占いの意味や夢の意味・心理や数字はどんな意味?SPITOPIは「占い」であなたの深層心理に迫ります。

 

運勢・占い・心理の秘密


https://spitopi.com/blog/20180507153428.html
「他人に期待しない」生き方のメリット・上手くいく理由

「他人に期待しない」生き方のメリット・上手くいく理由 | SPITOPI

SPITOPI
「他人に期待しない」生き方のメリット・上手くいく理由

スポンサーリンク

どんなに能力があっても財力があっても、人間は一人では生きていけません。

必ずなんらかの形で関わり助けてもらっているものです。

ビジネスや利害関係になればそこに期待感が生まれてくるのは自然な事ですし、それがお金を生むといっても過言ではありません。

ですがそんな関係ではなくても人は期待をしたり依存をしてしまいがちです。

その期待心が人を縛ってしまう事があるのですが、では他人に期待しない生き方のメリットなどにはどのような効果があるのかをみていきましょう。

  • 他人に期待しない生き方とは
  • 他人に期待しない生き方をするメリット
  • 他人に期待しない人の特徴
  • 他人に過度に期待しない考え方
  • 期待しない恋愛・仕事が上手くいきやすい理由
  • まとめ

1. 他人に期待しない生き方とは

他人に期待しない生き方とは

人は自分の物差しや情報、経験値で物事を判断したり考えてしまいます。

今までこうだったのだからという決めつけや、こうすればこうなるといった方程式を勝手に作り、期待してその通りにならないと苛立ったりストレスが溜まり、相手に対して怒りやネガティブな感情を持ってしまいます。

ですが世の中にある全ての事は当たり前の事ではありません。

一つずつ本来は奇跡的であり感謝すべき事なのですが、他人に勝手に期待や依存をして執着が生まれてしまうからこそ、思っていた結果にならないとフラストレーションを起こしてしまうのです。

常識的な事はともかく、本来は物事は思い通りにならない、なるのは自分の意思だけというベースで生活をすればストレスもフラストレーションも溜らないはずなのです。

他人に期待しない生き方とはシンプルに生きる事にも繋がります。

2. 他人に期待しない生き方をするメリット

他人に期待しない生き方をするメリット

2-1. がっかりする事が減る

2-がっかりする事が減る

期待をしないので思い通りにいかなくてもがっかりする事がありません。

約束が守られなくても、キャンセルになっても人間はそんなものだと思っていればショックを受ける事も心が乱れる事もありません。

2-2. 人間不信になりにくい

2-人間不信になりにくい

人間不信になるのは裏切られたり傷つけられたと思うからです。

ですが相手からすれば勝手に期待をされてプレッシャーをかけられた上に、自分でやる訳ではないのに上手くいかなかったら機嫌が悪くなったり裏切り者だと言われるのです。

もちろん内容や関係性にもよりますが、人は立場によって見方が変わる事を理解していれば人間不信になる事も少なくなるでしょう。

2-3. 自立心が生まれる

2-自立心が生まれる

他人に期待しなくなると自分で全て決断し行動しなくてはいけません。

大人なので当然なのですが、いかに自分が日頃恵まれ、周囲に頼っていたかが分かってきます。

期待をして思い通りになれば嬉しいものですが、人間は贅沢なので慣れてしまいます。

そこに突然想定外の事が起こると腹が立ったりがっかりする訳ですが、自分で最初から行動すればそもそも全て自分次第なので、うまくいくように最善を尽くすようになるでしょう。

2-4. トラブルが減る

2-トラブルが減る

他人に期待しないと任せなくなるので、トラブルや問題が自然と減る事になります。

自分でやる事になりますし、他人に任せていたとしても、ある程度最初から駄目になる場合がある事も想定して行動するようになるので無駄な問題が発生したりこじれたりする事もなくなっていきます。

