占いの意味や夢の意味・心理や数字はどんな意味?SPITOPIは「占い」であなたの深層心理に迫ります。

 

運勢・占い・心理の秘密


https://spitopi.com/blog/20180507154553.html
学歴コンプレックスの特徴・心理・克服

学歴コンプレックスの特徴・心理・克服 | SPITOPI

SPITOPI
学歴コンプレックスの特徴・心理・克服

スポンサーリンク

学歴社会と言われているなかで、学歴においてコンプレックスを抱いている人も多いのではないでしょうか。

学歴コンプレックスを抱いている人は、高学歴の人に対しての敵対心が強いなど、よいイメージを持たれないこともあります。

では、学歴コンプレックスを抱いている人というのは、どのような特徴があるのでしょうか。

今回は学歴コンプレックスの特徴や克服方法などについてご紹介していきます。

  • 学歴コンプレックスとは?
  • 学歴コンプレックスになる原因
  • 学歴コンプレックスを抱えやすい人の特徴
  • 学歴コンプレックスを感じやすい場面
  • 学歴コンプレックスを克服するコツ
  • まとめ

1. 学歴コンプレックスとは?

学歴コンプレックスというのは、自分が低学歴であることを引け目に感じてしまい、そのコンプレックスの怒りの矛先を高学歴の人に対して向けるような人のことを言います。

高学歴の出身であることが分かると、「大学に行って呑気に勉強できる環境で良かったね」というように、高学歴の人に対して攻撃的になるというような人が多いとされています。

2. 学歴コンプレックスになる原因

学歴コンプレックスになる原因としては、会社などで高学歴の人の方が給料が良かったり、求人などを見ていても高学歴の人の待遇の良さを目にして、その差に落胆してしまう経験から起こることが多いとされています。

そのため、お金さえあればというような、経済的な理由で進学できなかった人などに、学歴コンプレックスというのは起こり得るとされています。

3. 学歴コンプレックスを抱えやすい人の特徴

3-1. 短大卒

学歴コンプレックスを抱えやすい人の特徴として、最も多いとされているのが、短大卒の人であると言えます。

短大卒の人というのは、大学を出た人に対してのコンプレックスを抱えている人が多いとされています。

特に、短大卒だというと、あまりよい反応をしない大学卒の人も多いですので、短大卒の人というのは、学歴コンプレックスを抱えている人が多いとされています。

3-2. 高卒

高校を卒業して、すぐに働きに出た人というのも学歴コンプレックスを抱きやすいとされています。

本当は大学に進みたかったのに、経済的な理由で断念してしまったりした人というのは、大学に行きたいという希望を叶えることが出来ずに仕事を始めなければならないと言えます。

そのため、大学に行けた人に対しての劣等感というのは人一倍強いという人が多いとされています。

高卒の人というのは、大学に進学する人の姿も見てきていますので、学歴コンプレックスに陥りやすいと言えます。

3-3. 平均値の給料をもらっている人

学歴コンプレックスを抱えている人の多くが、年収四百万円ほどの、平均値の給料である人が多いとされています。

それは、もう少し頑張れば高収入を得ることが出来たのにというような思いと、高学歴であれば、正当に評価してもらうことができるのではないかというような空想が拡がることで、高学歴の人に対して攻撃的になってしまったり、劣等感を抱いてしまい、学歴コンプレックスに陥りやすいとされています。

3-4. 人と自分を比べてしまう人

人と自分のことを無意識に比べてしまうというような人というもの、学歴コンプレックスに陥りやすいとされています。

人と比べてしまうと、自分よりも高収入をもらっていて楽しそうにしているのは、学歴が自分よりも上だからだというように、勝手に解釈をしてしまう人も多いのです。

そのため、人と比べてしまうような人というのは、自分の不都合なことは低学歴であることを理由にしてしまい、その結果学歴コンプレックスになりやすいとされています。

3-5. 中卒

中学を卒業してすぐに働きに出たり、何らかの理由で高校を中退してしまった人も多いのではないでしょうか。

中卒の人というのは、最も学歴コンプレックスに陥りやすいと思われてますが、実は中卒の人というのは、学歴が全てではないということを悟っている人も多いため、低学歴であることに引け目を感じたりする人は少ないとされています。

しかし、なかには中学を卒業してすぐに働きに出た人というのは、学歴がないことで就職先を探すことにも苦労してしまいますので、中卒であることを理由に突き放された経験がある人は学歴コンプレックスになりやすいと言えます。

4. 学歴コンプレックスを感じやすい場面

4-1. 合コンなどの出会いの場所

合コンなどで出会いを求める場所では、互いのことを知るために、職業を聞いたり、学歴を聞かれることも多いと思います。

そのなかで、周りはみんな高学歴なのに、自分は高卒であるというときに、なかなか学歴を言うことができなかったり、学歴を聞かれることが苦痛になってしまっているときなどには、学歴コンプレックスを感じやすいとされています。

4-2. アルバイト

会社などで、アルバイトを雇用しているという企業も少なくはありません。

正社員とアルバイト生が一緒に働くことが多いのですが、そのなかで大学に通いながらアルバイトをしているというような人が現れると、大学に通いながら呑気にアルバイトして遊べていいなと感じる傾向にあるとされています。

