占いの意味や夢の意味・心理や数字はどんな意味?SPITOPIは「占い」であなたの深層心理に迫ります。

 

運勢・占い・心理の秘密


https://spitopi.com/blog/20180413101101.html
うっかりミスを無くすコツ・ケアレスミスを改善

うっかりミスを無くすコツ・ケアレスミスを改善 | SPITOPI

SPITOPI
うっかりミスを無くすコツ・ケアレスミスを改善

スポンサーリンク

「うっかりミス(ケアレスミス)」とは、十分な注意力や集中力がなかったために、ついうっかりしてしまうミスのことです。

本人はその時点では「ミスをしていることに気づかないケース」が多く、仕事や試験などで「後になって、しまったと思ってミスに気づくケース」が多いのです。

「うっかりミスを無くすコツ・ケアレスミスを改善する方法」について紹介していきます。

  • うっかりミスの原因は、マルチタスクで覚えることが多くなりすぎている
  • うっかりミスの原因は、注意力不足で「慣れた仕事」に油断している
  • うっかりミスの原因は、一度やり終えた仕事の「チェック作業(見直し)」が十分にできていない
  • うっかりミスの原因は、緊張感や不安感が強くて「細かい部分」まで確認できていない
  • うっかりミスをなくすコツは、自分自身がうっかりミス(ケアレスミス)をしやすい人間かどうかを自己認識する
  • うっかりミスをなくすコツは、同じ仕事・作業ばかりをずっと続けず、適度に休憩時間を取る
  • うっかりミスをなくすコツは、仕事に対する集中力に緩急をつけて、無理に頑張りすぎない
  • うっかりミスをなくすコツは、自分の仕事を「第三者」にミスがないかチェックしてもらう
  • うっかりミスをなくすコツは、自分で自分の仕事を徹底的にチェック(見直し)する
  • うっかりミスをなくすコツは、慣れている仕事ほど「仕事・自分の客観視の姿勢」を身に付けていく
  • うっかりミスをしてしまった時の対応として、自分のうっかりミスを率直に認めて上司に報告して指示を仰ぐ
  • うっかりミスをしてしまった時の対応として、自分の能力・技術で対応できるうっかりミスであれば、全力でミスの修正作業に取り掛かる
  • うっかりミスをしてしまった時の対応として、うっかりミスが多い部下の対処方法
  • うっかりミスをしてしまった時の対応として、部下のうっかりミスの内容を優しく指摘して、次にどのような対応をすべきか指示する
  • 同じうっかりミスをしないように、「うっかりミスの予防対策(徹底的な再チェック等)」を指導する
  • まとめ

1. うっかりミスの原因は、マルチタスクで覚えることが多くなりすぎている

うっかりミスの原因は、マルチタスクで覚えることが多くなりすぎている

うっかりミスをしない時には「シングルタスク(一つの仕事)」で、今やるべき一つの内容・作業だけに集中できている事が多いのです。

うっかりミスの原因として「マルチタスク(複数の仕事の同時進行)」があります。

マルチタスクで「覚えること・次にやること」が多くなりすぎていると、記憶力が曖昧になってうっかりミス(ケアレスミス)をしてしまいやすいのです。

2. うっかりミスの原因は、注意力不足で「慣れた仕事」に油断している

うっかりミスの原因は、注意力不足で「慣れた仕事」に油断している

うっかりミス(ケアレスミス)の原因で多いのが、「慣れた仕事・今までにやったことのある作業」に対して注意力・集中力が衰えているという事です。

「経験があるからこんな仕事(作業)は簡単にできる」と油断した心理状態で注意力・集中力が低下していると、どうしてもうっかりミスが増えてしまいやすくなるのです。

3. うっかりミスの原因は、一度やり終えた仕事の「チェック作業(見直し)」が十分にできていない

うっかりミスの原因は、一度やり終えた仕事の「チェック作業(見直し)」が十分にできていない

小中学生の頃から「試験の時には必ず、答案を書き終えた後で見直しをしなさい」と先生から注意されたものですが、実はこれがうっかりミスを無くすためのもっともオーソドックスな方法です。

うっかりミスの原因として一番多いのが、一度やり終えた仕事・作業の「チェック作業(十分な見直し作業)」が十分にできておらず、ミスを見逃しているという事なのです。

4. うっかりミスの原因は、緊張感や不安感が強くて「細かい部分」まで確認できていない

うっかりミスの原因は、緊張感や不安感が強くて「細かい部分」まで確認できていない

うっかりミスを無くすためには、精神的にリラックスできている事も重要になってきます。

重要な仕事で緊張感が強かったり、本番のテストで不安感に襲われていたりしたら、「自分が本来持っている能力・注意力」を存分に発揮する事ができなくなるからです。

緊張感・不安感が強いと「視野狭窄・思考力低下」になりやすく、「細かい部分」まで確認できなくなってしまうのです。

5. うっかりミスをなくすコツは、自分自身がうっかりミス(ケアレスミス)をしやすい人間かどうかを自己認識する

うっかりミスをなくすコツは、自分自身がうっかりミス(ケアレスミス)をしやすい人間かどうかを自己認識する

うっかりミス(ケアレスミス)を無くすためには、まず最初に「自分自身の問題解決能力(仕事処理能力)の正確度」を客観的に把握できている必要があります。

極論すれば、今までテストや仕事においてほとんど満点を取ってきて、ケアレスミスの経験がない人であれば、それほどうっかりミスのリスクを心配しなくても良いのです。

ただし、油断すればうっかりミスをするかもしれないという「大多数の人」は、「自分がミスをしやすい人間だから気をつけなければいけない」という自覚を強める必要があるのです。

