占いの意味や夢の意味・心理や数字はどんな意味?SPITOPIは「占い」であなたの深層心理に迫ります。

 

運勢・占い・心理の秘密


https://spitopi.com/blog/20180621155852.html
「言われた言葉別」の夢を見る意味とは?夢占いでの解釈

「言われた言葉別」の夢を見る意味とは?夢占いでの解釈 | SPITOPI

SPITOPI
「言われた言葉別」の夢を見る意味とは?夢占いでの解釈

スポンサーリンク

夢における言葉というのは非常に重要な意味を持っています。

未来を予知する言伝であったり、今の心身の状態を表しているのです。

また、印象的なシーンや言葉を記憶し、それが夢にそのまま表れる時もあります。

どんな言葉がどんな場面や状況で出てきたかを踏まえて夢の意味を読み解いていきましょう。

「言われた言葉別」の夢を見る意味とは?夢占いでの解釈
  • 夢における言葉とは
  • 「ありがとう」と言われた場合
  • 「大丈夫?」と言われた場合
  • 「おめでとう」と言われた場合
  • 「さようなら」と言われた場合
  • 「こんにちは」と言われた場合
  • 「また明日」と言われた場合
  • 「おはよう」と言われた場合
  • 「ごめんなさい」と言われた場合
  • 「はじめまして」と言われた場合
  • 「好き」と言われた場合
  • 「嫌い」と言われた場合
  • 「めんどうくさい」と言われた場合
  • 「遊ぼう」と言われた場合
  • ポジティブな言葉の場合
  • ネガティブな言葉の場合
  • 名前を呼ばれた場合
  • 外国語で話しかけられた場合
  • 理解できない場合
  • まとめ

