占いの意味や夢の意味・心理や数字はどんな意味?SPITOPIは「占い」であなたの深層心理に迫ります。

 

運勢・占い・心理の秘密


https://spitopi.com/blog/20180625144515.html
真言を唱えるタイミング・種類・唱えるメリット

真言を唱えるタイミング・種類・唱えるメリット | SPITOPI

SPITOPI
真言を唱えるタイミング・種類・唱えるメリット

スポンサーリンク

言葉というのは、唱えるだけでも幸せに導いてくれるとされています。

真言という言葉を聞いたことがあるという人も多いと思いますが、真言というのがどのようなものであるのかをご紹介します。

  • 真言とは
  • 真言のパワーを取り入れる方法
  • 真言のパワーを取り入れことで得られるもの
  • 真言の種類
  • 真言のパワーを取り入れるときの注意
  • まとめ

1. 真言とは

真言とは

真言というのは、古代のインドで発祥されたものであるとされています。

高僧が修行をしているときに、それまで気がついていなかったことを気がつくことができ、言葉の持ち音によって、波動を変えていくことができるようになるとされています。

歴史のある真言というのは、中国を経由して日本にも広まったとされています。

そのため、真言は漢文でかかれていることが多いとされていますが、サンスクリット語で唱えられることが多いとされています。

真言といいうのは、言霊のようなイメージを持っているとされており、唱えるだけであなたの抱えている問題などを乗り越えることができ、幸せを手にすることができるようになると言われています。

2. 真言のパワーを取り入れる方法

真言のパワーを取り入れる方法

2-1. 真言を唱える

2-真言を唱える

真言のパワーを取り入れるためには、様々な真言から、自分にあった真言を選択し、唱えるようにすることが大切です。

言葉にするのが一番効果を高めるのですが、人がおおいなかで行うときには、心のなかでしっかりと唱えるようにするのも大切であるとされています。

このときに注意をしなくてはならないのは、ただ文字を読むだけで済ませるのではなく、真言を気持ちを込めて唱えていくことが大切であるとされています。

2-2. 真言を唱えるタイミングとは

2-真言を唱えるタイミングとは

真言というのは、唱えることでその言葉が持っているパワーを取り入れることができるようになるとされています。

その真言というのは、どのようなタイミングで取り入れていったらよいのかわからないというような人も多いと思います。

しかし、真言は何時に行わなくてはならない、一日一定回数行わなくてはならないというようなものではありません。

自分の出来るタイミングに空いた時間に唱えることが大切です。

2-3. 真言を取り入れるベストなタイミングとは

2-真言を取り入れるベストなタイミングとは

真言を行う際に、いつでも好きなときに行うのがベストではあるのですが、出来るだけリラックスした状態で行うことがおすすめです。

真言というのは、日本で言うおまじないにも似たパワーがあります。

唱えることで、その言葉が持っているパワーをあなたが取り入れることが出来るのですが、ストレスや他のことに気をとられたような状態であれば、真言の持っているパワーを完璧に取り入れるのは難しいとされています。

そのため、真言の効果を高めるためには、入浴中などで湯船に浸かり、ゆったりとした時間を過ごしているときなどに行うということもおすすめです。

湯船に浸かっているときにイライラしたり、せかせかしている人というのは少ないと思いますので、湯船に浸かっているときや、寝る前など、穏やかな気持ちでいることが出来る瞬間に真言を取り入れることをおすすめします。

2-4. 瞑想時に取り入れる

2-瞑想時に取り入れる

最近では、精神を落ち着かせるために、瞑想を日常的に取り入れているというような人も多いと思います。

そのため、日常的に瞑想を取り入れているときに、穏やかになることができたときに、真言を呟いてみたり、心のなかで行うこともおすすめであるとされています。

瞑想をしているときというのは、気持ちが穏やかになりやすいため、瞑想時に真言を取り入れることも大切であるとされています。

2-5. ヨガや体操などをしているときに取り入れる

2-ヨガや体操などをしているときに取り入れる

ダイエットや美容のためヨガや体操などを取り入れているのであれば、ヨガや体操を行っているときや、ヨガなどが終わり、最後に呼吸を整えているときに真言を取り入れるというのもおすすめであるとされています。

