占いの意味や夢の意味・心理や数字はどんな意味?SPITOPIは「占い」であなたの深層心理に迫ります。

 

運勢・占い・心理の秘密


https://spitopi.com/blog/20180417102426.html
相槌を打つコツ・メリット

相槌を打つコツ・メリット | SPITOPI

SPITOPI
相槌を打つコツ・メリット

スポンサーリンク

一般的に聞き上手とされている人は、かなりの確率で相槌を上手に打つことができます。

相槌を打つことは楽しい会話を育むために欠かせませんが、それを最も効果的に行うにはどのような方法があるのか、相槌の具体的なテクニックや相槌を挟む時の心境も交えながら、相槌を打つ際のコツやメリットについてご紹介します。

  • 相槌とは?
  • 基本的な相槌の方法としては、一言の短い相槌
  • 基本的な相槌の方法としては、相手の言葉を繰り返す
  • 基本的な相槌の方法としては、要点をまとめて返す
  • 基本的な相槌の方法としては、自分の感想を返す
  • 基本的な相槌の方法としては、無言で頷く
  • 相槌をするメリットは、話が通じているという理解を示せる
  • 相槌をするメリットは、理解だけでなく共感も示せる
  • 相槌をするメリットは、相手が話しやすい空気を作る
  • 相槌をするメリットは、受身一辺倒より自分も楽しくなる
  • 相槌をするメリットは、会話を早く終わらせることもできる
  • 上手に相槌するコツとして、相手のテンションに合わせる
  • 上手に相槌するコツとして、相手の会話のリズムを乱さない
  • 上手に相槌するコツとして、強弱をつける
  • 相槌の「さしすせそ」とは

1. 相槌とは?

相槌とは?

相槌とは、相手の会話に理解や共感を示すために挟む合いの手のことで、コミュニケーションを図る上で欠かせない会話の手法の一つです。

基本的に、様々な人と会話していく中で自然と身につくものですが、そうしたテクニックが特に優れている人の術を改めて学ぶことで、他人から話しやすい人として見てもらえる機会を作ることができることから、ビジネスシーンでは昔から重要なスキルとして注目されています。

何気ない相槌の中にも様々な意図や心理が含まれていることを学習すれば、相槌の奥深さを感じずにはいられないでしょう。

2. 基本的な相槌の方法としては、一言の短い相槌

基本的な相槌の方法としては、一言の短い相槌

最も基本的な相槌として知られているのは、一言の短い相槌です。

これは例えば、うん、そうだね、といったように、短く音を発するだけで自分がきちんと話を聞いていることを相手に伝えることができる、最も単純な相槌の方法です。

これに至っては、この言葉自体に意味を持たせるというよりも、短い音を発するだけにとどめておくことで、相手の会話のリズムを壊さないことを無自覚に重要視している相槌です。

話を聞く側にとっても楽な方法なので、便利なリアクションですが、相手によっては反応が薄いと感じさせてしまうこともあるので注意が必要です。

3. 基本的な相槌の方法としては、相手の言葉を繰り返す

基本的な相槌の方法としては、相手の言葉を繰り返す

楽な相槌として知られているのは、相手の言葉をオウム返しのように繰り返す相槌です。

これは一言でリアクションをしつつも、会話を理解していることを瞬時に伝えることができるため、大てもそのまま話を続けやすいという効果があり、自分の頭で意見を考えたくはないけれども共感を示したい時などに便利です。

また仮に、相手の話が難しくてよく理解できていない時でも、相手の真意と思える部分を切り取って繰り返すことで、自分に共感してくれていると相手に勘違いさせることもできるので、会話の読解力がない人にお勧めの相槌と言えます。

4. 基本的な相槌の方法としては、要点をまとめて返す

基本的な相槌の方法としては、要点をまとめて返す

誠意ある相槌と言えるのは、相手の会話の要点を瞬時にまとめて返す相槌です。

これは情報処理能力がある程度高くないとできないスキルですが、相手の話をその人が使った言葉ではない言葉に要約したり、似たような例に置き換えて相手に伝えることで、相手の会話を深く理解していることを伝えることができます。

これは短い一言やオウム返しよりも労力を必要としますが、そうすることによって相手に誠意や共感高さを伝えることができるので、その会話でその人の心をつかみたい時には、重要な相槌と言えます。

