占いの意味や夢の意味・心理や数字はどんな意味?SPITOPIは「占い」であなたの深層心理に迫ります。

 

運勢・占い・心理の秘密


https://spitopi.com/blog/20180325180114.html
残留思念とは?|残留思念の特徴|浄化の方法

残留思念とは?|残留思念の特徴|浄化の方法 | SPITOPI

SPITOPI
残留思念とは?|残留思念の特徴|浄化の方法

スポンサーリンク

観光などに行ったとき、何だか意味もなく悲しくなったり、家探しで見学などをしていると、独特の言葉にできないような雰囲気を感じたことがある人も多いのではないでしょうか。

それは、残留思念と呼ばれるものだとされています。

残留思念という言葉はなかなか聞き慣れないかもしれませんが、いったいどのようなものなのでしょうか。

今回は残留思念についてご紹介します。

  • 残留思念とは
  • 残留思念を簡単に説明
  • 残留思念を感じやすい人
  • 残留思念の特徴【場所に残りやすい残りやすい】
  • 残留思念の特徴【液体に残りやすい】
  • 残留思念の特徴【生きている人も残留思念を残せる】
  • 残留思念の特徴【物にも残りやすい】
  • 残留思念の特徴【人にも宿る】
  • 残留思念の特徴【部屋に宿る】
  • 残留思念の特徴【歴史的な場所に多い】
  • 残留思念の特徴【感じ取ったときは吐き気などが起きやすい】
  • 残留思念の浄化方法【ポジティブな言葉をかける】
  • 残留思念の浄化方法【お香を焚く】
  • 残留思念の浄化方法【空気を入れ換える】
  • 残留思念の浄化方法【歌を歌う】
  • まとめ

1. 残留思念とは

残留思念とは

残留思念というのは、その文字通り、その場所やモノに残っていたり、留まっている思いや念などのことを言います。

物や場所にはその人の念というものが残されていると言われています。

よく、ぬいぐるみなどには亡くなった子供の念がついていると言われることがありますが、これも残留思念のひとつであると言えます。

2. 残留思念を簡単に説明

残留思念を簡単に説明

残留思念というのは、亡くなって体は失ってしまうものの、自分の気持ちは残したいという強い思いから、残留思念として残る傾向にあります。

多くは怒りや怨念、悔しい思いであるとされており、交通事故などで命を落とした人がまだ生きていたかったというようなこの世の未練の思いをその場所に託すとされています。

多くはこのように怒りや悲しみが多いのですが、時には喜びの気持ちを残す場合もあります。

楽しかった想い出の場所に、楽しい気持ちを残すというのも、残留思念となっています。

3. 残留思念を感じやすい人

残留思念を感じやすい人

残留思念というのは、目に見えるものではありません。

感じるものであるとされています。

その残留思念を感じる人と感じない人がいるのですが、感じやすい人というのは、霊感がある人です。

霊感がある人というのは、感受性が高いですので、残留思念も感じやすいと言えます。

また、残留思念と同じような思考の人も感じやすいと言えます。

失恋して自殺した人の残留思念であれば、同じように失恋した人が感じやすく、なぜか分からないのに悲しくて泣いたり、頭痛や吐き気を引き起こす場合もあります。

4. 残留思念の特徴【場所に残りやすい残りやすい】

残留思念の特徴【場所に残りやすい残りやすい】

残留思念というのは、思い入れがあるものに宿されると言われています。

そのため、場所に残りやすいと言えます。

例えば、病気で亡くなった人も、病院で死を迎える人が多いかもしれませんが、想い出が詰まっているのは我が家ですので、帰りたかったという思いなどからも、自宅には残留思念が残りやすいと言えます。

5. 残留思念の特徴【液体に残りやすい】

残留思念の特徴【液体に残りやすい】

残留思念は液体というのは残りやすいとされています。

心霊スポットが多いのはこの液体に残りやすい残留思念が関係しており、海や川などで異常を感じたことがある人というのは、多いのではないでしょうか。

6. 残留思念の特徴【生きている人も残留思念を残せる】

残留思念の特徴【生きている人も残留思念を残せる】

残留思念というのは、何も亡くなった方ばかりではなく、生きている人も残すことができます。

しかし、ほとんどの場合が無意識であるとされています。

誰かのことをとても恨んでいると、その相手に生き霊を飛ばせると言いますが、実は残留思念が関係しており、憎いという残留思念や、愛おしい感じる残留思念など、思いが強いものが相手に届いたりすると言えます。

