占いの意味や夢の意味・心理や数字はどんな意味?SPITOPIは「占い」であなたの深層心理に迫ります。

 

運勢・占い・心理の秘密


https://spitopi.com/blog/20180428140154.html
風邪のスピリチュアル的な意味

風邪のスピリチュアル的な意味 | SPITOPI

SPITOPI
風邪のスピリチュアル的な意味

スポンサーリンク

突然咳や鼻水が止まらなくなった、急に悪寒がし熱が上がったなど、風邪にはさまざまな症状があります。

もちろん体そのものの異変ではありますが、実は体を通して心や魂、霊的存在からのメッセージの場合もあるのです。

ここでは風邪のスピリチュアル的意味や、症状別の意味について紹介します。

まずは養生することが大切ですが、重要なメッセージをしっかりと受け取るように心がけましょう。

  • 風邪のスピリチュアル的な意味は浄化?
  • 風邪のスピリチュアル的なメッセージ
  • 鼻水のスピリチュアル的なメッセージ
  • 何故風邪を引くのかスピリチュアル的観点から解説
  • 浄化は自分自身が必要とするから起こるもの!?
  • 風邪の症状別の意味
  • しっかりと病院にいって直そう

1. 風邪のスピリチュアル的な意味は浄化?

風邪のスピリチュアル的な意味は浄化?

