占いの意味や夢の意味・心理や数字はどんな意味?SPITOPIは「占い」であなたの深層心理に迫ります。

 

運勢・占い・心理の秘密


https://spitopi.com/blog/20180415171203.html
他人の幸せを喜べる人になるコツ

他人の幸せを喜べる人になるコツ | SPITOPI

2018年04月15日公開

SPITOPI
他人の幸せを喜べる人になるコツ

スポンサーリンク

自分以外の人が幸せになることを素直に祝福することができず、多少の罪悪感を感じながらも、つい意地悪な態度をとってしまうことが人間にはあります。

そのような態度をとってしまうのは、他人を傷つけますし、自分自身も決して気分の良いことではありませんので、他人の幸せを喜べる人になるコツについて、ご紹介します。

  • 幸せはもらえることを知る
  • 優しくされたことを覚えておく
  • 味方であることを意識させる
  • 第三者に見られていることを意識する
  • 後悔して自己嫌悪する自分をイメージする
  • 言霊の力を信じる
  • 失うものは何もない事を知る
  • 神様に見られていることを意識する
  • まとめ

1. 幸せはもらえることを知る

幸せはもらえることを知る

他人の幸せを喜べる人になるには、幸せというものは、他人からおすそ分けしてもらえることを知ることをお勧めします。

人間が無自覚に発しているエネルギーというものは、ポジティブなものでもネガティブなものでも、周囲の人が歪な抵抗さえしなければ、そのままの影響を素直に受けるものですので、幸せな人の幸せオーラを素直に受け取ることで、自分自身が幸せになれる可能性が高まることを知れば、マイナスの受け取り方をすることもなくなるでしょう。

2. 優しくされたことを覚えておく

優しくされたことを覚えておく

他人の幸せを喜べる人になるには、以前の交流でその人に優しくされたことを覚えておくのがおすすめです。

その人と知り合いになったということは、何らかの接点があってその人と縁が築かれたはずですし、付き合いの中で一度くらいは、挨拶を返してくれたというレベルの小さな出来事でも、優しくされたことがあるはずですので、そういったことを覚えておくことで、その人の幸せを素直に喜べるモチベーションを作ることができます。

3. 味方であることを意識させる

味方であることを意識させる

他人の幸せを喜べる人になるには、味方であることを意識させることの大切さを知っておくと良いです。

人間は基本的に、他人を敵か味方かに分けて考える傾向がありますので、自分が幸せになった時に喜んでくれなかったことを根に持たれてしまえば、仮にその人が攻撃的な性格だった場合、周囲の友達に「○○さんはお祝いの言葉一つくれなかった」などと陰口を言われ、自分の立場が悪くなってしまう場合もありますので、他人の幸せを喜べないことのデメリットの大きさを意識しましょう。

4. 第三者に見られていることを意識する

第三者に見られていることを意識する

他人の幸せを喜べる人になるには、第三者に見られていることを意識すると良いです。

例えば誰かが幸せな結婚を報告した時、自分だけがお祝いメッセージを入れなければ、悪目立ちしてしまいますので、その本人だけでなく、思わぬ方面にまで人間性を疑われてしまう可能性もあります。

そのことを強く意識することで、他人の幸せを喜べない人になってはいけないという戒めの気持ちが生まれ、みんなと同じように自分も素直に喜ぼうと、考えを改めるきっかけとなります。

5. 後悔して自己嫌悪する自分をイメージする

後悔して自己嫌悪する自分をイメージする

他人の幸せを喜べる人になるには、後悔して自己嫌悪する自分をイメージするのがおすすめです。

これを読んでいる人は、他人の幸せを喜べないことで自己嫌悪する辛さを体感しているはずですので、本来であれば他人の幸せを喜ぶべき場面に遭遇した時に、後になってから自己嫌悪するくらいなら、素直に喜ぼうという思考回路が生まれます。

他人の幸せを喜ばないまま何とも思わないような人以外は、過去の自分を反面教師として変わることができます。

6. 言霊の力を信じる

言霊の力を信じる

他人の幸せを喜べる人になるには、言霊の力を信じてみるのもお勧めです。

発した言葉がその人の未来をつくるという発想法もあるように、他人の幸せを喜ぶような前向きな言葉を使うことで、その人自身の人生もプラスに傾く可能性がありますし、逆に、他人の幸せに対しマイナスの言葉を吐き捨てることで自分の運気を下げてしまうことを意識することで、他人の幸せに対しても、ポジティブな言葉を口にしようと思えるようになります。

7. 失うものは何もない事を知る

失うものは何もない事を知る

他人の幸せを喜べる人になるには、他人の幸せを喜んだところで、失うものは何もないことを念頭に置くことが大事です。

お祝い品を贈るとなると話は別ですが、SNSのコメント欄におめでとうとメッセージを入れたところで、失うものなど何もありませんし、他人の幸せを喜ぶことにおいて、身を削るようなことは何もありません。

失うものが何もないのに与えないのは、ケチな人間のすることだと意識することで、自分を好きでいるために、考えを改めようと思えてくるはずです。

8. 神様に見られていることを意識する

神様に見られていることを意識する

他人の幸せを喜べる人になるには、神様に見られていることを意識するのがおすすめです。

これは宗教的な話ではなく、自分の良心を常に見張っているもう一人の自分と言い換えることもできますが、そうした存在に顔向けできない自分にならないために、自身の誇りにかけて、他人の幸せを喜べないような器の小さい人間にはなってはいけないという自意識が、卑屈になってしまいがちな自分が変わるきっかけを作ってくれます。

まとめ

他人の幸せを喜べる人になるコツについて、まとめてみました。

このように様々な考え方を並べてみると、他人の幸せを喜ぶことは、巡り巡って自分の幸せになることが見えてきますので、是非マネしてみてください。

自分以外の人が幸せになることを素直に祝福することができず、多少の罪悪感を感じながらも、つい意地悪な態度をとってしまうことが人間にはあります。

そのような態度をとってしまうのは、他人を傷つけますし、自分自身も決して気分の良いことではありませんので、他人の幸せを喜べる人になるコツについて、ご紹介します。

記事の続きを読む

スポンサーリンク

※当サイトは占いやスピリチュアルに関連する記事を掲載するメディアサイトです。
掲載中の記事には効果や効能に根拠がない物、証明されていない場合もありますのでご注意下さい。
また当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害について、運営者は一切の責任を負いません。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

無料占い