占いの意味や夢の意味・心理や数字はどんな意味?SPITOPIは「占い」であなたの深層心理に迫ります。

 

運勢・占い・心理の秘密


https://spitopi.com/blog/20180405170516.html
失敗は成功のもとになる理由

失敗は成功のもとになる理由 | SPITOPI

SPITOPI
失敗は成功のもとになる理由

スポンサーリンク

新しいことを始めようとする時に、「上手くいくわけない」「失敗したらどうするつもり」といった意見をもらうことがあると思います。

保守的で慎重派の人は冒険を好みませんし、安定していればそれ以上望まないという人も多いです。

ですが失敗を恐れて何も行動をしないのは本当にもったいないことです。

なぜならば失敗は成功のもとになり、人間的に大きく成長できるからです。

それでは失敗は成功のもとになる理由を紹介していきます。

  • 同じ失敗を繰り返さないで済む
  • 経験が増えて予測が立てられるようになる
  • 心が強くなる
  • 失敗することで学習能力がつく
  • 失敗した人の気持ちがわかるようになる
  • 失敗することで人の本性を見抜けるようになる
  • 失敗なしでは学べない
  • チャンレンジ精神が身につく
  • 挑戦して失敗することでレベルが上がっていく
  • 失敗することで取り返しのつかないことは防げる
  • 一度の失敗では学べないこともある
  • 修正を重ねることにより腕が上がる
  • 自分の身の程を知ることができる
  • 失敗から可能性が広がる
  • 自分で考える力がつく
  • 若い時の失敗、苦労が将来の財産となる
  • 勇気が養える
  • 反省することができる
  • 失敗するから改善することができる
  • 勝負ごとに失敗はつきもの、だから強くなれる
  • まとめ