また、ヨガなどのような動きだけではなく、スポーツなどをした後というのは、清々しいような気持ちになるとも言われていますので、スポーツの後にほっと一息つくことができたときに、真言を取り入れることもおすすめとされています。

2-6. 真言を取り入れるときの注意

2-真言を取り入れるときの注意

真言というのは、日本語とは異なる言葉となっています。

そのため、暗記をすることが苦手な人というのは、真言を覚えるのが難しいとされています。

そのため、真言をうろ覚えの状態で唱える人もいるかも知れませんが、間違った真言を取り入れていても、残念ながら意味がありません。

瞑想などをしているときな真言を取り入れるというような人も多いと思いますが、瞑想中は目を閉じていることもありますので、真言を確認することができません。

また、文字を見ながら呟いたとしても、意味がないのではないかと考える人も多いため、暗記した状態で呟かなくてはならないと思われるかもしれませんが、完璧に暗記をするまでは、紙などを見ながら行うことが大切であるとされています。

しっかりと覚えるまでは、一言一句間違えないように意識をすることが大切であるとされています。

2-7. 真言のパワーを取り入れるための心がけ

2-真言のパワーを取り入れるための心がけ

真言のパワーを取り入れるためには、真言を唱える前に、しっかりとリラックスをすることが大切であるとされています。

肩の力を抜いて、真言にしっかりと意識を向けることが大切であるとされています。

2-8. 欲を捨てる

2-欲を捨てる

真言というのは、幸せへと近づくことが出来る言葉であるとされています。

そのため、自分の願望をすべて叶えてくれる、万能な言葉であるように感じるかも知れません。

しかし、そこで欲を出してしまうと欲の塊があなたの幸せを手にすることを妨害してしまうとされています。

なにごとも、欲を考えながら行うことは、あなたの運気を下げる原因となってしまいます。

楽をして幸せを手にしたい、違法な方法で大金を手に入れたいというような気持ちで真言を取り入れてしまうと、あなたが欲に負けてしまい、真言のパワーを受け止めることができなくなってしまうかもしれません。

3. 真言のパワーを取り入れことで得られるもの

真言のパワーを取り入れことで得られるもの

3-1. 心が穏やかになる

3-心が穏やかになる

真言を取り入れることで得られるものというのは、たくさんあります。

そのなかでも、あなたの心を穏やかにする力を持っていることを表しているとされています。

真言を取り入れているときには、あなたが問題から解放されていき、穏やかな気持ちを手にすることが出来るようになるということを意味しています。

問題などが起きたとしても、真言を取り入れることによって、あなたが穏やかで落ち着いた日々を送ることが出来るようになるはずです。

毎日真言を取り入れることで、あなたが穏やかな気持ちを常にキープることが出来るようになるかもしれません。

3-2. 求めているものを明確にすることが出来る

3-求めているものを明確にすることが出来る

真言を取り入れることで、あなたが自分自身が何を望んでいるのかを知ることが出来るようになるとも言われてます。

真言というのは、あなたが叶えたいことを考えながら唱える人も多いと思います。

そのため、真言を唱えながら、常に自問自答をしているような状態にあるとされています。

本当は自分が望んでいるのは違うのではないだろうかというような気持ちの変化などにも気がつくことが出来るようになるとされています。

あなたが真言を取り入れることによって、自分が何を求めているのかを明確にすることができ、その目標に向けて計画をたてることが出来るようになるとされています。

真言を取りいれるというのは、あなたかま自分の目標などを明確にすることが出来るようになると言えます。

3-3. 本質を見抜くことが出来る

3-本質を見抜くことが出来る

真言というのは、修業をした高僧が悟りを開き、その悟りを真言の言葉に込めているとされています。

そのため、高僧が悟った言葉をあなたが呟くことで、あなた自身も悟りを開くことが出来るようになるとされています。

真言を唱えることで、あなたが真言の言葉の波動を感じることができ、高僧が悟った悟りのパワーを取り入れることができるようになると言われています。

あなたが、自分や自分の周りの本質に気がつくことができ、自分が行っている無駄なことなどを見抜くことが出来るようになるとされています。

物事の本質を見抜くことが出来ることで、本当に必要なことだけを行うことが出来るようになるとも言われていますので、真言によって本質を見抜くことが出来、悟りを開くことで、あなたが効率よく目標などを達成することが出来るようになるとされています。