1. 夢における言葉とは

夢における言葉とは

1-1. 記憶の繰り返しを意味する

記憶の繰り返しを意味する

夢における言葉は、現実の記憶にリンクしている場合が多いです。

印象的なシーンと言葉をセットで記憶し、それが夢にそのまま表れることも多いです。

良いシーンであれば問題ないですが、悪い場面の場合は、トラウマとなっている時もあるので注意しましょう。

自分の過去と向き合い、気持ちを整理して前に進んでいくことが大切です。

1-2. 未来を予知する意味が込められている

未来を予知する意味が込められている

夢における言葉、未来からのメッセージである場合もあります。

いわゆる予知夢であり、その言葉を元に未来を占い読み解いていくことが大切です。

たとえば「ありがとう」と言われた場合は、これから先善行を重ねることによって明るい未来がやってくることを暗示しています。

「さようなら」と言われた場合は、これから先別れがやってくることを意味しているので気をつけましょう。

このように言葉それぞれの意味を読み解いていくことが大切です。

1-3. 心身の状態や願望を表している

心身の状態や願望を表している

夢の中の言葉というのは、自分自身の今の状態を表していることも多いです。

たとえば「大丈夫?」と聞かれた場合は、現実おいて心身に不安を抱えていることがあるので注意しましょう。

また、自身の願望を表していることもあります。

誰かに「好き」と言われる夢は、好かれたいという願望に基づく場合が多いです。

その願いを叶えるために努力していく必要があるでしょう。

2. 「ありがとう」と言われた場合

「ありがとう」と言われた場合

夢の中で「ありがとう」と言われた場合は、これから先、良いことを積み重ねることで幸運が開けていくことを暗示しています。

おせっかいや余計なお世話にならないように、真に相手を思いやって行動していくことが大切です。

あるいは、誰かに感謝されたい、もっと報われたいというフラストレーションを意味している場合もあります。

しかし、その押しつけがましさや強欲さによってかえってストレスを抱えてしまうこともあるので注意しましょう。

見返りを求めず、思いやりを忘れずに行動していくように心がけましょう。

3. 「大丈夫?」と言われた場合

「大丈夫?」と言われた場合

夢の中で「大丈夫?」と聞かれた場合は、現在の心身の不調を案じる意味があります。

実際に何か不具合を感じているのであれば、早めにケアをすることが大切です。

また、今行おうとしていることに対する警告や忠告の意味もあります。

油断していたり、準備を怠ってしまうと失敗に繋がるので気をつけましょう。

慢心せずに、しっかりと対策を練ってから行動することを心がけていきましょう。

4. 「おめでとう」と言われた場合

「おめでとう」と言われた場合

夢の中で「おめでとう」と言われた場合は、これから先、祝福されるようなことが起きることを予兆しています。

怠ることなく努力を積み重ねることで、大きな成果を得ることができるでしょう。

また、成功したい、皆から称賛されたいという願望も表しています。

その願いを糧に行動することは大切ですが、意識しすぎて空回りしないように注意しましょう。

周りの目を期にし過ぎずに、コツコツとやるべき事を行うことが大切です。

他にも過去の成功にしがみついている場合もあるので、心機一転して行動するように心がけましょう。

5. 「さようなら」と言われた場合

「さようなら」と言われた場合

夢の中で「さようなら」と言われた場合は、これから先に別れが待っていることを暗示しています。

ネガティブな印象を抱いた場合は、悲しい別れがやってくることを暗示しているので注意しましょう。

ポジティブな印象を抱いた場合は、別れはやってきますがそれを受け入れ前に進むことを意味しています。

他にも、本当は自分から別れを告げたいという願望も表しています。

また、別れのシーンが印象的である場合は記憶の繰り返しであることも多いです。

自分の気持ちに折り合いをつけて前を向くことが大切です。

6. 「こんにちは」と言われた場合

「こんにちは」と言われた場合

夢の中で「こんにちは」と言われた場合は、相手との関係性を表しています。

スムーズに楽しく会話できている場合は、相手との関係が良好であることを暗示しています。

逆に、ぎくしゃくとした挨拶をしている場合は、相手との関係性が悪いことを意味しています。

また、見知らぬ人に「こんにちは」と挨拶をされる夢は、新しい出会いがやってくることを暗示しています。

ポジティブな気持ちで他者と関わっていきましょう。

7. 「また明日」と言われた場合

「また明日」と言われた場合

夢の中で「また明日」と言われた場合は、相手との相性や関係性を意味しています。

明日に希望を持てる場合は、相手との良い関係性がこれからも続くことを意味しています。

本当は次の日に会えないと分かっている場合は、叶わぬ関係性と別れを意味しています。

