占いの意味や夢の意味・心理や数字はどんな意味?SPITOPIは「占い」であなたの深層心理に迫ります。

 

運勢・占い・心理の秘密


https://spitopi.com/blog/20180220115357.html
青森県民の特徴|性格|県民性

青森県民の特徴|性格|県民性 | SPITOPI

SPITOPI
青森県民の特徴|性格|県民性

スポンサーリンク

地域によって方言などがあるように、言葉も違いますが、実は性格も異なることをご存知でしょうか。

国が違うと性格も違うと言われているように、実は都道府県によっても性格は異なるとされています。

では、青森県の人の性格などはどうでしょうか。

青森県の人の性格などについて、方言や青森県出身の有名人などもあわせてご紹介していきたいと思います。

  • 青森県民の県民性
  • 青森県民の方言
  • 青森県民の恋愛傾向
  • 青森県民の女性の恋愛傾向
  • 青森県民の男性の恋愛傾向
  • 青森県民あるある「テレビに出ているとうれしいが恥ずかしい」
  • 青森県民あるある「低温のためプールが中止」
  • 青森県民の性格「頑固」
  • 青森県民の男性に多い性格「芯が強い」
  • 青森県民の女性に多い性格「我慢強くて根が真面目」
  • 青森県民と相性のいい性格
  • 青森県民の著名人や有名人
  • 青森県民にもいろんなタイプがいる。
  • まとめ

1. 青森県民の県民性

青森県:県民性

青森県民というのは、とても根が真面目で頑固者であるとされています。

芯が強くて、曲がったことが大嫌いなタイプであり、自分の考えを押し通そうとする傾向にあります。

とても保守的であると思われているところがあり、一本筋が通った考え方をしているというのが、青森県民の特徴であるとされています。

2. 青森県民の方言

青森県:方言

青森県民の方言というのは、知らない人が耳にすると、外国語のようにも聞こえてしまうほど、理解することが難しいとされています。

そのため、難解な方言であるというような認識を持たれている方も多いのではないでしょうか。

イントネーションから大きく異なるのが、青森県民の方言の特徴であるとされています。

「か」と言われても、青森県民以外には伝わらないかもしれませんが、「か」というのは、「お母さん」のことを意味しています。

そのため、「お母さん、お風呂どうぞ」というのを青森県民の方言にすると、「か、風呂どうぞ」となるのです。

他にも、「どもなんね」は「どうすることもできない」という意味で使われることが多く、「道が凍っててどもなんね」は、「道が凍っててどうすることもできない」という意味となります。

3. 青森県民の恋愛傾向

青森県:恋愛傾向

青森県民というのは、恋愛においては基本的には積極的な人が多いとされています。

そのため、好きになったら即行動に移す人も多いとされています。

4. 青森県民の女性の恋愛傾向

青森県:女性の恋愛傾向

青森県民の女性というのは、好きになった人には積極的アピールすることが出来る人であるとされています。

青森県民の女性というのは、とても計算高いですので、男性をたてているように見せながら、自分の手のひらで転がしたいと願う傾向にあります。

基本的には男性に対して尽くすタイプではありますが、どれだけ尽くしても見返りが期待できないときには、簡単に別れを決意してしまうようなところもあります。

青森県民でも、住んでいる地域によって好みのタイプが異なり、西部の女性は、母性本能をくすぐられるような、ちゃっとだらしないような男性に惹かれる傾向にあります。

しかし、南部の女性は、自分のことをしっかりとリードしてくれるような男性に惹かれるとされています。

どちらの女性も我慢強いところがありますので、パートナーが浮気をしてもじっと我慢してしまうタイプでもありますが、何度も浮気を繰り返すと、我慢強い青森県民の女性というのは、あっさりと別れてしまいます。