5. 基本的な相槌の方法としては、自分の感想を返す

基本的な相槌の方法としては、自分の感想を返す

一歩突っ込んだ相槌と言えるのは、相手の会話から自分の感想を導きだして返す相槌です。

これは相手が話した言葉をさらに膨らませたり、飛躍させたりしながら、相手が話したいことを完全に掴み取っていることを伝えるための相槌の手法です。

これは相手の持論に自分の自分のプラスして返す必要があるため、かなり高度なテクニックを要しますが、共感するだけではなく、そこから敬意を生み出したり、共闘するに相応しい頼もしい味方として印象づけることもできるので、ビジネスのシーンでアピールするには有効な手段と言えます。

6. 基本的な相槌の方法としては、無言で頷く

基本的な相槌の方法としては、無言で頷く

引きの姿勢で会話に情感を出すことができる相槌と言えるのは、無言で頷く相槌です。

この相槌を行う際には視線がとても重要になりますが、少し間を開けてゆっくりと首を縦に振ってみたり、目を少し細めてうんうんと細く頷いたり、会話の内容によって使い分けることによって、温かい感情を相手の心に灯すことができます。

このようなリアクションが効果的なのは、シリアスな内容の場合ですので、あまりに重苦しい内容の激白に、かける言葉もないというような場面で使うと効果的です。

また、無言になることで相手が好意的に読み取ってくれる効果もあります。

7. 相槌をするメリットは、話が通じているという理解を示せる

相槌をするメリットは、話が通じているという理解を示せる

相槌をするメリットは、話が通じているという理解を相手に示せることです。

自分の話が相手に伝わっているかがリアルタイムで感じられなければ、話を続ける意味がありませんので、それを瞬時に相手に伝えるために最も効果的な方法として、相槌が存在します。

話に聞き入るがあまり、長い間、相槌を挟まずに話を聞いていると、「ねぇ、私の話聞いてる?」などと相手に問われてしまうことがあるのもそのためで、相槌を打つことで、相手は安心して会話を続けることができるわけです。

それゆえ、聞き上手な人はもれなく相槌が上手いと言えます。

8. 相槌をするメリットは、理解だけでなく共感も示せる

相槌をするメリットは、理解だけでなく共感も示せる

相槌をするメリットは、理解するだけではなく共感も示せる点が大きいです。

基本的に人間は自分に共感してくれる人に話を聞いてもらいたいと感じるものですので、その気持ちがわかる人は、自分に話しかける相手にも、共感のサインを示すことになります。

共感のサインを相手に送ることで、一般的にはあまり共感されていないことも話しやすくなり、希少価値のある接点を見つけることができますので、他の友人と差別化するように親交を深める上で、相手に共感を示すことはとても大切です。

人間は噂話が好きですので、共感を示す相槌を打てるように心がけましょう。

9. 相槌をするメリットは、相手が話しやすい空気を作る

相槌をするメリットは、相手が話しやすい空気を作る

相槌をするメリットは、相手が話しやすい空気を作る効果もあります。

特に自己批判精神が強くて、自分の会話など聞いていても面白くないのではないかと不安になってしまいがちな相手の話を聞く場合、相槌を打つことで自分の会話を楽しんでくれているんだと相手に感じさせることができ、相手の疑心暗鬼を取り除く効果もあります。

また、テンポよく相槌を打つことで会話にリズムが生まれますので、そういった意味でも相手が話しやすい空気を作ることができます。

今日はずいぶん話したなぁと感じた時は、相手の相槌が心地よかった可能性が高いです。

10. 相槌をするメリットは、受身一辺倒より自分も楽しくなる

相槌をするメリットは、受身一辺倒より自分も楽しくなる

相槌をするメリットは、ひたすら受身辺倒で聞き続けるよりも、自分自身が楽しくなる効果があります。

これは時に相手がマシンガントークになってしまいがちな人の場合、相手の話を聞き続けていても息が詰まってしまいますので、相槌を使って能動的に会話に参加することで、その会話をより楽しむことができます。

これは例えば、上司との飲み会など、あまり気が乗らないような会話をしなければならないときも、これを意識しておくと時間が早く過ぎる効果もありますので、煩わしい相手だと思っている時ほど意識してみましょう。

11. 相槌をするメリットは、会話を早く終わらせることもできる

相槌をするメリットは、会話を早く終わらせることもできる

相槌をするメリットは、否定的な相槌を打つことで、会話を早く終わらせることもできることも挙げられます。

これは例えば、いや、とか、そうなんだけど、と否定的な相槌を繰り返すことで、相手のテンションを下げたり、話の腰を折ることで、どうでもいい会話をすぐに終わらせることが期待できます。

これはもちろん、親交を築きたい相手に用いるものではなく、二度と接することもないようなクレーマーと接する時などにのみ、使える相槌ですが、このような否定的な相槌を多用することで、理不尽な持論をまくしたてる相手の話す気力を奪い去ることができます。

