占いの意味や夢の意味・心理や数字はどんな意味?SPITOPIは「占い」であなたの深層心理に迫ります。

 

運勢・占い・心理の秘密


https://spitopi.com/blog/20180705180528.html
走馬灯現象とは・見る瞬間や見え方

走馬灯現象とは・見る瞬間や見え方 | SPITOPI

SPITOPI
走馬灯現象とは・見る瞬間や見え方

スポンサーリンク

皆さんも走馬灯のように学生のころのことを思い出したりすることがあります。

この言葉が使われることが多いのは、死の前の描写に人生が走馬灯のように浮かぶという時によく使われます。

人間の死と深い関係のある走馬灯がどのように見えるのかを紹介します。

  • 走馬灯とは
  • 走馬灯の特徴から考える「走馬灯の意味」
  • 走馬灯を見ると言われる瞬間
  • 走馬灯を見られるスピリチュアル的な意味
  • 「走馬灯」の特徴
  • 走馬灯体験した方の走馬灯の見え方
  • まとめ

1. 走馬灯とは

走馬灯とは

1-1. 走馬灯とはどういう意味

1-走馬灯とはどういう意味

走馬灯は、影絵が回転しながら写るように細工された回り灯籠のことをいいます。

皆さんもご家族や親せきの葬儀に参列された方であれば、どのようなものなのか、わかるかもしれないです。

仏壇の両脇に置いてあるものと言えばわかりやすいかもしれないです。

1-2. どのような現象なのか

1-どのような現象なのか

走馬灯とは一般的に死の間際に過去の記憶が見られるということです。

死の間際では、本人自体は大変危険な状態になっていることから、そのような状態の中で、頭の中で懐かしい記憶、楽しい記憶、悲しい記憶などをそんなに長くない時間で見ることが出来るので、今までの人生の思い出などを本来の時間より長く感じられる方もいらっしゃいます。

走馬灯は過去の記憶をパノラマ映像のように見えると言うことです。

1-3. パノラマ映像

1-パノラマ映像

走馬灯の特徴として、誰もが見たいと思うパノラマ映像体験となっています。

この走馬灯がパノラマ映像を見ているようだと思われている意味としては、実際に走馬灯を体験した人の今までの人生の記憶や体験を調査した結果、多くの人がかなり幼少の時期の記憶など断片的に、映画を映し出すフィルムのように見えたということです。