5. 青森県民の男性の恋愛傾向

青森県:男性の恋愛傾向

青森県民の男性というのは、頑固でありながらも、恋愛には奥手であるとされています。

好みの女性がいたとしても、自分から積極的にアピールをしたり、告白することはなかなかできません。

プライドが高いですので、百パーセントオッケーをもらえると分かるまで告白を避ける傾向にあります。

また、青森県民の男性というのは、外見よりも中身を重視する傾向にありますので、じっくりと相手を見極めていくタイプであるとされています。

真面目であり、頑固者の青森県民の男性というのは、浮気などの不貞を許しませんので、パートナーが浮気をしたら、すぐに別れる覚悟も出来ています。

6. 青森県民あるある「テレビに出ているとうれしいが恥ずかしい」

青森県:あるある

青森県民というのは、自分が住んでいる地域が全国放送のテレビに出ていると、とてもうれしい気分になります。

それは、他の地域に住まわれている方も同じだと思います。

しかし、青森県民というのは、自分が住んでいる地域がテレビに出ているとうれしいのですが、恥ずかしい気持ちにもさせられてしまいます。

青森県民の方言は他の県民からするととても難解であることから、必ず標準語の字幕が表示されます。

時おり何を話しているのか分からずにお手上げ状態の番組もあるのですが、そのお手上げ状態の方言もしっかりと認識してしまう自分と、外国語ばりに字幕が出てくることへの恥じらいを感じてしまうというのは、青森県民のあるあるだと言えます。

7. 青森県民あるある「低温のためプールが中止」

青森県:あるある

青森県というのは、とても寒い地域でもあります。

そのため、夏でも気温が上がらないことがあり、低温のためプールが中止になることは多々あります。

夏に思いっきりプールを楽しめるというような感覚は青森県民にはなく、低温のためプールが中止になることは多々あるのだと自覚しているというのが、青森県民のあるあるだとされています。

8. 青森県民の性格「頑固」

青森県:性格

青森県民の性格というのは、一言でいうと頑固です。

自分が心に決めたことは、誰がなんと言っても貫き通すというような気持ちでいるとされており、意見を曲げない姿勢というのは、誰よりも頑固であると思われています。

9. 青森県民の男性に多い性格「芯が強い」

青森県:男性に多い性格

青森県民の男性というのは、とても芯が強くて頑固であるとされています。

青森県民というのは、訛りが独特であることから、他の県民が聞き取れないことも多く、次第に口数も少なくなってしまう傾向にあり、無口な姿から、寡黙で頑固であると思われているところがありますが、実はどのようなことにも挑むことが出来るような粘り強い気持ちを持っている、芯が強いタイプであるとされています。

10. 青森県民の女性に多い性格「我慢強くて根が真面目」

青森県:女性に多い性格

青森県民の女性というのは、根が真面目であり、曲がったことは嫌うタイプであるとされています。

また、とても我慢強い性格であることから、嫌なことがあったとしてもひたむきに頑張るタイプであるとされています。

11. 青森県民と相性のいい性格

青森県:相性のいい性格

頑固者で真面目な性格の人が多い青森県民ですので、不真面目な人とは気が合いません。

常識を重んじているような人であれば、気が合うとされています。

また、基本的には自分が前に出るタイプの人が多いですので、影で支えてくれるような、サポートタイプの人となら、うまくやっていくことが出来ると言えます。

12. 青森県民の著名人や有名人

青森県:著名人や有名人

青森県出身の著名人や有名人というのは、多数います。

小説家として、亡くなった今でもファンが多い太宰治さんも、青森県民の一人です。

他にも、泉谷しげるさんや松山ケンイチさん、吉幾三さん、などのカリスマ性の高い人が多数青森県民として活躍をされています。

他にも、新山千春さんや、細川ふみえさんなども、青森県民からの有名人として活躍をされています。

13. 青森県民にもいろんなタイプがいる。

青森県:県民性

青森県といっても、とても広く、住んでいる地域によって特徴も異なる傾向にあります。

西部の男性でいうと、自己主張をしっかりと出来るようなタイプの人が多く、頑固であり、ある意味ではでしゃばりな性格であるとされていますが、南部の男性はどちらかとおとなしい人が多いとされています。

口数が少ないため、西武の男性同様に、気難しい人であると誤解されてしまうこともときどきありますが、実は根が優しく、人になにかを頼まれてしまうと、断ることができないような性分であるとされています。

