占いの意味や夢の意味・心理や数字はどんな意味?SPITOPIは「占い」であなたの深層心理に迫ります。

 

運勢・占い・心理の秘密


https://spitopi.com/blog/20180507154135.html
ひとりが好きな人の特徴、心理、性格・仕事

ひとりが好きな人の特徴、心理、性格・仕事 | SPITOPI

SPITOPI
ひとりが好きな人の特徴、心理、性格・仕事

スポンサーリンク

人は他人と関わって感情や感性を磨き自己形成をしたり成長をしていきます。

その中で楽し事や嬉しい事、時には裏切りなどから傷付きトラウマになってしまう事もあるでしょう。

人間関係を続けていくにはそれなりの忍耐力や協調性、知恵が必要になります。

また普段組織の中で過ごして居るからこそプライベートは一人で過ごす事が好きな人も沢山います。

いつもワイワイ騒ぎたい人もいれば、一人が好きな人もいる事は不思議ではありません。

では一人が好きな人の特徴などを今回はご紹介したいと思います。

  • 一人が好きな人の性格・特徴
  • 一人が好きな人の心理
  • 一人が好きになる原因
  • 一人が好きな人が苦手なこと
  • 一人が好きな人にお勧めの仕事
  • まとめ

1. 一人が好きな人の性格・特徴

1-1. シンプルが好き

生活にしろ人間関係にしろややこしい事や面倒臭い事を嫌います。

だからこそ一人で過ごす事を選ぶのですが、無駄があると感情や時間を割かなければいけなくなりますが一人でいれば自分の意思を優先させ、気持ちを満たす事が出来ます。

物事がややこしくなるのは人間が欲を出してくるからなので必要以上に関わらないように過ごします。

1-2. 人間が苦手

自分も人間だからこそ、人間のダメな部分や卑しさを痛感してしまい疲れてしまうようのでしょう。

全員がそうではありませんが、一人でもそんな人が居ると関係性が崩れめちゃくちゃになってしまいます。

最低限コミュニケーションを取り、大切な人と繋がっていれば余計な人間関係を築く必要がないと考えるようです。

1-3. 自分をしっかり持っている

自分の考え方やビジョン、自分がどんな人間で思考をしているかがはっきりわかっているので、一人で行動してもブレたり自信がなくなる事がありません。

迷ったり悩んでも自分で整理ができますし、相談する相手も決まっているでしょう。

その分責任は重くなりますが自由が手に入ります。

1-4. 付き合うデメリットが面倒臭い

人付き合いをして得られる事と、単独で行動する事で得られる事を天秤にかけた時に、どう考えても後者の方が利益があり合理的で有益だと考えれば誰でも一人で過ごす事を選ぶのではないでしょうか。

