占いの意味や夢の意味・心理や数字はどんな意味?SPITOPIは「占い」であなたの深層心理に迫ります。

 

運勢・占い・心理の秘密


https://spitopi.com/blog/20180628145903.html
ご自愛ください・ビジネスでの使い方・返事など

ご自愛ください・ビジネスでの使い方・返事など | SPITOPI

SPITOPI
ご自愛ください・ビジネスでの使い方・返事など

スポンサーリンク

ビジネスなどでお世話になっている人などに手紙をもらったり、手紙を書くことになったとき、ご自愛くださいという言葉を使われたり、自分自身が使うべきなのかを悩んだことがある人も多いのではないでしょうか。

そこで、今回はご自愛くださいに関しての使い方などについてご紹介していきたいと思います。

  • ご自愛くださいの意味
  • ご自愛くださいの使い方について
  • ご自愛くださいの使い方の注意点
  • ご自愛くださいへの返し方
  • ご自愛くださいの類語
  • まとめ

1. ご自愛くださいの意味

ご自愛くださいの意味

ご自愛くださいというのは、文字通りに自分を愛してくださいというような意味をもたらしているとされています。

ご自愛くださいというのは、「からだを大切にしてください」というような意味をもたらしているとされており、相手のことを思いやるような気持ちを表しているとされています。

相手に対しての健康を願っているような、思いやりの気持ちを表しているような傾向にあるとされています。

また、ご自愛くださいの意味としては、身体だけではなく、疲れを溜め込まないようにというような意味をもたらしていたり、精神的な安定などを含んでいますので、相手への心身を気遣う言葉であるとされています。

2. ご自愛くださいの使い方について

ご自愛くださいの使い方について

2-1. ビジネスにおける使い方について

2-ビジネスにおける使い方について

ご自愛くださいというのは、ビジネスでも使われているような言葉でもあります。

会社などにおいて、上司に手紙を書いたり、取引がある企業などにおいて手紙を書いたりするときなどに、手紙の最後に一言添えるということが常識であるとされています。

仕事の話ばかりをしてしまうよりも、相手のことを思いやる気持ちを持っていることを告げるということの方が、ビジネスにおいては必要なときがあります。

ビジネスでのやり取りの最後に、「ご自愛ください」の言葉をつけることで、相手のことを思いやっていることをさりげなく伝えることができるとされています。

ビジネスの手紙などではなかなか相手に対しての思いやりの言葉をかけることが難しいと思われていますが、この「ご自愛ください」の言葉を加えることによって、上司や取引先などの相手に対しても、しっなりと思いを伝えることができるようになるのではないでしょうか。

2-2. 夏の時期に用いる

2-夏の時期に用いる

夏というのは、夏バテなどをしてしまう人が多くいつも以上に体に気を付けてほしいというような思いが強くなるのではないでしょうか。

そのため、普段の手紙などでは「ご自愛ください」というような言葉をつけなかったとしても、夏の時期などにはからだを壊しやすくなってしまいますので、暑中お見舞いに「ご自愛ください」というような言葉を付け加えることが大切であるとされています。

暑中お見舞いに関しての使い方については、「こらからも暑い日が続くと思いますので、ご自愛ください」や「暑さ厳しい折から、ご自愛くださいますようお祈り申し上げます」などのように、夏の暑さを絡まされるような言葉を付け加えて、「ご自愛ください」という言葉を暑中お見舞いに書き加えることが大切であると言えます。

夏などには、誰もが体調に変化を感じてしまうとも言われています。

そのため、暑中お見舞いを書くときには、ご自愛くださいなどのように、相手の体調をしっかりと気遣う気持ちを言葉にすることが必要であるとされています。

2-3. 残暑見舞い

2-残暑見舞い

暑中お見舞いを出していないときなどに、夏の終わりに出す、夏の便りである残暑見舞いというのも、からだを壊しやすい季節となっていますので、残暑見舞いにもご自愛くださいの一言を付け加えるというのがベターであるとされています。

残暑見舞いに対してのご自愛くださいの書き方としては、「暑さもまだまだ続きそうです。

くれぐれもご自愛ください」や「からだの疲れが出やすいですので、ご自愛ください」などのように、残暑にまだまだ暑さが残り、季節の変わり目にあるため、そのようなことも付け加えるということが大切であると言えます。