また、女性においても、青森県民の西武女性というのは、人のことを見過ごしておけないというように、とても世話好きな人が多いとされています。

母性本能がとても高いですので、自分が助けてあげなくてはと感じてしまい、何でも手助けをしてしまいたくなる傾向にあります。

しかし、南部の女性というのは、誰かになにかをしてあげたいと願っていても、恥ずかしがりやであることから、なかなか実行に移すことができないような、控え目な性格の人が多いとされています。

南部の人はどちらかというと話が好きな人が多いですので、話を聞いてあげることが必要であり、西武の人は話が苦手ですので、トークに入ってこれるように、話題をふってあげるようにすることが、会話のポイントです。

また、どちらも温泉の話題やお酒の話題が好きですので、お酒やお風呂の話などをすると、初対面であっても仲良く話すことが出来ると言われています。

青森県といっても、住む地域によって様々なタイプの人がいます。

しかし、青森県民に言えるのは、どの地域に住んでいても、男女どちらも根が真面目な人が多いということです。

真面目で堅実であることから、ストレスを溜め込みやすい人も少なくはありませんので、注意をしなくては行けません。

また、青森県民というのは、訛りや方言が独特であることから、他県民からは理解されないことによって無口になってしまい、頑固で怖いという印象を持たれているかもしれませんが、根は優しくて頑張りやであることを理解しておくことが必要であるとされています。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

青森県民の性格や特徴などについて、理解してもらうことができたのではないでしょうか。

青森県民というのは、独特の方言と強い訛りがあるというのが印象的であると思います。

全国放送のテレビなどでは、必ず字幕が出てくるほどです。

そのため、自分の言葉が相手に伝わっていないと感じてしまい、言葉数が少なくなってしまうことも多いとされています。

しかし、実は根が真面目であり、芯がしっかりとしている人であることを理解してもらえたのではないでしょうか。

青森県民でも、南部の住まいなのか、西部に住んでいるのかでも、性格や恋愛の傾向は変わってきますので、ひとくくりに青森県民というのはこういう人だと決めつけないことが必要であるとされています。

もしも青森県民と話をすることがあったら、西部出身か、南部出身かを確認して対応をするとうまくいくかもしれません。

地域によって方言などがあるように、言葉も違いますが、実は性格も異なることをご存知でしょうか。

国が違うと性格も違うと言われているように、実は都道府県によっても性格は異なるとされています。

では、青森県の人の性格などはどうでしょうか。

青森県の人の性格などについて、方言や青森県出身の有名人などもあわせてご紹介していきたいと思います。


青森県:県民性

青森県民というのは、とても根が真面目で頑固者であるとされています。

芯が強くて、曲がったことが大嫌いなタイプであり、自分の考えを押し通そうとする傾向にあります。

とても保守的であると思われているところがあり、一本筋が通った考え方をしているというのが、青森県民の特徴であるとされています。

青森県:方言

青森県民の方言というのは、知らない人が耳にすると、外国語のようにも聞こえてしまうほど、理解することが難しいとされています。

そのため、難解な方言であるというような認識を持たれている方も多いのではないでしょうか。

イントネーションから大きく異なるのが、青森県民の方言の特徴であるとされています。

「か」と言われても、青森県民以外には伝わらないかもしれませんが、「か」というのは、「お母さん」のことを意味しています。

そのため、「お母さん、お風呂どうぞ」というのを青森県民の方言にすると、「か、風呂どうぞ」となるのです。

他にも、「どもなんね」は「どうすることもできない」という意味で使われることが多く、「道が凍っててどもなんね」は、「道が凍っててどうすることもできない」という意味となります。

無料占い

スポンサーリンク



無料占い

※当サイトは占いやスピリチュアルに関連する記事を掲載するメディアサイトです。
掲載中の記事には効果や効能に根拠がない物、証明されていない場合もありますのでご注意下さい。
また当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害について、運営者は一切の責任を負いません。
この記事は2018年10月16日に更新されました。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!