6. うっかりミスをなくすコツは、同じ仕事・作業ばかりをずっと続けず、適度に休憩時間を取る

うっかりミスをなくすコツは、同じ仕事・作業ばかりをずっと続けず、適度に休憩時間を取る

ずっと単純作業ばかりを長い時間続けていると、いつの間にか注意力が低下して、「うっかりミス(ケアレスミス)の発生率」が高まる事が知られています。

同じ仕事・作業ばかりを続けていても注意力や集中力が途切れない限界の時間は「約30分間」とされています。

それ以上の時間、同じ仕事を継続しているとその仕事に飽きてきて注意が向かなくなる「心理的飽和状態」に陥りやすいのです。

理想的な作業環境としては、約30~60分に1回程度は休憩時間を取るようにしましょう。

7. うっかりミスをなくすコツは、仕事に対する集中力に緩急をつけて、無理に頑張りすぎない

うっかりミスをなくすコツは、仕事に対する集中力に緩急をつけて、無理に頑張りすぎない

大きなプロジェクトの仕事であるほど、「仕事の内容・分量」が多くなって複雑なものになっていきますが、そのすべての作業に最大限の注意力・集中力を払うことは通常できません。

「絶対にミスが許されない仕事の部分」に対しては最大の注意を向け、「多少ミスがあっても後で簡単に修正できる部分」に対しては少し注意を弱めてスピード優先にしてもいいのです。

うっかりミス(ケアレスミス)の深刻度を和らげるためには、仕事内容の重要度に応じて「注意力・集中力の緩急(力の入れどころの見極め)」をつけるというのも大切なことです。

8. うっかりミスをなくすコツは、自分の仕事を「第三者」にミスがないかチェックしてもらう

うっかりミスをなくすコツは、自分の仕事を「第三者」にミスがないかチェックしてもらう

うっかりミス(ケアレスミス)を無くすコツとして、自分がやり終えた仕事・作業を「自分の目」だけで主観的に再チェックするのではなく、「第三者の目」を通して客観的にチェックしてもらうという方法があります。

自分だけでいくら自分の仕事を見直してみても、「同じ人の主観的な目線」なので認知の癖もあって、自分のしたケアレスミスにはなかなか気づきにくいのです。

初めに作業した人とは違う、「第三者の目線」を入れた方が、仕事内容を客観的にチェックできるので意外なうっかりミスに気づいてもらいやすいのです。

9. うっかりミスをなくすコツは、自分で自分の仕事を徹底的にチェック(見直し)する

うっかりミスをなくすコツは、自分で自分の仕事を徹底的にチェック(見直し)する

うっかりミス(ケアレスミス)をする時はたいてい、自分のやり終えた仕事のチェック(見直し)が不十分になっているのです。

仕事・作業をやり終えた後には、ゼロからその課題に向き合うような気持ちで、丁寧に一つ一つの仕事や文章、数字などをチェックしていきましょう。

自分で自分の仕事を徹底的にチェック(見直し)することができるようになって、うっかりミスの少ない一人前のプロフェッショナルと呼べるのです。

10. うっかりミスをなくすコツは、慣れている仕事ほど「仕事・自分の客観視の姿勢」を身に付けていく

うっかりミスをなくすコツは、慣れている仕事ほど「仕事・自分の客観視の姿勢」を身に付けていく

うっかりミス(ケアレスミス)は「慣れている仕事・経験のある作業」ほど多くなりやすいのです。

一度うまくやり終えた事のある仕事だと、「こんな簡単な仕事で自分がミスをするわけがない」という油断や慢心が生まれやすいからです。

慣れている仕事ほど、「仕事・自分の客観視の姿勢」を身に付けることができれば、うっかりミスは大幅に減らせます。

自分の仕事に対して常に客観視ができていれば、「小さなミス」にも早い段階で気づきやすくなるのです。

11. うっかりミスをしてしまった時の対応として、自分のうっかりミスを率直に認めて上司に報告して指示を仰ぐ

うっかりミスをしてしまった時の対応として、自分のうっかりミスを率直に認めて上司に報告して指示を仰ぐ

自分自身がうっかりミス(ケアレスミス)をした事が明らかなケースなのであれば、「私はミスをしていない・誰かがミスしたんじゃないですか」という非生産的な水掛け論(責任の押し付け合い)はやめて、自分のうっかりミスをまず率直に認めることから始めましょう。