本当は相手に会いたくないと感じている場合は、相手への嫌悪感や冷め期を暗示しています。

また、見知らぬ人に「また明日」と言われた場合は、次の日に運命的な出会いがやってくることを暗示しています。

8. 「おはよう」と言われた場合

「おはよう」と言われた場合

夢の中で「おはよう」と言われた場合は、その印象や状態によって意味が変化します。

気持ちの良い目覚めで「おはよう」と言われる夢は、その日一日が良い日になることを暗示しています。

重い目覚めで「おはよう」と言われる夢は、その日一日があまり良くない日になることを暗示してます。

相手に「おはよう」と言われてもなかなかすっきりしない夢は、実際に睡眠不足であることを暗示しているので注意しましょう。

良質な眠りにするために、さまざまな習慣を身につけることが大切です。

9. 「ごめんなさい」と言われた場合

「ごめんなさい」と言われた場合

夢の中で「ごめんなさい」と言われた場合は、これから先、謝罪されるようなトラブルが起きることを暗示しています。

不可抗力で起きてしまうこともあるので、覚悟を持って日々を過ごすことが大切です。

問題が起きた時に冷静に対処するように心がけましょう。

また、誰かとケンカしている時は、相手から謝って欲しいという願望も意味しています。

しかし、要求的になってしまうとかえって関係はこじれ不仲な状態が続いてしまうでしょう。

自分から素直に謝罪することが大切です。

10. 「はじめまして」と言われた場合

「はじめまして」と言われた場合

夢の中で「はじめまして」と言われた場合は、これから先、良い出会いに恵まれることを予兆しています。

ただし、あまり良くない印象を抱いた場合は、めんどうな人間関係に巻き込まれることを暗示しているので注意しましょう。

見知っている人に「はじめまして」と言われる場合は、相手との関係をリセットしたいという願望が表れています。

しかし一度できてしまった印象や関係性を捻じ曲げることはできませんから、誠意を持って対処することが大切です。

別れたい場合は、けじめのある断り方や距離の置き方をするように心がけましょう。

11. 「好き」と言われた場合

「好き」と言われた場合

夢の中で「好き」と言われた場合は、これから先、友情運や恋愛運が高まることを暗示しています。

仲良くなりたい人ともっと近づけるような出来事が起きるでしょう。

また、見知らぬ人に「好き」と言われた場合は、新しい出会いを暗示しています。

ただし、相手に「好き」と言われて不快な気持ちになった場合は、面倒な出会いに困ることを意味しているので注意しましょう。

他にも、、相手に好かれたいという願望が表れている場合もあります。

その気持ちが空回りしないように謙虚に生きることが大切です。

12. 「嫌い」と言われた場合

「嫌い」と言われた場合

夢の中で「嫌い」と言われた場合は、これから先、相手に嫌われるようなトラブルを起こしてしまうことを暗示しています。

自分本位でわがままな行動ばかりしていると、対人関係が壊れてしまうので注意しましょう。

信頼や信用を築くために、誠実な態度や行動をすることが大切です。

また、見知らぬ人に「嫌い」と言われる夢は、自意識過剰になりすぎていることを表しています。

他人の目を気にし過ぎて、思うような行動ができなくなることがあるので注意しましょう。

強い意思を持って行動することが大切です。

13. 「めんどうくさい」と言われた場合

「めんどうくさい」と言われた場合

夢の中で「めんどうくさい」と言われた場合は、相手との関係がこじれることを暗示しているので注意しましょう。

思いこみが激しかったり、愛情が重かったりと、あなたの態度が原因になることが多いです。

相手との距離感を見失わないように気をつけましょう。

また、実際は相手に対してめんどうだと思っている自分自身を表している場合もあります。

不誠実な対応をしないように気をつけなければなりません。

14. 「遊ぼう」と言われた場合

「遊ぼう」と言われた場合

夢の中で「遊ぼう」と言われた場合は、相手の関係の変化を暗示しています。

友人関係であれば、楽しいことを通じてより仲良くなることを意味しています。

しかし、異性間であれば、遊びの関係になってしまうことを暗示しているので注意しましょう。

また、この夢はリフレッシュや気分転換の必要性を伝える夢でもあります。

根詰めすぎずに、休む時は休み、仕事をする時は仕事をするというメリハリをつけることが大切です。

15. ポジティブな言葉の場合

ポジティブな言葉の場合

夢の中でポジティブな言葉を言われた場合は、これから良いことが起きたり、運気が上昇することを暗示しています。

また、心身ともコンデションが良いことを暗示しているので積極的に行動することが大切です。

他にも、ポジティブな状態に変えたいという願望も表しています。

そのためには努力を積み重ねていくことが大切です。

16. ネガティブな言葉の場合

ネガティブな言葉の場合