ご自愛くださいというような言葉を付け加えたいときには、残暑であるというような気持ちを付け加えていくことを意味しているとされています。

残暑見舞いというと、暑い季節が終わるため、「ご自愛ください」の言葉は使わない方がよいのではないかと思われるかもしれませんが、季節の変わり目に体調を崩してしまう人が多いのも事実ですので、時期の挨拶というのは、からだのことを気遣った詞書が大切であると言えます。

また、冷夏などで暑くないときなどにも、「気温の変化に体調を崩されてないように、どうかご自愛ください」というような言葉に変えるなどの、状況に合わせたような言葉に変えるようにすることが大切です。

2-4. 年賀状におけるご自愛くださいの使いかた

2-年賀状におけるご自愛くださいの使いかた

普段は手紙などを出さない人でも、年賀状は出すというような人も多いのではないでしょうか。

年賀状というのも、寒い時期になりますので、からだを壊しやすい時でもあるとされています。

そのため、年賀状などにおいても、ご自愛くださいと一言付け加えていくことで、相手を思いやる気持ちが伝わります。

年賀状にご自愛くださいを付け加えるのであれば、「まだまだ寒い日が続きますが、くれぐれもご自愛ください」や「風邪などをひかれぬよう、ご自愛ください」などのように、相手のことを気遣う気持ちというのは、年賀状にも書き留めておくとよいのではないでしょうか。

また、仲がよい人であれば、ご自愛くださいの前後の文章をフランクにしてもよいかもしれません。

「お餅などを食べ過ぎてはいませか。

運動などを取り入れて、どうぞご自愛くださいますよう申し上げます」などのように、ユーモアなどを取り入れてもよいのではないでしょうか。

2-5. 普段の手紙での使い方

2-普段の手紙での使い方

普段から手紙をやり取りしている人にも、ご自愛くださいの言葉を伝えたいと感じている人も多いと思います。

しかし、これまでは別の話をしていたのに、最後にご自愛くださいと書き入れたとしても、無理矢理ご自愛くださいを使おうとしているように思われるのではないかと考えられる人もいるかもしれません。

しかし、ご自愛くださいの前後に気を付けることで、さりげなく、ナチュラルな文章を書くことが出来るとされています。

仕事の話が主な手紙の内容であれば、「毎日忙しいとは存じますが、くれぐれもご自愛ください」や「充実した日々をお過ごしのことと思いますが、くれぐれもご自愛くださいますようお祈り申し上げます」などのように、仕事に絡めた文章にすると、ナチュラルになります。

2-6. 上司や男女問わず使える

2-上司や男女問わず使える

正しい文章を書くときに、自分のなかでは丁寧な言葉を使っているつもりであっても、実は違っていたり、上司などに使ってはいけないような文章を書いてしまうこともあるかもしれません。

しかし、ご自愛くださいというのは、上司にも使える気遣いの言葉であるとされています。

また、男女問わずどちらでもご自愛くださいの文章というの書くことができますので、男性の上司だからご自愛くださいを書いてはいけないのではないだろうかというような、不安な気持ちを持たなくても大丈夫だとされています。

3. ご自愛くださいの使い方の注意点

ご自愛くださいの使い方の注意点

3-1. 身体をご自愛くださいは間違い

3-身体をご自愛くださいは間違い

ご自愛くださいという言葉を使われるときに、「身体をご自愛ください」と書かれる方もいますが、これはご自愛くださいの使い方としては間違いであるとされています。

ご自愛くださいというのは、(身体を大切にしてください)と言うような意味があります。

そのため、「身体をご自愛ください」とかいてしまうと、(身体を身体を大切にしてください)というように、何だか意味が分からないような文字になってしまいます。

つまり、「腹痛が痛い」「頭痛が痛い」などのような文章になっているとされています。

そのため、ご自愛くださいというのは、「身体を大切に」というような意味であることをしっかりと意識しておくことが大切であるとされています。

3-2. ご慈愛くださいは間違い

3-ご慈愛くださいは間違い

よく、身体を大切にしてくださいというような意味として、「ご慈愛ください」と書かれている方もいますが、これは間違いであると言えます。

読みは同じですが、漢字が異なるだけでも意味は異なります。

ご慈愛くださいというのは、ご自愛くださいにあるように相手の身体を思いやる気持ちよりも、(あなたの愛情を私にください)というような意味となってしまいます。

そのため、ご自愛くださいという言葉を伝えたいのに、ご慈愛くださいとかいてしまうと、相手のことを思いやる気持ちどころか、あななたが相手に対して求める気持ちなどを表してしまうとされています。

