占いの意味や夢の意味・心理や数字はどんな意味?SPITOPIは「占い」であなたの深層心理に迫ります。

 

運勢・占い・心理の秘密


https://spitopi.com/blog/20180709180254.html
根気強いとは?根気強い人の特徴・類語・反対語

根気強いとは?根気強い人の特徴・類語・反対語 | SPITOPI

2018年07月09日公開

SPITOPI
根気強いとは?根気強い人の特徴・類語・反対語

スポンサーリンク

根気強い人は、忍耐強く、最後まで物事をやり遂げる力を持っています。

その我慢強さによって、さまざまな困難を乗り越えることができるでしょう。

ただし、自身に負荷をかけ過ぎたり、無理をしすぎる所があるので注意が必要です。

また、諦めの悪い一面から、止め時を見失い失敗してしまうこともあるので気をつけましょう。

ここでは、根気強い人の長所と短所や、根気強い人とそうでない人の違いや、根気強い人になるための方法などについて紹介します。

自分の心や体と向き合い、芯のある強い人になれるように努力しましょう。

  • 根気強いとは?
  • 根気強いの類語や反対語
  • 根気強い性格の短所
  • 根気強い人とそうでない人の違い
  • 根気強くなるコツ
  • 根気強い人の長所
  • まとめ

1. 根気強いとは?

根気強いとは?

