

2-キャピキャピの類義語

キャピキャピというような言葉の類義語には、人懐っこい人であるというような言葉であったり、明るい性格というような傾向にあるとされています。

また、天真爛漫というのは、喜怒哀楽がしっかりとしていて、人懐っこいようなタイプの人のことを言うのですか、キャピキャピしている人というのも、喜怒哀楽がハッキリとしているようなタイプであるとされています。

2-2. キャピキャピの反対語

2-キャピキャピの反対語

キャピキャピの反対語としては、「暗い」や「おとなしい」などの言葉が当てはまります。

何を見ても感情を表に出すことがなく、落ち着いているような状態にある人を見て、キャピキャピしているというような言葉を使う人はいないと思います。

また、そのような傾向から「冷めた人」というのも、キャピキャピの反対語として用いられることが出来ると言えます。

物事に対して冷静であったり、常に冷静な態度をとることが出来るような人は、キャピキャピしているような人であるとされています。

3. キャピキャピ感を出す方法

キャピキャピ感を出す方法

3-1. オーバーリアクションをする

3-オーバーリアクションをする

キャピキャピしているような人というのは、周りからの好感度も高いことから、キャピキャピ感を出したいというような気持ちになってしまう人も多いとされています。

そのため、キャピキャピ感を出すためには工夫が必要であるとされています。

キャピキャピ感を出すためには、オーバーリアクションをすることが大切です。

きれいな景色を見たときなどには、いつもなら黙ってその景色に感動をしてしまうような人であったとしても、言葉にして感動をしていることを伝えるようにすることが大切であるとされています。

リアクションがないと、何を考えているのかわからないと思われてしまい、キャピキャピ感を相手に与えることが出来ませんが、オーバーリアクションをすることで、キャピキャピ感を醸し出すことが出来るようになるとされています。

あまりにも大袈裟にリアクションをしていて、相手が不快に感じてしまうようであれば、リアクションを軽減することが大切です。

3-2. 見た目を変える

3-見た目を変える

キャピキャピした人に見られたいのであれば、まずは見た目から変わることが大切であるとされています。

黒などのおとなしめの服装をしていると、どれだけ明るい気持ちを持っていたとしても、見た目だけでおとなしい人、暗い人であるというような気持ちになってしまうと言われています。

そのため、キャピキャピしたように周りから思われたいのであれば、見た目から変えることが大切であるとされています。

見た目を変えるためには、まずは明るいカラーの服を選ぶことが大切です。

これまでは暗いカラーの服ばかりであったら、赤や黄色などの、明るいイメージを持つことが出来るような服を選択することが大切であるとされています。

また、色だけではなくいつもはズボンや丈の長いスカートばかりを着ていたのであれば、想いきって丈の短いスカートを着てみるなどしてみることが大切です。

人の印象は見た目から変わります。

周りの印象が変わることで、自分自身も変わることが出来ますので、見た目を変えることで、キャピキャピした自分になることが出来るかもしれません。

3-3. 笑顔を意識する

3-笑顔を意識する

キャピキャピした自分になるためには、笑顔を意識するということも大切であるとされています。

いつも笑顔でいる人というのは、大袈裟にリアクションをとらなくても、明るいイメージを与えることが出来ます。

笑顔といっても微笑むような落ち着いた笑顔ではなく、しっかりと歯を見せて笑顔を見せることが大切であるとされています。

キャピキャピした自分になるためには、いつでもとびきりの笑顔を見せるように意識をすることが大切であるとされています。

特に、楽しいと感じたときには思いきりオーバーな笑顔を見せることで、キャピキャピした人に見られるとされています。

また、声を出して笑うことを我慢しているような人も多いと思いますが、プライベートなどでは声を出して笑うことがらキャピキャピしている人であるとされていますので、表情の作り方だけではなく、声を出して笑うということを意識することが大切です。

3-4. 話し方を変える

3-話し方を変える

キャピキャピしている人というのは、話し方から異なるとされています。

そのため、キャピキャピした自分になるためには、話し方を変えることが大切です。

キャピキャピした話し方をしている人というのは、語尾が高くなったり、いつもよりも声のトーンが上がったような話し方をされています。

キャピキャピした人を目指すためには、いつもよりも声のトーンが上がるように心がけていくことが大切であるとされています。

語尾をあげるように意識をしたり、声のトーンをあげるだけではなく、いつもよりもやや大きな声で話すようにするということも大切です。

声に楽しい気持ちをのせるということを、キャピキャピした人というのは自然にすることができます。

キャピキャピした人を目指すのであれば、声に楽しさをのせるということも必要です。

3-5. 相手を褒める

3-相手を褒める

キャピキャピしたひとというは、実は相手のことを褒めることが上手です。

相手のことを楽しそうに褒めたり、相手に対して興味を持ったりすることで、キャピキャピした人になることが出来るようになるとされています。

キャピキャピした人を目指すのであれば、相手のよいところを探して、褒めていくこと、相手のことを喜ばせるように意識をすることが大切であるとされています。

4. キャピキャピの語源

キャピキャピの語源

キャピキャピの語源というのは、諸説あります。

キャピキャピの語源は確立しているようなものではありませんが、キャピキャピの語源というのは、小学生のためのランドセルのコマーシャルからきているとされています。

そのコマーシャルでは「ピカピカの一年生」という言葉を使われており、小学生になるために、ワクワクしているような状態や若くて元気な姿を連想することが出来ると言えます。