なぜ風邪を引くのか、医学的ではなくスピリチュアル的観点で説明すると、それは悪い気が身の内に滞っていることを意味しています。

風邪でおきる、咳や痰、鼻水、体の震えや悪寒、熱、喉の痛みなど、全ては悪い気を外へ出し浄化しようとする体の反応なのです。

ですから、風邪の症状を薬で無理やり抑えつけることが、必ずしも良いとは限らないのです。

症状が酷い場合は、医学的に直すのが手っとり早いですが、軽い症状の場合は自分の自己治癒力を生かすことが大切です。

養生し、気持ちを整えることによって、悪い気を払い健康な状態へと戻すことができるでしょう。

病は気からという言葉があるように、暗い気持ちを抱え込んでいると、心身のコンディションを乱しやすいです。

心から、魂のレベルで健康になることで、体の健康も保たれるのです。

ポジティブな気持ちを忘れないように暮らしていきましょう。

2. 風邪のスピリチュアル的なメッセージ

風邪のスピリチュアル的なメッセージ

2-1. 突然の悪寒や震えは虫の知らせ

2-突然の悪寒や震えは虫の知らせ

風邪には、さまざまなスピリチュアル的なメッセージが込められている場合があります。

たとえば、突然寒気がしたり、体の震えがとまらなかったり、急に熱が上がるのは、虫の知らせであることが多いです。

何か不幸が起きたり、近しい人の死を意味しているので気をつけましょう。

体と言うのは、魂を繋げる器であり、魂が受け取ったメッセージを表現する機能を持っているのです。

ですから悪い症状と共に、悪い予感がした時は、十分に注意して行動しましょう。

2-2. 喪中に風邪を引くのは死者からのメッセージ

2-喪中に風邪を引くのは死者からのメッセージ

喪中に体調を崩してしまうのは、大きなストレスも原因ですがそれは一因に過ぎません。

人の霊というのは、通夜や火葬、葬式などの儀式をした程度では、簡単に霊の世界へと往けるものではありません。

しばらくは自分の執着にとらわれていることが多いです。

その執着を含む様々なメッセージを受け取った時、風邪として症状が出る場合があります。

たとえ身内の魂であっても、死者の魂というのは生者にとってさまざまな悪い影響を与えてしまうのです。

死者が望まなくとも、生者を知らず識らずのうちに死へと引きずりこんでしまうこともあります。

特に感受性の強い人は、死者の魂の影響を受けやすいので注意する必要があります。

2-3. くしゃみが止まらないのはよからぬ噂

2-くしゃみが止まらないのはよからぬ噂

風邪を引き、くしゃみがとまらない場合は、誰かがよからぬ噂を立てていることがあります。

そういう場合は、塩水でうがいをしたり、鏡をお守りにすることで、悪い噂を打ち払うことができるでしょう。

悪い言葉というのは必ず自分へと悪い因果となって返ってくるものです。

噂に対して恨みの気持ちを抱くのではなく、気にせずポジティブに振る舞うことが大切です。

そして自分自身も誰かの陰口を叩かないように気をつけましょう。

2-4. 高熱時の悪夢は黄泉からのメッセージ

2-高熱時の悪夢は黄泉からのメッセージ

熱が上がった時に、見る悪夢は黄泉やあの世からのメッセージです。

魂の器である体が危機的状況になると、魂と体が切り離され、夢を通して霊的なメッセージを受け取りやすくなります。

特に、弱っている時は、ネガティブな霊の影響を受けやすいので気をつけましょう。

人によってさまざまですが、たとえば暗闇から青白く冷たい女の霊が現れたり、奇妙な異形の怪物に襲われたりします。

しかし、それらの霊が必ずしも自身に害をなすものではありません。

霊によっては、あなたを驚かし追い返すことによって、死の世界へと行かないように防いでくれる役割を持っている場合もあるのです。

2-5. 熱による浮遊感は幽体離脱をしかけている状態

2-熱による浮遊感は幽体離脱をしかけている状態

高熱によって感じる浮遊感は、体から魂が遊離している状態を意味しています。

時には、幽体離脱をし、さまざな霊的体験をすることができるでしょう。

他の魂と会話したり、死者からのメッセージを受け取ったりと、さまざまな貴重な体験があるはずです。

しかし、いつまでも意識を飛ばしてしまうと、体に戻れなくなるので注意が必要です。

地に足をつけるイメージをもって、体に戻るように心がけましょう。

2-6. 微熱が続くのは新たな覚醒への暗示

2-微熱が続くのは新たな覚醒への暗示

原因不明の微熱が続く場合は、新たな才能や能力が開花することを暗示しています。

魂のレベルが一段階あがり、今までは違った景色が見えるようになるでしょう。

現実的な才覚だけではなく、霊的なパワーを得ることもできます。

たとえば、テレパシーや千里眼、未来予知とった、さまざまなスピリチュアルパワーによって、幸運を得ることができるでしょう。

その力を欲張ることなく、他者のために用いることが大切です。

2-7. 節々の痛みは魂の器の調整を意味する

2-節々の痛みは魂の器の調整を意味する

熱が上がり体に節々の痛みを感じる場合は、魂の器である体が進化することを予兆しています。

魂そのものが高熱のオーラを発し、その魂に見合う体を作らなければならないというメッセージを伝えているのです。

ですから痛みに耐え、養生し、回復させていくことが大切です。