根気とは物事を諦めずに我慢強く続ける気力のことを指します。

つまり根気強い人と言うのは、忍耐強く、最後まで諦めない性格の人を指すのです。

根気強い人は、一度決めた目標を簡単に変えてしまったり、途中で降りようとはしません。

自分自身が納得するまで努力を積み重ねることができるのです。

ただし、諦めの悪さが仇となる場合もあるので、潮時を見極める力も必要となるでしょう。

また根気強い人には、心身共にタフな人が多いですが、つい我慢しすぎてしまう一面があります。

その結果、自身に負担をかけ過ぎてダメージを与えてしまうことがあるので気をつけなければなりません。

自分の限界を知り、程度の超えないくらいの負荷をかけたり、目標設定をすることが大切です。

自身を追い詰め過ぎないことでより成長しやすくなるとも言えるでしょう。

2. 根気強いの類語や反対語

根気強いの類語や反対語

2-1. 粘り強い

根気強い人は、粘り強い人と言えるでしょう。

粘り強い人とは、物事を良く耐え忍び、コツコツと継続できる人を指します。

地味な行動の積み重ねであっても、日々の努力を怠らないことで成長できる人と言えるでしょう。

2-2. しぶとい

根気強い人は、しぶとい人と言えるでしょう。

しぶとい人とは強情で臆することなく、困難に対して簡単に折れない人を指します。

時に意地が強すぎる所もありますが、その心の強さによって不安や困難を跳ね返すことができるのです。

2-3. 我慢強い

根気強い人は、我慢強い人と言えるでしょう。

我慢強い人は、辛抱強く忍耐力がある人のことを指します。

困難に耐え、自分のやるべきことを続けることで、目標を達成することができるのです。

2-4. 気が短い

根気強いの反対語として気が短いという言葉が挙げられます。

気が短いとは、短気で我慢することができず、すぐにイライラしたり怒ったりするさまを指します。

2-5. こらえ性がない

根気強いの反対語としてこらえ性がないという言葉が挙げられます。

こらえ性がないとは、辛い事や苦しいことを耐える意地や気持ちがないことを意味します。

2-6. 打たれ弱い

根気強いの反対語として打たれ弱いという言葉が挙げられます。

打たれ弱いとは、反対者からの非難や攻撃に耐える力がないさまを表しています。

3. 根気強い性格の短所

根気強い性格の短所

3-1. 頑固である

根気強い人には、頑固な一面があります。

一度決めたらテコでも動かないために、周囲と軋轢を生んでしまうことがあるのです。

目標を決めやり通す力はあるのですが、一心不乱で猪突猛進にならないように気をつけましょう。

頑なになるのではなく、周りを見て、気遣い思いやる力を身につけることによって、より人としても成長できるはずです。

また、自分のルールに対して忠実になりすぎて、柔軟性に欠ける一面があります。

やり方や方法を変えられずに、環境や状況に適応できずに失敗してしまうことがあるので注意しましょう。

時や場所、その時の状況によってフレキシブルに対応することによって成功できることも多いのです。

同じ方法にこだわらずに時には、視点や思考を変えて行動することが大切です。

3-2. 諦めが悪い

根気強い人は、諦めが悪い一面を持っています。

何事も最後までやり通す力を持っていますが、それが悪い結果を招いてしまうことがあるので気をつけましょう。

止め時や引き時が分からずに、失敗してしまうことがあるので、周りを見る余裕を持つことが大切です。

また、根本的に負けず嫌いな所があり、一度意地を張ってしまうと、なかなか折れることができない不器用さも兼ね備えています。

時には負けたり、降りたりすることによって損失や損害を少なくすることができるということを胸に行動しなければなりません。

一見負けていても、戦術的には勝利をしているということもあるのです。

また、勝負だけではなく人間関係においても引きずってしまう所があるので気をつけましょう。

「まだ、あの人とは関係が終わっていない」と思い、しつこい態度によって嫌われてしまうこともあるのです。

執着心や粘着的な性格からストーカー的な行動をしないように気をつけましょう。

相手を思いやることを第一に行動や発言をすることが大切です。

3-3. 意地を張ってしまう

根気強い人は、意地っ張りな一面があります。

自分の目標を遂げるためのポテンシャルを持っていますが、時につまらないことで意地を張ることがあるので気をつけましょう。

そうしたアグレッシブで強がりな態度によって、周囲との関係性にヒビが入ってしまうこともあるので気をつけましょう。

正直に気持ちを伝え、相手の厚意や優しさを素直に受け入れることが大切です。

また、負けたくない気持ちから頑なな性格になりやすいので注意が必要です。

努力を続けることは大切ですが、周囲から自分を閉ざしてしまうことがあるので気をつけましょう。

そうした心持から孤立してしまうこともあるので、心を開きコミュニケーションをとるように配慮しましょう。

3-4. 我慢しすぎてしまう

根気強い人は、我慢しすぎてしまう所がネックです。

その我慢強さによって、夢や目標を叶えるポテンシャルを秘めていますが、自分自身を追い詰めすぎてしまう所があるのです。