7. 残留思念の特徴【物にも残りやすい】

残留思念の特徴【物にも残りやすい】

大切にしていた時計やおもちゃなど、思い入れがあるようなものというのは、その人の気持ちが入っていますので、残留思念が残りやすいとされています。

お気に入りの家具やアクセサリーなどの他に、特に小さな子供などはおもちゃやぬいぐるみに残留思念を残しやすいと言えます。

8. 残留思念の特徴【人にも宿る】

残留思念の特徴【人にも宿る】

残留思念というのは、基本的に物や場所に宿ることが多いのですが、時には人にも残ります。

例えば、病気で亡くなったはずの母親がいつもそばにいてくれているような気がするというのは、亡くなった母親の残留思念を感じていることを意味しています。

もっとそばで守ってあげたかったというような母親の気持ちが、残留思念として残されており、実際に残された子供たちを見守ってくれていると言われています。

9. 残留思念の特徴【部屋に宿る】

残留思念の特徴【部屋に宿る】

短期間だけアパートを借りて、今は元気に別の場所で暮らしているというような部屋であっても、残留思念は残っています。

部屋というのは、それぞれに独特の雰囲気を持っています。

明るい性格の人が住んでいる部屋はどんなに汚くても明るい印象を受けるのですが、ネガティブな人の部屋はどこか重苦しい雰囲気であったりします。

それが、残留思念であると言えます。

10. 残留思念の特徴【歴史的な場所に多い】

残留思念の特徴【歴史的な場所に多い】

戦争をしていた場所や、何人もの人がなくなってしまった場所など、歴史的な場所というのは、残留思念が残りやすいとされています。

特に、戦争や戦などをしていた場所というのは、多くの人が死を遂げています。

供養しきれない残留思念というのは数多く、歴史的な場所というのは、様々な意味を残留思念が残されているとされています。

もっと生きたかった、仇を取って欲しいなど、様々な人間の欲が溢れていますので、残留思念が残りやすいとされています。

11. 残留思念の特徴【感じ取ったときは吐き気などが起きやすい】

残留思念の特徴【感じ取ったときは吐き気などが起きやすい】

心霊スポットなどに行くと、頭痛や吐き気などを訴える人がいますが、それは残留思念を感じ取っていることになります。

悲しくもないのに涙が止まらないのは、残留思念の悲しみを受け取っていることを意味しています。

残留思念を受け取りやすいのは優しい人が多いと言われていますが、残留思念のフィーリングと合った人が感じ取ることが出来ると言われています。

12. 残留思念の浄化方法【ポジティブな言葉をかける】

残留思念の浄化方法【ポジティブな言葉をかける】

残留思念を感じ取ったら、「あなたの気持ちはわかった。

もう休んで大丈夫だよ」と声をかけてください。

そうすることで、停滞していたままの感情が動きだし、本来あるべき場所へと帰っていくこととなります。

13. 残留思念の浄化方法【お香を焚く】

残留思念の浄化方法【お香を焚く】

お香は様々な浄化に使われており、もちろん残留思念の浄化にも効果的です。

残留思念が強いと感じたときにお香を焚くと、残留思念が浄化されていくと言えます。

14. 残留思念の浄化方法【空気を入れ換える】

残留思念の浄化方法【空気を入れ換える】

残留思念を浄化させるためには、しっかりと換気をしたり、空気の入れ換えをすることが大切です。

美しい空気というのは、残留思念にとっては住みにくい環境ですので、浄化されやすいと言えます。

15. 残留思念の浄化方法【歌を歌う】

残留思念の浄化方法【歌を歌う】

残留思念というのは、楽しい場所にはあまり残らないとされています。

そのため、歌を歌うことで、陽気な雰囲気を作り出すことで、残留思念が浄化されると言えます。

まとめ

まとめ

いかがでしたでしょうか。

残留思念というのは、その人の強い気持ちであることを理解することができたと思います。

残留思念は亡くなった人だけが残せるものであると思われている人もいますが、実は生ある状態であったとしても、残留思念というのは知らないうちに残しているのです。

その証拠に、人の部屋に入ると独特の雰囲気を感じ取ることが出来ると思います。

それが残留思念なのです。

残留思念は知らない間に宿していますし、感じとることも出来ています。

心霊スポットや海などの水がある場所などには、残留思念がアフレテイルト言われています。

残留思念を感じ取ると、時には体調不良などを起こしてしまうこともありますので、霊感がある人や感受性が高い人というのは、出来るだけ残留思念が集まる場所は避けておいた方がいいかもしれません。

観光などに行ったとき、何だか意味もなく悲しくなったり、家探しで見学などをしていると、独特の言葉にできないような雰囲気を感じたことがある人も多いのではないでしょうか。

それは、残留思念と呼ばれるものだとされています。

残留思念という言葉はなかなか聞き慣れないかもしれませんが、いったいどのようなものなのでしょうか。

今回は残留思念についてご紹介します。


残留思念とは

残留思念というのは、その文字通り、その場所やモノに残っていたり、留まっている思いや念などのことを言います。

物や場所にはその人の念というものが残されていると言われています。

よく、ぬいぐるみなどには亡くなった子供の念がついていると言われることがありますが、これも残留思念のひとつであると言えます。

残留思念を簡単に説明

残留思念というのは、亡くなって体は失ってしまうものの、自分の気持ちは残したいという強い思いから、残留思念として残る傾向にあります。

多くは怒りや怨念、悔しい思いであるとされており、交通事故などで命を落とした人がまだ生きていたかったというようなこの世の未練の思いをその場所に託すとされています。

多くはこのように怒りや悲しみが多いのですが、時には喜びの気持ちを残す場合もあります。

楽しかった想い出の場所に、楽しい気持ちを残すというのも、残留思念となっています。

無料占い

スポンサーリンク



無料占い

※当サイトは占いやスピリチュアルに関連する記事を掲載するメディアサイトです。
掲載中の記事には効果や効能に根拠がない物、証明されていない場合もありますのでご注意下さい。
また当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害について、運営者は一切の責任を負いません。
この記事は2021年02月01日に更新されました。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!