占いの意味や夢の意味・心理や数字はどんな意味?SPITOPIは「占い」であなたの深層心理に迫ります。

 

運勢・占い・心理の秘密


https://spitopi.com/blog/20180709180325.html
協調性とは?協調性のない人の特徴・類語・反対語

協調性とは?協調性のない人の特徴・類語・反対語 | SPITOPI

SPITOPI
協調性とは?協調性のない人の特徴・類語・反対語

スポンサーリンク

人間関係というものは難しいもので、好きな人や楽な関係性ばかりで過ごせる訳ではありません。

また同じ目的を達成する為にや、仕事などでは自分の意思や考えは置いておいて周りとの協力や調和を優先しなければいけない場合が多いのではないでしょうか。

中にはやりたくない事や苦手な人物がいるかもしれませんが、そんな中にも自分の意思を通し、周囲に合わせない所謂「協調性がない人」が存在します。

では協調性とはどのようなものなのでしょうか。

またそれがない人はどのような人物なのでしょう。

  • 協調性とは
  • 協調性の類義語
  • 協調性の対義語
  • 協調性のない人の特徴
  • 「協調性のある人」と「ない人」の違い
  • 協調性のないの使い方「例文」
  • 協調性がないと言われる原因
  • 協調性のない人への対処法
  • まとめ

1. 協調性とは

協調性とは

広辞苑では協調性とは【周囲の人とうまく協調できる性質】と定義されており、社会の中で周囲と協力して何かを成し遂げたり、作り上げたりする際に発揮される性質や行動の事を言います。

具体的には他人とのコミュニケーション能力や対応力などの事を指しますが、自分の意思とは違った事をしなければいけない状況や、好ましくない人付き合いに対しても、ある程度妥協できるかどうかの判断基準になるでしょう。

またあまりにも協調性に欠けた行動をしてしまうとコミュニケーション障害があると思われてしまう場合もあるようです。

また協調性がある事と常に人に合わせる事は別であり、物事をスムーズにする為に協力し合う事なので、人間性を侵害したり自分の欲を満たす為に迎合させる事ではありません。

2. 協調性の類義語

協調性の類義語

2-1. 同調<どうちょう>

2-同調<どうちょう>

他人の意見や行動に調子を合わせること。

他人の主張に対し自分の意見を一致させること。

2-2. 調和<ちょうわ>

2-調和<ちょうわ>

全体の状態がバランス良く釣り合っていて衝突や突出などがなく、まとまっていること。

いくつかの物理的状態が矛盾なく程よい事。

3. 協調性の対義語

協調性の対義語

3-1. 排他的<はいたてき>

3-排他的<はいたてき>

他の者を排斥(はいせき)・排除して自らのテリトリーを守ること。

またその様子。

3-2. 固執<こしつ>

3-固執<こしつ>

自分の意見などを頑なに曲げず譲らない事。

または自分の中に過去の出来事や印象深いものが残っていて、それに縛られて心と行動の自由を奪われてしまってしまう事。

4. 協調性のない人の特徴

協調性のない人の特徴

4-1. 他人の気持ちを考えない

4-他人の気持ちを考えない

協調性というのは調和を保ちながら周囲とうまくやっていく能力のことですので、他人の気持ちを考えないと当然衝突や問題が起こるようになり、うまくいかなくなってしまうでしょう。

協調性のない人は他人なんてどうでもいいというよりは、"自分の意思や感情を優先させたい"という気持ちが強いので、人間性が悪いとか、倫理観や道徳観がないわけではないと思いますが、その人物を深く知らない人にとっては、やはり自分勝手で自己中心的、わがままで性格が悪いと思われてしまうでしょう。

おそらく協調性のない人の殆どは一般的な感覚がわからないのかもしれません。

なぜ周りと合わせる必要があるのかわからず、意思や感情を曲げてまで周囲に協力したくないと考え、むしろ周囲の人の事こそ信じられないと思っているかもしれません。

ですからもちろん他人の気持ちなど分かりませんし、考えようともしないでしょう。

ですから平気で傷付けるような事を言ったり思いやりがないと思われるような行動を取るようになってしまうのです。

4-2. 他人の話を聞かない

4-他人の話を聞かない

他人の話や意見を全く聞かずに、自分の思った通りに勝手に進めてしまう人は協調性がない人と言われてしまうでしょう。

自分のプライベートの事なら勝手にすればいいですが、仕事や自分だけの問題ではない大切な事に、周りの話も聞かずに自分の意見だけで物事を判断して推し進めてしまうと万が一何かあった時に大変な事になってしまいます。