熱が下がり、痛みから解放された時、あなたの体は魂に見合う器として成長しているでしょう。

風邪と言うのは、いわば心身にとっての霊的な試練でもあるのです。

2-8. 食欲が落ちるのは自分自身への断捨離

2-食欲が落ちるのは自分自身への断捨離

風邪を引き食欲が落ちてしまうのは、自分自身への断捨離を意味しています。

食べ過ぎや飲み過ぎ、欲張りすぎるという、過剰な状態への警告と戒めなのです。

ですからこの風邪を気に、生活を見直していく必要があるでしょう。

自分にとって本当に必要なものを理解し、整理していくことが大切です。

心においても体においても断捨離をしていきましょう。

3. 鼻水のスピリチュアル的なメッセージ

鼻水のスピリチュアル的なメッセージ

3-1. 悲しみが溢れそうになっている

3-悲しみが溢れそうになっている

風邪の症状から、スピリチュアル的なメッセージを受け取る場合、陰陽五行説を用いると分かりやすいです。

陰陽五行説とは、この世のすべては陰と陽から成り立ち、それらを構成するものとして、木、火、土、金、水の五つの要素で、できていることを意味しています。

ここでいう鼻は、五行で金を意味しています。

鼻水が出てしまうということは、金の気が過剰であること示しています。

あるいは金は水を生ずることから、水の気が過剰になっていることも意味しています。

金と水が過剰になることで、悲しい気持ちや暗い気持ちが続きやすくなってしまいます。

溢れそうな悲しみが、鼻風邪として現れているのです。

ですから、悲しい気持ちが生じる根本の問題を解決することが大切です。

3-2. 享楽的で浪費が増えている

3-享楽的で浪費が増えている

上記の通り、鼻水が出てしまうということは、金の気が過剰であることを暗示しています。

金の気が過剰であると、享楽的になり、浪費が増え、自分自身の欲求をコントロールできなくなります。

ですから、なぜ欲するのか、なぜブレーキがかけられないのか、その根本を正していくことが大切です。

基本的にはストレスから快楽に逃げてしまっている状態が多いです。

ですから、快楽に逃げるのではなく、健康的な方法でストレスを解消することが大切です。

過剰な金の気を抑制するには、火の気を与えることが大切です。

火の気は、活発さ積極性を意味するので、体を動かしたり、目標を持って行動することで、状態を回復することができるでしょう。

3-3. 不安感が強くヒステリックになっている

3-不安感が強くヒステリックになっている

鼻水は、金の気の過剰、あるいは水の気の過剰を意味しています。

これらが過剰になると、不安感が強くなり、ヒステリックな状態になる場合が多いです。

これらの気は、どちらも陰に属する気なので、陽の気を高める行動をすることで、回復へと繋げることができます。

たとえば、陽光を浴びる、暖色系の服を着る、体を動かす、勝負が関係するゲームをする、体が温まるものを食べるなどの行動をしましょう。

4. 何故風邪を引くのかスピリチュアル的観点から解説

何故風邪を引くのかスピリチュアル的観点から解説

4-1. エネルギーの滞りが原因

4-エネルギーの滞りが原因

何故風邪を引いてしまうのか、スピリチュアル的観点から見ると、それはエネルギーの停滞を意味しています。

エネルギーが循環せずに、心身、そして魂に巡らないことにとって、不具合が生じてしまうのです。

ですから、エネルギーの循環を促す行動をすることが大切です。

まずは、ネガティブな気持ちを持たないように心がけるようにしましょう。

ネガティブな感情と言うのは、エネルギーの循環を停滞させ、ブロックしてしまう原因となります。

ですから、できるだけポジティブに思考し、行動することが大切なのです。

4-2. 陽の気と陰の気のバランスが崩れている

4-陽の気と陰の気のバランスが崩れている

陰陽五行説から考えると、自分自身の陰と陽のバランスが崩れてしまうために、風邪を引くと考えられます。

人それぞれ、陰の気と陽の気のバランスには違いがあります。

そのバランスは繊細であり、ちょっとのことで過剰になったり、不足したりしてしまい、崩れやすくなるのです。

イライラしたり、けんかっ早くなっていたり、興奮しやすい場合は、陽の気が過剰であることを意味しています。

気持ちが落ち込んだり、悲しみが続いたり、無気力な場合は、陰の気が過剰であることを意味しています。

ですからそのバランスを直すために、足りない方の気を補うようにしましょう。

陽の気を補いたい場合は、体を動かしたり、暖色系のものを着たり、温かい食べ物を食べるようにしましょう。

陰の気を補いたい場合は、体を休めたり、寒色系のものを着たり、冷たい食べ物を食べるようにしましょう。

4-3. 自分の体を通して受け取る霊的メッセージ

4-自分の体を通して受け取る霊的メッセージ

風邪の理由をスピリチュアル的な観点から見ますと、自分の体を通して、霊的なメッセージを受け取っていることを表しています。

自分自身や誰かの危機や、不幸などを警告したり、自分自身の過激な行動を戒める場合に受け取ることが多いです。

時に、先祖から、神様から、仏様から、など多くの言葉を受け取ることがあるので、しっかりその言葉を受け止め行動していくことが大切です。

5. 浄化は自分自身が必要とするから起こるもの!?

浄化は自分自身が必要とするから起こるもの!?

