占いの意味や夢の意味・心理や数字はどんな意味?SPITOPIは「占い」であなたの深層心理に迫ります。

 

運勢・占い・心理の秘密


https://spitopi.com/blog/20180220114817.html
青い服を着る心理・青い服が似合う人の特徴

青い服を着る心理・青い服が似合う人の特徴 | SPITOPI

SPITOPI
青い服を着る心理・青い服が似合う人の特徴

スポンサーリンク

青色にはどんなイメージを抱きますか?

青空、青い海、青々と茂った木々…のように大自然の恵みを彷彿とさせる色であったり、暗い色でもなく、かといって明るい色でもない、どちらともいえない神秘性を秘めた色でもあります。

そんな、神秘性を秘めた青色について詳しく迫っていきます。

青色がもたらす心理的効果や青色が好きな人の特徴、または心理などについて詳しく見ていきましょう。

  • 青い服の心理的効果
  • 青い服を好む人の特徴「安定志向」
  • 青い服を好む人の特徴「戦略家」
  • 青い服が似合う人の特徴「知的でクールな人」
  • 青い服は無難を好む人に人気
  • 青い服を着るの心理『いつも慎重でありたい』
  • 青い服を着るの心理『青が大好き』
  • 青い服が与えるイメージ『好感度が上がる』
  • 青が好きな人の性格
  • 青い服のコーデで気を付けること
  • まとめ