12. 上手に相槌するコツとして、相手のテンションに合わせる

上手に相槌するコツとして、相手のテンションに合わせる

上手に相槌するコツは、相手のテンションに合わせるのが最も効果的です。

これは例えば、楽しいテンションで目を見開いたように話す素振りであれば、こちらの相槌もそのような表情を作りながらリアクションを返すことで、共感度の高い相槌だと相手に認識させることができます。

相手の会話のテンションさえ意識していれば、相槌に具体的な言葉がなくても、表情と短い音を発するだけで相手にとって心地よい相槌となりますので、あまり難しく考えることなく、相手の感情をおうむ返しするかのようなリアクションを心がけてみましょう。

13. 上手に相槌するコツとして、相手の会話のリズムを乱さない

上手に相槌するコツとして、相手の会話のリズムを乱さない

上手に相槌するコツは、相手の会話のリズムを乱さないことです。

ここで示す会話のリズムというのはテンションのことではなく、音が切れるところの呼吸を合わせることで、相手が自分のペースを保ちながら会話のリズムを作れることを指摘しており、相手が次の話をしたくて仕方がない場面で、相手を待たせるように長い相槌を打つようなことは避けるべきです。

このことを意識した上で効果的な相槌と言えるのが、一言の相槌や頷くだけの相槌で、相手のリズムを断ち切れないことが大切です。

14. 上手に相槌するコツとして、強弱をつける

上手に相槌するコツとして、強弱をつける

上手に相槌するコツは、相槌に強弱をつけることも大切です。

これは相手に同調するだけではなく、こちらの判断で相手の想像を超えるような大きなリアクションを示したり、逆に自虐的な笑い話の相槌にシリアスな視線を交えることで、自分の胸の内を理解してくれていることを相手に伝えることができます。

これは相手の気持ちを完全に把握していなければ、逆効果となってしまうこともあるので、そのような自信が持てない人は、同調を示すだけのミラーリング効果を狙った方が良いですが、相手が隠している核心に理解を示すことで親交が深まることもあります。

15. 相槌の「さしすせそ」とは

相槌の「さしすせそ」とは

相槌の「さしすせそ」とは、心理学でその効果が実証されている相槌の代表的な例であり、それぞれ順番に、「さすが」「実力ですね」「すごい」「絶対」「そうですね」を表します。

「さすが」は承認欲求を、「実力ですね」は自尊心を、「すごい」は優越感を、「絶対」は強い確信を、「そうですね」は共感を、会話する相手に与えることができ、コミュニケーションを円滑にする上で覚えておくと便利な定型と言えますので、活用してみましょう。

一般的に聞き上手とされている人は、かなりの確率で相槌を上手に打つことができます。

相槌を打つことは楽しい会話を育むために欠かせませんが、それを最も効果的に行うにはどのような方法があるのか、相槌の具体的なテクニックや相槌を挟む時の心境も交えながら、相槌を打つ際のコツやメリットについてご紹介します。


相槌とは?

相槌とは、相手の会話に理解や共感を示すために挟む合いの手のことで、コミュニケーションを図る上で欠かせない会話の手法の一つです。

基本的に、様々な人と会話していく中で自然と身につくものですが、そうしたテクニックが特に優れている人の術を改めて学ぶことで、他人から話しやすい人として見てもらえる機会を作ることができることから、ビジネスシーンでは昔から重要なスキルとして注目されています。

何気ない相槌の中にも様々な意図や心理が含まれていることを学習すれば、相槌の奥深さを感じずにはいられないでしょう。

基本的な相槌の方法としては、一言の短い相槌

最も基本的な相槌として知られているのは、一言の短い相槌です。

これは例えば、うん、そうだね、といったように、短く音を発するだけで自分がきちんと話を聞いていることを相手に伝えることができる、最も単純な相槌の方法です。

これに至っては、この言葉自体に意味を持たせるというよりも、短い音を発するだけにとどめておくことで、相手の会話のリズムを壊さないことを無自覚に重要視している相槌です。

話を聞く側にとっても楽な方法なので、便利なリアクションですが、相手によっては反応が薄いと感じさせてしまうこともあるので注意が必要です。

無料占い

スポンサーリンク



無料占い

※当サイトは占いやスピリチュアルに関連する記事を掲載するメディアサイトです。
掲載中の記事には効果や効能に根拠がない物、証明されていない場合もありますのでご注意下さい。
また当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害について、運営者は一切の責任を負いません。
この記事は2021年02月04日に更新されました。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!