ですがあくまでも本人は自分は正しく「良かれと思って」行動しているので、自己主張をしても人の意見に耳を傾けようとはしないでしょう。

そうなると周囲も巻き込まれてしまうので、前もって何らかの対策が必要ですし対応を考えなければいけません。

複数の人間が関わる事なので、それぞれの意見や希望を少しずつ採用して調和を取りながら物事を進めるようにしたり、最悪協調性のない人にはその物事から外れてもらうなどの処置が必要になるかもしれません。

4-3. 他人に合わせる事ができない

4-他人に合わせる事ができない

協調性のない人の最たる特徴に他人に合わせる事が出来ないという性質があります。

協調性がないそのものといった感じですが、一応協調性を持つように努力をする人もいれば最初からそもそも合わせる事をしない人もいるかもしれません。

ですが組織や社会にいる以上そのままでは通用しなくなってしまいます。

他人に合わせるという感覚がわからないのか、コミュニケーションを取る事に何かしらの障害を感じてしまうのかは分かりませんが、周囲の人も好きで他人に合わせている訳でも、意思や希望を抑えている訳でもない事を分からない人が多いようです。

またそこまで考えが至っていない場合も少なくないかもしれません。

とにかく思考が浅く、範囲が狭い事は間違いないと思うので、他人のことはお構いなしという人が多いです。

4-4. 空気が読めない

4-空気が読めない

他の人が我慢している事を平気でやり出したり発言する、今ではない時に突然行動に移すといったタイミングや感覚がずれている空気が読めない特性のも特徴の一つでしょう。

協調性がない人は基本的に想像力が乏しい傾向にあります。

思った事を前後の繋がり状況、立場関係なくやり始めるので周囲はどん引きしたり非常に不愉快になるかもしれません。

空気が読めない人物に一つずつ説明をしたり注意をしたところであまり効果はありません。

そもそも空気が読めていないという事象自体を分かっていませんし、自分の何がそうなのか、どこがそう思われてしまうのか理解していません。

その上に他人の意見や話を聞かないので、益々距離感が広がってしまうでしょう。

空気が読めないので会話が噛み合わず意思の疎通も難しくなってきます。

また相手はコミュニケーションを取る努力をしようともしていない可能性が高いので仕事などになると、周囲は非常に労力を遣う事になります。

4-5. 他人の事が気にならない

4-他人の事が気にならない

協調性がない人は先程から述べている通り他人の話を聞かず空気を読みませんし、他人の感情を読み取る能力が乏しいので、何か言われても響いていません。

つまりそんな状態なので、他人の事が気にならない人が多いようです。

そもそも他人を気にするような人が協調性がないといった状態になる事はないと思いますが、いい言い方をするてマイペース・他人に流されない・自分を持っているのかもしれません。

ただ他人に迷惑を掛けたり、一緒にしている仕事や作業に支障が出てきて士気を下げるようになってしまうと、場合によっては協調性がない人だけの位置では済まなくなるので、行動や責任感をしっかり見極め、普段の状況を把握しておかなければいけません。

4-6. 基本的に単独行動

4-基本的に単独行動

周囲に合わせられないという事は、当然集団行動や団体行動が苦手でなるべく避けてきた可能性が高いと言えます。

協調性がない、あるいは持たないため単独行動が多くなるのは否めないと思います。

本人もその方が精神的に楽で安定するかもしれません。

ですが他人と関わっても、結局は自分の意思を通して自由に行動するためあまり変わらないので、周りからしてみれば同じ事になります。

一人でいる事で自分のペースを崩さず誰に文句を言われることもなく、やりたい事ができるわけです。

協力したり誰かと何かやる時間があるのなら、自分が満たされる自分の事に時間や労力を遣いたいと思うようです。

4-7. 人間関係を疎かにする

4-人間関係を疎かにする

協調性がない人は他人との交流をあまり好まないため、人間関係に対し興味がなく疎かにする傾向が強い人が多いといえます。

例えば職場の人達と仕事が終わってから飲みに行く誘いがあっても、何の躊躇もなく断りますし、相手の立場に関係なく何かプライベートの用事が出来たり都合か悪くなった場合は、平気で約束も破ってしまうでしょう。