そのピカピカという言葉がピキャピキャと変化していき、現在のキャピキャピという言葉が生まれたと言われています。

他にも、キャピキャピしている人がオーバーリアクションでキャーキャーと騒いでいる様子というのが、キャピキャピの語源ではないかと言われています。

5. モテるキャピキャピしている人とは?

モテるキャピキャピしている人とは?

キャピキャピしている人は、度が過ぎていない限りモテると言われています。

リアクションがない人よりも、リアクションをしっかりととってくれる人の方が好感を持つことが出来るというのは、言うまでもありません。

モテるキャピキャピしている人というのは、相手がしてくれたことに、しっかりとリアクションを取り、全身で喜ぶような人であるとされています。

デートなどに行ったときに、美味しいレストランに連れていったというのに、ノーリアクションをされたら、もしかして美味しくなかったのではないだろうかというような不安な気持ちになってしまう可能性があります。

しかし、「美味しい」「こんな素敵なお店知っているなんてすごい」と、オーバーにリアクションをすることで、モテるキャピキャピをしているというような傾向にあるとされています。

6. キャピキャピしている人の特徴

キャピキャピしている人の特徴

6-1. 喜怒哀楽がしっかりとしている

6-喜怒哀楽がしっかりとしている

キャピキャピしている人の特徴としては、喜怒哀楽がハッキリとしているということがあげられています。

楽しいことがあったときには、しっかりと楽しいということを表現することが出来るような人であったり、キャピキャピしている人というのは、自分の気持ちにとても素直であるとような傾向にあるとされています。

キャピキャピしている人というのは、特に喜怒哀楽の喜びと楽しみの感情を抱いていることが多いとされています。

6-2. 明るい

6-明るい

キャピキャピしている人というのは、基本的には明るい人が多いとされています。

グループなどでいたとしても、場の中心となるような人であったり、話をしっかりと盛り上げてくれるようなタイプであるとされています。

キャピキャピしている人というのは、周りの人のことも楽しい気持ちにさせることができたり、場の空気を盛り上げることが出来るようなタイプであることが多いとされています。

いつでも楽しい話を提供をしていたり、暗い話よりも明るい話をすることが好きな日とというのが、キャピキャピしている人の特徴として挙げられています。

6-3. あまえん坊

6-あまえん坊

キャピキャピしている人というのは、基本的には一人で行動をすることが出来ないような、あまえん坊であるとされています。

人に甘えることがとても上手であり、男女問わずに甘えてしまうような人が多いとされています。

あまえん坊の人を見ると、自分が守ってあげなくてはないような人が多いとされています。

キャピキャピしている人というのは、相手に自分がいなくてはならないと思われることがとても上手であり、あまえん坊の人というのは、キャピキャピしているタイプが多いとされています。