1. 青い服の心理的効果

青い服の心理的効果

青い服を着ると、人にどんな心理効果をもたらすのでしょう。

青色は、青い海や青い空などの大自然を連想させることからも分かるように、人に癒しの効果を与える力を持っています。

ビルの多い雑踏の中にいると、知らず識らずのうちに緊張してストレスを感じるものですが、大自然の中にたたずむと、自然と体の緊張がほぐれ、癒されることがあります。

それこそが、大自然のもつ癒しの力です。

青い服は、この大自然をイメージする色であるため、青い服を着ると、大自然から癒しの力を与えられるかのようなヒーリング効果をもらうことができます。

また、癒されると、落ちつきが出るため、興奮を押さえて冷静さを取り戻してくれる色でもあります。

また、雑念を取り払い、集中力を高めたいときに、効果を発揮する色でもあり、何かと人に良い影響をもたらす色となっています。

2. 青い服を好む人の特徴「安定志向」

青い服を好む人の特徴「安定志向」

青い服を好む人は安定志向をしている場合が多いです。

というのも、青色は癒しの色。

危険なリスクを伴うような人生を好まず、落ちつきのある人生を好む傾向があるからです。

人生で吉と出るか凶と出るか、分からないような賭けにでることを嫌い、常に安定した中にいて癒しのある落ちついた生活を送りたいと思っています。

青い服を好む人には、夢を追いかけるような人は少ないはずです。

刺激的で波乱に満ちた人生よりも、先を見据えることができるような穏やかな人生を好みます。

仕事なら、公務員や一部上場企業など、倒産やリストラのリスクが少ない職業を好むことでしょう。

また、結婚相手を選ぶときも、相手への好きという感情だけで結婚することはなく、年収や年齢など、現実的な問題に目を向けて客観視してから決めていきます。

一時の感情に流されず、冷静に判断して行動する人が多いです。

3. 青い服を好む人の特徴「戦略家」

青い服を好む人の特徴「戦略家」

青い服を好む人は戦略家であることが多いです。

感情的に行動することが少なく、必ず客観視しながら行動を起こします。

失敗することを嫌うため、物事を始める前には、入念なリサーチやその後の進展の予想などをして、ありとあらゆるケースを考えて、戦略を練っていきます。

計画性の高い人なので、無鉄砲な行動を起こしません。

無理はせずに、できる範囲のことを着実にこなしていきます。

慎重に行動していくため、借金地獄に落ちてしまったり、ギャンブルに身を投じて破産したり、好きな人ができて駆け落ちしたりするといった、人生の過ちを犯しません。

謙虚に、そして周りの人に歩調を合わせながら、生きていきます。

刺激的な人生を好まないため、考え方も固く、真面目すぎるところがあります。

お付き合いすると、面白みに欠ける、つまらない印象をもつ場合もあるかもしれません。

4. 青い服が似合う人の特徴「知的でクールな人」

青い服が似合う人の特徴「知的でクールな人」

青い服が似合う人といえば、知的でクールな人です。

青色は水を連想させる色であり、水には冷たいというイメージがつきものだからです。

水のように冷めている印象をもたらす青色は、熱くなることのない、クールでドライな人を連想させます。

また、クールで客観視できることから、感情に流されることのない知的さを感じることができます。

青い服は、熱い闘志に燃えるような熱血な人には似合いません。

いつもどこか冷めている印象があり、必死に生きているというよりは、ゆとりのある生き方をしている人が似合います。

また、子供のような無邪気な心も持つ人よりも、自分の感情を露わにしないような大人の雰囲気の人の方がよく似合う傾向があります。

可愛いというよりも格好良いという雰囲気を身に纏っている人が似合う服です。

5. 青い服は無難を好む人に人気

青い服は無難を好む人に人気

青い服は無難を好む人に人気です。

無難な人とは、刺激的な人生、あるいは情熱的な人生よりも、現実的で安定志向の高い人を指します。

夢を見ずに、ひたすら現実の中に身を置こうとするため、何かに熱中して我を忘れるといったことがない人です。

青い服は常に冷静さを感じる色であり、落ちついた色合いからは刺激よりも落ち着きを感じます。

青い服は無難な人の性質を現すかのような色をしているため、自分の意思に近い性質をもつ青色に、親近感を感じ、好感を持つことが多いのです。

また、青い色は大自然を彷彿とさせる色であり、自然と人の心を和ませる効果をもたらします。

そのため、青色が好きな人は他の色に比べて多い傾向があり、万人受けする色であるとも言えます。

こうした意味からも、なにかと無難を好む人には敵を作らない、無難な色として、受け入れられている傾向があります。

6. 青い服を着るの心理『いつも慎重でありたい』

青い服を着るの心理『いつも慎重でありたい』

青い服を着ている人は、いつも慎重に行動する人が多いです。

先の読めない冒険をすることに恐れを抱き、リスクのない、安定した生活を望みます。

自分の好きなことに熱中し、思うがままに生きることよりも、無理なことをして失敗して苦しむことを嫌う方が先に立ちます。