直属の上司にすぐ報告と連絡をして、「ミスをしたこと・ミスの内容・ミスへの対応の仕方」について指示を仰ぐようにしましょう。

上司の修正作業に対するゴーサインがでれば、できるだけ速やかに着手すれば大丈夫です。

12. うっかりミスをしてしまった時の対応として、自分の能力・技術で対応できるうっかりミスであれば、全力でミスの修正作業に取り掛かる

うっかりミスをしてしまった時の対応として、自分の能力・技術で対応できるうっかりミスであれば、全力でミスの修正作業に取り掛かる

自分が一度やり終えた仕事にミスが見つかった場合、その修正作業は精神的にも時間的にもかなり負担が大きくなります。

だからといって、自分がしたうっかりミス(ケアレスミス)の結果をそのまま放置することは許されませんから、「自分の能力・知識・技術」ですぐその場で対応できるうっかりミスなのであれば、全力でミスの修正作業に取り掛かりましょう。

うっかりミスの内容にもよりますが、致命的に深刻なミスでなければ、「迅速な修正作業・ミスのリカバリー」によって顧客の信用を失う事もないでしょう。

13. うっかりミスをしてしまった時の対応として、うっかりミスが多い部下の対処方法

うっかりミスをしてしまった時の対応として、うっかりミスが多い部下の対処方法

注意力不足でうっかりミスが多い部下がいる時には、上司は色々なストレスを背負い込むことになります。

うっかりミスが多い部下にどのように対処していけば良いのでしょうか。

14. うっかりミスをしてしまった時の対応として、部下のうっかりミスの内容を優しく指摘して、次にどのような対応をすべきか指示する

うっかりミスをしてしまった時の対応として、部下のうっかりミスの内容を優しく指摘して、次にどのような対応をすべきか指示する

現代の若手の部下はメンタルが打たれ弱くなっている事も多いですので、うっかりミス(ケアレスミス)に気づいても、頭ごなしに相手の人格や能力を否定するような叱責はNGとなります。

部下のうっかりミスの内容を見つけた時は、「ここの部分がちょっと間違っているみたいだね」と優しく指摘し、「次は明日までにこことここを正しいデータに書き換えて、また私に報告して下さい」と次にどうすれば良いのかの具体的対応策を指示するようにしましょう。

15. 同じうっかりミスをしないように、「うっかりミスの予防対策(徹底的な再チェック等)」を指導する

同じうっかりミスをしないように、「うっかりミスの予防対策(徹底的な再チェック等)」を指導する

部下がうっかりミスをした時の対応策として重要なのは、次に同じうっかりミス(ケアレスミス)をしないようにする「効果的な指示・指導」ができるかどうかという事です。

うっかりミスの予防対策には上記したように様々な方法がありますが、まず一度自分の仕事をやり終えた後に必ず「徹底的な再チェック」をするように指導しましょう。

さらに「ToDoリスト」などを活用して、常に「シングルタスク」に集中できる仕事環境を整えるように教えていきましょう。

あれもこれもの「マルチタスク」はうっかりミスを誘発しやすいからです。

まとめ

どうすれば、うっかりミスを無くせるのか例を上げて見ました。

ぜひ、参考にしてください。

「うっかりミス(ケアレスミス)」とは、十分な注意力や集中力がなかったために、ついうっかりしてしまうミスのことです。

本人はその時点では「ミスをしていることに気づかないケース」が多く、仕事や試験などで「後になって、しまったと思ってミスに気づくケース」が多いのです。

「うっかりミスを無くすコツ・ケアレスミスを改善する方法」について紹介していきます。


うっかりミスの原因は、マルチタスクで覚えることが多くなりすぎている

うっかりミスをしない時には「シングルタスク(一つの仕事)」で、今やるべき一つの内容・作業だけに集中できている事が多いのです。

うっかりミスの原因として「マルチタスク(複数の仕事の同時進行)」があります。

マルチタスクで「覚えること・次にやること」が多くなりすぎていると、記憶力が曖昧になってうっかりミス(ケアレスミス)をしてしまいやすいのです。

うっかりミスの原因は、注意力不足で「慣れた仕事」に油断している

うっかりミス(ケアレスミス)の原因で多いのが、「慣れた仕事・今までにやったことのある作業」に対して注意力・集中力が衰えているという事です。

「経験があるからこんな仕事(作業)は簡単にできる」と油断した心理状態で注意力・集中力が低下していると、どうしてもうっかりミスが増えてしまいやすくなるのです。

無料占い

スポンサーリンク



無料占い

※当サイトは占いやスピリチュアルに関連する記事を掲載するメディアサイトです。
掲載中の記事には効果や効能に根拠がない物、証明されていない場合もありますのでご注意下さい。
また当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害について、運営者は一切の責任を負いません。
この記事は2018年11月23日に更新されました。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!