占いの意味や夢の意味・心理や数字はどんな意味?SPITOPIは「占い」であなたの深層心理に迫ります。

 

運勢・占い・心理の秘密


https://spitopi.com/blog/20180623172655.html
3Rとは?3Rで私たちができること

3Rとは?3Rで私たちができること | SPITOPI

SPITOPI
3Rとは?3Rで私たちができること

スポンサーリンク

3Rとは、リデュース(ゴミの発生抑制)、リユース(再利用)、リサイクル(再資源化)という、限りある資源を大切にしようという働きを表したものです。

最近では3Rの取り組みが強化されていますが、3Rで私たちが出きることはいったいどのようなことなのかをご紹介していきます。

  • 3R政策とは?
  • Reduce(リデュース)で私たちができること
  • Reuse(リユース)で私たちができること
  • Recycle(リサイクル)で私たちができること
  • 3Rのメリット
  • まとめ

1. 3R政策とは?

3R政策とは?

政府が取り組む3Rでは、自治体から出されるゴミの分別方法などが細かく分けるように取り組みを行ったり、商品のリサイクル表記などを行うなど、普段の生活でも3Rを意識することが出きるように取り組みを行っています。

2. Reduce(リデュース)で私たちができること

Reduce(リデュース)で私たちができること

2-1. ショッピングはマイバッグを利用する

2-ショッピングはマイバッグを利用する

リデュースというのは、ゴミとなるものをそもそも出さないようにしようという働きを表しているものです。

家庭から出るごみというのは、一見すると少ないように見えますが、集めると膨大なものです。

買い物に行ったときに、ビニール袋に商品を入れてもらう人も多いと思いますが、その、袋がゴミとなってしまいます。

日頃から、少量の買い物であればビニール袋などをもらわないようにしたり、買い物にはマイバッグを利用するようにすると、ビニール袋を使用する回数が減少していくと思います。

最近では、買い物袋の有料化を行っているスパーなども増えていますので、ショッピングにはマイバッグを一枚持っているだけでも、買い物袋の削減に協力することが出来るはずです。

2-2. 必要なものだけを購入する

2-必要なものだけを購入する

一般家庭から出るごみの多くは、生ゴミであると言われています。

安いからと買い込みをしてしまい、結局食べることができずにゴミになってしまうというような人も多いのではないでしょうか。

必要なものだけを購入するということは、当たり前であるように思えても、意外と難しいものです。

しかし、買い物をするときに意識をするだけで、買いすぎを控えることが出来るはずです。

結局は捨ててしまう食品を購入するというのは、ゴミを購入することにもなります。

買い物をするときに、賞味期限があるものなどはこれはいつ食べるのかをイメージしながら購入することが大切であるとされています。

生ごみを減らすだけでも、リデュースが達成することが出来るようにもなります。

必要なものだけを購入するというのは、環境保護だけではなく、無駄をなくすことにもなりますので、節約にも繋がるとされています。

2-3. マイ箸を利用する

2-マイ箸を利用する

お弁当を購入するときや、外食をするときなどに、割り箸を利用される方も多いと思いますが、割り箸を使う回数を減らし、マイ箸を利用することで、割り箸のごみを削減することが出来るようになります。

たかが割り箸一組くらいで変わらないと感じてしまうかも知れませんが、飲食店のゴミ箱をみると、割り箸というのは大量に破棄されています。

割り箸をやめてマイ箸をやめるというようなことは、とても小さなことに見えるかもしれませんが、リデュースはこのように、小さなことから行うことが大切であるとされています。

一人ひとりの意識が変わることで、環境も変わっていくとされています。

マイ箸を持ち歩くことで、環境保護に取り組んでいるというような意識が持てますし、周りの人に環境保護の大切さを知らしめることが出来るようになりますので、マイ箸を持ち歩くことはとても大切なことであるとされています。