夢の中でネガティブな言葉を言われた場合は、これから先起こるトラブルや、運気の低下を暗示しています。

また、心身のコンディションが悪いことを暗示しているので、自重することが大切です。

他にも、過去に対するトラウマを意味する場合もあるので、自身の記憶や感情を整理しながらケアすることが大切です。

17. 名前を呼ばれた場合

名前を呼ばれた場合

夢の中で名前を呼ばれた場合は、その時の印象によって意味が変わります。

良い印象を抱いた場合は、相手との相性が良いことを暗示しています。

悪い印象を抱いた場合は、相手との相性が悪いことを暗示しています。

誰に呼ばれたか分からない場合は、新しい出会いやチャンスを意味しています。

18. 外国語で話しかけられた場合

外国語で話しかけられた場合

夢の中で外国語で話しかけられた場合は、これから先インターナショナルな出会いやチャンスがやってくることを意味しています。

臆することなく、新しい世界に飛び込んでいくことが大切です。

ただし、外国語で話しかけられて戸惑ったり、理解できずに悩む夢は、対人運の悪化を暗示する凶夢です。

行き違いや誤解が生まれることを意味しているので注意しましょう。

19. 理解できない場合

理解できない場合

夢の中で言われた言葉が理解できなかったり、意味をなさない場合は、その時の印象によって読み解く必要があります。

ポジティブな印象があったり、相手の表情が明るい場合は、これから先良いことが起きることを暗示しています。

ネガティブな印象を感じたり、理解できないことに不安を感じる場合は、これから先、トラブルが起きることへの忠告を暗示しています。

十分に用心して行動することが大切です。

まとめ

まとめ

夢の中の言葉は非常に重要な意味を持っています。

その言葉を正しく受け止めて、現実の行動に生かしていくことが大切です。

そしてポジティブに立ち向かっていきましょう。

夢における言葉というのは非常に重要な意味を持っています。

未来を予知する言伝であったり、今の心身の状態を表しているのです。

また、印象的なシーンや言葉を記憶し、それが夢にそのまま表れる時もあります。

どんな言葉がどんな場面や状況で出てきたかを踏まえて夢の意味を読み解いていきましょう。


夢における言葉とは

1-1. 記憶の繰り返しを意味する

記憶の繰り返しを意味する

夢における言葉は、現実の記憶にリンクしている場合が多いです。

印象的なシーンと言葉をセットで記憶し、それが夢にそのまま表れることも多いです。

良いシーンであれば問題ないですが、悪い場面の場合は、トラウマとなっている時もあるので注意しましょう。

自分の過去と向き合い、気持ちを整理して前に進んでいくことが大切です。

1-2. 未来を予知する意味が込められている

未来を予知する意味が込められている

夢における言葉、未来からのメッセージである場合もあります。

いわゆる予知夢であり、その言葉を元に未来を占い読み解いていくことが大切です。

たとえば「ありがとう」と言われた場合は、これから先善行を重ねることによって明るい未来がやってくることを暗示しています。

「さようなら」と言われた場合は、これから先別れがやってくることを意味しているので気をつけましょう。

このように言葉それぞれの意味を読み解いていくことが大切です。

1-3. 心身の状態や願望を表している

心身の状態や願望を表している

夢の中の言葉というのは、自分自身の今の状態を表していることも多いです。

たとえば「大丈夫?」と聞かれた場合は、現実おいて心身に不安を抱えていることがあるので注意しましょう。

また、自身の願望を表していることもあります。

誰かに「好き」と言われる夢は、好かれたいという願望に基づく場合が多いです。

その願いを叶えるために努力していく必要があるでしょう。

「ありがとう」と言われた場合

夢の中で「ありがとう」と言われた場合は、これから先、良いことを積み重ねることで幸運が開けていくことを暗示しています。

おせっかいや余計なお世話にならないように、真に相手を思いやって行動していくことが大切です。

あるいは、誰かに感謝されたい、もっと報われたいというフラストレーションを意味している場合もあります。

しかし、その押しつけがましさや強欲さによってかえってストレスを抱えてしまうこともあるので注意しましょう。

見返りを求めず、思いやりを忘れずに行動していくように心がけましょう。

無料占い

スポンサーリンク



無料占い

※当サイトは占いやスピリチュアルに関連する記事を掲載するメディアサイトです。
掲載中の記事には効果や効能に根拠がない物、証明されていない場合もありますのでご注意下さい。
また当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害について、運営者は一切の責任を負いません。
この記事は2021年02月05日に更新されました。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!