もちろん全てではありませんが、ある程度の年齢や経験を重ねると人付き合いがマイナスを生む事もわかってくるので自ずとこのような考え方になるようです。

1-5. 一人で困らない

結局のところ一人でいても困ることがなく、自分で大概の事が出来るので他人に頼る事がありません。

友人がいれば適度に会えばいいですし、協調性がない訳ではないので困った時は助けてもらえます。

また要請があれば協力もするので、わざわざ普段から人とつるむ必要がなくなります。

2. 一人が好きな人の心理

2-1. 干渉されたくない

誰かと一緒にいると相手にペースを合わせたり、気持ちを汲んだりしなければいけません。

ですが一人でいればそのような事をする必要もないですし、自由気ままに振る舞うことができます。

むしろ構ってもらわない方が、好き勝手できるので必要以外の事は他人とコミュニケーションを取りたくないのかもしれません。

2-2. 気を使いたくない

これが最大の理由ではないでしょうか。

一人でいたいという事は他人に気を使いたくないという事になります。

つまり他人に気をつかってしまう自分の性格をよく分かっているのでしょう。

人一倍空気を読んでしまったり、他人の顔色を伺ったり、感情に触れてしまうので防衛本能なのかもしれません。

2-3. 気楽だから

当然一人でいれば気楽だと思います。

余計な事を考えなくて済みますし、自分のペースで過ごせます。

また取り込みたくない情報や過ごしたくない環境に身を晒す事も少なくなります。

どうせ過ごすのであればストレスの少ない方を選ぶ気持ちはわからなくはありません。

2-4. トラブルを避けたい

他人と過ごすと何かしらトラブルが発生してしまう事があります。

直接関わっていなくても火の粉が飛んできたり、場合によっては責任転嫁されることもあるかもしれません。

一人で過ごしているとそんな事に直面する事もないので関係しなくて済むようになります。

2-5. 余計な感情を持ちたくない

聞きたくもない情報や話、自分にとって有益ではない出来事、ネガティブな感情やマイナスの状況を生み出したくないようです。

振り回されるほど心が弱いわけではないですが、わざわざ不必要で非合理的で何の得にもならないことを自分の中に取り込みたくないのかもしれません。

3. 一人が好きになる原因

3-1. 過去に煩わしい人間関係があった

学生時代や会社、もしかするともっと幼い幼稚園や小学校低学年で煩わしい経験をした場合は、他人と関わると面倒を生む事が頭にインプットされてしまっている場合があります。

だからと言って全て拒否する訳ではないですし、協調性や順応性も身につけている訳ですが、なるべく関わらないように最低限の事以外はコミュニケーションを取らないという考え方になるかもしれません。

3-2. そっとしておいて欲しい

人は自分と違うものに対して口を挟みたくなる生き物です。

ですが迷惑を掛けられていないのであれば、わざわざ言う必要はありませんし、権利もありません。

ただお節介焼きやゴシップ好きの人は頼んでもいない余計な事にまで首を突っ込んでアドバイスをしてきます。

主観や固定概念、思い込みなどで考えを押し付けてきては恩を着せていきます。

またその恩に答えなければ文句を言う場合もあるでしょう。

頼んでもないのにしゃしゃり出て、思い通りにならなければ文句を言われるような経験をすれば、そっとしておいて欲しいと思うでしょうし、一人がいいと思って当然ではないでしょうか。

3-3. 他人の事を考えたくない

食事一つにしろ誰かと行くとなると時間や待ち合わせ場所、何を食べるか、場合によっては服装や手土産などを考えなければいけません。

女性なら化粧をしたり身嗜みを整えるなど一人ならしなくてもいい事が一気に増えてしまいます。

もちろん大切な相手であれば行くとそれなりに楽しく良かったと思うものですが、やはり面倒臭い気持ちが強くなり約束するよりも自分の気ままに行動できる方を選ぶようになっていきます。

4. 一人が好きな人が苦手なこと

4-1. 無理強いされる事

いつも一人だからといって気遣って声を掛けてくれるのはいいですが、無理に一緒に連れて行って騒ごうとしたり、一人でいる事を否定して人間関係について説教したりされると、益々うんざりして人といる事が苦手になってしまいます。

特に他人と関わらない事を甘いと言ったり精神が弱いからだと言った自分の決めつけで抑え付けようとしてくる人には、あなたのような人がいるからだと思うでしょう。

4-2. くだらない人間関係の諍い

自分には全く関係のない事で巻き込まれたり、どうでもいい妬みや嫉みを聞かされたり、他人の批判や悪口を聞かされた挙句とばっちりを受けたりと自分が望んでいなくても、そんな人が一人いるだけでそこに身を置かなければいけなくなります。

