占いの意味や夢の意味・心理や数字はどんな意味?SPITOPIは「占い」であなたの深層心理に迫ります。

 

運勢・占い・心理の秘密


https://spitopi.com/blog/20180410134932.html
仕事は結果が全てである理由

仕事は結果が全てである理由 | SPITOPI

SPITOPI
仕事は結果が全てである理由

スポンサーリンク

仕事に対する評価は、「仕事の結果が全てであるという評価基準」と「仕事は結果だけではなくそのプロセス(方法・努力の過程)も重要であるという評価基準」に大きく分ける事ができます。

仕事は結果だけが全てであるというと、過程(努力)を問わない感じでやや冷たい印象も受けますが、「仕事は結果が全てであるという理由」にはどのようなものがあるのでしょうか。

  • 仕事は結果・数字でしか評価されない事が多い
  • 自営の仕事で結果が出せなければ収入が得られない
  • サラリーマンの仕事で結果が出せなければ給料が増えにくい(給料並に会社に貢献していない)
  • 仕事で結果を出せなければいつまでもヒラのままで昇進できない
  • 仕事でずっと結果が出ないのであれば「市場・顧客の需要」がない証拠である
  • 仕事でずっと結果が出ないのであれば「努力の方向性」が間違っている
  • 仕事で結果が出ないということは「チームワーク(協力姿勢)」が取れていない
  • 仕事で結果を出せないということは「仕事の知識・情報」が不足している
  • 仕事で結果を出せないということは「仕事の技術・実力」が不足している
  • 仕事で結果が出ない時には「適切なコミュニケーション」ができていない
  • 仕事で結果を出せない時には「独りよがり・思い込み」に陥っている
  • 仕事で結果が出ないということは「自己完結」していて学ぶ姿勢がない
  • 仕事で結果が出ていないのに納得しているのは「自己満足」に過ぎない
  • 仕事で結果が出ていないのであれば結局、誰の役にも立っていない
  • 仕事で結果が出なければいつまでも「仕事の規模の拡大」がない
  • 仕事で結果が出なければいつまでも「仕事内容の進歩・変化」がない
  • 仕事で全く結果が出ないのは「本気のやる気」がないだけ
  • 仕事で全く結果が出なければ「家族を養うこと」もできない
  • 仕事で目標達成の結果を出すことで「自己成長」を確認できる
  • 仕事で結果を出すことが「社会貢献・人の感謝」にもつながる

1. 仕事は結果・数字でしか評価されない事が多い

仕事は結果・数字でしか評価されない事が多い

仕事はいくら必死に努力だけをしても、その努力が「仕事の成果物」や「仕事の売上・利益」という結果を生み出さないのであれば、何もしなかったのと同じ扱いとして解釈されやすいからです。

特に、企業(雇い主)や自営業者にとっては、「結果・数字」で評価する事が多くなりやすく、結果が出なければ売上にも収入にも結びついていかないからなのです。

2. 自営の仕事で結果が出せなければ収入が得られない

自営の仕事で結果が出せなければ収入が得られない

自営業の仕事では特に「仕事は結果が全てである」と言わざるを得ません。

自営業で結果を出せなければ、毎日の生活をしていくためのお金が1円も得られないのですから、下手をすれば衣食住にも事欠いて経済生活の維持に困ってしまう事になるからです。

3. サラリーマンの仕事で結果が出せなければ給料が増えにくい(給料並に会社に貢献していない)

サラリーマンの仕事で結果が出せなければ給料が増えにくい(給料並に会社に貢献していない)

サラリーマンの仕事でも「仕事は結果が全て」という部分が多くなります。

仕事で結果が出せなければ、会社・上司に評価される事が無く「給料が増えにくい」からです。

給料が増えにくいだけではなく、「給料分の会社に対する貢献」が全くできていないと見なされれば、どんどん待遇が悪くなって会社にいづらくなってしまうでしょう。

4. 仕事で結果を出せなければいつまでもヒラのままで昇進できない

仕事で結果を出せなければいつまでもヒラのままで昇進できない

仕事で昇進・出世を目指しているサラリーマンにとっても、「仕事は結果が全てである」と言えるでしょう。

自分の部署における仕事で全く結果を出せなければ、昇進・出世のチャンスをずっと逃し続けることになり、いつまでも「うだつの上がらないヒラ(平社員)」に留まっていなければならないからです。

