占いの意味や夢の意味・心理や数字はどんな意味?SPITOPIは「占い」であなたの深層心理に迫ります。

 

運勢・占い・心理の秘密


https://spitopi.com/blog/20180628145747.html
「痛み入ります」ビジネスでの使い方・返しなど

「痛み入ります」ビジネスでの使い方・返しなど | SPITOPI

SPITOPI
「痛み入ります」ビジネスでの使い方・返しなど

スポンサーリンク

ビジネスで使う言葉と、プライベートで使う言葉というのは異なるとされています。

そのため、社会人になりたての時などは、ビジネスで使う言葉の意味がわからないというような傾向にあることも多いと思います。

そこで、今回は痛み入りますの使い方などについてご紹介していきたいと思います。

  • 痛み入りますの意味
  • 痛み入りますの使い方
  • 痛み入りますを使った例文
  • 痛み入りますの類義語
  • 痛み入りますの注意点
  • 痛み入りますの英訳とは
  • まとめ

1. 痛み入りますの意味

痛み入りますの意味

痛み入りますというのは、(いたみいります)と読みます。

現在ではあまり使われなくなったと言われている言葉ですが、痛み入りますというのは、ビジネスでは使われることもある、覚えておきたい言葉のひとつでもあります。

痛み入りますというのは、あなたが何かをしてもらったときの感謝の言葉として用いられます。

誰かに感謝をするときに、あなたが相手に対して、自分のために時間をとらせてしまって、大変申し訳ないというような気分になったときに、痛み入りますというような言葉を使うことがあるとされています。

2. 痛み入りますの使い方

痛み入りますの使い方

2-1. ビジネスシーンで多用される

2-ビジネスシーンで多用される

痛み入りますというのは、プライベートの友達同士ではあまり使うことがないと言われています。

痛み入りますというのは、あなたが相手に対して、心苦しくなるほどの恩恵を受けたときに使うことがあり、取引先などの相手などに使われることが多いとされています。

痛み入りますというのは、あなたが相手に対して感謝の気持ちを感じているときに使われることが多いとされています。

2-2. 親しい人には使わない

2-親しい人には使わない

痛み入りますというのは、親しい間柄の相手には使われないことが多いとされています。

痛み入りますというのは、相手に対しての誠意などを意味しているのですが、誠意というのは親しい間柄においてはわざわざ言葉にすることも少ないとされています。

そのため、ビジネスにおいても同僚などに使うことは少ないとされています。

痛み入りますは、相手に対して大きな感謝の気持ちの現れですので、親しい人に使ってしまうと、嫌みであるようにとらえられてしまうことも多いとされています。

2-3. 好意を受けたときに使う

2-好意を受けたときに使う

痛み入りますというのは、誰かに行為を受けたときに使うことが多いとされています。

例えば、上司などが重要な仕事をようやく取り付けたものの、その仕事を部下であるあなたに託すことに決めたとき、あなたはどのような気持ちになるでしょうか。

うれしい気持ちもあるかもしれませんが、上司がようやく取り次いできた仕事をあなたが相手に引き受けることに、心が痛むほど申し訳ないというような気持ちになったり、その好意に対してあなたはうれしい以上の感覚を覚えることになると思います。

そのようなときに、痛み入りますというのは使われることが多いとされています。

あなたが好意を受けて仕事を上司から持っていたのであれば、「ご厚意に痛み入ります」というような使い方をされると言われています。

2-4. 指摘を受けたとき

2-指摘を受けたとき

上司や取引先からあなたの企画が間違っていたり、失敗する可能性があることを指摘されたとき、悔しいと感じる人も多いかもしれませんが、本来なら上司や取引先の相手も、人に指摘をするというのは楽しいと感じるものではありません。

なかには相手の弱味を握って楽しむような人もいるかもしれませんが、人に指摘をするということを苦手であると考えている人もいますし、何よりも指摘をされることで改善することができますので、ありがたいことであると言えます。

そのように、あなたが誰かには指摘をされたときにも、相手の言い難いと感じている気持ちをくみ取ったり、自分のために指摘をしてくれたことに大きな感謝の意味を込めて、「ご指摘、痛み入ります」というような言葉を用いることもあります。

2-5. サポートを受けたとき

2-サポートを受けたとき

ビジネスというのは、一人だけの力で行うものではありません。

様々な人からのサポートを受けて、成功をしていくものであるとされています。

そのような面から、サポートをしてもらった人に対して、自分のために時間や労力を使ってくれたことに対して、敬意を込めて、痛み入りますという言葉を用いられることが多いとされています。

誰かに助けてもらったときに、「ありがとうございます」というような言葉を使うよりも、「お時間割いていただき、痛み入ります」というと、相手に対しての誠意というのが伝わりやすいとされています。