知らずしらずのうちに心身にダメージを与えることが多いため、自身のケアを怠らないように気をつけましょう。

努力はもちろん大切ですが、メンテナンスをすることでより長持ちすることができるのです。

また、辛いことや悲しいことがあっても、感情を抑え込んでしまう一面があるのも問題です。

耐えることは大切ですが、心を無理に抑えつけることによって、余計に痛みが増してしまうことも多いので気をつけましょう。

時には涙を流し、怒りを発散し、心を浄化していくことが大切です。

自身の感情と向き合い整理することによって、心の奥にある痛みが和らいでいくでしょう。

そして、不安を抱え込みすぎず、信頼できる人に頼り相談することも大切です。

孤立せずに仲間と助けあった行動できる人になりましょう。

3-5. 強がってしまう

根気強い人は、強がってしまう一面があります。

自分一人で大丈夫、問題ないと、相手からの援助や厚意を受け取らないことがあるのです。

ですが、実は困っている時にもそうした態度をとってしまい、より自身を追い詰めてしまうことがあるので、気をつけなければなりません。

素直ではない態度をとり、周囲との関係性にヒビが入ってしまうこともあるので注意が必要です。

本当に辛い時は誰かを頼ったり、今関わっている物事から離れ休んでみることも大切なのです。

自分の状態に気づかず、我慢してしまい、体調を崩してしまうこともあるので気をつけましょう。

自身のケアを怠らずに、努力を続けることで、より成長することができるでしょう。

3-6. 周りが見えなくなってしまう

根気強い人は、周りが見えなくなってしまうことがるので気をつけましょう。

目標を見定めて努力することへのポテンシャルは高いですが、一心不乱に行動してしまうことがあるので注意しましょう。

猪突猛進になると周囲に迷惑をかけてしまったり、トラブルを起こしてしまうこともあるので、周りを見る余裕を持つことが大切です。

気持ちの余裕を持つことでより、行動しやすくなり、冷静に判断することで成功がより近くなるでしょう。

4. 根気強い人とそうでない人の違い

根気強い人とそうでない人の違い

4-1. すぐに諦めるか否か

根気強い人は簡単に諦めることはしません。

辛い事や苦しいことがあっても、根負けせずに続けることができます。

一方で、根気強くない人は、辛いことがあるとすぐに諦めてしまうこともあるでしょう。

その結果目標が三日坊主で終わってしまい、成果を得ることなく終末を迎えてしまうのです。

また、すぐ諦めてしまうことで、充実感のない生き方になってしまうのもネックと言えるでしょう。

時には我慢することで、自身の心が満たされることもあるのです。

4-2. 我慢できるか否か

根気強い人は、何事にも忍耐強く我慢することができます。

コツコツと努力することを厭わず、辛いことに耐えることによって成長することができるのです。

一方で根気強くない人は、我慢することができず投げ出してしまうことがあるでしょう。

人生と言うのは、楽なことだけではなく辛いこともあり、それを耐えることで大人になれるということを理解しなければなりません。

成長のための忍耐を身につけることが大切です。

4-3. 困難に立ち向かえるか否か

根気強い人は、困難や問題に立ち向かう力を持っています。

自身に立ちはだかる壁に対して、恐れることなく越えようとします。

また恐れを抱いたとしても、ぐっとこらえて向かっていく力があるのです。

一方で根気強くない人は、困難や問題に対してすぐにへこたれてしまうことがあるでしょう。

壁を乗り越えることができず、挫折感を感じてしまい、より成長が妨げられてしまうこともあるので気をつけましょう。

壁にぶつかっていき強くなることが大切です。

4-4. 楽をするか否か

根気強い人は、楽な方ばかりを向いている性格ではありません。

自分自身の成長ためにあえて困難な道を選び、歩んでいくこともあるのです。

一方で、根気強くない人は、困難よりも楽な物事ばかり選んでしまうことが多いでしょう。

その逃げの姿勢によって、成長する機会を失い、いつまでも子供のままで終わってしまうこともあるので気をつけましょう。

心身を成長させるためには、目標を設定、壁を乗り越えていくことが大切なのです。

4-5. 気長に待てるか否か

根気強い人は、気長な性格とも言えるでしょう。

結果を焦らずに、今やるべきことをコツコツと続けることができます。

一方で、根気強くない人は、結果を求めすぎて短気になってしまうことが多いです。

良い成果が得られないとイライラしたり、終わりが見えないことに苛立ちを感じてしまいます。

その結果、辛抱強くなれず努力を怠ってしまうこともあるので注意しましょう。

日々の努力の積み重ねが大きな成功に繋がるのです。

5. 根気強くなるコツ

根気強くなるコツ

5-1. 明確な目標を作る

根気強くなるためには、明確な目標を設定することが大切です。

ぼんやりとした気持ちや、頭の中だけでの計画などでは、具体的な行動ができないからです。

具体性のないものというのは夢想的になりがちで、継続できずに終わってしまうことも多いのです。

ですから、分かりやすい目標と、そのための行動をリストアップすることで、結果に結びつきやすくなるでしょう。

ただし、簡単に結果が出るものと楽観視したり、結果を焦ってしまってはいけません。