5. 仕事でずっと結果が出ないのであれば「市場・顧客の需要」がない証拠である

仕事でずっと結果が出ないのであれば「市場・顧客の需要」がない証拠である

仕事は結果が全てである理由は、仕事でずっと結果が出ないのであれば「市場・顧客の需要」がない証拠になってくるからです。

あなたは「誰からも需要のない仕事」に対して、意味のない努力・苦労を延々続けていただけという事になってしまうのです。

6. 仕事でずっと結果が出ないのであれば「努力の方向性」が間違っている

仕事でずっと結果が出ないのであれば「努力の方向性」が間違っている

仕事は結果が全てである理由は、仕事でずっと結果が出ないのであれば「努力の方向性」が間違っていることになるからです。

仕事の定義は「顧客のニーズを満たすこと(顧客の役に立つこと)で収入を得ること」ですが、努力の方向性を間違えていれば、誰のニーズも満たせないので、いつまで経っても結果が出ないのです。

7. 仕事で結果が出ないということは「チームワーク(協力姿勢)」が取れていない

仕事で結果が出ないということは「チームワーク(協力姿勢)」が取れていない

仕事で結果が出ないということは、「チームワーク」が取れていないことを意味しています。

仕事は結果が全てである理由は、仕事で結果が出せない人材は、自己中心的な言動が多く「協調性・協力姿勢」がなくて、チームワークを乱している事が多いからなのです。

8. 仕事で結果を出せないということは「仕事の知識・情報」が不足している

仕事で結果を出せないということは「仕事の知識・情報」が不足している

仕事は結果が全てである理由は、仕事で結果を出せないということは「仕事の知識・情報」が不足していることを示唆しているからです。

自分で最大限の努力をしていると思い込んでいるだけで、結果が出ない時には「知識・情報を得るための勉強不足」が多いのです。

9. 仕事で結果を出せないということは「仕事の技術・実力」が不足している

仕事で結果を出せないということは「仕事の技術・実力」が不足している

仕事は結果が全てである理由は、仕事で結果を出せないということが「仕事の技術・実力」が不足していることを意味しているからなのです。

自分の実力がない事や技術力が劣っている事を棚に上げて、「結果はどうでもいい」というのはただ無責任なだけでしょう。

10. 仕事で結果が出ない時には「適切なコミュニケーション」ができていない

仕事で結果が出ない時には「適切なコミュニケーション」ができていない

仕事で結果が出ない時には「適切なコミュニケーション」ができていない事が多いのです。

仕事は結果が全てである理由は、報連相を中心とした「仕事上で必要になるコミュニケーション」がきちんと取れていれば、一定の成果は必ず出せる事が多いからです。

11. 仕事で結果を出せない時には「独りよがり・思い込み」に陥っている

仕事で結果を出せない時には「独りよがり・思い込み」に陥っている

仕事は結果が全てである理由は、仕事で結果を出せない時には「独りよがり・思い込み」に陥っている事が多いからです。

仕事で自分に何が求められているのかが分かっていれば、結果が何も出ない事は有り得ません。

独りよがりや思い込みを自己正当化しても仕事で得られるものは何も無いのです。

12. 仕事で結果が出ないということは「自己完結」していて学ぶ姿勢がない

仕事で結果が出ないということは「自己完結」していて学ぶ姿勢がない

仕事で結果が出ないということは、「自己完結」していて学ぶ姿勢がないことを意味しています。

仕事は結果が全てである理由は、自分の仕事を他者との関わりの中で成長発展させようとして学習する姿勢があれば、必ず一定以上の結果を出せるはずだからなのです。

13. 仕事で結果が出ていないのに納得しているのは「自己満足」に過ぎない

仕事で結果が出ていないのに納得しているのは「自己満足」に過ぎない

仕事は結果が全てである理由は、仕事で結果が出ていないのに勝手に納得しているのはただの「自己満足」に過ぎないからです。

社会的意義のある仕事をしていれば、必ず一定の結果は出るはずです。

結果がゼロなのに自己満足で納得していても、仕事の発展も自分の成長も無いのです。

14. 仕事で結果が出ていないのであれば結局、誰の役にも立っていない

仕事で結果が出ていないのであれば結局、誰の役にも立っていない

仕事で結果が出ていないのであれば、結局は誰の役にも立っていないというシビアな現実を受け止める必要があります。

仕事は結果が全てである理由は、仕事は誰かの役に立った結果として報酬を頂く仕組みになっているからなのです。

誰の役にも立っていないのに、自分はよく頑張ったと思い込んでいても仕方がないのです。

