占いの意味や夢の意味・心理や数字はどんな意味?SPITOPIは「占い」であなたの深層心理に迫ります。

 

運勢・占い・心理の秘密


https://spitopi.com/blog/20180420103309.html
丹光とは?見えるようになるには?色別の意味

丹光とは?見えるようになるには?色別の意味 | SPITOPI

SPITOPI
丹光とは?見えるようになるには?色別の意味

スポンサーリンク

丹光という言葉を聞いたことがあるでしょうか。

スピリチュアルなことに興味がある人であれば、一度くらいは聞いたことがあるかもしれませんが、意味までは理解していない人も少なくはありません。

そこで、今回は丹光の意味について詳しくご紹介します。

  • 丹光とは?
  • 丹光を見るには、リラックスする
  • 丹光を見るには、瞑想をする
  • 赤の丹光の意味
  • オレンジの丹光の意味
  • 黄色の丹光の意味
  • 緑の丹光の意味
  • 青の丹光の意味
  • インディゴの丹光の意味
  • 紫の丹光の意味
  • 白の丹光の意味
  • 金や銀の丹光の意味
  • 柄の丹光の意味
  • 丹光の見え方
  • 丹光が見えるとどうなるのか?
  • まとめ

1. 丹光とは?

丹光とは?

丹光というのは、第三の目と言われているサードアイが開くことで見えてくる光であるとされています。

丹光というのは、目を閉じたときにまぶたに見えてくる光であり、その光というのは、直感や霊感を司るものであると言われており、ピュアなハートを持っているような子どもが多く見ることがあるとされているものであると言われています。

丹光というのは、実際は全ての人が見えていたものであると言われていますが、ピュアな心をなくしたり、心が疲れたりしてしまうことによって第三の目がなくなるとされているといるとされています。