2-4. 詰め替えの商品を購入する

2-詰め替えの商品を購入する

シャンプーや洗剤など、最近では詰め替え用の商品というのが増えています。

詰め替えではない商品ですと、ごみの量が増えてしまうとされています。

商品にもよりますが、シャンプーや洗剤などを詰め替え用のものにすることで、ごみの量を三分の一ほどに減らすことが出来るようになると言われています。

そのため、シャンプーや洗剤などを購入するときには、出来るだけ詰め替え用のものを購入するようにすることも大切であるとされています。

様々な商品が詰め替え用の商品を出していますので、大きなこだわりがなければ、詰め替え用の商品を取り扱っている製品を選ぶということが大切であるとされています。

意識して、詰め替え用の製品があるものを選ぶようにすることが必要であるとされています。

2-5マイボトルを利用する

2-5マイボトルを利用する

外出先などで喉が乾いたりすると、ペットボトルや紙コップに入った飲料を購入される方も多いと思いますが、それが毎日続いてしまうと、膨大な量のゴミとなります。

このゴミを減らすためには、日頃からマイボトルを持ち歩くようにし、喉が乾いたときなどにはマイボトルで水分補給をするように意識することが大切です。

もしくは、使い捨てではないコップを利用している飲食店などで購入することもおすすめです。

外食などをするときにも、使い捨ての食器を利用していない店を選ぶなどを意識することが大切であるとされています。

外食や弁当などは生ごみだけではなく、紙ナプキンや弁当箱などのゴミが大量に出やすい場所でもありますので、ゴミが出ないような店選びが大切であるとされています。

マイボトルを持ち歩くことで、無駄に飲食店やお店に行く必要もありませんので、しっかりと節約にも繋がり、無駄な資源を使わずに済むとされています。

2-6. リデュース製品を利用する

2-リデュース製品を利用する

最近では、使い捨てではないリデュース製品というものが増えています。

イベントなどを行うときに、使い捨ての食器を利用してしまうと、膨大な量のゴミとなります。

リデュース製品の食器などはレンタルなども行われていますし、洗うサービスなどを行っている企業もありますので、イベントなどで大量に食器を利用しなくてはならないときなどには、リデュース製品をレンタルすることも大切であるとされています。

3. Reuse(リユース)で私たちができること

Reuse(リユース)で私たちができること

3-1. 人に譲る

3-人に譲る

リユースというのは、物を繰り返し使うことで、使わなくなったものをゴミとして出さなくてもよくなりなります。

例えば、着なくなった洋服などは友だちなどにあげたりすることが大切です。

最近では寄付として衣類を受け付けている企業が増えていたり、アパレルショップなどでは、要らない服などを持っていくと、商品券と交換してもらえるサービスなどもありますので、そのようなサービスを利用して行くことも、リユースを無理なく行うことが出来るとして、意識して取り入れるとが大切であるとされています。

3-2. 修理をして使う

3-修理をして使う

壊れてしまったものなどを新しいものにすぐに買い換えるような人も多いと思いますが、実は修理をすることでまだ使うことが出来るようになることが多いとされています。

電化製品なども修理に出してみて、使えそうであれば引き続き利用することで、ゴミを減らすことが出来るようになるとされています。

また、壊れてから修理をするのではなく、日頃から壊れないように手入れをしっかりと行うなどの心がけが大切であるとされています。

テレビなどは手入れをする人が少ないと思いますが、ホコリなどを拭いてあげたりというように、日頃から故障をしないように心がけておくことが大切であるとされています。

3-3. フリーマーケットやリサイクルショップを利用する

3-フリーマーケットやリサイクルショップを利用する

使わなくなったものを捨てるのではなく、フリーマーケットやリサイクルショップに持ち込むというのも、リユース精神には欠かせないものです。

いらないものを周りの人にあげるというのもいいかもしれませんが、なかには周りの人が要らないものもあるのではないでしょうか。

捨てるしかないと思っているものも、フリーマーケットやリサイクルショップに持ち込むと、意外と欲しい人が現れたり、フリーマーケットなどで販売することで、利益にもなります。