2-5. 感情的になる事がなくなる

2-感情的になる事がなくなる

人間関係がこじれず、トラブルにならないので感情的になる事が減っていきます。

期待をしない分他人に掛ける感情が少なくなります。

何かが起こってもすぐに頭を切り替えるため、自分のペースで行動ができ精神的にも安定して集中力も高まります。

2-6. 気持ちに余裕が出来る

2-気持ちに余裕が出来る

他人に頼らず感情的にもならない為、精神的に余裕が出来ます。

他人によってイライラしたりストレスが溜まる事がないのでネガティブな感情を持たずに済みます。

形的には一緒に協力したり約束をしているとしても、自分には自分の時間軸があり、他人にも他人の時間軸がある事を理解すれば気持ちも穏やかになり、"そらそうだな"と何事においても開き直れ腹が立たなくなるものです。

2-7. 自分に構う時間が増える

2-自分に構う時間が増える

期待しない事によって自分の意思で動くようになり行動をコントロールするようになります。

そうなると時間割を自分で立てるようになります。

例えば誰かと約束をしていて待ち合わせ場所に相手が遅刻してくる場合、その待つ時間によって好きに動けると頭を切り替えれば、自由時間が生まれる事になります。

遅れてくるのですから、待ち合わせ場所を場合によっては変更したっていい訳です。

待つ時間をイライラするか、やりたい事に回すかは余裕と機転によって決まります。

3. 他人に期待しない人の特徴

他人に期待しない人の特徴

3-1. 他人と競ったり比べない

3-他人と競ったり比べない

人間社会は競ったり比べたりする社会かもしれません。

他人より優れていると感じられる事は優越感や安堵感を生み生きる希望になっていきます。

ただ競わなければいけない場面なら分かりますが、それ以外の生活や人生などは、他人と争ったり比較するものではありません。

人それぞれ価値観や概念が違う事を競う事自体がナンセンスなのです。

基準は自分なのに他人と比べても一生答えなど出ないので、自ずと他人に期待をする事が失くなるのです。

3-2. 物事を適度にしている

3-物事を適度にしている

全てに対し全力では向かいません。

これは一生懸命しないという意味ではなく、メリハリを付けているという意味です。

物事や対人関係を"広く浅く"するものと"狭く深く"するものに使い分けるようにしていて、全てを同じカテゴリーに分けずに臨機応変に頭を切り替えて対応するようにしています。