走馬灯は写真や映画のフィルムのように、何度も危機的な状態になると、繰り返して過去の記憶が見られるようになっています。

パノラマ映像としては、いくつもの記憶が同時に映し出されると言われているのです。

さらに詳しく言うと、走馬灯は複数のスクリーンによって、脳内に過去の記憶を同時に映し出されると言われています。

走馬灯は自分の過去である楽しい記憶や悲しい記憶の映画を、同時に何本も見るような感覚らしいものとなっています。

2. 走馬灯の特徴から考える「走馬灯の意味」

走馬灯の特徴から考える「走馬灯の意味」

走馬灯の意味としては、自分の死が近づいてきた時に、自分の人生の年数分の思い出が、瞬時に自分の過去を映像化するということです。

ですので、普段の生活の中で、走馬灯のように思い出すということで良く使われるのです。

3. 走馬灯を見ると言われる瞬間

走馬灯を見ると言われる瞬間

3-1. 死の危機に瀕する

3-死の危機に瀕する

死に対して危険が迫っているという意味でもあります。

ですので、例としては病院に入院をしている時に、急変をして死の危機に瀕する状態になるということです。

わかりやすく言えば、危機的な状況とも言えます。

3-2. 臨死体験をする

3-臨死体験をする

臨死体験というのは、生と死の境界線にいる時間でもあることから、死後の世界を見てしまったことを臨死体験と言われています。

病院に入院をして息を引き取ったかのように思えた時に、必死の家族の呼びかけに対し、奇跡的に生の世界に戻ることをいいます。

3-3. 不気味な幽体離脱体験

3-不気味な幽体離脱体験

幽体離脱とは、寝ている時に、その人の魂が抜けることをいいます。

ですので、幽体離脱をされた方も多くいらしゃって、自分の姿を上から見たことがあるという方も少なからずいらっしゃいます。

しかしそのまま魂が抜けていることから、そのまま、戻れなければあの世に言ってしまうので注意が必要なのです。

4. 走馬灯を見られるスピリチュアル的な意味

走馬灯を見られるスピリチュアル的な意味

人は誰でも死んだらどうなるんだろうと思われる方も多いです。

走馬灯が見られるということは、ごく自然なことであり、何等かの精神状態が関わるということはないと言えます。

走馬灯を見た方は、心神的に穏やかな方であるかと思います。

走馬灯を見たいと思って、すぐに見られるわけでもなく、危機的な状態になった時にスクリーンで見ることが出来るものなのです。

5. 「走馬灯」の特徴

「走馬灯」の特徴

5-1. すべての人が走馬灯を見られることはない

5-すべての人が走馬灯を見られることはない

今まで書いた中ものから推測をすると、いかにも不思議な走馬灯は、死の間際になると、全員見ることが出来ると思いこんでしまいますが、実際の所では、すべての方が走馬灯を見ることが出来ないということです。

ですので、死の間際になってみたいと思われる方が、わざとそういった行為をしてしまっても、必ず見られるという保証はないのです。

5-2. 第三者視点

5-第三者視点

走馬灯というのは、第三者の視点から見ると、とても不思議であり、そんなことは本当にあるのかと疑ってしまうこともあります。

走馬灯の素晴らしい光景は、第三者視点からは、確認することが出来ないこともありますので、臨死体験などした方が、走馬灯というものがどのようなものなのかを、絵に描いたりして伝える他は出来ないと言うことです。

映画館にいるような感覚で、目の前のスクリーンに映し出すので、多くの方からの体験から、実際にあるものだと実証出来ます。

他人に走馬灯の素晴らしさを伝えにくいことでもありますが、経験したことがないので、伝えても聞き耳持たないと言うことになっています。

5-3. 思考の速度が異常な速さになる

5-思考の速度が異常な速さになる

死ぬ間際に走馬灯が人生の終わりまで一瞬で映し出されるので、それと同等に思考も速度が、かなり速くなるということです。

走馬灯は自分の人生の生い立ちを思い出すようになっていますので、脳内で映像化をする時に自分自身が思い出そうとすることもなく、自然に映像化されるのです。

必然的に思考される速さも、現在の世界では考えられないほど、素早く見ることが出来るのです。

素早く映像が動いたとしても、脳の中には、その映像がすべて把握出来るようになると言われています。

5-4. 安心感や幸福感を感じる

5-安心感や幸福感を感じる

人が死の危険が及ぶ状態に走馬灯を見られるということが多いです。

見ている時には、安心感を感じ、幸福感を感じると言うことがあります。

死の危機に迫っているので、安心を感じると言うことは、絶対にないと思われるかもしれないですが、走馬灯を見ている間は、大変穏やかな気持ちになると言われています。

走馬灯の映像をパノラマ映像で見られた記憶がある方は、天国にいる幸福感を自ら見ることが出来たと言っても過言ではないです。

6. 走馬灯体験した方の走馬灯の見え方

走馬灯体験した方の走馬灯の見え方

6-1. スローモーションでみえた

6-スローモーションでみえた

祖父が病気で入院をしている時に、最終的には大腸がんで亡くなることになったのですが、 入院時はとても元気で普通に話せる状態だったのです。

ある夜に、急変をしてすぐに近くに住んでいる家族が病院に向かった時には、集中治療室に入っていたのです。

一般病棟に移り、娘、息子、孫が揃ってお見舞いに行った時に、祖父の口から、見てしまったと言ったのです。

何を見たのか聞いてみると、戦争中から今まで生きてきた所までの映像が見えたと言ったのです。

走馬灯は、一瞬の出来事となる場合が多いですが、祖父は、スローモーションで見えたと言ったのです。

祖父は戦争を体験された方なので、その苦しみを再度映像で映し出された時には、大変苦痛だと思ってたのが和やかな雰囲気で見ることが出来たので、大変不思議だと言っていたのです。