全てに参加する必要はありませんが、時と場合を考えるといった空気を読む能力は備わっていませんし、臨機応変な対応もすることができません。

本人からしてみれば必要な人間関係ではないと考えているのかもしれませんが、仕事や何かしらの人付き合いでその相手と付き合っている立場からすれば、こっちこそ好きで関係性を保っている訳じゃないですと思っても不思議では無いので益々不愉快になってしまうかもしれません。

5. 「協調性のある人」と「ない人」の違い

「協調性のある人」と「ない人」の違い

5-1. 他人の事を考えるかどうか

5-他人の事を考えるかどうか

やはり何と言っても、協調性のある人とない人の差は他人の事を考えられるかどうかという事に尽きるかもしれません。

いくつか特徴をご紹介しましたが大まかにみるとやはり協調性がない人は周囲とのコミュニケーションが乏しいのではないでしょうか。

またこのコミュニケーションとは単純な相手とのやり取りではなく感覚的なものや想像力といった目に見えないものが欠けている場合が多いです。

他人と会話をしたり、時間や空間を共有しているからといって協調性があるわけではありません。

また過剰にコミュニケーションを取る必要もないですし、他者との距離感を無理に縮める必要もありません。

ただ自分はこんな時はこうだけど相手はどうなのか、自分は必要ないけど状況としては必要かもしれないといった自分目線以外に想像を馳せる事ができるかどうかが違いになるのだと思います。

5-2. 組織の中という意識があるか

5-組織の中という意識があるか

協調性がない人はマイペースで自分空間で生きている人が多いため、自分が置かれている立場や状況、環境などを考えず過ごしている人が多いようです。

社会で生きているという事は当然何かしらの組織に所属しているはずなのですが、例えば学校、会社、家族などがそれに当たりますが、協調性を備えている人は無意識のうちにその中の一員だという事を自覚して行動するため、周囲からみても違和感が生まれにくいのですが、協調性のない人はその無意識の部分が欠落しているために周囲からみると非常に違和感があり、極端な話協調性がある側からすると「自分達の事が見えていないのかな」と錯覚を持ってしまうような感覚に陥ってしまうようです。

むしろそれだけ自分空間で生きているのに、なぜ組織的な中に入ろうとするのかと疑問を持つくらい他人と合わせる事をしないので、それであれば合わせなくてもいい環境で過ごした方がお互いに気が楽になるかもしれません。

6. 協調性のないの使い方「例文」

協調性のないの使い方「例文」

協調性を使った会話にはどのようなものがあるのでしょうか。

協調性という事は周りとの関わり方を意味するのでこの言葉が使われる環境は決まってくるかもしれません。

6-1. 「あの人は協調性がないので場を乱す」

6-「あの人は協調性がないので場を乱す」

少々辛辣な言葉ではありますが、会社や学校などで他人の協調性がない事を指摘する場合の使い方になります。

6-2. あなたの長所はと聞かれ、「協調性があり、前向きなところです」と言った返答

6-あなたの長所はと聞かれ、「協調性があり、前向きなところです」と言った返答

よく面接などで聞かれる質問に対するケースになりますが、このような面接の場で単純に協調性だけを長所として前面に押し出してしまうと、自主性や個性に欠けると捉えられてしまう可能性もあるので、会話の前後に上手に取り入れる事がポイントになります。

7. 協調性がないと言われる原因

協調性がないと言われる原因

7-1. 思考に偏りがある

7-思考に偏りがある

協調性がないと言われてしまう原因の一つに発想が一方通行で柔軟な考え方ができない、受け入れられないというところがあります。

協調性がない人は自分の事が中心で自分の思ったまま行動するため、他人の思考や感情にあまり興味がありません。

興味がないと他人との交流が少なくなるため、更に思考に偏りが出来てしまう事になってしまいます。

協調するという事を、他人に迎合し自分を否定する事くらいに思っているようなので、そんな調子ではいつまでたっても他人からは避けられ、協調性がないと思われてしまうでしょう。

7-2. 我慢ができない

7-我慢ができない

学校や会社、それを巡る人間関係を続けていくには、自分の意思に反した事や我慢しなければいけない事など沢山あると思います。

現在はパワハラやモラハラといった問題もありますが、やはり基本的には周囲と意見や意思を合わせ調和を保ちながら過ごしていくものです。

ですが協調性がないとどうしてもそれが難しく、最初は頑張っていたとしても、馬鹿らしくなったり我慢ができなくなり自分の意思や感情を貫こうとしてしまいます。

自分の気持ちに反する事をしていると、気分が悪くなったり居心地が悪いと感じるのでしょう。

子供ならともかく大人で我慢ができないと言うのはやはり協調性がないと思われても仕方がないと思います。

8. 協調性のない人への対処法

協調性のない人への対処法

8-1. 個性を利用する

8-個性を利用する

利用すると言うとイメージがあまり良くないですが、協調性がない人は他の人と違うと言う意味では個性的だといえます。

他の人と同じにしたり、同じ方向性を望むから衝突や問題が生まれるわけなので、むしろそこを利用して単独でできるような作業や、本人が没頭できる役割をしてもらう事で責任感も生まれ、物事がスムーズに運ぶ可能性があります。