お金を払って購入したものですので、捨てるだけではもったいないはなしです。

リユースで私たちが出来ることは、環境のためだけではなく、家計なども助けることになると言われています。

3-4. 新しい使い方を考えていく

3-新しい使い方を考えていく

使えなくなったものを捨てるだけではなく、出来るだけ新しい使い方を考えて取り入れるというのも必要であるとされています。

着なくなったボロボロの服などは、リサイクルショップなどに持ち込むことも出来ない、ただのごみであるように思われるかもしれませんが、ボロボロの服なども掃除道具としてはたきにしたり、雑巾にすることで、再利用することができますし、わざわざ雑巾などを購入する必要もないとされています。

お菓子などを食べた袋なども、生ごみを入れる袋として利用したり、様々な利用方法を考えていくようにすることが大切であるとされています。

3-5. リサイクル品を利用する

3-リサイクル品を利用する

使っているものをリサイクルショップなどに持っていくというのももはや常識となっていますが、自分が必要なものを手に入れたいと考えたときに、新しいものを購入するのではなく、リサイクルショップなどで購入をしたり、自治体が行っている無料提供などを利用することも大切であるとされています。

リサイクル品というのは、使われないと意味がありません。

そのため、意識してリサイクル品を利用するようにすることで、周りの人も需要に気がついていくようになるとされています。

自転車なども、自治体によっては無料で提供をしていることもありますので、お得でもあります。

無料で提供をしている本や洋服なども、自治体によっては多数ありますので、どのような無料提供を行っているのかをチェックをすることが必要であるとされています。

4. Recycle(リサイクル)で私たちができること

Recycle(リサイクル)で私たちができること

4-1. 資源物の分別を行う

4-資源物の分別を行う

ゴミを出すときに、資源物の分別をしっかりと行うことで、リサイクルに繋がっていきます。

紙やプラスチックなどを一緒に燃えるゴミとして出している人も今も多いかもしれませんが、紙やプラスチックなどはリサイクルすることができ、新たな資源に生まれ変わります。

そのため、出来るだけ細かなゴミの分別を行うことで、リサイクルに繋がっていくとされています。

ゴミの分別というのは、自治体によって手法が異なりますが、基本的には名刺よりも大きな紙というのは資源物扱いになると言われています。

資源物というのは、ごみ回収に費用がかからないことが多いですので、名刺よりも大きな紙を資源ゴミとして出すことによって、燃やすごみとして捨てる量も大幅に削減することが出来るようになるはずです。

他にも、スーパーなどではトレーや 紙パックの回収なども行っていますので、積極的に利用することが大切です。

4-2. 生ごみのリサイクルを意識する

4-生ごみのリサイクルを意識する

ゴミの量として多いのが、生ゴミであると言われています。

その生ごみをリサイクルすることが出来るということは、あまり知られていません。

生ゴミは専用の機械で処理することによって、立派な肥料となります。

この機械は電気屋などでも販売されていますので、生ごみの量が多い家庭などは取り入れていったり、自治体によっては生ごみをリサイクル用に受け取っていることもありますので、それらを利用することが大切であるとされています。

生ごみを処理して作られた肥料というのは、自然に優しい肥料であるとも言われており、その肥料から家庭菜園を楽しむ方も多いとされています。

4-3. リサイクル製品を利用する

4-リサイクル製品を利用する

リサイクルで私たちが出来ることは、リサイクルのためにごみを分別するだけではなく、リサイクル製品を積極的に活用することが出来るようになることを意味しているとされています。