3. 痛み入りますを使った例文

痛み入りますを使った例文

3-1. わざわざ遠くからお越しいただき、痛み入るような思いです

3-わざわざ遠くからお越しいただき、痛み入るような思いです

痛み入りますというのは、あなたが相手に対しての申し訳ないというような想いが込められています。

そのため、この「わざわざ遠くからお越しいただき、痛み入るような思いです」というような例文から見てもわかるように、時間や交通費などをかけて、遠い場所から訪れてくれたことに対して、あなたが自分のために時間を使わせてしまったことに対して、心が痛むほど申し訳ない気持ちと、感謝の気持ちが入り交じっているような状態にあることを意味しています。

遠くから自分のためだけに誰が訪れてくれたら、時間や労力を使わせてしまったことに対して、申し訳ないような気持ちでいっぱいになるのではないでしょうか。

そのような思いを感じたときに、痛み入りますという言葉を使われるとされています。

3-2. 貴重なご意見、痛み入ります

3-貴重なご意見、痛み入ります

「貴重なご意見、痛み入ります」というのは、苦情などを受けたときに使うことが多いとされています。

企業などに対してのクレームというのは、大変多いのですが、そのなかには企業を発展させるような言葉も頂けることがあり、クレームは企業を高める意見だとさえ考えている企業もあるほどです。

そのように、あなたがクレームや指摘に対して、企業が発展せずに、顧客の方を満足させることができなかったことに対して、胸がいたくなるような思いであるということを伝える言い回しとして、「ご指摘、痛み入ります」というような言葉を用いられることもあります。

指摘というのは、相手があなたやあなたが属している企業に対して成長をするためのサポートであると考えられています。

そのため、指摘を受けるということは、あなたが大きく成長するためにサポートをしてくれているというような傾向にあるため、「ご指摘、痛み入ります」というような言葉を発することが多いとされています。

3-3. ご面倒をおかけし、痛み入るような思いです

3-ご面倒をおかけし、痛み入るような思いです

あなたが失敗をしたときなどには、サポートをしてくれる上司などがいるのではないでしょうか。

もしもあなたが失敗をしたときに、サポートを誰かにしてもらったら、あなたはどのような気持ちになるでしょうか。

自分の仕事の時間を削ってまでサポートをしてくれたこと、自分のみになって助けてくれたことに対して、感謝をするだけではなく、申し訳ないと心が痛むほど辛い気持ちにも同時になってしまうと思われます。

そのように、あなたが周りの人に何らかのサポートを受けるときというのは、相手が多少なりとも迷惑を感じていますので、あなたが迷惑をかけてしまったことへの反省で心を痛めていることを含めて、「ご面倒をおかけし、痛み入るような思いです」というような言葉を用いられることがあります。

3-4. 葬儀などの挨拶にも使われることもあり

3-葬儀などの挨拶にも使われることもあり

痛み入りますというのは、ビジネスだけで使われるのではなく、葬儀などの場においても用いられることが多いとされています。

葬儀などでは、御祝儀などの席で親族に挨拶をしたり、親族と関わることが多いとされています。

そのなかで、親族に対して、故人の死を偲ぶ言葉として、「ご愁傷さまです」などの言葉をかけられてしまうこともあると思います。

故人の死に対しての悲しみからその言葉に対してうまく返すことができなかったり、どう返したら良いのか分からないため、返答に困るというような人も多いと思います。

「ご愁傷さま」と言われたら、「お気遣い痛み入ります」というような言葉を用いることで、悲しい気持ちで心が辛い状態にあることを分かちか合うような想いが込められています。

4. 痛み入りますの類義語

痛み入りますの類義語

4-1. 恐れ入ります

4-恐れ入ります

痛み入りますという言葉は、他の言葉に置き換えて使われることが多いとされています。

例えば、誰もが一度も耳にしたことがある、「恐れ入ります」というような言葉です。

恐れ入りますという言葉というののも、特にビジネスシーンにて使われることが多いとされています。

恐れ入りますという言葉というのは、痛み入りますと同じように、相手に対して申し訳ないというほどの感謝の気持ちを抱いていることを意味しているとされています。

あなたが取引先から恩恵を受けたときに、そのようなことをしてもらうとは、恐れ多いですというようなときには「恐れ入ります」という言葉を用いり、恩恵を受けたことで相手の苦労を感じとり、心が痛むほど申し訳ない気持ちを抱いているというのが、「痛み入ります」となっています。

どちらも上司などに使われることが多いとされていますが、「恐れ入ります」よりもより丁寧で相手への申し訳ない気持ちを表しているのが、「痛み入ります」であるとされています。

4-2. ありがとうございます

4-ありがとうございます

痛み入りますの類義語がありがとうございますというのは、違和感があると思われるかもしれませんが、痛み入りますの代わりにありがとうございますというのも多く使われています。