そのかわり何かを判断したり決断する時は一任してもらうなどして暴走する事を防ぐようにします。

お互いにストレスが減り、メンタル面での余裕が生まれるのではないでしょうか。

8-2. 存在を受け入れるだけにする

8-存在を受け入れるだけにする

この人は協調性がないと思ったら無理に付き合いをしようとしたり、理解しようとしたりせず放っておきましょう。

結論から言ってその努力はほぼ無駄になってしまうと思われるからです。

協調性がない人を協調性を持つようにする事はおそらく不可能であり、ただのお節介になってしまいます。

また更に反抗的になる場合もあります。

存在は受け入れ、干渉しないようにし、程よく距離感を保つようにするとうまくいくようになると思います。

突拍子も無い事を言われ不快になったり、突然空気の読めない行動をし出したとしても「そういう人なんだ」と存在だけ認識していれば必要以上に感情を使う事もなくなるでしょう。

人は他人に期待や感情があるから腹が立ち不愉快になるわけなので、最初から期待や感情を持たなければ協調性がなくても気にならなくなってくると思います。

まとめ

協調性は組織の中で過ごしていく為には非常に重要で大切なことになります。

空気を壊さずに調和を取りながら雰囲気を良くすることもできますし、仕事や作業をスムーズにするためにも必要なことになります。

一人ではできないことも力を合わせることで、素晴らしい提案やアイディアが浮かぶ可能性も高まり、情報や知識も増え手段が広がるかもしれません。

日本人は特に協力をし合うことや相手を思いやることに対して美学を持つ人種なので、協調性は特に望まれる要素の一つかもしれません。

逆を返せばある程度調和を保ち空気を読む事も、自分らしいペースで物事を進めることも時には大切なので、その出し方さえ心得ておけば協調性がないと言われる事はなくなっていくと思います。

人間関係というものは難しいもので、好きな人や楽な関係性ばかりで過ごせる訳ではありません。

また同じ目的を達成する為にや、仕事などでは自分の意思や考えは置いておいて周りとの協力や調和を優先しなければいけない場合が多いのではないでしょうか。

中にはやりたくない事や苦手な人物がいるかもしれませんが、そんな中にも自分の意思を通し、周囲に合わせない所謂「協調性がない人」が存在します。

では協調性とはどのようなものなのでしょうか。

またそれがない人はどのような人物なのでしょう。


協調性とは

広辞苑では協調性とは【周囲の人とうまく協調できる性質】と定義されており、社会の中で周囲と協力して何かを成し遂げたり、作り上げたりする際に発揮される性質や行動の事を言います。

具体的には他人とのコミュニケーション能力や対応力などの事を指しますが、自分の意思とは違った事をしなければいけない状況や、好ましくない人付き合いに対しても、ある程度妥協できるかどうかの判断基準になるでしょう。

またあまりにも協調性に欠けた行動をしてしまうとコミュニケーション障害があると思われてしまう場合もあるようです。

また協調性がある事と常に人に合わせる事は別であり、物事をスムーズにする為に協力し合う事なので、人間性を侵害したり自分の欲を満たす為に迎合させる事ではありません。

協調性の類義語

2-1. 同調<どうちょう>

2-同調<どうちょう>

他人の意見や行動に調子を合わせること。

他人の主張に対し自分の意見を一致させること。

2-2. 調和<ちょうわ>

2-調和<ちょうわ>

全体の状態がバランス良く釣り合っていて衝突や突出などがなく、まとまっていること。

いくつかの物理的状態が矛盾なく程よい事。

スポンサーリンク

1 / 4
記事の続きを読む

スポンサーリンク

※当サイトは占いやスピリチュアルに関連する記事を掲載するメディアサイトです。
掲載中の記事には効果や効能に根拠がない物、証明されていない場合もありますのでご注意下さい。
また当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害について、運営者は一切の責任を負いません。
この記事は2018年11月03日に更新されました。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

無料占い