そうする事によって適度に適当にできるので余裕ができ、他人にいちいち期待しなくてもそれなりに自分でコントロールが利くようになります。

3-3. 自分に期待しない

3-自分に期待しない

他人に期待しないと同時に自分に期待をする事もしません。

自分に過度に期待をすると思い通りにならなかった時に辛くなり疲れてしまいます。

無理矢理自分のことをコントロールすることをやめてみる事で、自分を認めてあげれるようになります。

自分はそもそも大した事ないと開き直れば少しできただけで褒められるはずです。

喜びを増やすことは大切です。

3-4. 執着を手放す

3-執着を手放す

期待は物事を達成する為に掛ける気持ちの事です。

期待をするからその事にしか目が行かなくなり、精神面が乱れてしまうのです。

こだわりや譲れないものがある事は大切ですがそうではなく、執着をやめれず心を燃やしているのであれば非常にもったいない事をしているこになります。

執着とは依存や未練、劣等感である場合が多いです。

期待しない人はそこまでする必要性があるかを天秤に掛けて上手に駆け引きしています。

3-5. 現実を受け入れる

3-現実を受け入れる

期待するとは、他人の力を借りて望みなどを手に入れようとしている事になります。

少し遡って考えてみると、無い物ねだりをしている状態に繋がってはこないでしょうか。

あれが足りない、これがあればいいのにと現実逃避をしたり言い訳をして、誰か持ってきてくれたらいいなぁと夢見がちな事を願っている状態になります。

ですが期待しない人は現実をみるクセがあり、足りていると考えるようにシフトチェンジしていきます。

そうする事で感謝が増えて他人を頼らなくなります。

4. 他人に過度に期待しない考え方

他人に過度に期待しない考え方

4-1. 関係性を利用してみる

4-関係性を利用してみる

他人に期待をしてしまうから思い通りにいかなかった場合にマイナスの感情が生まれたりストレスが溜まるわけです。

つまり相手との感情や考え方に温度差があるという事になります。

ですがいくらイライラしたところで相手にも性格や考え方があるので改善しないとなれば骨折り損になってしまいます。

ですからいっその事割り切って距離感を保つように、適度に利害関係の間柄を保つようにしておけばお互いにイライラもしませんし、必ずやるべき事はしなくてはいけなくなるのでそこの使命感を利用しましょう。

4-2. 大人になる

4-大人になる

イライラしたりストレスが溜まるのは思い通りにならなかったからです。

このシチュエーションを想像してみると子供の喧嘩のようではないでしょうか。

おもちゃを買って貰えなかった、兄弟喧嘩で弟が言う事を聴いてくれなかったなど全て相手に委ね責任転嫁しています。

つまり大人になってもまだ考え方は子供のままでありやっている事は変わっていないという事です。

子供ならいいですが、もう大人なのでその傲慢な考え方を改めなければいけません。

期待しない事は大人になる事、成長する事だと考えれば子供みたいな行為をしなくなります。

5. 期待しない恋愛・仕事が上手くいきやすい理由

期待しない恋愛・仕事が上手くいきやすい理由

5-1. 相手に委ねないので自由に過ごせる

5-相手に委ねないので自由に過ごせる

相手に期待や答えを求めないので予定が変わっても思っていた結果にならなくても傷ついたり落ち込むことがありません。

むしろすぐに切り替えて自分のペースで自分のやりたいことをできると考えられるようになります。

もちろん予定通りに進めばそれはそれで喜ばしいことなのですが、最初から予定が変更してしまうことも想定内なので、精神的に乱れる事もなく自分に使える時間が増えるというポジティブな気持ちを生み出すことができます。

5-2. 喜びが増える

5-喜びが増える

期待をしていないと、期待通りになった時や思っているように事が進んでいくと嬉しさが倍増するものです。

想定外のことになるので感謝もするでしょうし、更にやる気や根気が出るのではないでしょうか。

5-3. うまくいくことの方が珍しい

5-うまくいくことの方が珍しい

恋愛や仕事だけに限らず、人生においてあらゆる面で自分の思い通りになっている事はどれぐらいあるでしょうか。

結果として成功している事は置いておいて、そこに辿り着く道中はストレートに完璧な道のりだったでしょうか。

挫折をしたり悔しい思いをしたかもしれませんし、傷付いたり惨めな思いをした人もいるでしょう。

成功したり思った事がうまくいく事の方が奇跡なので、歪な方がスタンダードなのだと考えれば気楽になります。

まとめ

他人に期待しない生き方は簡単なようで難しい事なのかもしれません。

しっかりした意志や想像力、知識や教養も大切になってくるでしょう。

期待をしない事は自分の行動一つで物事が決まる事でもあるので、自分の感情や考えをコントロールする能力が必要になるでしょう。

どんなに能力があっても財力があっても、人間は一人では生きていけません。

必ずなんらかの形で関わり助けてもらっているものです。

ビジネスや利害関係になればそこに期待感が生まれてくるのは自然な事ですし、それがお金を生むといっても過言ではありません。

ですがそんな関係ではなくても人は期待をしたり依存をしてしまいがちです。

その期待心が人を縛ってしまう事があるのですが、では他人に期待しない生き方のメリットなどにはどのような効果があるのかをみていきましょう。


他人に期待しない生き方とは

人は自分の物差しや情報、経験値で物事を判断したり考えてしまいます。

今までこうだったのだからという決めつけや、こうすればこうなるといった方程式を勝手に作り、期待してその通りにならないと苛立ったりストレスが溜まり、相手に対して怒りやネガティブな感情を持ってしまいます。