ご慈愛くださいの意味を理解することで、どちらの文字を書かなくてはならないというような意味を持っているとされています。

3-3. 体調を崩している人には使わない

3-体調を崩している人には使わない

ご自愛くださいというのは、体調を崩してしまっている人に伝えたいと感じている人も多いと思いますが、体調を崩してしまっている人にご自愛くださいの文章を書くことはNGであるとされています。

体調が悪い人にご自愛くださいの言葉を伝えるのは、大切にしていなかったと責めてしまうようなイメージを持たれてしまいます。

そのため、病気の人にご自愛くださいの文章を送るのは間違いであると言えます。

もしも体調を崩してしまっている人に気遣いなどの言葉を書きたいと思ったのであれば、ご自愛くださいという言葉ではなく、「一日も早いご回復を心よりお祈り申し上げます」などのように、今の病気が早く回復するようにと祈るような文章を書くことが大切であるとされています。

3-4. 季節外れな文章を書かないように注意が必要

3-季節外れな文章を書かないように注意が必要

ご自愛くださいの前後には、一言何かを付け加える人が多いと思います。

一言添える時には、季節を考えたような文章にすることが大切です。

猛暑なのに「風邪などをひかれぬようご自愛ください」と描くと、疑問を感じられてしまうかもしれません。

夏風邪などが流行っていたときにはそのような文章を書きたくなるかもしれませんが、そのようなときには「夏風邪にはご注意し、ご自愛くださいますようお祈り申し上げます」や「猛暑にて室内外の気温が変わりやすくなっていますので、夏風邪などひかれぬようご自愛ください」というようなにすることが大切です。

季節をしっかりと見ていくことで、相手に疑問を持たれないような、気遣いの精神を伝えることができるようになっているとされています。

3-5. 文章の最後に付け加える

3-文章の最後に付け加える

ご自愛くださいというのは、文章の始めや中盤などに書くのではなく、全ての会話が終えて、追伸のような形で書くことが基本となっています。

相手のことを思うあまり、文章の始めなどに書いてしまったり、中盤で書いてしまうような人もいますが、できるだけ文章の最後に付け加えるということが大切であるとされています。

特に、上司などに書くときには、最後に付け加えるように書き入れることが大切であるとされています。

4. ご自愛くださいへの返し方

ご自愛くださいへの返し方

4-1. お礼をしっかりと述べる

4-お礼をしっかりと述べる

手紙などで、ご自愛くださいの言葉をあなたが頂いたときに、どのように返したら良いのか分からないような人も多いと思います。

しかし、あまり深く悩むことはありません。

相手からご自愛くださいと身体を大切にするようにと、自分の身体を心配してくださったり、気遣いの気持ちを示してくれたことに、しっかりとお礼を伝えることが大切であるとされています。

ストレートに「お気遣いいただき、ありがとうございます」や、「お気遣いの言葉、とても嬉しく思っております」などのような言葉を使うことが大切であるとされています。

自分の気持ちがしっかりと相手に伝わるような言葉を用いるのがポイントであるとされています。

4-2. 相手のことを気遣う

4-相手のことを気遣う

ご自愛くださいの言葉をもらったら、お礼を言うと共に、相手のこともしっかりと気遣うことが大切です。

「~さんも身体を大切にされてください」や「~さんも健康にご留意ください」などの言葉を備えていくことが大切であるとされています。

相手から気遣いをされたら気遣いで返すというのが大切であるとされています。

4-3. ご自愛くださいへの返し方の例文

4-ご自愛くださいへの返し方の例文

ご自愛くださいと言われたときには、様々な返し方がありますが、基本的には気遣いにお礼を言って、相手のことも気遣うということが大切であると言えます。

ご自愛くださいの言葉への返し方の例文としては、「お気遣いありがとうございます。

~さんも健康にはご留意ください」や「お気遣いの言葉、とても嬉しく思っております。

~さんも身体を大切にされてください」というような文章で大丈夫です。

もしも相手が病気などであれば、「お気遣いありがとうございます。

~さんも一日も早いご回復を心よりお祈り申し上げます」というような言葉にすることが大切です。

5. ご自愛くださいの類語

ご自愛くださいの類語

5-1. お身体を大切に

5-お身体を大切に

ご自愛くださいの類語というのは様々ですが、ご自愛くださいというような意味として、もっとも多く使われるのが「お身体を大切に」という言葉です。

ご自愛くださいというのは、そもそもがお身体を大切にしてくださいというような意味をもたらしていますので、ご自愛くださいの代わりとして、お身体大切にしてくださいというような言葉で相手に対しての思いやりの言葉を伝えるというのも、大切であるとされています。

