占いの意味や夢の意味・心理や数字はどんな意味?SPITOPIは「占い」であなたの深層心理に迫ります。

 

運勢・占い・心理の秘密


https://spitopi.com/blog/20180423150723.html
なぜか惹かれる人の前世での関係・スピリチュアル的な解析

なぜか惹かれる人の前世での関係・スピリチュアル的な解析 | SPITOPI

SPITOPI
なぜか惹かれる人の前世での関係・スピリチュアル的な解析

スポンサーリンク

理由ははっきりと分からないけれど、見た瞬間の第一印象から惹かれる人、少し一緒に時間を過ごしているだけで気持ちが引き寄せられる人がいます。

そういった「なぜか気持ちが惹かれる人・自分の感情が抑えられずに引き寄せられる人」というのは、スピリチュアル的に特別な存在であったり特別な意味を持っていたりします。

この記事では、「なぜか惹かれる人」のスピリチュアル的な意味について解説していきます。

  • スピリチュアル的な意味でなぜか惹かれる人とは?
  • 前世での関係性が強い場合
  • 何故かその人に惹かれてしまう一般的な要因
  • お互いになぜか惹かれ合う関係性の意味
  • なぜか惹かれる相手はあなたの「運命の人」の可能性もある
  • まとめ

1. スピリチュアル的な意味でなぜか惹かれる人とは?

スピリチュアル的な意味でなぜか惹かれる人とは?

理由・原因がはっきりしないのに、なぜか惹かれる人や気になって仕方ない人がいます。

スピリチュアル的な意味では、「なぜか惹かれる人(心がどうしてもその人に強く引き寄せられる人)」というのは、「前世からの深いつながり・強い因縁がある人」や「最終的に結びつくべき運命の相手」である可能性が高いのです。

特別な理由もないのに、なぜか惹かれることには「スピリチュアルな意味・必然性」があることが多いので、どうしても相手のことが頭から離れない時(忘れられない時)には思い切って声をかけてみた方がいいでしょう。

ただの自分の思い込みや片思いであることもありますが、「ソウルメイト」や「ツインソウル(ツインレイ)」のように前世においても非常に親密な関係を持っていた特別な縁がある相手かもしれないのです。

2. 前世での関係性が強い場合

前世での関係性が強い場合

なぜか惹かれる相手とは、「前世での関係性・因縁」が強いケースも多いのです。

なぜか惹かれる人は、あなたの前世においてどのような関係にあった人なのでしょうか。

「ソウルメイト・ツインソウル(ツインレイ)・カルマメイト」の観点から説明していきます。

2-1. ソウルメイト

2-ソウルメイト

ソウルメイトとは前世からの深いつながりがある「魂の仲間」のことです。

ソウルメイトには「複数の相手」がいることも多く、ツインソウルのように「唯一の相手(魂の片割れである一人)」に絞り込めるわけではありません。

なぜか惹かれる相手は「ソウルメイト」である可能性があります。

ツインソウル(ツインレイ)は多くの場合、「異性」であることが多いのですが、ソウルメイトは男性であることもあれば女性であることもあります。

ソウルメイトは性別を問わず、運命的に引き寄せ合って出会うことになる「特別な魂の仲間・伴侶」のことなのです。

性別を固定しないソウルメイトは「恋人・配偶者」という関係性であるとは限らず、「両親・きょうだい・ビジネスパートナー・親友・メンター(師匠)」のような関係の相手として現れることもあります。

ソウルメイトは「性別・国境・人種・宗教・家柄・収入」などによって区別されることがない魂の仲間なのです。

2-2. ツインソウル(ツインレイ)

2-ツインソウル(ツインレイ)

なぜか惹かれる相手は、ソウルメイトよりも前世の関係が深い「ツインソウル(ツインレイ)」である可能性があります。

ツインソウルとは「魂の片割れ」のことで、元々は一つの魂を構成していた相手が二つ(二人)に分かれてしまったものです。

ソウルメイトは前世で深い縁があって現世で再会することを約束してきた「魂の仲間」のことですが、ツインソウルはソウルメイトよりもさらに深い縁で結ばれた「唯一のパートナー(結びつくべき運命の相手)」なのです。

そのため、唯一の異性のパートナーとして相手のことを強く必要としている時(恋人・配偶者として一人の異性を愛している時)には、ソウルメイトではなく「ツインソウル」である可能性が高くなるのです。