そのため、会社などでアルバイトをしている人が大学生であった場合などに、学歴コンプレックスを感じやすいとされています。

4-3. 高学歴の新入社員との待遇の差

低学歴の人が学歴コンプレックスを感じやすいのは、高学歴の新人社員との待遇の差を感じたときであるとされています。

大学に行かずに、高校を卒業してすぐに働いた会社に、同じ年の人が大卒として入社したとき、収入の差があることを知り、憤りを感じるのではないでしょうか。

学歴によって収入の差が出たとき、学歴コンプレックスが起こり得るとされています。

4-4. 子どもの受験

子どもが生まれ、子どもの受験になったとき、自分の学歴を引き合いに出されることが多いとされています。

子どもの友だちの親御さんなどと話をしていて、低学歴であることを恥ずかしいと感じる人が多いのですが、そのようなときに学歴コンプレックスを感じやすいとされています。

5. 学歴コンプレックスを克服するコツ

5-1. 学歴よりもコミュニケーション能力が求められていることを理解する

学歴コンプレックスを克服するためには、学歴よりもコミュニケーション能力が求められていることを理解することが大切です。

社会に出たら、どの大学に出たからと言って契約をとる企業というのは少ないとされています。

それよりも、いかにコミュニケーション能力を高めて、相手の懐に入ることが出来るのかが重要であると言えます。

そのため、コミュニケーション能力を身に付けて、高学歴の人よりも出世するように努力することが大切です。

5-2. 好きなことに徹底的に取り組む

学歴コンプレックスを克服するためには、好きなことを徹底的にやるということが大切です。

好きなことを徹底的にやると、それはあなたの誰にもまけない特技となります。

誰にも負けない特技は時にはお金に変わったり、自信に繋がります。

そうすると、学歴などどうでもよいことに気がつくのです。

5-3. 難解な試験に合格をする

学歴コンプレックスを克服するためには、高学歴でも合格をするのが困難な資格に挑戦をして、合格することが大切です。

気象予報士や弁護士など、学歴がなくても受けられる資格は多いため、難解な試験に合格をすることで自分に自信を持つことが出来るようになると言えます。

5-4. 自分にしかできないことを追求する

学歴コンプレックスを克服するためには、自分にしかできないことを追求するということが大切であるとされています。

高学歴には出来ないような、自分にしかできないことは誰にでもあるとされていますので、自分にしかできないことを追求するということが必要であるとされています。

5-5. 起業して成功する

学歴コンプレックスを乗り越えるためには、企業をして成功をすることが大切です。

成功することは安易ではありませんが、低学歴でも起業して成功することで、高学歴でなくても成功することができるのだというような自信にもなります。

5-6. 副業で思いきり稼ぐ

近年では、副業で稼ぐという人は少なくはありません。

そのため、副業で思いきり稼ぐように努力をすることが大切です。

学歴コンプレックスを抱えている人の多くが収入に対する不満から来るものであるとされています。

そのため、収入を増やすことで、学歴コンプレックスを克服することが出来るようになると言われています。

5-7. 自分のことを活かせる場所を探す

学歴コンプレックスを克服するためには、自分のことを活かせる場所を探すということが必要であるとされています。

プライベートを充実させたりすることで、自分のことを活かせる場所を見つけることが出来るようになると言えますので、自分のことを活かせる場所を探すということは大切であるとされています。

5-8. 人の学歴を気にしない

学歴コンプレックスを克服するためには、人の学歴を気にしないということが大切であるとされています。

人の学歴を気にしてしまうと、学歴によって人の優越をつける癖がついてしまいます。

そうなると、自分よりも高学歴の人には劣等感を、自分よりも低学歴の人には優越感を抱いてしまい、学歴コンプレックスに完璧に陥ってしまいますので、人の学歴を自ら気にするようなことをしないようにすることが大切であるとされています。

まとめ

学歴コンプレックスを抱えている人というのは少なくはないと言えます。

しかし、学歴コンプレックスを抱えていても、劣等感ばかりが浮かんでしまい、良いことはありません。

もしも学歴コンプレックスを抱えているのであれば、学歴コンプレックスのを克服するための方法を取り入れていくことが大切です。

学歴コンプレックスを克服するためには、自分自身が成功するということを意識すること、人と自分のことを比べないということが必要です。

中卒でも大成している人は少なくはありません。

努力次第で、高学歴の人よりも出世することができたり、素晴らしい人生を送ることができるということを理解していくことが大切です。

学歴社会と言われているなかで、学歴においてコンプレックスを抱いている人も多いのではないでしょうか。

学歴コンプレックスを抱いている人は、高学歴の人に対しての敵対心が強いなど、よいイメージを持たれないこともあります。

では、学歴コンプレックスを抱いている人というのは、どのような特徴があるのでしょうか。

今回は学歴コンプレックスの特徴や克服方法などについてご紹介していきます。

記事の続きを読む

※当サイトは占いやスピリチュアルに関連する記事を掲載するメディアサイトです。
掲載中の記事には効果や効能に根拠がない物、証明されていない場合もありますのでご注意下さい。
また当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害について、運営者は一切の責任を負いません。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

無料占い