5-2. お労りください

5-お労りください

ご自愛くださいの類語としては、「お労りください」というような言葉も当てはまるとされています。

ご自愛くださいの類語として、お労りくださいというような言葉を使われることもあり、ご自愛くださいの類語としては、お労りくださいというような言葉も使えるとされています。

しかし、お労りくださいというのは、目上の人に書くことに抵抗があるというような人も多いですので、相手によって、ご自愛くださいやお労りくださいなどのように使い分けていくことが大切であると言えます。

5-3. 風邪などをひかれませんように

5-風邪などをひかれませんように

ご自愛くださいの意味としては、身体を大切にされてくださいというような意味を持っていますので、風邪などをひかれませんようにや、しっかりと睡眠をとられてくださいなど、相手の生活などを心配するような言葉を投げ掛けるということも大切であるとされています。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ご自愛くださいというのは、よく耳にすることはあったとしても、その意味などをいまいち理解していなかったり、使い方などを間違っているような人もいたのではないでしょうか。

ご自愛くださいというのは、相手のことをいたわる気持ちであるとされています。

相手が健康であることを願っていたりと、様々な意味をもたらしているとされています。

大切な手紙などには、相手に思いやりを込めてご自愛くださいの一言を添えることが大切であるとされています。

ご自愛くださいは目上の人でも友だちや後輩などにも使うことができますので、相手のことを気遣う気持ちを伝えることができるような、万能な言葉であるとされています。

ビジネスなどでお世話になっている人などに手紙をもらったり、手紙を書くことになったとき、ご自愛くださいという言葉を使われたり、自分自身が使うべきなのかを悩んだことがある人も多いのではないでしょうか。

そこで、今回はご自愛くださいに関しての使い方などについてご紹介していきたいと思います。


ご自愛くださいの意味

ご自愛くださいというのは、文字通りに自分を愛してくださいというような意味をもたらしているとされています。

ご自愛くださいというのは、「からだを大切にしてください」というような意味をもたらしているとされており、相手のことを思いやるような気持ちを表しているとされています。

相手に対しての健康を願っているような、思いやりの気持ちを表しているような傾向にあるとされています。

また、ご自愛くださいの意味としては、身体だけではなく、疲れを溜め込まないようにというような意味をもたらしていたり、精神的な安定などを含んでいますので、相手への心身を気遣う言葉であるとされています。

ご自愛くださいの使い方について

2-1. ビジネスにおける使い方について

2-ビジネスにおける使い方について

ご自愛くださいというのは、ビジネスでも使われているような言葉でもあります。

会社などにおいて、上司に手紙を書いたり、取引がある企業などにおいて手紙を書いたりするときなどに、手紙の最後に一言添えるということが常識であるとされています。

仕事の話ばかりをしてしまうよりも、相手のことを思いやる気持ちを持っていることを告げるということの方が、ビジネスにおいては必要なときがあります。

ビジネスでのやり取りの最後に、「ご自愛ください」の言葉をつけることで、相手のことを思いやっていることをさりげなく伝えることができるとされています。

ビジネスの手紙などではなかなか相手に対しての思いやりの言葉をかけることが難しいと思われていますが、この「ご自愛ください」の言葉を加えることによって、上司や取引先などの相手に対しても、しっなりと思いを伝えることができるようになるのではないでしょうか。

2-2. 夏の時期に用いる

2-夏の時期に用いる

夏というのは、夏バテなどをしてしまう人が多くいつも以上に体に気を付けてほしいというような思いが強くなるのではないでしょうか。

そのため、普段の手紙などでは「ご自愛ください」というような言葉をつけなかったとしても、夏の時期などにはからだを壊しやすくなってしまいますので、暑中お見舞いに「ご自愛ください」というような言葉を付け加えることが大切であるとされています。

暑中お見舞いに関しての使い方については、「こらからも暑い日が続くと思いますので、ご自愛ください」や「暑さ厳しい折から、ご自愛くださいますようお祈り申し上げます」などのように、夏の暑さを絡まされるような言葉を付け加えて、「ご自愛ください」という言葉を暑中お見舞いに書き加えることが大切であると言えます。