世界の始まりの光(光線)として、もっとも強い絆で結ばれている二人が「ツインレイ(二つ組の光線)」になります。

ツインレイよりもやや弱いパートナーの本質的な結合として「ツインフレイム(二つ組の炎)」と呼ばれる関係性もあります。

2-3. カルマメイト

2-カルマメイト

なぜか惹かれる相手は、お互いに憎しみ合ったり傷つけ合ったりする因縁を抱えた「カルマメイト(悪業の友達)」である可能性もあります。

カルマメイトは自分にネガティブな影響を与えることが多い因縁の相手なので、どうしてそんな相手に強く惹きつけられるのかと不思議に思うかもしれませんが、「愛情は憎悪の裏返しの心理」がそこには働いています。

人はまったく興味関心のない相手に対して「怒り・憎悪の感情」を感じることはまずありません。

痴情のもつれやストーカー心理などが典型的ですが、人が「怒り・憎悪の感情」を持つ相手は、「元々は愛情や期待を寄せていた相手」であることの方が多いのです。

カルマメイトとは「愛情・憎悪のアンビバレント(両価的)な感情」を感じさせられる相手のことで、「愛していた人から裏切られた胸の痛み」を思い出させられるので、なぜか分からずに強烈に惹きつけられてしまうのです。

気づくとなぜかいつも一緒にいることが多いのもカルマメイトの特徴ですが、「自分の内面や過去を見つめ直す+過去の強い感情の執着を手放すこと」によってカルマメイトとの悪縁は解消されやすくなります。

3. 何故かその人に惹かれてしまう一般的な要因

何故かその人に惹かれてしまう一般的な要因

何故かその人に惹かれてしまうという時に考えることができる「一般的な要因」にはどのようなものがあるでしょうか。

3-1. 外見の表情や雰囲気・受容的な性格に惹かれる

3-外見の表情や雰囲気・受容的な性格に惹かれる

何故かその人に惹かれてしまう一般的な要因として多いのは、やはり「視覚刺激的な一目惚れ」と「性格・対応の感じの良さ」になります。

容姿端麗な人で、外見の表情が豊かであり顔つきが生き生きとしている人は、それだけで相手を簡単に魅了することができます。

その人の外見(容貌)が持っている「温かみ・柔らかさ・クールさのある雰囲気」というのも、その人に惹かれてしまう要因でしょう。

その人と実際にコミュニケーションをした時に、「自分の話をよく聞いてくれる・自分のことを理解して分かってくれる」という感じがあれば自然に惹きつけられることになります。

相手の存在や発言を柔らかく受け容れてあげる「受容的・共感的な性格」はそれだけで魅力なのです。

3-2. オーラ・波長が合っている

3-オーラ・波長が合っている

人はそれぞれ先天的・後天的に、「自分のオーラ・波長」という目に見えない感じを身に付けていきます。

私たちは恋人や親友と相性の良さを感じる時には、「この人とは波長が合っている」と語ることがありますが、なぜかその人に惹かれてしまう一般的要因として「目に見えない波長(周波数的な感じ)が合う」ということがあるのです。

さらに人はそれぞれ「目に見えないオーラ」をまとっていて、一般的な感じ方として「明るいオーラ・暗いオーラ」や「温かいオーラ・冷たいオーラ」の感じ方の区別が生まれてきます。

オーラには色々なカラー(色)がついていることも多いのですが、私たちがなぜかその人に引き寄せられると感じる時には、「オーラの感じが合っていて心地よい」という理由があるのです。

3-3. 性格・趣味・生き方における共通点(類似点)が多い

3-性格・趣味・生き方における共通点(類似点)が多い

私たちは、一般的に「性格・趣味・生き方における共通点(類似点)」が多ければ多いほど、その相手に親近感や好意を感じやすくなります。

優しくて思いやりのある性格の人は、同じように優しくて思いやりがあると感じられる相手に引き寄せられやすくなります。

登山・読書が趣味の人は、同じように登山や読書を趣味としていて共通の話題で盛り上がりやすい人と、いつの間にか親しい友人になっていることが多いのです。

生き方や価値観の部分での共通点(類似点)はもっとも重要な要因になってくるでしょう。

人は「何のために生きているか・人生における価値観の優先順位は何か・自己中心的か利他的(奉仕的)か」といった生き方・価値観の部分で共感できる類似点の多い人に、自然に強く惹きつけられていくのです。