風邪は自分自身への浄化を意味します。

そして、その浄化というのは、無意識下で自分自身が必要とするから起きるのです。

ですから、風邪に対してアンラッキーな気持ちやネガティブな感情を抱くのではなく、粛々とその浄化の過程を受け入れることが大切です。

風邪の症状から解放された時、心身共に浄化され、軽やかな気持ちになれるでしょう。

6. 風邪の症状別の意味

風邪の症状別の意味

6-1. 喉風邪

6-喉風邪

喉の痛みは、土の気のバランスが崩れており、過剰であることを意味しています。

土の気が過剰になると、頑固なったり、依存心が強くなったり、嫉妬深くなったりします。

カチカチになった土塊のように柔軟性に欠けている状態を意味しているので、思考を柔軟にして行動していくことが大切です。

思い込みをするのではなく、客観的に判断できるように冷静さを取り戻しましょう。

土の気が過剰な場合は、木の気を加えることが大切です。

アロマを用いてリラックスしたり、グリーンの物を部屋に置いたり、深呼吸をして気持ちを整えたりしましょう。

6-2. 鼻風邪

6-鼻風邪

前述の通り、鼻風邪は金の気あるいは水の気が過剰であることを意味しています。

ネガティブな感情や、ストレスが多くヒステリックになっていることを意味しているので、ストレスを解消していくことが大切です。

快楽に逃げずに、ポジティブな気持ちを持って、問題を乗り越えていきましょう。

6-3. 咳

6-咳

咳や痰も金の気が過剰であることを意味しています。

金の気が過剰になると、ヒステリーを起こしたり、毒舌や皮肉が増えたり、マイナス思考になりやすくなります。

金の気を抑えるには、火の気を加えることが大切です。

体を動かしたり、ポジティブな思考をもったり、勝負事に挑んだりと、アクティブに活動しましょう。

7. しっかりと病院にいって直そう

風邪にはスピリチュアル的な意味もありますが、もちろんウィルスや細菌が原因でもあります。

ですから、症状が辛い時、長引く場合は、医療機関に行き、しっかりと直すことが大切です。

病気が続くとメンタルも病んでしまい、それこそ魂や気が淀むことに繋がります。

心と、体、そして魂が連関していることを理解し、相互に回復を促すことが大切なのです。

突然咳や鼻水が止まらなくなった、急に悪寒がし熱が上がったなど、風邪にはさまざまな症状があります。

もちろん体そのものの異変ではありますが、実は体を通して心や魂、霊的存在からのメッセージの場合もあるのです。

ここでは風邪のスピリチュアル的意味や、症状別の意味について紹介します。

まずは養生することが大切ですが、重要なメッセージをしっかりと受け取るように心がけましょう。


風邪のスピリチュアル的な意味は浄化?