リサイクル製品というのは、表記などによって知ることができますし、リサイクル出来る製品なども知ることが出来ます。

買い物をするときなどには、リサイクル製品をチエックして購入することが大切です。

5. 3Rのメリット

3Rのメリット

5-1. 環境保護に繋がる

5-環境保護に繋がる

3Rのメリットというのは、言うまでもなく環境保護に繋がるということです。

3Rを取り入れることによって、無駄なものを減らすことができますので、無駄な資源を使わずに済むと言われています。

木材などというのは、限りある資源であるとされていますので、紙などを再利用することで、新たな木を伐採することがないとされています。

気温上昇などは環境の汚染によるものであると言われていますので、環境を守ることで私たちの暮らしを守ることが出来るようになるとされています。

5-2. 節約にも繋がる

5-節約にも繋がる

3Rというと、環境を守るために行うものであると考えられていますので、なかなか難しいものであると思っている人も多いと思います。

しかし、3Rを行うというのは、環境を守るためではなく、生活のための節約にも繋がるとされています。

必要なものだけを購入したり、リサイクル製品を利用したり、いらないものを売ったりすることによって、節約などにもなるとされています。

3Rというのは、無駄を省くことにもなりますので、あなたの家計などにも大きな影響を与えるようになるとされています。

節約をすることで、自然と3Rの取り組むをすることになっているという人も多いと言えます。

ごみなどを出す時にも、しっかりと仕分けをするだけで、有料のごみというのは意外と少ないことに気がつくはずです。

ごみが減れば捨てるための費用も削減できます。

そのことは、環境を守り、節約にも繋がるなど、3Rを取り入れるというのは、メリットが大きいとされています。

5-3. 住みやすい環境を作る

5-住みやすい環境を作る

ごみに溢れている日本であれば、空気が悪かったりと、住みやすい環境を保持しているとは言えません。

ごみの量が多ければ多いほど、燃やさなくてはならない量というのは増えていき、その分燃やされた煙が出ていきます。

その煙というのが、環境に悪影響を与えるとされています。

近年問題となっている黄砂なども、他国のごみからでる煙などが影響をしているとされています。

そのようなことから、3Rを取り入れることによって、空気を汚染することを予防することができますので、3Rというのは、きれいな空気で住みやすい環境を得ることが出来るようになるとされています。

また、ごみの量を減らすことで、ごみ置き場などに置かれる量なども軽減することができますので、景観の保全にも大きなメリットがあるとされています。

まとめ

3Rというのは、難しく考えている人も多いのですが、小さな心がけで取り入れることも出来ると言われています。

3Rというのは、すべてを取り入れなくてはならないというようなことではありません。

マイバックを持ち歩くことから始めたり、使い捨て食器を多用した外食などを控えていくなどの心がけで意識を変えていくことで、徐々に行動も変わっていくとされています。

3Rというのは、難しいことではありません。

環境保護に力を入れなくてはという意識ではなかなか取り組むことができないのであれば、節約をすることを考えていくと、自然と3Rをとりいれているようになります。

無理をしすぎないように、3Rで環境保護のために力を取り入れて、美しい地球をしっかりと守るように心がけていくことが大切であるとされています。

3Rとは、リデュース(ゴミの発生抑制)、リユース(再利用)、リサイクル(再資源化)という、限りある資源を大切にしようという働きを表したものです。

最近では3Rの取り組みが強化されていますが、3Rで私たちが出きることはいったいどのようなことなのかをご紹介していきます。


3R政策とは?

政府が取り組む3Rでは、自治体から出されるゴミの分別方法などが細かく分けるように取り組みを行ったり、商品のリサイクル表記などを行うなど、普段の生活でも3Rを意識することが出きるように取り組みを行っています。

Reduce(リデュース)で私たちができること

2-1. ショッピングはマイバッグを利用する

2-ショッピングはマイバッグを利用する

リデュースというのは、ゴミとなるものをそもそも出さないようにしようという働きを表しているものです。

家庭から出るごみというのは、一見すると少ないように見えますが、集めると膨大なものです。

買い物に行ったときに、ビニール袋に商品を入れてもらう人も多いと思いますが、その、袋がゴミとなってしまいます。

日頃から、少量の買い物であればビニール袋などをもらわないようにしたり、買い物にはマイバッグを利用するようにすると、ビニール袋を使用する回数が減少していくと思います。

最近では、買い物袋の有料化を行っているスパーなども増えていますので、ショッピングにはマイバッグを一枚持っているだけでも、買い物袋の削減に協力することが出来るはずです。