夏などには、誰もが体調に変化を感じてしまうとも言われています。

そのため、暑中お見舞いを書くときには、ご自愛くださいなどのように、相手の体調をしっかりと気遣う気持ちを言葉にすることが必要であるとされています。

2-3. 残暑見舞い

2-残暑見舞い

暑中お見舞いを出していないときなどに、夏の終わりに出す、夏の便りである残暑見舞いというのも、からだを壊しやすい季節となっていますので、残暑見舞いにもご自愛くださいの一言を付け加えるというのがベターであるとされています。

残暑見舞いに対してのご自愛くださいの書き方としては、「暑さもまだまだ続きそうです。

くれぐれもご自愛ください」や「からだの疲れが出やすいですので、ご自愛ください」などのように、残暑にまだまだ暑さが残り、季節の変わり目にあるため、そのようなことも付け加えるということが大切であると言えます。

ご自愛くださいというような言葉を付け加えたいときには、残暑であるというような気持ちを付け加えていくことを意味しているとされています。

残暑見舞いというと、暑い季節が終わるため、「ご自愛ください」の言葉は使わない方がよいのではないかと思われるかもしれませんが、季節の変わり目に体調を崩してしまう人が多いのも事実ですので、時期の挨拶というのは、からだのことを気遣った詞書が大切であると言えます。

また、冷夏などで暑くないときなどにも、「気温の変化に体調を崩されてないように、どうかご自愛ください」というような言葉に変えるなどの、状況に合わせたような言葉に変えるようにすることが大切です。

2-4. 年賀状におけるご自愛くださいの使いかた

2-年賀状におけるご自愛くださいの使いかた

普段は手紙などを出さない人でも、年賀状は出すというような人も多いのではないでしょうか。

年賀状というのも、寒い時期になりますので、からだを壊しやすい時でもあるとされています。

そのため、年賀状などにおいても、ご自愛くださいと一言付け加えていくことで、相手を思いやる気持ちが伝わります。

年賀状にご自愛くださいを付け加えるのであれば、「まだまだ寒い日が続きますが、くれぐれもご自愛ください」や「風邪などをひかれぬよう、ご自愛ください」などのように、相手のことを気遣う気持ちというのは、年賀状にも書き留めておくとよいのではないでしょうか。

また、仲がよい人であれば、ご自愛くださいの前後の文章をフランクにしてもよいかもしれません。

「お餅などを食べ過ぎてはいませか。

運動などを取り入れて、どうぞご自愛くださいますよう申し上げます」などのように、ユーモアなどを取り入れてもよいのではないでしょうか。

2-5. 普段の手紙での使い方

2-普段の手紙での使い方

普段から手紙をやり取りしている人にも、ご自愛くださいの言葉を伝えたいと感じている人も多いと思います。

しかし、これまでは別の話をしていたのに、最後にご自愛くださいと書き入れたとしても、無理矢理ご自愛くださいを使おうとしているように思われるのではないかと考えられる人もいるかもしれません。

しかし、ご自愛くださいの前後に気を付けることで、さりげなく、ナチュラルな文章を書くことが出来るとされています。

仕事の話が主な手紙の内容であれば、「毎日忙しいとは存じますが、くれぐれもご自愛ください」や「充実した日々をお過ごしのことと思いますが、くれぐれもご自愛くださいますようお祈り申し上げます」などのように、仕事に絡めた文章にすると、ナチュラルになります。

2-6. 上司や男女問わず使える

2-上司や男女問わず使える

正しい文章を書くときに、自分のなかでは丁寧な言葉を使っているつもりであっても、実は違っていたり、上司などに使ってはいけないような文章を書いてしまうこともあるかもしれません。

しかし、ご自愛くださいというのは、上司にも使える気遣いの言葉であるとされています。

また、男女問わずどちらでもご自愛くださいの文章というの書くことができますので、男性の上司だからご自愛くださいを書いてはいけないのではないだろうかというような、不安な気持ちを持たなくても大丈夫だとされています。

無料占い

スポンサーリンク



無料占い

※当サイトは占いやスピリチュアルに関連する記事を掲載するメディアサイトです。
掲載中の記事には効果や効能に根拠がない物、証明されていない場合もありますのでご注意下さい。
また当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害について、運営者は一切の責任を負いません。
この記事は2018年12月05日に更新されました。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!