ですが世の中にある全ての事は当たり前の事ではありません。

一つずつ本来は奇跡的であり感謝すべき事なのですが、他人に勝手に期待や依存をして執着が生まれてしまうからこそ、思っていた結果にならないとフラストレーションを起こしてしまうのです。

常識的な事はともかく、本来は物事は思い通りにならない、なるのは自分の意思だけというベースで生活をすればストレスもフラストレーションも溜らないはずなのです。

他人に期待しない生き方とはシンプルに生きる事にも繋がります。

他人に期待しない生き方をするメリット

2-1. がっかりする事が減る

2-がっかりする事が減る

期待をしないので思い通りにいかなくてもがっかりする事がありません。

約束が守られなくても、キャンセルになっても人間はそんなものだと思っていればショックを受ける事も心が乱れる事もありません。

2-2. 人間不信になりにくい

2-人間不信になりにくい

人間不信になるのは裏切られたり傷つけられたと思うからです。

ですが相手からすれば勝手に期待をされてプレッシャーをかけられた上に、自分でやる訳ではないのに上手くいかなかったら機嫌が悪くなったり裏切り者だと言われるのです。

もちろん内容や関係性にもよりますが、人は立場によって見方が変わる事を理解していれば人間不信になる事も少なくなるでしょう。

2-3. 自立心が生まれる

2-自立心が生まれる

他人に期待しなくなると自分で全て決断し行動しなくてはいけません。

大人なので当然なのですが、いかに自分が日頃恵まれ、周囲に頼っていたかが分かってきます。

期待をして思い通りになれば嬉しいものですが、人間は贅沢なので慣れてしまいます。

そこに突然想定外の事が起こると腹が立ったりがっかりする訳ですが、自分で最初から行動すればそもそも全て自分次第なので、うまくいくように最善を尽くすようになるでしょう。

2-4. トラブルが減る

2-トラブルが減る

他人に期待しないと任せなくなるので、トラブルや問題が自然と減る事になります。

自分でやる事になりますし、他人に任せていたとしても、ある程度最初から駄目になる場合がある事も想定して行動するようになるので無駄な問題が発生したりこじれたりする事もなくなっていきます。

2-5. 感情的になる事がなくなる

2-感情的になる事がなくなる

人間関係がこじれず、トラブルにならないので感情的になる事が減っていきます。

期待をしない分他人に掛ける感情が少なくなります。

何かが起こってもすぐに頭を切り替えるため、自分のペースで行動ができ精神的にも安定して集中力も高まります。

2-6. 気持ちに余裕が出来る

2-気持ちに余裕が出来る

他人に頼らず感情的にもならない為、精神的に余裕が出来ます。

他人によってイライラしたりストレスが溜まる事がないのでネガティブな感情を持たずに済みます。

形的には一緒に協力したり約束をしているとしても、自分には自分の時間軸があり、他人にも他人の時間軸がある事を理解すれば気持ちも穏やかになり、"そらそうだな"と何事においても開き直れ腹が立たなくなるものです。

2-7. 自分に構う時間が増える

2-自分に構う時間が増える

期待しない事によって自分の意思で動くようになり行動をコントロールするようになります。

そうなると時間割を自分で立てるようになります。

例えば誰かと約束をしていて待ち合わせ場所に相手が遅刻してくる場合、その待つ時間によって好きに動けると頭を切り替えれば、自由時間が生まれる事になります。

遅れてくるのですから、待ち合わせ場所を場合によっては変更したっていい訳です。

待つ時間をイライラするか、やりたい事に回すかは余裕と機転によって決まります。

無料占い

スポンサーリンク



無料占い

※当サイトは占いやスピリチュアルに関連する記事を掲載するメディアサイトです。
掲載中の記事には効果や効能に根拠がない物、証明されていない場合もありますのでご注意下さい。
また当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害について、運営者は一切の責任を負いません。
この記事は2018年11月24日に更新されました。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!