3-4. 直感力と引き寄せの効果を得ることが出きる

3-直感力と引き寄せの効果を得ることが出きる

真言を唱えることで、あなたが直感力を養うことが出来ると言われています。

あなたが正しいことを選択することが出来るようになったり、幸せを引き寄せる力を身に付けることが出来るとされています。

直感力を身に付けることで、不必要にあれこれと迷うこともありませんので、あなたがネガティブな思考で悩まされるということも少ないとされています。

また、真言を唱えることで、ポジティブな思考を引き寄せることが出来るようになるとされています。

4. 真言の種類

真言の種類

4-1. 迷いをたちきることが出来る真言

4-迷いをたちきることが出来る真言

真言というのは、高僧が悟った言葉とされています。

そのため、願いや解消したいと考えている悩みなどに合わせて、真言の種類というのは多々あるとされています。

あなたが自分の中の迷いを捨て、弱い自分の思考を乗り越えていき、良好な人生を自信をもって歩むことが出来るようにすることが出来る、迷いを絶ちきる真言というものがあります。

「のうまくさんまんだばざらだんせんだまかろしゃだそわたやうんたらたかんまん」というのが、あなたが自分の弱い部分を捨てることが出来、自信をもって挑むことが出来るようになるとされている、真言の言葉であるとされています。

自分の方法などに自信がなかったり、消極的な自分のことを変えたいというときに唱えたい真言です。

4-2. 慈悲と思いやりの心を持った人生が送れる真言

4-慈悲と思いやりの心を持った人生が送れる真言

慈悲と思いやりというのは、高僧が最も得たかったものではないでしょうか。

強い人というのは、思いやりを持っているとされており、慈悲と思いやりの気持ちを宿すというのは、とても大切なことです。

皮肉な気持ちになっているため、慈悲と思いやりの気持ちを取り戻したいというような気持ちでいるときにも、真言の言葉を唱えることが大切です。

慈悲と思いやりの気持ちを持った人生を送りたいというときには、「おんあびらうんけんばさらだどばん」という真言となっています。

短い文章ですので、暗記が苦手な人でも比較的には覚えやすいとされていますので、取り入れてみてはいかがでしょうか。

4-3. 窮地から脱出できる真言

4-窮地から脱出できる真言

人生というのは波乱に満ちているとされています。

そのため、窮地にたたされるというのも少なくはありません。

窮地から脱出できる真言としては、「おんあみりたていせいからうん」という真言があります。

実は、日本では有名な「南無阿弥陀仏」というのもは、この真言と同じような意味をもたらしているとされています。

あなたに困ったことが起きたり、解決したいと感じていることが起きたときには、南無阿弥陀仏という言葉を唱えるというのも、同じ意味となっています。

南無阿弥陀仏の方が馴染みが強いというような人というのは、南無阿弥陀仏を唱えるようにすることをおすすめします。

また、日常的に取り入れるというよりも、この真言というのは、困ったことが起きたときなどに取り入れることで、真言のパワーを発揮することが出来るようにすることが大切であるとされています。

4-4. 恋愛を成就させる真言

4-恋愛を成就させる真言

恋愛というのは、人生のなかでも大きなテーマであるというような人が多いのではないでしょうか。

年齢などを問わずに、恋愛について悩みを抱えているような人というのは少なくはないと思います。

片想いをしている人だけではなく、恋人との関係に悩みを抱えていたり、なかなか進展しないこと、または不倫などの許されないような恋愛に悩まされているような人というのは少なくはないと思います。

そのように、様々な恋愛に悩みを抱えているときに効果的な真言というものがあります。

「おんまからぎゃしゅうにしゃばざらさとばじゃくうんばんこく」という、やや長い真言となります。

この真言というのは、恋愛にまつわるすべての問題を解消していくことが出来ると言われており、あなたのことを脅かすストーカーなどの存在を解消させることが出来るとも言われています。