6-4. いつも笑顔

6-いつも笑顔

キャピキャピしている人というのは、一瞬で相手に対して明るい雰囲気を与えてしまうことが出来るような人であるとされています。

そのため、キャピキャピしている人というのは、いつも笑顔でいるような人が多いというのも特徴であるとされています。

どのようなときでも常に笑顔を見せることが出来るような人というのは、キャピキャピしている人の特徴であるとされています。

笑顔が多い人というのは、それだけでキャピキャピしている人であるというようなイメージを与えてくれますので、キャピキャピしているとされています。

6-5. 見た目が明るい

6-見た目が明るい

キャピキャピしている人というのは、見た目が明るい人が多いとされています。

髪の毛などもしっかりとまとめており、爽やかな見た目をしているような人であるとされています。

髪の毛が目にかかっていて、全身黒ずくての服装をしているような人を見て、キャピキャピしているなと思うような人はいないと思います。

キャピキャピしている人というのは、活発に動くことが出来るような見た目をしていたり、明るいカラーの服装などを愛着しているというような人が多いとされています。

服装だけではなく、ヘアスタイルなどもキャピキャピした人のイメージを変えると言えます。

6-6. 若々しい

6-若々しい

キャピキャピしている人というのは、若々しい人を言います。

オーバーリアクションの高齢者を見ても、キャピキャピしている高齢者だとは言わないと思います。

そのようなことから、キャピキャピしている人というのは、若々しい人というのが特徴であるとされています。

若々しい人というのは、年齢だけではなく、若々しい見た目をしている人であると言えます。

例え十代であったとしても、シックな服装でまとめていたら、若々しい人であるとはいえません。

そのため、見た目や立ち振舞い、更には実際には年齢なども合わせた若々しい人というのは、キャピキャピしている人であるとされています。

6-7. 声のトーンが高い

6-声のトーンが高い

キャピキャピしている人というのは、声のトーンが高いというような人が多いとされています。

オーバーリアクションをしていたとしても、声が低いとキャピキャピしているようなイメージを与えることはありません。

女性が興奮したときの声というのは、黄色い声と言われますが、声のトーンが高いというような人というのは、黄色い声を上手に使うことができていると言えます。

楽しそうに話しているグループが、声のトーンが低いと、どれだけ笑い声が溢れていても、楽しそうだとは思うかもしれませんが、キャピキャピしているというような印象を与えることができません。

しかし、声が高くて楽しそうにしているだけで、キャピキャピしているというような見方をされてしまいます。

声というのは、年齢を重ねてしまうことで更に低くなっていくとされていますので、声が高いというのは若い人の特権でもあるとされています。

6-8. テンションが高い

6-テンションが高い

キャピキャピしている人というのは、基本的にはテンションが高いとされています。

いつでもテンションをあげていて、素晴らしい景色を見たときや、美味しいものを食べたとき、かわいいものをみたときや触れたときなどには、全身を使って興奮を表すような人が多いとされています。

テンションが高いというだけでも、キャピキャピしているようなイメージを与えることが出来ると言えます。

6-9. フレンドリー

6-フレンドリー

キャピキャピしている人というのは、基本的にはフレンドリーであるとされています。

初対面の人であったとしても、積極的に相手に対して手助けをしてあげることが出来るような人であったり、人懐っこいような、人に対しての拒絶なども示すことがないようなタイプであるとされています。

キャピキャピしている人というのは、誰に対しても好意的であったり、誰とでも仲良くなりたいというような気持ちが強い人が、キャピキャピしているようなタイプであるとされています。

6-10. 好奇心が旺盛

6-好奇心が旺盛

キャピキャピしている人というのは、基本的には好奇心が旺盛である人が多いとされています。

好奇心が旺盛な人というのは、自分から様々な知識を取り込もうとしています。

そのため、新しい発見が常にあり、その発見に喜ぶことが出来るような傾向にあるとされています。

発見に対して喜ぶことが出来る人というのは、常に人生を謳歌しているような、キャピキャピしているような人であるとされています。

まとめ

キャピキャピしている人というのは、周りへの気を使うことが出来るような人が多いとされています。

そのため、周りからの好感度も高いことから、キャピキャピしているようなひとになりたいと感じるかもしれませんが、キャピキャピするのは相手の反応を見ながら行うことが大切であるとされています。

元気な女性を見ると、キャピキャピしているというような言葉を用いられることもありますが、キャピキャピという言葉の意味をしっかりと理解している人は少ないのではないでしょうか。

そこで、今回はキャピキャピしている人の特徴などについてご紹介します。


キャピキャピとは?

キャピキャピというのは、明るい性格であったり、元気な様子を現しているとされています。

特に、女性などに使われることが多いのですが、女性のみに使われる言葉であるという訳ではありません。

物事を見て楽しいと感じたらそのまま全体を使って表現することが出来るような人というのが、キャピキャピしている人の特徴であるとされています。

若くて元気な女性を見ると、キャピキャピしているというような傾向にあり、小さなことにおいてもしっかりとリアクションをしてくれるようなタイプというのは、キャピキャピしている人であると言えます。

キャピキャピの類語や反対語

2-1. キャピキャピの類義語

2-キャピキャピの類義語

キャピキャピというような言葉の類義語には、人懐っこい人であるというような言葉であったり、明るい性格というような傾向にあるとされています。

また、天真爛漫というのは、喜怒哀楽がしっかりとしていて、人懐っこいようなタイプの人のことを言うのですか、キャピキャピしている人というのも、喜怒哀楽がハッキリとしているようなタイプであるとされています。

2-2. キャピキャピの反対語

2-キャピキャピの反対語

キャピキャピの反対語としては、「暗い」や「おとなしい」などの言葉が当てはまります。

何を見ても感情を表に出すことがなく、落ち着いているような状態にある人を見て、キャピキャピしているというような言葉を使う人はいないと思います。

また、そのような傾向から「冷めた人」というのも、キャピキャピの反対語として用いられることが出来ると言えます。

物事に対して冷静であったり、常に冷静な態度をとることが出来るような人は、キャピキャピしているような人であるとされています。

スポンサーリンク

1 / 3
記事の続きを読む

スポンサーリンク

※当サイトは占いやスピリチュアルに関連する記事を掲載するメディアサイトです。
掲載中の記事には効果や効能に根拠がない物、証明されていない場合もありますのでご注意下さい。
また当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害について、運営者は一切の責任を負いません。
この記事は2018年11月03日に更新されました。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

無料占い