4. お互いになぜか惹かれ合う関係性の意味

お互いになぜか惹かれ合う関係性の意味

お互いになぜか分からないけれど、惹かれ合ってしまうという関係性にはどのような意味があるのでしょうか。

4-1. 人生の目的・使命に共通点がある

4-人生の目的・使命に共通点がある

お互いになぜか惹かれ合う関係性に意味があるとしたら、「人生の目的・使命に共通点がある」ということになります。

あなたとなぜか惹かれ合う相手には、「学業・専門・仕事内容・仕事の目的・価値観や世界観」において少なからぬ共通点や似た部分があるのではないでしょうか。

同じ医学や介護学などを学んでいて、「患者・要介護者の人生の役に立ちたい(病気・怪我・老衰・障害・認知症などの問題をサポートしていきたい)」という仕事の目的があれば、自然にお互いを引きつけ合いやすくなるでしょう。

「人生の目的・使命」に共通点が多ければ多いほど、二人は同じような環境に身をおいて切磋琢磨や協力をしやすくなるので、必然的に「相手の魅力・長所」に気づいて認め合うような関係性になりやすいのです。

4-2. 本能的な魅力・前世の因縁で惹かれ合う

4-本能的な魅力・前世の因縁で惹かれ合う

お互いになぜか惹かれ合う関係性の典型的な意味として、見た目や雰囲気などの「本能的な魅力の釣り合い(バランス)」というものがあります。

進化生物学的な性選択(性淘汰)によって、人間も自分にとって「より適応的・魅力的な異性」を探して選ぼうとしていますから、なぜか惹かれてしまう相手との関係には「本能的な魅力・自己遺伝子保存の有利」といった意味があることが多いのです。

本能的な魅力の背後には「前世の因縁・つながり」が関係していることもあります。

ソウルメイトやツインソウルのように「前世からの深いつながり・現世で再会する約束」がある時には、なぜか惹かれ合う関係性が自然に構築されることになるのです。

5. なぜか惹かれる相手はあなたの「運命の人」の可能性もある

なぜか惹かれる相手はあなたの「運命の人」の可能性もある

なぜか惹かれる相手は、「ただの片思いの相手・ただ自分だけが一方的に思い入れのある相手」という恐れもありますが、非常に強く引き寄せられてどうしても気持ち(意識)が離れない相手の場合には「運命の人」である可能性が出てきます。

前世において非常に親密な関係・縁があったり、「共通の使命・目的」を果たそうとしていたりしていた相手が「運命の人」になってきます。

まとめ

スピリチュアルな世界では運命の人を表す概念として「ソウルメイト」や「ツインソウル」がありますが、唯一の異性のパートナーであることにこだわらないのであれば「ソウルメイト(魂の仲間)」なのかもしれません。

あなたがずっと唯一の異性のパートナーを「魂の片割れ」のように誠実に思い続けてきたのであれば、なぜか惹かれる相手が「ツインソウル」である可能性が出てきます。

ただ一人の運命の相手を示すツインソウルより更に深いつながりがある「ツインフレーム(二つ組の炎)」や「ツインレイ(二つ組の光線)」という特別な存在である可能性もあります。

理由ははっきりと分からないけれど、見た瞬間の第一印象から惹かれる人、少し一緒に時間を過ごしているだけで気持ちが引き寄せられる人がいます。

そういった「なぜか気持ちが惹かれる人・自分の感情が抑えられずに引き寄せられる人」というのは、スピリチュアル的に特別な存在であったり特別な意味を持っていたりします。

この記事では、「なぜか惹かれる人」のスピリチュアル的な意味について解説していきます。


スピリチュアル的な意味でなぜか惹かれる人とは?