恋愛に悩みを抱えているときは、恋愛に関する真言を取り入れるようにすることが大切です。

4-5. すべての問題を取り除く真言

4-すべての問題を取り除く真言

真言のなかでも、最強の真言であると言われているのが、すべての問題を取り除くことが出来るようになるとされている真言であるとされています。

仕事などで悩みを抱えていたり、様々な問題を取り除きたいと考えているときだけではなく、日常的にこの真言を取り入れることで、あなたが問題などから回避されていき、トラブルにも巻き込まれないと言われています。

真言のなかでもやや長い文章となりますが、毎日リラックスをした状態で取り入れるようにすることがおすすめです。

あらゆる問題を取り除くことが出来る真言というのは、「おんあばきゃべいろしゃのうまかぼだらまにはんどまじんばらはらばりたやうん」というものです。

張り紙のように書いて、覚えるまでは文字を見ながら唱えるようにすることが大切です。

5. 真言のパワーを取り入れるときの注意

真言のパワーを取り入れるときの注意

真言のパワーを取り入れる時というのは、必ず真言を一言一句間違えないように唱えることが大切です。

覚えているから大丈夫だと自分の力を達観していると、間違った言葉を発しているのかもしれません。

真言というのは、パスワードのようなものですので、ひとつでも間違ってしまったら、そのパワーを取り入れることができなくなってしまいます。

そのため、覚えていない時は、紙に書いて読むようにすることが大切です。

また、多くの幸せを手に入れたいからと、真言をすべて取り入れるというのは避けておくことが大切です。

欲を見せることで、あなたが得ることが出来るようになることができなくなってしまいます。

おまじないと一緒で、ひとつの願いに集中させることというのが、大切であるとされています。

まとめ

真言というのは、日本ではあまり聞き覚えがないかもしれませんが、古くから取り入れられているものであるとされています。

真言は悟りのパワーをあなたが取り入れることが出来るものであるとされていますので、どのような真言のパワーを手に入れたいのかを考えることが大切です。

また、真言を取り入れるときには、リラックスをして取り入れたり、欲深くならないように注意をすることが必要であるとされています。

真言を取り入れることで、様々な利点を得ることが出来るようにもなりますので、穏やかな気持ちや自分のなかで悟りを開きたいというような気持ちを抱いている人は、ぜひ真言を日常に取り入れていくことをおすすめします。

言葉というのは、唱えるだけでも幸せに導いてくれるとされています。

真言という言葉を聞いたことがあるという人も多いと思いますが、真言というのがどのようなものであるのかをご紹介します。


真言とは

真言というのは、古代のインドで発祥されたものであるとされています。

高僧が修行をしているときに、それまで気がついていなかったことを気がつくことができ、言葉の持ち音によって、波動を変えていくことができるようになるとされています。

歴史のある真言というのは、中国を経由して日本にも広まったとされています。

そのため、真言は漢文でかかれていることが多いとされていますが、サンスクリット語で唱えられることが多いとされています。

真言といいうのは、言霊のようなイメージを持っているとされており、唱えるだけであなたの抱えている問題などを乗り越えることができ、幸せを手にすることができるようになると言われています。

真言のパワーを取り入れる方法

2-1. 真言を唱える

2-真言を唱える

真言のパワーを取り入れるためには、様々な真言から、自分にあった真言を選択し、唱えるようにすることが大切です。

言葉にするのが一番効果を高めるのですが、人がおおいなかで行うときには、心のなかでしっかりと唱えるようにするのも大切であるとされています。

このときに注意をしなくてはならないのは、ただ文字を読むだけで済ませるのではなく、真言を気持ちを込めて唱えていくことが大切であるとされています。

2-2. 真言を唱えるタイミングとは

2-真言を唱えるタイミングとは

真言というのは、唱えることでその言葉が持っているパワーを取り入れることができるようになるとされています。

その真言というのは、どのようなタイミングで取り入れていったらよいのかわからないというような人も多いと思います。

しかし、真言は何時に行わなくてはならない、一日一定回数行わなくてはならないというようなものではありません。

自分の出来るタイミングに空いた時間に唱えることが大切です。

2-3. 真言を取り入れるベストなタイミングとは

2-真言を取り入れるベストなタイミングとは

真言を行う際に、いつでも好きなときに行うのがベストではあるのですが、出来るだけリラックスした状態で行うことがおすすめです。

真言というのは、日本で言うおまじないにも似たパワーがあります。

唱えることで、その言葉が持っているパワーをあなたが取り入れることが出来るのですが、ストレスや他のことに気をとられたような状態であれば、真言の持っているパワーを完璧に取り入れるのは難しいとされています。