1. 同じ失敗を繰り返さないで済む

同じ失敗を繰り返さないで済む

失敗しない人の方が完璧のように思われるかもしれませんが、それはそつなくこなす能力が高いだけのことです。

失敗が多い人は確かに周りから顰蹙を買うこともありますが、同じ失敗を繰り返さないで済みます。

若い時に失敗をしておけば年齢を重ねてから大きな失敗をしなくて済む、結果的にその経験が成功に繋がるのではないでしょうか。

2. 経験が増えて予測が立てられるようになる

経験が増えて予測が立てられるようになる

今、成功している人たちの話を聞くと、挫折知らずだったという人よりはどん底を味わった経験を持っている人の方が多いのではないでしょうか。

大きな失敗、挫折を味わったからこそ、経験豊富となり先々の予測を立てることができるようになったともいえます。

3. 心が強くなる

心が強くなる

成功するにあたって大事なのは強いメンタルです。

打たれ弱く落ち込んでしまってはそこで終わりです。

失敗をすることでその時は落ち込んでも「また頑張ろう」と這い上がる精神が養われます。

心が強い人は何があってもやり直すことができますし、挽回して成功することもできるのです。

4. 失敗することで学習能力がつく

失敗することで学習能力がつく

失敗することで、次はこれを選んだら駄目なのだと理解できます。

学習能力がつくので次は同じ失敗をすることはないでしょう。

成功するには沢山の失敗があってもいいのです。

同じ失敗を何度も繰り返さなければいいだけのことです。

5. 失敗した人の気持ちがわかるようになる

失敗した人の気持ちがわかるようになる

失敗をすることで、失敗した人の気持ちが痛いほどわかります。

人は一人では生きていけません。

他人と関わっているのですから、人の気持ちが理解できる、寄り添える人は人に恵まれていい人生を作っていくことができます。

6. 失敗することで人の本性を見抜けるようになる

失敗することで人の本性を見抜けるようになる

失敗すると、それまでは愛想よくしてくれていた人が手のひらをかえすような接し方をすることがあります。

いい時だけは寄って来て、悪くなったら去って行くということを身をもって経験しますと、人の本性を見抜く目が養われてきます。

上辺に騙されることもなくなるでしょう。

7. 失敗なしでは学べない

失敗なしでは学べない

どんなことでも、失敗なしには学べません。

失敗するからこそ上を目指す気持ちが湧いてくるのです。

8. チャンレンジ精神が身につく

チャンレンジ精神が身につく

失敗して悔しい、悲しいと思うからこそ、次は上手くできるように頑張るというチャレンジ精神がつきます。

誰かに用意されたものを無難にこなすだけの人生ではなく自分で切り拓いていくという気持ちが強くなり成功に繋がるのです。

9. 挑戦して失敗することでレベルが上がっていく

挑戦して失敗することでレベルが上がっていく

頑張って失敗する、それを何度も経験することで努力を重ねていきます。

気がつかないうちに自分のレベルは上がっていくのです。

10. 失敗することで取り返しのつかないことは防げる

失敗することで取り返しのつかないことは防げる

小さな失敗を繰り返す人ほど、大きな失敗はしないものです。

それは失敗から学んで、これ以上は危ないと経験でわかるようになるからです。

結果的に取り返しのつかないことは防げるのです。

11. 一度の失敗では学べないこともある

一度の失敗では学べないこともある

あらゆる失敗はした方がいいのです。

なぜなら、一度の失敗では学べないこともあるからです。

何度も失敗するからこそ、上達する、成長するということもあります。

12. 修正を重ねることにより腕が上がる

修正を重ねることにより腕が上がる

成功している人は、同じことを何度も何度も繰り返し突き詰めてきた人ではないでしょうか。

修正を重ねることにより腕は上がります。

一回でオッケーが出る人よりも何回もやり直しをする人の方が最終的には実力が上になる可能性を秘めています。

13. 自分の身の程を知ることができる

自分の身の程を知ることができる

若い時ほど失敗した方がいいという意見もあります。

なぜならば失敗して自分の身の程を知ることができるからです。

若い時に挫折知らずでプライドだけが高くなってしまうのは中年期以降の苦労が多くなりそうです。

14. 失敗から可能性が広がる

失敗から可能性が広がる

失敗しますと、まずやり直しです。

調べ直すことで他の知識が得られることもありますし、別の方法を見つけたり、試したりと可能性が広がります。

失敗することによって、幅広い知識を身につけることができるのです。

15. 自分で考える力がつく

自分で考える力がつく

人から指示されてそつなくこなす人は、それで完了してしまいます。

一方で失敗する人は何で失敗したのか、どうすれば良かったのかと考える作業が発生します。

言われた通りにするだけではなく、自分で考えることができる人になれるわけです。

成功する人というのは自分で考えることができる人です。

16. 若い時の失敗、苦労が将来の財産となる

若い時の失敗、苦労が将来の財産となる

若い時ほど失敗、苦労をしておいた方がいいのです。

若い時は人生を楽しみたい、そう思うかもしれませんが、若い時はいずれは終わります。

その先に続く人生の方がよっぽど長いのです。

若い時に要領良く上手くやっていたほど、実力がつかないまま年を重ねて将来的に困ることも多くなる傾向にあります。

若い時に失敗、苦労をして地道に頑張ってきた人はその経験が活きて、成功する人が多いでしょう。

17. 勇気が養える

勇気が養える

失敗を認めるのは勇気がいります。

失敗をなかったことにして、そこで諦めて終了してしまうことの方がよっぽど簡単です。

自分の失敗を認めてそこから這い上がる、頑張ることができる人は勇気があります。

勇気があればどんなことにも前向きに取り組むことができます。

成功する人は勇気があった人、一歩を踏み出した人なのです。

18. 反省することができる

反省することができる

失敗をすればどこが悪かったのか、自分の反省点と向き合う作業が必要です。

それはあまり気持ちいいものではないでしょう。

自分の駄目さ加減を思い知らされるわけですから。

でも反省のある人はそこから学び、成長できる人です。

失敗を認めず論点をすり替えたり、感情的になって誤魔化してなかったことにする人はそこで止まってしまいますから成功はできません。

失敗をして反省をして次に繋げることが成功のもとです。

19. 失敗するから改善することができる

失敗するから改善することができる

物事を良くしていく、改善することができるのは、最初に失敗があったからこそです。

失敗がなければそのまま現状維持で進んでいたでしょう。

失敗は成功のもとになるのは、「改善する」ことができるからです。

20. 勝負ごとに失敗はつきもの、だから強くなれる

勝負ごとに失敗はつきもの、だから強くなれる

どんな勝負にも失敗はつきものです。

負けを知らないのは確かにカッコいいですが、負けを知ったからこそもっと強くなれるのです。

まとめ

まとめ

いかがでしたでしょうか。

失敗は成功のもとになる理由を紹介しました。

誰だって失敗は嫌だと思いますし、怒られたくありません。

そつなく無難にこなしたいと考えるかもしれません。

ですが、一度の失敗から学べることは一つではなく沢山のことがあります。

その時は大変でもその失敗から後に色々と活きてくることがあるのです。

例えば、優しそう、いい人そうだった人があなたが失敗をした途端鬼のような人間性を見せることがあります。

とてもショックを受けるかもしれません。

ですが、その経験をすれば「人には二面性がある」ということも学べるわけです。

失敗は人生勉強になります。

結果的に成功を掴めばいいのですから、沢山失敗しても落ち込まない事、同じ失敗は繰り返さない事を心がけて頑張っていきましょう。

新しいことを始めようとする時に、「上手くいくわけない」「失敗したらどうするつもり」といった意見をもらうことがあると思います。

保守的で慎重派の人は冒険を好みませんし、安定していればそれ以上望まないという人も多いです。

ですが失敗を恐れて何も行動をしないのは本当にもったいないことです。

なぜならば失敗は成功のもとになり、人間的に大きく成長できるからです。

それでは失敗は成功のもとになる理由を紹介していきます。


同じ失敗を繰り返さないで済む

失敗しない人の方が完璧のように思われるかもしれませんが、それはそつなくこなす能力が高いだけのことです。

失敗が多い人は確かに周りから顰蹙を買うこともありますが、同じ失敗を繰り返さないで済みます。

若い時に失敗をしておけば年齢を重ねてから大きな失敗をしなくて済む、結果的にその経験が成功に繋がるのではないでしょうか。

経験が増えて予測が立てられるようになる

今、成功している人たちの話を聞くと、挫折知らずだったという人よりはどん底を味わった経験を持っている人の方が多いのではないでしょうか。

大きな失敗、挫折を味わったからこそ、経験豊富となり先々の予測を立てることができるようになったともいえます。

無料占い

スポンサーリンク



無料占い

※当サイトは占いやスピリチュアルに関連する記事を掲載するメディアサイトです。
掲載中の記事には効果や効能に根拠がない物、証明されていない場合もありますのでご注意下さい。
また当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害について、運営者は一切の責任を負いません。
この記事は2021年02月09日に更新されました。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!