例えば、「ご厚意に痛み入ります」という言葉というのは、「ご厚意に感謝します」や「ご厚意いただき、ありがとうございます」という言葉でも伝わります。

痛み入りますや恐れ入りますよりもややフランクでありますが、近年では一番使いやすいですし、言葉が伝わりやすいとも言えます。

4-3. 痛み入りますと恐れ入りますどちらを使うべきなのか

4-痛み入りますと恐れ入りますどちらを使うべきなのか

痛み入りますという言葉と、恐れ入りますという言葉はどちらを使うべきなのが、日常には恐れ入りますという言葉を使い、大きな出来事には痛み入りますという言葉を使うことが大切であると言えます。

例えば、上司に書類の確認などをしてもらうように頼むときには、「お忙しいところ恐れ入ります。

こちらの方の確認とサインをお願い致します」というように、恐れ入りますを使うことをおすすめします。

しかし、大きな仕事を失敗してしまい、上司に助けてもらったのであれば、「助けていただき、恐れ入ります」よりも「助けていただき、痛み入ります」の方がより気持ちがつたわるのではないでしょうか。

そのように、使い方を状況に合わせることが大切です。

5. 痛み入りますの注意点

痛み入りますの注意点

5-1. 相手に伝わらない恐れがある

5-相手に伝わらない恐れがある

痛み入りますというのは、最近ではなかなか使わなくなってしまった言葉であると言えます。

そのため、痛み入りますという言葉を、わざわざ使うというような人というのは減少傾向にあります。

そのため、相手によっては痛み入りますという言葉が伝わらない可能性というのは少なくはありません。

特に、若い世代であったり、海外の生活が長い人などは、痛み入りますという言葉を耳にしたことがないというような人が多いため、人によっては痛み入りますという言葉を誤解されてしまうこともありますので、使う相手などには注意が必要であるとされています。

5-2. 皮肉にとらわれてしまうこともあり

5-皮肉にとらわれてしまうこともあり

痛み入りますというのは、相手の好意やサポートなどに対して、自分などのためにここまで取り組んでくれたことに対して、心が痛むほどの思いであるというような意味をもたらしているとされています。

そのため、痛み入りますというのは、自分を卑下しているような言葉であるようにも感じられてしまい、皮肉であるようにとらえられてしまうこともあります。

例えば、失敗などに対してお叱りを受けたときに、「ありがたいお言葉をいただき、痛み入ります」と述べたとき、怒られたことへの嫌みであるようにとらえられてしまうこともあるのです。

そのため、上司などに対して「痛み入ります」という言葉を使うときには、前後のフレーズに注意をして使うことが必要であるとされています。

5-3. バカにされているように感じられてしまう

5-バカにされているように感じられてしまう

痛み入りますという言葉を日常的に使われている人は少ないと思います。

そのため、痛み入りますを使うことで、相手がバカにされているように気持ちになってしまうことがあるとされています。

とくに友達同士では痛み入りますというワードを使うことはとても不自然であるとされていますので、友達同士で痛み入りますという言葉を使うことは、ふざけいるのではないかと思われてしまう可能性があります。

友だち同士では「ありがとう」や「ごめん」など、日常で活用されている言葉で気持ちを伝えることも大切なことです。

5-4. 痛み入りますへの返し方

5-痛み入りますへの返し方

痛み入りますという言葉を、相手から使われることも多いのではないでしょうか。

そのようなとき、どのように返したら良いのか焦ってしまって分からなかったというような人も多いと思いますが、痛み入りますという言葉へは、「とんでもないです」と返答するのが常識であるとされています。

相手から痛み入りますと使われてしまうと、こちらも丁寧な返さなくてはと、「とんでもございません」というような言葉を使われることも多いのですが、とんでもないですというような言い方が正しいとされています。

6. 痛み入りますの英訳とは

痛み入りますの英訳とは

ビジネスの世界で、海外の人と関わることが多いとされています。

そのなかで、痛み入りますという言葉を英語で伝えたいというような気持ちになるかもしれませんが、痛み入りますというのは、日本語独特の言い回しであるため、英訳でハッキリとしたものがあるわけではありません。

もっとも痛み入りますに近いのは、「you kindnessreally touches me 」というような言葉があります。

これは、「あなたの親切にとても感謝をしています」というような意味となっています。

あなたが相手からの恩恵に対して、とても感謝をしており、感謝してもしきれないというような気持ちが出ている言葉を伝えることで、英語でもあなたが痛み入るほどの感謝を感じていることを表現することができるとされています。

まとめ

様々な新しい言葉が出てくるなかで、古い言葉というのが再びつかわれていたり、ビジネスで使われるような、耳馴染みがないような言葉を用いられることも多いのではないでしょうか。

