占いの意味や夢の意味・心理や数字はどんな意味?SPITOPIは「占い」であなたの深層心理に迫ります。

 

運勢・占い・心理の秘密


https://spitopi.com/blog/20180413132948.html
死後の世界は真っ暗も感じない無であると思う理由

死後の世界は真っ暗も感じない無であると思う理由 | SPITOPI

SPITOPI
死後の世界は真っ暗も感じない無であると思う理由

スポンサーリンク

子供の頃には、死後の世界について考え、思わず不安な気持ちになってしまったことがある人も少なくないと思いますが、大人になるとそのような感覚を忘れてしまいがちです。

天国や地獄のように死後も現世と変わらず、人間としての感覚が残ると思う人がいる一方で、死後の世界は暗闇すらも感じない無であると思う人もいる理由について、ご紹介します。

  • 五感の機能を失うから
  • 天国や地獄を見た人は帰ってこないから
  • 知覚があったらお盆のときに変化があるはず
  • 輪廻転生など存在しない
  • 脳がなければ意識もない
  • 臨死体験をした科学者がそのような論文を出したから
  • 天国や地獄は現世を正しく生きるための教えだから
  • 死後の世界には誰も行ったことないから
  • まとめ

1. 五感の機能を失うから

五感の機能を失うから

死後の世界は暗闇すらも感じない無であると思う理由は、視界が真っ暗である状態を含め、人間が周囲の状況を感じるには、五感が正しく機能していることが前提となりますが、死んでしまってからはそのような機能が備わっているはずがありませんので、死後に何かを感じるということはありえないでしょう。

五感がなければ、天国の美しい風景を見ることも、地獄の恐ろしい光景を見ることも、閻魔様の声を聞くこともできませんので、事実上、死後にそれらを感じた人はいないということになります。

2. 天国や地獄を見た人は帰ってこないから

天国や地獄を見た人は帰ってこないから

死後の世界は暗闇すらも感じない無であると思う理由は、それらの象徴と言える天国や地獄を見た人は現世に帰ってこれないことを思えば、どんなにリアルにそれを語る人がいたとしても、それらは全てフィクションである可能性が高いと言えます。

言うなれば、死後の世界に関するあらゆる情報は、妄想に過ぎませんので、そのようなことに信憑性を見いだすことは、科学が発達した現代では理にかなっているとは言えません。

3. 知覚があったらお盆のときに変化があるはず

知覚があったらお盆のときに変化があるはず

死後の世界は暗闇すらも感じない無であると思う理由は、仮に実際に死後にも知覚があるのであれば、お盆に帰省した時などに、すぐ近くにいるはずなのですから、物理的な変化などを起こし、自分が近くにいてこちらの会話も理解していることを伝えようとするでしょう。

超常現象のレベルでそのような話が持ち上がることはありますが、万が一に等しいですので、一般的な家庭でそのようなことが常識的に発生しないのであれば、死後の世界は無であると考えるのが自然でしょう。

4. 輪廻転生など存在しない

輪廻転生など存在しない

死後の世界は暗闇すらも感じない無であると思う理由は、死後には死後の世界があり、輪廻転生として脈々と続いていくという発想に信憑性を見出せないからです。

自分が他の誰かからの生まれ変わりだと感じたこともなければ、自分が死後に誰かに生まれ変わると実感したこともないと、死んでからも何かを感じるような世界が続いていくというイメージが全くできないため、死んでしまったら全てが無になると考えるのが自然だと思えてきます。

5. 脳がなければ意識もない

脳がなければ意識もない

死後の世界は暗闇すらも感じない無であると思う理由は、身体的に脳がなければ意識することもないからです。

これは死後なく現世であっても、脳に障害を及ぼしてしまえば、自意識としては限りなく無に近い状態になってしまうこともありますので、そのことを思えば、脳そのものがなくなってしまう死後においても、そのような感覚が備わっているとは到底思えません。

意識というのは身体的な機能に帰属するものですので、体を失った死後の意識は無となるでしょう。

6. 臨死体験をした科学者がそのような論文を出したから

臨死体験をした科学者がそのような論文を出したから

死後の世界は暗闇すらも感じない無であると思う理由は、臨死体験のある科学者が、死んだら完全に無になり、死後の世界など存在しないという論文を発表したことに共感できたから、という人もいるでしょう。

宗教的な視点ではなく、科学者の目で見て、そのようなものは存在しないというのであれば、現実主義の人はそちらを信じますので、死んでしまえば骨になって終わりということを、素直に受け入れる他はありません。

7. 天国や地獄は現世を正しく生きるための教えだから

天国や地獄は現世を正しく生きるための教えだから

死後の世界は暗闇すらも感じない無であると思う理由は、死後に天国や地獄に行くという観念は、現世を正しく生きるために作られた思考法だからです。

天国は真面目に生きることで導かれる場所だと信じられていますし、逆に地獄は、悪い行いをすることで導かれる場所だと信じられていることで、人の道から外れることなく、より良い社会を作ろうとした人が作り出した観念であることを冷静に眺めれば、実際には死後の世界は無であるということも見えてくるでしょう。

8. 死後の世界には誰も行ったことないから

死後の世界には誰も行ったことないから

死後の世界は暗闇すらも感じない無であると思う理由は、悪徳な占い師や宗教家に死後や前世の話などを引き合いに、騙されたくないという気持ちがあるからです。

死後の世界には誰も行ったことがないはずなのに、その世界が見えているかのように語り出す人は、それを素直に信じる人を騙しにかかっている可能性がありますので、そのような観念に操られたくないという発想から、死後など存在しないと断定するに至るわけです。

まとめ

まとめ

死後の世界は暗闇すらも感じない無であると思う理由について、まとめてみました。

宗教的な発想をする人たちに比べると、ドライに感じるかもしれませんが、そのように思った方が救われる人がいるのも事実のようです。

子供の頃には、死後の世界について考え、思わず不安な気持ちになってしまったことがある人も少なくないと思いますが、大人になるとそのような感覚を忘れてしまいがちです。

天国や地獄のように死後も現世と変わらず、人間としての感覚が残ると思う人がいる一方で、死後の世界は暗闇すらも感じない無であると思う人もいる理由について、ご紹介します。


五感の機能を失うから

死後の世界は暗闇すらも感じない無であると思う理由は、視界が真っ暗である状態を含め、人間が周囲の状況を感じるには、五感が正しく機能していることが前提となりますが、死んでしまってからはそのような機能が備わっているはずがありませんので、死後に何かを感じるということはありえないでしょう。

五感がなければ、天国の美しい風景を見ることも、地獄の恐ろしい光景を見ることも、閻魔様の声を聞くこともできませんので、事実上、死後にそれらを感じた人はいないということになります。

天国や地獄を見た人は帰ってこないから

死後の世界は暗闇すらも感じない無であると思う理由は、それらの象徴と言える天国や地獄を見た人は現世に帰ってこれないことを思えば、どんなにリアルにそれを語る人がいたとしても、それらは全てフィクションである可能性が高いと言えます。

言うなれば、死後の世界に関するあらゆる情報は、妄想に過ぎませんので、そのようなことに信憑性を見いだすことは、科学が発達した現代では理にかなっているとは言えません。

無料占い

スポンサーリンク



無料占い

※当サイトは占いやスピリチュアルに関連する記事を掲載するメディアサイトです。
掲載中の記事には効果や効能に根拠がない物、証明されていない場合もありますのでご注意下さい。
また当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害について、運営者は一切の責任を負いません。
この記事は2021年02月09日に更新されました。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!