なぜ風邪を引くのか、医学的ではなくスピリチュアル的観点で説明すると、それは悪い気が身の内に滞っていることを意味しています。

風邪でおきる、咳や痰、鼻水、体の震えや悪寒、熱、喉の痛みなど、全ては悪い気を外へ出し浄化しようとする体の反応なのです。

ですから、風邪の症状を薬で無理やり抑えつけることが、必ずしも良いとは限らないのです。

症状が酷い場合は、医学的に直すのが手っとり早いですが、軽い症状の場合は自分の自己治癒力を生かすことが大切です。

養生し、気持ちを整えることによって、悪い気を払い健康な状態へと戻すことができるでしょう。

病は気からという言葉があるように、暗い気持ちを抱え込んでいると、心身のコンディションを乱しやすいです。

心から、魂のレベルで健康になることで、体の健康も保たれるのです。

ポジティブな気持ちを忘れないように暮らしていきましょう。

風邪のスピリチュアル的なメッセージ

2-1. 突然の悪寒や震えは虫の知らせ

2-突然の悪寒や震えは虫の知らせ

風邪には、さまざまなスピリチュアル的なメッセージが込められている場合があります。

たとえば、突然寒気がしたり、体の震えがとまらなかったり、急に熱が上がるのは、虫の知らせであることが多いです。

何か不幸が起きたり、近しい人の死を意味しているので気をつけましょう。

体と言うのは、魂を繋げる器であり、魂が受け取ったメッセージを表現する機能を持っているのです。

ですから悪い症状と共に、悪い予感がした時は、十分に注意して行動しましょう。

2-2. 喪中に風邪を引くのは死者からのメッセージ

2-喪中に風邪を引くのは死者からのメッセージ

喪中に体調を崩してしまうのは、大きなストレスも原因ですがそれは一因に過ぎません。

人の霊というのは、通夜や火葬、葬式などの儀式をした程度では、簡単に霊の世界へと往けるものではありません。

しばらくは自分の執着にとらわれていることが多いです。

その執着を含む様々なメッセージを受け取った時、風邪として症状が出る場合があります。

たとえ身内の魂であっても、死者の魂というのは生者にとってさまざまな悪い影響を与えてしまうのです。

死者が望まなくとも、生者を知らず識らずのうちに死へと引きずりこんでしまうこともあります。

特に感受性の強い人は、死者の魂の影響を受けやすいので注意する必要があります。

2-3. くしゃみが止まらないのはよからぬ噂

2-くしゃみが止まらないのはよからぬ噂

風邪を引き、くしゃみがとまらない場合は、誰かがよからぬ噂を立てていることがあります。

そういう場合は、塩水でうがいをしたり、鏡をお守りにすることで、悪い噂を打ち払うことができるでしょう。

悪い言葉というのは必ず自分へと悪い因果となって返ってくるものです。

噂に対して恨みの気持ちを抱くのではなく、気にせずポジティブに振る舞うことが大切です。

そして自分自身も誰かの陰口を叩かないように気をつけましょう。

2-4. 高熱時の悪夢は黄泉からのメッセージ

2-高熱時の悪夢は黄泉からのメッセージ

熱が上がった時に、見る悪夢は黄泉やあの世からのメッセージです。

魂の器である体が危機的状況になると、魂と体が切り離され、夢を通して霊的なメッセージを受け取りやすくなります。

特に、弱っている時は、ネガティブな霊の影響を受けやすいので気をつけましょう。

人によってさまざまですが、たとえば暗闇から青白く冷たい女の霊が現れたり、奇妙な異形の怪物に襲われたりします。

しかし、それらの霊が必ずしも自身に害をなすものではありません。

霊によっては、あなたを驚かし追い返すことによって、死の世界へと行かないように防いでくれる役割を持っている場合もあるのです。

2-5. 熱による浮遊感は幽体離脱をしかけている状態

2-熱による浮遊感は幽体離脱をしかけている状態

高熱によって感じる浮遊感は、体から魂が遊離している状態を意味しています。

時には、幽体離脱をし、さまざな霊的体験をすることができるでしょう。

他の魂と会話したり、死者からのメッセージを受け取ったりと、さまざまな貴重な体験があるはずです。

しかし、いつまでも意識を飛ばしてしまうと、体に戻れなくなるので注意が必要です。

地に足をつけるイメージをもって、体に戻るように心がけましょう。

2-6. 微熱が続くのは新たな覚醒への暗示

2-微熱が続くのは新たな覚醒への暗示

原因不明の微熱が続く場合は、新たな才能や能力が開花することを暗示しています。

魂のレベルが一段階あがり、今までは違った景色が見えるようになるでしょう。

現実的な才覚だけではなく、霊的なパワーを得ることもできます。

たとえば、テレパシーや千里眼、未来予知とった、さまざまなスピリチュアルパワーによって、幸運を得ることができるでしょう。

その力を欲張ることなく、他者のために用いることが大切です。

2-7. 節々の痛みは魂の器の調整を意味する

2-節々の痛みは魂の器の調整を意味する

熱が上がり体に節々の痛みを感じる場合は、魂の器である体が進化することを予兆しています。

魂そのものが高熱のオーラを発し、その魂に見合う体を作らなければならないというメッセージを伝えているのです。

ですから痛みに耐え、養生し、回復させていくことが大切です。

熱が下がり、痛みから解放された時、あなたの体は魂に見合う器として成長しているでしょう。

風邪と言うのは、いわば心身にとっての霊的な試練でもあるのです。

2-8. 食欲が落ちるのは自分自身への断捨離

2-食欲が落ちるのは自分自身への断捨離

風邪を引き食欲が落ちてしまうのは、自分自身への断捨離を意味しています。

食べ過ぎや飲み過ぎ、欲張りすぎるという、過剰な状態への警告と戒めなのです。

ですからこの風邪を気に、生活を見直していく必要があるでしょう。

自分にとって本当に必要なものを理解し、整理していくことが大切です。

心においても体においても断捨離をしていきましょう。

無料占い

スポンサーリンク



無料占い

※当サイトは占いやスピリチュアルに関連する記事を掲載するメディアサイトです。
掲載中の記事には効果や効能に根拠がない物、証明されていない場合もありますのでご注意下さい。
また当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害について、運営者は一切の責任を負いません。
この記事は2018年11月23日に更新されました。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!