6-2. コマ送りで見ている様

6-コマ送りで見ている様

車での事故を起こして、救急車で大きな病院に運ばれた時、輸血が必要と言うことで、大量の輸血を病院ですることになったのです。

顔は青ざめた状態で、血圧も50以下になり危機的な状態になったのです。

その時に、走馬灯を見たといい、それもコマ送りで見ることが出来たのです。

わかりやすく言えば、昔の映画は、8ミリカメラと言って、コマごとに撮影をしてそれを連続で流すことで流れるような映像が見ることが出来るというものです。

意識は遠のいている状況の中で、スクリーンにコマ送り状態で写し出されるので、写真を何枚も見ているかのようだったということです。

生い立ちから現在までの流れを一瞬にして映像で見ることが出来る方もいれば、コマ送りとしてゆっくりと映像を見ることが出来る方もいらっしゃいます。

6-3. 一本道を走りながらみた

6-一本道を走りながらみた

スキーシーズンに家族で旅行をしたのですが、まだ初心者だったので、滑ることがままならない状態だったのです。

早くうまく滑りたいと必死に頑張ったのですが、止まり方がわからなかったので、人と激突をしてしまったのです。

意識はなくすぐに近くの病院に行ったのですが、ICUに入るようになってしまい旅行所ではなくなってしまったのです。

数日後、ようやく目が覚めたのです。

娘は、顔や腕に傷が残ってしまったのですが、顔を見ると平然とした感じに見えたのです。

夢か現実かわからないけど、一本道を走っている所を見たのです。

一本道の右隣には川があり、なぜか川沿いに走っていたのです。

川の向こう岸には、先に亡くなった祖母が見えたのです。

一本道から外れて川を必死で渡ろうとした時に、後ろから家族の声が聞こえて振り向いた時に現実に戻ることが出来たというものです。

まとめ

走馬灯は、死の淵に立たされた時には、見えることが多いそうです。

走馬灯を見たことがある方は、とても貴重な体験をされたと思っていいです。

走馬灯は、生きている間に心に残っている思い出や、見たくない思い出も見ることが出来ます。

走馬灯の本来の意味としては、葬儀に飾られている、美しい絵柄がデザインされており、電気をつけることぐるぐると回転をすることから、人生を振り返ると似たものとなり、走馬灯と言われることになったのです。

走馬灯を見ると、何だか安心感があり、心も安らぐこと言われているので、とても心が落ち着く状態になります。

世の中には、こういった不思議な体験が出来るようになっています。

皆さんも走馬灯のように学生のころのことを思い出したりすることがあります。

この言葉が使われることが多いのは、死の前の描写に人生が走馬灯のように浮かぶという時によく使われます。

人間の死と深い関係のある走馬灯がどのように見えるのかを紹介します。


走馬灯とは

1-1. 走馬灯とはどういう意味

1-走馬灯とはどういう意味

走馬灯は、影絵が回転しながら写るように細工された回り灯籠のことをいいます。

皆さんもご家族や親せきの葬儀に参列された方であれば、どのようなものなのか、わかるかもしれないです。

仏壇の両脇に置いてあるものと言えばわかりやすいかもしれないです。

1-2. どのような現象なのか

1-どのような現象なのか

走馬灯とは一般的に死の間際に過去の記憶が見られるということです。

死の間際では、本人自体は大変危険な状態になっていることから、そのような状態の中で、頭の中で懐かしい記憶、楽しい記憶、悲しい記憶などをそんなに長くない時間で見ることが出来るので、今までの人生の思い出などを本来の時間より長く感じられる方もいらっしゃいます。

走馬灯は過去の記憶をパノラマ映像のように見えると言うことです。

1-3. パノラマ映像

1-パノラマ映像

走馬灯の特徴として、誰もが見たいと思うパノラマ映像体験となっています。

この走馬灯がパノラマ映像を見ているようだと思われている意味としては、実際に走馬灯を体験した人の今までの人生の記憶や体験を調査した結果、多くの人がかなり幼少の時期の記憶など断片的に、映画を映し出すフィルムのように見えたということです。

走馬灯は写真や映画のフィルムのように、何度も危機的な状態になると、繰り返して過去の記憶が見られるようになっています。

パノラマ映像としては、いくつもの記憶が同時に映し出されると言われているのです。

さらに詳しく言うと、走馬灯は複数のスクリーンによって、脳内に過去の記憶を同時に映し出されると言われています。

走馬灯は自分の過去である楽しい記憶や悲しい記憶の映画を、同時に何本も見るような感覚らしいものとなっています。

走馬灯の特徴から考える「走馬灯の意味」

走馬灯の意味としては、自分の死が近づいてきた時に、自分の人生の年数分の思い出が、瞬時に自分の過去を映像化するということです。

ですので、普段の生活の中で、走馬灯のように思い出すということで良く使われるのです。

無料占い

スポンサーリンク



無料占い

※当サイトは占いやスピリチュアルに関連する記事を掲載するメディアサイトです。
掲載中の記事には効果や効能に根拠がない物、証明されていない場合もありますのでご注意下さい。
また当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害について、運営者は一切の責任を負いません。
この記事は2018年12月05日に更新されました。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!