15. 仕事で結果が出なければいつまでも「仕事の規模の拡大」がない

仕事で結果が出なければいつまでも「仕事の規模の拡大」がない

仕事は結果が全てである理由は、仕事で結果が出なければいつまでも「仕事の規模の拡大」がないからです。

社会や他者に貢献する会社で仕事をしているのであれば、お金の問題だけではなくより良い社会を作るためにも仕事の規模拡大が使命になります。

結果ゼロは、そのための適切な努力が出来ていない証拠になるのです。

16. 仕事で結果が出なければいつまでも「仕事内容の進歩・変化」がない

仕事で結果が出なければいつまでも「仕事内容の進歩・変化」がない

仕事で結果が出なければ、いつまでも「仕事内容の進歩・変化」がないという事になってしまいます。

仕事は結果が全てである理由は、「延々と進歩も変化もないだらけた仕事」をする事は自分自身にとってもつらいし、誰の役にも立たない時代遅れの仕事になりやすいからなのです。

17. 仕事で全く結果が出ないのは「本気のやる気」がないだけ

仕事で全く結果が出ないのは「本気のやる気」がないだけ

仕事は結果が全てである理由は、仕事で全く結果が出ないのは「本気のやる気」がないだけである可能性が高いからです。

仕事に本気で取り組もうとするやる気があるのであれば、自然な流れで「結果を出すための方法論・結果に結びつく工夫」を考えて実行するはずだからです。

18. 仕事で全く結果が出なければ「家族を養うこと」もできない

仕事で全く結果が出なければ「家族を養うこと」もできない

仕事で全く結果が出なければ、「家族を養うこと」もできないという当たり前の現実があります。

仕事は結果が全てである理由は、「仕事の基本は自分と家族が生きていく為のお金を稼ぐこと」にあるからです。

仕事でずっと結果を出せなければ、家族の衣食住もままならない厳しい状況に追い込まれかねません。

19. 仕事で目標達成の結果を出すことで「自己成長」を確認できる

仕事で目標達成の結果を出すことで「自己成長」を確認できる

仕事は結果が全てである理由は、仕事で目標達成の結果を出すことで「自己成長」を確認できるからなのです。

目標を設定せずに結果を出しても出さなくてもどうでもいい状況では、人はまともなモチベーションや緊張感を維持する事ができません。

そのたるんだ仕事状況では、結局、何も「自己成長」を実感できないことになってしまうでしょう。

20. 仕事で結果を出すことが「社会貢献・人の感謝」にもつながる

仕事で結果を出すことが「社会貢献・人の感謝」にもつながるという客観的事実も忘れてはいけないでしょう。

道路・橋・建物を作る仕事では結果を出さなければいつまでも目的の道路や橋が出来上がりません。

目的地に運んでくれないトラックやタクシーには存在意義はありません。

仕事は結果が全てである理由は、結果を出す事ができれば、社会貢献につながり人からも感謝されるからなのです。

仕事に対する評価は、「仕事の結果が全てであるという評価基準」と「仕事は結果だけではなくそのプロセス(方法・努力の過程)も重要であるという評価基準」に大きく分ける事ができます。

仕事は結果だけが全てであるというと、過程(努力)を問わない感じでやや冷たい印象も受けますが、「仕事は結果が全てであるという理由」にはどのようなものがあるのでしょうか。


仕事は結果・数字でしか評価されない事が多い

仕事はいくら必死に努力だけをしても、その努力が「仕事の成果物」や「仕事の売上・利益」という結果を生み出さないのであれば、何もしなかったのと同じ扱いとして解釈されやすいからです。

特に、企業(雇い主)や自営業者にとっては、「結果・数字」で評価する事が多くなりやすく、結果が出なければ売上にも収入にも結びついていかないからなのです。

自営の仕事で結果が出せなければ収入が得られない

自営業の仕事では特に「仕事は結果が全てである」と言わざるを得ません。

自営業で結果を出せなければ、毎日の生活をしていくためのお金が1円も得られないのですから、下手をすれば衣食住にも事欠いて経済生活の維持に困ってしまう事になるからです。

無料占い

スポンサーリンク



無料占い

※当サイトは占いやスピリチュアルに関連する記事を掲載するメディアサイトです。
掲載中の記事には効果や効能に根拠がない物、証明されていない場合もありますのでご注意下さい。
また当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害について、運営者は一切の責任を負いません。
この記事は2018年11月23日に更新されました。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!