簡単に手が入る能力や成果はないと理解し、日々の努力を怠らないことが大切なのです。

5-2. 目標を細分化する

根気強くなるためには、大きな目標だけを掲げるのではなく、その目標を細分化することが大切です。

人は大きな壁を設定してしまうと、無理だ、できないと諦めてしまいがちです。

壮大すぎればすぎるほど、やる前から投げ出してしまうことに繋がるでしょう。

ですから、大きな目標を達成するためには、何をすべきなのか小さな目標を立て、計画を細分化することが大切です。

毎日やるべきこと、一週間で達成すべきこと、一か月でやるべきことなど、時間や日数によって具体的に記すことが大切です。

小さな目標をクリアすることで、達成感を感じ、コツコツ継続するやる気や根気へと繋がりやすくなるのです。

5-3. 自分のことより相手を優先する

根気強くなるためには、ワガママになってはいけません。

相手を思いやる余裕が、気持ちの余裕へと繋がり、精神的に追い詰められすぎない土壌ができやすくなります。

また、自分の成果や得ばかりを求めていると、つい結果を焦ってしまい苛立つことが多いです。

全体の利益を考え、どう行動すべきか考えることによって、焦る気持ちが和らぎ、冷静に判断することができるでしょう。

また、人間関係においても我慢し、譲り合う心が、平和的な関係性を作り上げていくのです。

5-4. 辛くなったら自分を鼓舞する

根気強くなるためには、自分自身にエールを与えることが大切です。

辛い時こそ自分自身を鼓舞し、気持ちを盛り上げることによって、困難を乗り越えることができるのです。

根気強い人と言うのは、基本的にポジティブです。

後ろ向きになっていては努力し続けることなどできないからです。

ですから、自分を応援し、時には叱咤激励し、自分自身でやる気を創出することが大切なのです。

5-5. 楽しみや楽なことに逃げない

根気強くなるためには、楽しみや楽なことばかりに逃げないことが大切です。

人は辛くなるとつい楽な方ばかり向いてしまいますが、それでは成長することができません。

楽な道を断ち、苦難を乗り越えることで大きく変わることができるのです。

また、自分の目に映る場所に、楽しみや欲求に関する物を置かないことも大切です。

たとえば趣味に関するものであったり、食べ物であったりと、快楽を置いてしまうと人は逃げやすくなります。

そうした物を断ち、ストイックであることで、より強くなれるのです。

ただし、時には休み、リフレッシュすることもやる気の創出に繋がります。

仕事と休息のバランスを保つことが大切です。

6. 根気強い人の長所

根気強い人の長所

6-1. 三日坊主にならない

根気強い人は、三日坊主で終わることは少ないです。

一度決めた目標を最後までやり遂げる強い意思と力を持っているからです。

また、根気強い人は結果を焦らず、気長に努力することができます。

そのために、短期間で成果が得られなくても、その先を見据えて行動することができるのです。

それは趣味や習慣などにおいても長く続いていくでしょう。

6-2. ストレス耐性が強い

根気強い人はストレス耐性が強いと言えるでしょう。

さまざまな困難に対して立ち向かう力があり、簡単に折れることはありません。

また、環境や状況の変化に対して苛立ったり、動揺することなく行動することができます。

頑固な面があるため適応できるかどうかはその人によりますが、さまざまな変化にじっと耐える力を持っているのです。

6-3. 心身共に健康的である

根気強い人は心身共に健康的である場合が多いです。

心と体が強いからこそ、何事にも耐える能力へと繋がりやすいのです。

ですから、根気強くなるためには、心身を鍛えることもまた有効な手段と言えるでしょう。

また、体と心を強くすることで、さまざまな外的ストレスに耐えることもできるのです。

我慢強さは心と体の芯が必要不可欠なのです。

まとめ

根気強い人にはさまざまな長所があります。

時に頑固な一面が出てしまうこともありますが、その心の強さによって困難を乗り越えることができるでしょう。

結果を焦らず、コツコツと努力することが大切です。

根気強い人は、忍耐強く、最後まで物事をやり遂げる力を持っています。

その我慢強さによって、さまざまな困難を乗り越えることができるでしょう。

ただし、自身に負荷をかけ過ぎたり、無理をしすぎる所があるので注意が必要です。

また、諦めの悪い一面から、止め時を見失い失敗してしまうこともあるので気をつけましょう。

ここでは、根気強い人の長所と短所や、根気強い人とそうでない人の違いや、根気強い人になるための方法などについて紹介します。

自分の心や体と向き合い、芯のある強い人になれるように努力しましょう。

記事の続きを読む

※当サイトは占いやスピリチュアルに関連する記事を掲載するメディアサイトです。
掲載中の記事には効果や効能に根拠がない物、証明されていない場合もありますのでご注意下さい。
また当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害について、運営者は一切の責任を負いません。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

無料占い