そのため、真言の効果を高めるためには、入浴中などで湯船に浸かり、ゆったりとした時間を過ごしているときなどに行うということもおすすめです。

湯船に浸かっているときにイライラしたり、せかせかしている人というのは少ないと思いますので、湯船に浸かっているときや、寝る前など、穏やかな気持ちでいることが出来る瞬間に真言を取り入れることをおすすめします。

2-4. 瞑想時に取り入れる

2-瞑想時に取り入れる

最近では、精神を落ち着かせるために、瞑想を日常的に取り入れているというような人も多いと思います。

そのため、日常的に瞑想を取り入れているときに、穏やかになることができたときに、真言を呟いてみたり、心のなかで行うこともおすすめであるとされています。

瞑想をしているときというのは、気持ちが穏やかになりやすいため、瞑想時に真言を取り入れることも大切であるとされています。

2-5. ヨガや体操などをしているときに取り入れる

2-ヨガや体操などをしているときに取り入れる

ダイエットや美容のためヨガや体操などを取り入れているのであれば、ヨガや体操を行っているときや、ヨガなどが終わり、最後に呼吸を整えているときに真言を取り入れるというのもおすすめであるとされています。

また、ヨガなどのような動きだけではなく、スポーツなどをした後というのは、清々しいような気持ちになるとも言われていますので、スポーツの後にほっと一息つくことができたときに、真言を取り入れることもおすすめとされています。

2-6. 真言を取り入れるときの注意

2-真言を取り入れるときの注意

真言というのは、日本語とは異なる言葉となっています。

そのため、暗記をすることが苦手な人というのは、真言を覚えるのが難しいとされています。

そのため、真言をうろ覚えの状態で唱える人もいるかも知れませんが、間違った真言を取り入れていても、残念ながら意味がありません。

瞑想などをしているときな真言を取り入れるというような人も多いと思いますが、瞑想中は目を閉じていることもありますので、真言を確認することができません。

また、文字を見ながら呟いたとしても、意味がないのではないかと考える人も多いため、暗記した状態で呟かなくてはならないと思われるかもしれませんが、完璧に暗記をするまでは、紙などを見ながら行うことが大切であるとされています。

しっかりと覚えるまでは、一言一句間違えないように意識をすることが大切であるとされています。

2-7. 真言のパワーを取り入れるための心がけ

2-真言のパワーを取り入れるための心がけ

真言のパワーを取り入れるためには、真言を唱える前に、しっかりとリラックスをすることが大切であるとされています。

肩の力を抜いて、真言にしっかりと意識を向けることが大切であるとされています。

2-8. 欲を捨てる

2-欲を捨てる

真言というのは、幸せへと近づくことが出来る言葉であるとされています。

そのため、自分の願望をすべて叶えてくれる、万能な言葉であるように感じるかも知れません。

しかし、そこで欲を出してしまうと欲の塊があなたの幸せを手にすることを妨害してしまうとされています。

なにごとも、欲を考えながら行うことは、あなたの運気を下げる原因となってしまいます。

楽をして幸せを手にしたい、違法な方法で大金を手に入れたいというような気持ちで真言を取り入れてしまうと、あなたが欲に負けてしまい、真言のパワーを受け止めることができなくなってしまうかもしれません。

スポンサーリンク

1 / 3
記事の続きを読む

スポンサーリンク

※当サイトは占いやスピリチュアルに関連する記事を掲載するメディアサイトです。
掲載中の記事には効果や効能に根拠がない物、証明されていない場合もありますのでご注意下さい。
また当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害について、運営者は一切の責任を負いません。
この記事は2018年10月18日に更新されました。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

無料占い