痛み入りますというのは、まさにそのような背景にある言葉であるとされています。

痛み入りますというのは、使い方などを間違えてしまうと、違う意味にとらわれてしまいますので、注意が必要であるとされています。

また、痛み入りますというのは、似たような言葉で使い分けることも可能ですので、無理に痛み入りますという言葉を使わないようなすることも大切なのかもしれません。

特に、目上の人にお叱りを受けたときなどに痛み入りますを用いると、嫌みであるようにとらえられてしまうこともありますので、注意をしておいてください。

ビジネスで使う言葉と、プライベートで使う言葉というのは異なるとされています。

そのため、社会人になりたての時などは、ビジネスで使う言葉の意味がわからないというような傾向にあることも多いと思います。

そこで、今回は痛み入りますの使い方などについてご紹介していきたいと思います。


痛み入りますの意味

痛み入りますというのは、(いたみいります)と読みます。

現在ではあまり使われなくなったと言われている言葉ですが、痛み入りますというのは、ビジネスでは使われることもある、覚えておきたい言葉のひとつでもあります。

痛み入りますというのは、あなたが何かをしてもらったときの感謝の言葉として用いられます。

誰かに感謝をするときに、あなたが相手に対して、自分のために時間をとらせてしまって、大変申し訳ないというような気分になったときに、痛み入りますというような言葉を使うことがあるとされています。

痛み入りますの使い方

2-1. ビジネスシーンで多用される

2-ビジネスシーンで多用される

痛み入りますというのは、プライベートの友達同士ではあまり使うことがないと言われています。

痛み入りますというのは、あなたが相手に対して、心苦しくなるほどの恩恵を受けたときに使うことがあり、取引先などの相手などに使われることが多いとされています。

痛み入りますというのは、あなたが相手に対して感謝の気持ちを感じているときに使われることが多いとされています。

2-2. 親しい人には使わない

2-親しい人には使わない

痛み入りますというのは、親しい間柄の相手には使われないことが多いとされています。

痛み入りますというのは、相手に対しての誠意などを意味しているのですが、誠意というのは親しい間柄においてはわざわざ言葉にすることも少ないとされています。

そのため、ビジネスにおいても同僚などに使うことは少ないとされています。

痛み入りますは、相手に対して大きな感謝の気持ちの現れですので、親しい人に使ってしまうと、嫌みであるようにとらえられてしまうことも多いとされています。

2-3. 好意を受けたときに使う

2-好意を受けたときに使う

痛み入りますというのは、誰かに行為を受けたときに使うことが多いとされています。

例えば、上司などが重要な仕事をようやく取り付けたものの、その仕事を部下であるあなたに託すことに決めたとき、あなたはどのような気持ちになるでしょうか。

うれしい気持ちもあるかもしれませんが、上司がようやく取り次いできた仕事をあなたが相手に引き受けることに、心が痛むほど申し訳ないというような気持ちになったり、その好意に対してあなたはうれしい以上の感覚を覚えることになると思います。

そのようなときに、痛み入りますというのは使われることが多いとされています。

あなたが好意を受けて仕事を上司から持っていたのであれば、「ご厚意に痛み入ります」というような使い方をされると言われています。

2-4. 指摘を受けたとき

2-指摘を受けたとき

上司や取引先からあなたの企画が間違っていたり、失敗する可能性があることを指摘されたとき、悔しいと感じる人も多いかもしれませんが、本来なら上司や取引先の相手も、人に指摘をするというのは楽しいと感じるものではありません。

なかには相手の弱味を握って楽しむような人もいるかもしれませんが、人に指摘をするということを苦手であると考えている人もいますし、何よりも指摘をされることで改善することができますので、ありがたいことであると言えます。

そのように、あなたが誰かには指摘をされたときにも、相手の言い難いと感じている気持ちをくみ取ったり、自分のために指摘をしてくれたことに大きな感謝の意味を込めて、「ご指摘、痛み入ります」というような言葉を用いることもあります。

2-5. サポートを受けたとき

2-サポートを受けたとき

ビジネスというのは、一人だけの力で行うものではありません。

様々な人からのサポートを受けて、成功をしていくものであるとされています。

そのような面から、サポートをしてもらった人に対して、自分のために時間や労力を使ってくれたことに対して、敬意を込めて、痛み入りますという言葉を用いられることが多いとされています。

誰かに助けてもらったときに、「ありがとうございます」というような言葉を使うよりも、「お時間割いていただき、痛み入ります」というと、相手に対しての誠意というのが伝わりやすいとされています。

スポンサーリンク

※当サイトは占いやスピリチュアルに関連する記事を掲載するメディアサイトです。
掲載中の記事には効果や効能に根拠がない物、証明されていない場合もありますのでご注意下さい。
また当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害について、運営者は一切の責任を負いません。
この記事は2018年12月05日に更新されました。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

無料占い