占いの意味や夢の意味・心理や数字はどんな意味?SPITOPIは「占い」であなたの深層心理に迫ります。

 

運勢・占い・心理の秘密


https://spitopi.com/blog/20180416145702.html
新生児にラジオや音楽を聞かせる時の注意点

新生児にラジオや音楽を聞かせる時の注意点 | SPITOPI

SPITOPI
新生児にラジオや音楽を聞かせる時の注意点

生まれたばかりの赤ちゃんが様々なものに反応するのが面白くて、ラジオから流れる音を聞かせたり、自分の好きなジャンルの音楽を胎教のように聞かせたくて新生児に聞かせる親は少なくないと思いますが、新生児への影響を考えた場合、新生児にラジオや音楽を聞かせる時にはどのようなことに注意すべきなのか、ご紹介します。

  • いきなり大きな音は聞かせない
  • 小さい音しか聞かせないのはよくない
  • 聞かせる時間帯に気をつけて
  • 音の種類に注意
  • 聞かせっぱなしに注意
  • 聞かせる場所を決める
  • 人の声には注意
  • 音を止めるときに注意する
  • まとめ

1. いきなり大きな音は聞かせない

新生児にはいきなり大きな音を聞かせてはいけません。

新生児にとって耳から入ってくる情報というのはとても大きなものですので、ドキッとさせるような大きな音を聞かせてしまえば、外の世界に対する漠然とした恐怖心を無自覚に植え付けてしまうことがあります。

ラジオや音楽の音量は、大人が簡単にコントロールできるものですので、自分が好きな音楽だからといって普段の音量で流すのは、我が子を傷つける可能性もある行動として、慎みましょう。

2. 小さい音しか聞かせないのはよくない

新生児に小さい音しか聞かせないのもよくないです。

はじめは小さなことから音に慣らしていき、特別の反応を見せない様子だったら、徐々に少しずつ大きな音にも慣らしていくのが望ましいです。

これはどのような意図かといえば、小さな音しか聞かない環境でいられるのは自分の家の中だけであり、病院の検診など様々な理由で外出しなければならない場面は出てきますので、家の中でもある程度の刺激を与えておかないと、公共の場でパニックになってしまいます。

3. 聞かせる時間帯に気をつけて

新生児にラジオや音楽を聞かせたいなら、聞かせる時間帯に注意しましょう。

赤ちゃんは夜泣きを防ぐために、できるだけ一定のリズムの影響を与えるべきですので、音楽を聞かせる時間も、できるだけ同じ時間帯にするのが好ましいです。

そのようなリズムを作っておけば、その時間帯はそのお気に入りの音を聞かせておけば静かにしてくれるという、大人側のメリットもありますので、毎週、同じ時間帯に流してくれるラジオなどでリズムを作るようにしましょう。

4. 音の種類に注意

新生児にラジオや音楽を聞かせるときは、音の種類に注意しましょう。

これは感覚的な話になるので、抽象的な表現になってしまいますが、長時間聞かせるような音楽の場合は、できるだけ柔らかい音で構成された音楽を聞かせることで、赤ちゃんの情緒を安定させることができます。

現代の音楽は、一瞬で興味を引くために刺激の強い音がサンプリングされていることもあり、その中には、新生児には長く聞かせるべきでない音質もあります。

5. 聞かせっぱなしに注意

新生児に特にラジオを長く聞かせ続けると、自分が能動的に話すことをやめ、人が話しているのを聞く体勢が基本として身につく傾向が見られるため、コミュニケーション能力に影響が出るという説もあります。

通常であれば誰かの会話にリアクションすることでその相手が笑い返してくれるなど、反応されることによってコミュニケーションの能動性を育んでいきますが、ラジオの会話が一方的ですので、そうしたリアクションをとるのをやめてしまう可能性もあります。

6. 聞かせる場所を決める

新生児にラジオや音楽を聞かせる時は、聞かせる場所を決めておくのが好ましいです。

これも生活のリズムに関係した話ですが、四六時中あらゆる場所で音楽が聞こえてくるよりも、聴覚からの刺激を受ける場所を特定しておいた方が赤ちゃんも落ち着きますので、音楽を聞かせる時間と共に、音楽を聞かせる場所を特定しておくのが良いです。

また、子供が自分で手に振ることで鳴らすおもちゃなどはこれに該当しません。

7. 人の声には注意

新生児にラジオや音楽を聞かせるとき、人の声が入っているものには注意が必要です。

これは特に話し声についての警告なのですが、赤ちゃんが最も落ち着く声は母親の声ですので、それ以外の様々な人の声は、子供に不安を与える場合もあります。

赤ちゃんがどの声を心地よいと感じるかを完璧に把握することは不可能ですので、グズってしまったときは、ラジオの音量を小さくし、お母さんの声をたくさん聞かせてあげましょう。

8. 音を止めるときに注意する

新生児にラジオや音楽を聞かせるときは、音を止める時にも注意が必要です。

流していた音が赤ちゃんにとって心地よい声や音楽だった場合、突然それをプツッと切ってしまうと、赤ちゃんの情緒を乱し、ギャン泣きされてしまうほど動揺させてしまいますので、少しずつボリュームを小さくしていき、赤ちゃんの顔色を伺いながら消すようにしましょう。

せっかく音楽で落ち着かせることができても、最後の締めで流れてしまっては元も子もありませんので、音楽を止めるときは注意しましょう。

まとめ

新生児にラジオや音楽を聞かせる時の注意点について、まとめてみました。

大人よりも感受性豊かな分、音の情報を過敏に吸収してしまう新生児ですので、様々な悪影響を大人が排除できるように心がけましょう。

生まれたばかりの赤ちゃんが様々なものに反応するのが面白くて、ラジオから流れる音を聞かせたり、自分の好きなジャンルの音楽を胎教のように聞かせたくて新生児に聞かせる親は少なくないと思いますが、新生児への影響を考えた場合、新生児にラジオや音楽を聞かせる時にはどのようなことに注意すべきなのか、ご紹介します。

記事の続きを読む

※当サイトは占いやスピリチュアルに関連する記事を掲載するメディアサイトです。
掲載中の記事には効果や効能に根拠がない物、証明されていない場合もありますのでご注意下さい。
また当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害について、運営者は一切の責任を負いません。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

無料占い