2. 丹光を見るには、リラックスする

丹光を見るには、リラックスする

丹光を見るためには、リラックスすることが大切となっています。

丹光はリラックス状態で見ることがあるとされていますので、リラックス出きるように部屋の雰囲気を変えたりすることが必要であるとされています。

アロマオイルなどを使ったりすることによって、リラックス出来るような空間を作ることが出来るとされています。

3. 丹光を見るには、瞑想をする

丹光を見るには、瞑想をする

リラックスすることが苦手な人というのは、瞑想をして見ることが大切であるとされています。

ヨガなどでは瞑想を取り入れてありますので、リラックスするためにも瞑想をするということが大切であるとされています。

瞑想をすることによって、第三の目が開きやすくなるというような特徴があるとされていますので、瞑想を取り入れているときに丹光が見えてくるということもありそうです。

瞑想をするときには、部屋をしっかりと暗くしておくことが大切です。

瞑想の詳しい方法というのは、誰もいないような空間に、外からの光を入らないようにし、リラックスした状態で座ることが必要であるとされています。

リラックスして目を閉じて、丹田と言われているへその下辺りを意識して腹式呼吸を意識します。

腹式呼吸を繰り返すことによって、段々と腹部が温かくなってくることを実感することが出来ます。

暖かくなってきたら、第二のチャクラと言われている、生殖器の部分に意識を移していきます。

そうすると、瞼の辺りに小さな光が見えてくるはずです。

小さな光でも瞼の裏に感じることが出来たら、次は意識を眉間に移します。

これが、丹光が見えてくる瞑想の方法です。

はじめは小さな光だったものが段々と大きくなっていくとされており、瞑想を繰り返すことで丹光がはっきりしていきます。

瞑想はやり過ぎてしまうと、逆効果となり不安定な気持ちに陥ってしまいますので、回数などに気を付けて行ってみてください。

4. 赤の丹光の意味

赤の丹光の意味

第一のチャクラと言われているのは、赤の丹光であるとされています。

赤の丹光というのは、安心感や生存本能などを意味している丹光であるとされています。

赤の丹光が見えたら、安心感や生存本能が司る第三の目が開かれているとされています。

5. オレンジの丹光の意味

オレンジの丹光の意味

第二のチャクラであれば、セクシャルなエネルギーが高まっていることを意味していたり、創造力も高まっていることを意味しているチャクラとされています。

6. 黄色の丹光の意味

黄色の丹光の意味

黄色の丹光というのは、自尊心が高まっていたり、自分の意思でしっかりと生きることができているというような意味となっています。

7. 緑の丹光の意味

緑の丹光の意味

緑の丹光というのは、優しさや思いやり、愛などを意味している、優しい意味合いを持っているカラーの丹光であるとされています。

共感し合うことが出きるというような意味となっています。

8. 青の丹光の意味

青の丹光の意味

青の丹光は自分のことをしっかりと表現することができ、周りに流されないというような意味を持っています。

青の丹光は自分を表現する方法を知っているというような意味をもたらしています。

9. インディゴの丹光の意味

インディゴの丹光の意味

第六のチャクラを表している、インディゴの丹光というのは、直感力などを表しているとされています。

直感力の高まりや勘が鋭くなっているようなところがあるとされています。

10. 紫の丹光の意味

紫の丹光の意味

紫の丹光というのは、高次元である、天使などとの繋がりを意味している、チャクラのなかでも高貴意味をもたらしているチャクラとなっています。

天使などの使命に従い生きることで、輝かしい人生を送ることが出来るとされています。

チャクラのなかでも最高峰のカラーであるとも言われており、紫の丹光というのは素晴らしい意味のある丹光であるとされています。

11. 白の丹光の意味

白の丹光の意味

白い丹光というのも、紫の丹光と同じような意味をもたらしており、天使などの繋がりを大切にすべきであるというような意味となっています。

12. 金や銀の丹光の意味

金や銀の丹光の意味

金や銀の丹光というのは、白の丹光の進化系であるとされています。

スピリチュアルな気持ちが高まったり、気持ちが落ち着いたときには、白の丹光が徐々に金や銀の丹光へと変わっていくとされています。

金や銀の丹光を見たら、気持ちの浄化ができているということを意味していると言われています。

13. 柄の丹光の意味

柄の丹光の意味

虹の丹光やマーブル柄の丹光など、丹光というのは様々なカラーが混じりあって見えるときもあります。

柄のある丹光というのは、それぞれのカラーの意味を持っていると言えます。

白に赤のドット柄の丹光を見たら、安心感や生存本能が司られており、高次元との繋がりを大切にするべきであるというようなことを意識すべきであるという意味であるとされています。

14. 丹光の見え方

丹光の見え方

丹光というのは、目を閉じたときに瞼の裏に見えます。

光の加減によっては眩しくて目を閉じてしまうことが出来ないような傾向にある時もあるとされています。

目をあけたら光が見えなくなり、閉じると見えるというような、不思議な感覚に陥ってしまうような傾向にあるとされています。

しかし、実は丹光というのは目を開いているときにも見えていると言われており、目を開けているときには様々な映像が邪魔をしてしまうため、目を閉じたときにだけ見えるように感じてしまうような傾向にあるとされています。

15. 丹光が見えるとどうなるのか?

丹光が見えるとどうなるのか?

丹光が見えてくると、どのような効果があるのか気になっているような人も多いのではないでしょうか。

丹光が見えてくるというのは、第三の目が開くことであるとされており、第三の目には直感や霊感が高まる時期であると言われています。

以前は、丹光を見ることで霊が見えるという噂が流れた時期というのもありますが、あながち間違いではないとされています。

丹光が見えてくると、第三の目が開かれていき、霊感などを強めることができたりすることが出来ると言われています。

まとめ

丹光というのは、カラーによっても意味が異なります。

元来は誰にでも見えていた丹光は、年齢を重ねていき、純粋な気持ちを失うことによっていく可能性があるとされています。

丹光というのは、みることが難しいものではありません。

丹光を見ることで、第三の目が開かれていき、直感や霊感を高めることが出きるとも言われています。

直感や霊感を高めたいと感じている人は、丹光を見るための方法などを取り入れてみてはいかがでしょうか。

瞑想をしたり、自分の気持ちに正直になっていくことによって、見えなくなった丹光は取り戻すことが出来るのです。

丹光という言葉を聞いたことがあるでしょうか。

スピリチュアルなことに興味がある人であれば、一度くらいは聞いたことがあるかもしれませんが、意味までは理解していない人も少なくはありません。

そこで、今回は丹光の意味について詳しくご紹介します。


丹光とは?

丹光というのは、第三の目と言われているサードアイが開くことで見えてくる光であるとされています。

丹光というのは、目を閉じたときにまぶたに見えてくる光であり、その光というのは、直感や霊感を司るものであると言われており、ピュアなハートを持っているような子どもが多く見ることがあるとされているものであると言われています。

丹光というのは、実際は全ての人が見えていたものであると言われていますが、ピュアな心をなくしたり、心が疲れたりしてしまうことによって第三の目がなくなるとされているといるとされています。

丹光を見るには、リラックスする

丹光を見るためには、リラックスすることが大切となっています。

丹光はリラックス状態で見ることがあるとされていますので、リラックス出きるように部屋の雰囲気を変えたりすることが必要であるとされています。

アロマオイルなどを使ったりすることによって、リラックス出来るような空間を作ることが出来るとされています。

スポンサーリンク

1 / 6
記事の続きを読む

スポンサーリンク

※当サイトは占いやスピリチュアルに関連する記事を掲載するメディアサイトです。
掲載中の記事には効果や効能に根拠がない物、証明されていない場合もありますのでご注意下さい。
また当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害について、運営者は一切の責任を負いません。
この記事は2018年11月23日に更新されました。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

無料占い