また拒否をすれば、今度は敵視してきたりと非常に低俗でつまらない事をされる事に辟易としてしまうのでしょう。

そんな経験をすると、一人で過ごす事を更に強化してしまいます。

何かを築く為に人間関係を構築するはずなのに、生産性どころかマイナスの感情を持たなければいけないのであれば一人の方がよっぽどプラスになると考えるようです。

4-3. 嘘をついたりウワベで過ごす事

誰でも嘘をついたりウワベで過ごす事は疲れますし好んでしている人はいないのではないでしょう。

何らかの目的の為に心を無にしているのだと思いますが、一人が好きな人は特に、それが苦手で嫌悪感すら覚える人が多いようです。

社会にいると本音と建前を使い分けなければいけません。

作り笑いやおべんちゃら、太鼓持ちをしたり媚を売ったりと、自分はもちろん、他人のそんな姿を見るのもうんざりだと思うようです。

だからこそ自分から離れ、なるべく人付き合いをシンプルにするのかもしれません。

5. 一人が好きな人にお勧めの仕事

5-1. 伝統工芸などの職人

職人は独特の世界観を持っている方が多いです。

独学で学んだ方もいれば誰かについて修行をして学んだ方もいますが、ある程度の修行の期間を乗り越えれば、自分のペースや世界を守ることができ、独創的で創造的な空間に浸ることができるので、一人が好きな人にはぴったりの仕事ではないでしょうか。

もちろんセンスや器用さ能力は必要ですが、今の時代はどんなことが才能だと認められるか分からないので、自分の好きなことを追究し突き止める事は、一人が好きな人にとって非常に重要なことだと言えるでしょう。

5-2. フリーランス

今は在宅の仕事も種類がたくさん増えましたし、パソコン持っていれば自分の好きな場所で仕事ができます。

インターネットが繋がれば商売ができる時代なので、会社員でも毎日必ず会社に顔出す必要もなく成績さえ残せば自分のペースで好きなように仕事ができます。

一人が好きな人は自己マネイジメントの力にも長けていると思うのでこういった単独でできる職業に向いていると言えるでしょう。

5-3. 研究者

研究者にも色々ありますが、基本的には同じことを繰り返し、何回も何年も発見や発展のために時間を費やす職業になります。

莫大なエネルギーや忍耐力や集中力が必要になるので、周囲の意見に流されたりいちいち周りに構ってられません。

少しの事が命取りになったり結果が変わるため非常に繊細な仕事だといえます。

研究室にこもって一人夜な夜な朝を迎えることも少なくないと思うので性格的には合っているのではないでしょうか。

まとめ

一人が好きな人は別に誰とも関わりたくないと思っているわけではありません。

むしろ気を使い過ぎる繊細な人なのかもしれません。

居心地が良く、気心が知れ安心できる人であれば普通に過ごしますし、コミュニケーションを取ります。

ただその範囲が狭く深くなので人付き合いが悪いと思われたり人嫌いだと思われてしまうのでしょう。

考え方を変えれば自分らしく過ごせる人と付き合っているだけだとも言えるので、無駄な感情を持つこともなくなりますし、大切な人とだけずっと長く付き合えるとも言えます。

また自分の意思を尊重して余計な事を考えたくないというシンプルな考え方なので、いざという時は凄まじい集中力を発揮する人が多いのは魅力の一つではないでしょうか。

人は他人と関わって感情や感性を磨き自己形成をしたり成長をしていきます。

その中で楽し事や嬉しい事、時には裏切りなどから傷付きトラウマになってしまう事もあるでしょう。

人間関係を続けていくにはそれなりの忍耐力や協調性、知恵が必要になります。

また普段組織の中で過ごして居るからこそプライベートは一人で過ごす事が好きな人も沢山います。

いつもワイワイ騒ぎたい人もいれば、一人が好きな人もいる事は不思議ではありません。

では一人が好きな人の特徴などを今回はご紹介したいと思います。

記事の続きを読む

※当サイトは占いやスピリチュアルに関連する記事を掲載するメディアサイトです。
掲載中の記事には効果や効能に根拠がない物、証明されていない場合もありますのでご注意下さい。
また当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害について、運営者は一切の責任を負いません。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

無料占い