理由・原因がはっきりしないのに、なぜか惹かれる人や気になって仕方ない人がいます。

スピリチュアル的な意味では、「なぜか惹かれる人(心がどうしてもその人に強く引き寄せられる人)」というのは、「前世からの深いつながり・強い因縁がある人」や「最終的に結びつくべき運命の相手」である可能性が高いのです。

特別な理由もないのに、なぜか惹かれることには「スピリチュアルな意味・必然性」があることが多いので、どうしても相手のことが頭から離れない時(忘れられない時)には思い切って声をかけてみた方がいいでしょう。

ただの自分の思い込みや片思いであることもありますが、「ソウルメイト」や「ツインソウル(ツインレイ)」のように前世においても非常に親密な関係を持っていた特別な縁がある相手かもしれないのです。

前世での関係性が強い場合

なぜか惹かれる相手とは、「前世での関係性・因縁」が強いケースも多いのです。

なぜか惹かれる人は、あなたの前世においてどのような関係にあった人なのでしょうか。

「ソウルメイト・ツインソウル(ツインレイ)・カルマメイト」の観点から説明していきます。

2-1. ソウルメイト

2-ソウルメイト

ソウルメイトとは前世からの深いつながりがある「魂の仲間」のことです。

ソウルメイトには「複数の相手」がいることも多く、ツインソウルのように「唯一の相手(魂の片割れである一人)」に絞り込めるわけではありません。

なぜか惹かれる相手は「ソウルメイト」である可能性があります。

ツインソウル(ツインレイ)は多くの場合、「異性」であることが多いのですが、ソウルメイトは男性であることもあれば女性であることもあります。

ソウルメイトは性別を問わず、運命的に引き寄せ合って出会うことになる「特別な魂の仲間・伴侶」のことなのです。

性別を固定しないソウルメイトは「恋人・配偶者」という関係性であるとは限らず、「両親・きょうだい・ビジネスパートナー・親友・メンター(師匠)」のような関係の相手として現れることもあります。

ソウルメイトは「性別・国境・人種・宗教・家柄・収入」などによって区別されることがない魂の仲間なのです。

2-2. ツインソウル(ツインレイ)

2-ツインソウル(ツインレイ)

なぜか惹かれる相手は、ソウルメイトよりも前世の関係が深い「ツインソウル(ツインレイ)」である可能性があります。

ツインソウルとは「魂の片割れ」のことで、元々は一つの魂を構成していた相手が二つ(二人)に分かれてしまったものです。

ソウルメイトは前世で深い縁があって現世で再会することを約束してきた「魂の仲間」のことですが、ツインソウルはソウルメイトよりもさらに深い縁で結ばれた「唯一のパートナー(結びつくべき運命の相手)」なのです。

そのため、唯一の異性のパートナーとして相手のことを強く必要としている時(恋人・配偶者として一人の異性を愛している時)には、ソウルメイトではなく「ツインソウル」である可能性が高くなるのです。

世界の始まりの光(光線)として、もっとも強い絆で結ばれている二人が「ツインレイ(二つ組の光線)」になります。

ツインレイよりもやや弱いパートナーの本質的な結合として「ツインフレイム(二つ組の炎)」と呼ばれる関係性もあります。

2-3. カルマメイト

2-カルマメイト

なぜか惹かれる相手は、お互いに憎しみ合ったり傷つけ合ったりする因縁を抱えた「カルマメイト(悪業の友達)」である可能性もあります。

カルマメイトは自分にネガティブな影響を与えることが多い因縁の相手なので、どうしてそんな相手に強く惹きつけられるのかと不思議に思うかもしれませんが、「愛情は憎悪の裏返しの心理」がそこには働いています。

人はまったく興味関心のない相手に対して「怒り・憎悪の感情」を感じることはまずありません。

痴情のもつれやストーカー心理などが典型的ですが、人が「怒り・憎悪の感情」を持つ相手は、「元々は愛情や期待を寄せていた相手」であることの方が多いのです。

カルマメイトとは「愛情・憎悪のアンビバレント(両価的)な感情」を感じさせられる相手のことで、「愛していた人から裏切られた胸の痛み」を思い出させられるので、なぜか分からずに強烈に惹きつけられてしまうのです。

気づくとなぜかいつも一緒にいることが多いのもカルマメイトの特徴ですが、「自分の内面や過去を見つめ直す+過去の強い感情の執着を手放すこと」によってカルマメイトとの悪縁は解消されやすくなります。

スポンサーリンク

1 / 3
記事の続きを読む

スポンサーリンク

※当サイトは占いやスピリチュアルに関連する記事を掲載するメディアサイトです。
掲載中の記事には効果や効能に根拠がない物、証明されていない場合もありますのでご注意下さい。
また当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害について、運営者は一切の責任を負いません。
この記事は2018年12月08日に更新されました。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

無料占い