2-2. 必要なものだけを購入する

2-必要なものだけを購入する

一般家庭から出るごみの多くは、生ゴミであると言われています。

安いからと買い込みをしてしまい、結局食べることができずにゴミになってしまうというような人も多いのではないでしょうか。

必要なものだけを購入するということは、当たり前であるように思えても、意外と難しいものです。

しかし、買い物をするときに意識をするだけで、買いすぎを控えることが出来るはずです。

結局は捨ててしまう食品を購入するというのは、ゴミを購入することにもなります。

買い物をするときに、賞味期限があるものなどはこれはいつ食べるのかをイメージしながら購入することが大切であるとされています。

生ごみを減らすだけでも、リデュースが達成することが出来るようにもなります。

必要なものだけを購入するというのは、環境保護だけではなく、無駄をなくすことにもなりますので、節約にも繋がるとされています。

2-3. マイ箸を利用する

2-マイ箸を利用する

お弁当を購入するときや、外食をするときなどに、割り箸を利用される方も多いと思いますが、割り箸を使う回数を減らし、マイ箸を利用することで、割り箸のごみを削減することが出来るようになります。

たかが割り箸一組くらいで変わらないと感じてしまうかも知れませんが、飲食店のゴミ箱をみると、割り箸というのは大量に破棄されています。

割り箸をやめてマイ箸をやめるというようなことは、とても小さなことに見えるかもしれませんが、リデュースはこのように、小さなことから行うことが大切であるとされています。

一人ひとりの意識が変わることで、環境も変わっていくとされています。

マイ箸を持ち歩くことで、環境保護に取り組んでいるというような意識が持てますし、周りの人に環境保護の大切さを知らしめることが出来るようになりますので、マイ箸を持ち歩くことはとても大切なことであるとされています。

2-4. 詰め替えの商品を購入する

2-詰め替えの商品を購入する

シャンプーや洗剤など、最近では詰め替え用の商品というのが増えています。

詰め替えではない商品ですと、ごみの量が増えてしまうとされています。

商品にもよりますが、シャンプーや洗剤などを詰め替え用のものにすることで、ごみの量を三分の一ほどに減らすことが出来るようになると言われています。

そのため、シャンプーや洗剤などを購入するときには、出来るだけ詰め替え用のものを購入するようにすることも大切であるとされています。

様々な商品が詰め替え用の商品を出していますので、大きなこだわりがなければ、詰め替え用の商品を取り扱っている製品を選ぶということが大切であるとされています。

意識して、詰め替え用の製品があるものを選ぶようにすることが必要であるとされています。

2-5マイボトルを利用する

2-5マイボトルを利用する

外出先などで喉が乾いたりすると、ペットボトルや紙コップに入った飲料を購入される方も多いと思いますが、それが毎日続いてしまうと、膨大な量のゴミとなります。

このゴミを減らすためには、日頃からマイボトルを持ち歩くようにし、喉が乾いたときなどにはマイボトルで水分補給をするように意識することが大切です。

もしくは、使い捨てではないコップを利用している飲食店などで購入することもおすすめです。

外食などをするときにも、使い捨ての食器を利用していない店を選ぶなどを意識することが大切であるとされています。

外食や弁当などは生ごみだけではなく、紙ナプキンや弁当箱などのゴミが大量に出やすい場所でもありますので、ゴミが出ないような店選びが大切であるとされています。

マイボトルを持ち歩くことで、無駄に飲食店やお店に行く必要もありませんので、しっかりと節約にも繋がり、無駄な資源を使わずに済むとされています。

2-6. リデュース製品を利用する

2-リデュース製品を利用する

最近では、使い捨てではないリデュース製品というものが増えています。

イベントなどを行うときに、使い捨ての食器を利用してしまうと、膨大な量のゴミとなります。

リデュース製品の食器などはレンタルなども行われていますし、洗うサービスなどを行っている企業もありますので、イベントなどで大量に食器を利用しなくてはならないときなどには、リデュース製品をレンタルすることも大切であるとされています。

無料占い

スポンサーリンク



無料占い

※当サイトは占いやスピリチュアルに関連する記事を掲載するメディアサイトです。
掲載中の記事には効果や効能に根拠がない物、証明されていない場合もありますのでご注意下さい。
また当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害について、運営者は一切の責任を負いません。
この記事は2018年11月23日に更新されました。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!