自分が本当にやりたいことがあったとしても、そこにリスクがあるのなら、決してその道を選ぼうとはしません。

自分の生きたいように生きる喜びよりも、失敗のない確かな道を好み、そういった人生を望みます。

自分を見失って正確な判断ができなくなることを恐れ、冷静に日々を過ごしていきたいと思っています。

7. 青い服を着るの心理『青が大好き』

青い服を着るの心理『青が大好き』

青い服を着る人は、単純に青が大好きだという理由で着ていることも多いです。

青色は大自然を彷彿とさせる色のため、無意識に青色を見ると、心が落ち着きます。

そのため、自分では青色がなぜここまで好きなのか理由は分からないけど、無意識のうちに好きになってしまうことが多い色なのです。

青が大好きだという人は、他の色に比べると多い傾向があります。

どんな人であってもウケがよく、不快な印象をもたらしません。

青色は、強くて個性的な色とは違い、協調性を現す色でもあるため、比較的、どんな人でも受け入れやすい色でもあります。

そういったこともあって、なぜかは分からないけど、とにかく青が大好きだと感じる人はたくさんいます。

8. 青い服が与えるイメージ『好感度が上がる』

青い服が与えるイメージ『好感度が上がる』

青い服を着ると、好感度が上がると言われています。

というのも、青色がもたらすリラクゼーション効果と、青色が持つイメージが良すぎるからです。

青色には大自然がもたらすヒーリング効果に似た効果があるため、人の緊張感をほぐし、癒して快適さをもたらす働きをします。

と同時に、青色は気品を感じさせる色でもあり、清楚で控えめな印象や謙虚さを感じさせます。

このダブルの効果によって、青い服を着る人をみると、その人のイメージがかなり良くなる傾向があります。

好感度が上がり、人に良い印象をもたらすことができるでしょう。

万人受けする色のため、老若男女問わず、青い服を選べば、幅広い人に指示されることでしょう。

目立つことを避け、どこか控えめで周りに合わせてくれそうな青色は、どんな人でも受け入れてくれる許容の広さを感じさせる色でもあります。

青い服を着れば、どんな人であっても、かなりの高い確立で良い印象に映ることでしょう。

9. 青が好きな人の性格

青が好きな人の性格

青が好きな人は知的なことを好み、真面目に生きることを選択する人が多いです。

乗り越えなくてはならない問題があれば、それを放棄することなく、我慢強く耐えて乗り越えようとします。

与えられた仕事は責任をもって最後までやり遂げる信頼のもてる人が多いです。

人間的にバランスのとれている人が多く、周りに配慮して、様々な人に気を配りながら過ごすことができます。

気配り上手で責任感が強いため、縁の下の力もち的な役割を果たす人が多いでしょう。

リーダーがどんな個性の持ち主であっても、変幻自在に合わせて、うまく付き合える人が多いです。

また、知的探求心にあふれ、常に学ぶ姿勢を身に着けています。

何歳になっても、時代に取り残させることはなく、勉強して新しい文化や技術を身に着けていこうとします。

10. 青い服のコーデで気を付けること

青い服のコーデで気を付けること

どんな色でも相性の良い色もあれば、悪い色があります。

青色と相性の良い色とは何色なのかといえば、黒や白、ライトグレーといった色です。

青色は自然にもある色のため、雲を連想させるような黒や白、グレーと合わせても違和感なく受け止めることができます。

また、青色は柄物ではなく、無地のものを選ぶとグッと良さが引き立ちます。

柄などが入ると、どうしても柄に囚われてしまいがちで、青色のもつクリーンで知的なイメージが引き立たなくなってしまいます。

柄のない青色の服を着ることで、青色のもつ魅力を最大限に相手に感じさせることができ、好印象を残すことができるでしょう。

また、個性を現したいのなら、小物に柄を取り入れると良いです。

青色は個性が強くない色のため、ヒョウ柄やゼブラ柄など、どんな柄とでも相性が良く、合わせやすいです。

また、小物に柄を取り入れることで、オシャレ度をアップさせることができます。

まとめ

青色は、人から好かれる最強の色であることが分かりました。

お見合いや演説など、自分をよく見せたいときに青い服を選ぶと、うまくいくかもしれません。

中身が大事だというけれど、人間関係にはその人のもつイメージも大事です。

同じことをしてもイメージが悪いと、全てにおいて悪くとられてしまう傾向があるため、人に良い印象をもたらす青色は、対人関係を良好にする潤滑油のような存在の色だともいえます。

また、着ている本人にとっても、集中力が高まり、イライラすることなくストレスを発散できる色のため、いいこと尽くしです。

青色は、その人の人生をより良い方向へと導いてくれる色です。

青色にはどんなイメージを抱きますか?

青空、青い海、青々と茂った木々…のように大自然の恵みを彷彿とさせる色であったり、暗い色でもなく、かといって明るい色でもない、どちらともいえない神秘性を秘めた色でもあります。

そんな、神秘性を秘めた青色について詳しく迫っていきます。

青色がもたらす心理的効果や青色が好きな人の特徴、または心理などについて詳しく見ていきましょう。


青い服の心理的効果

青い服を着ると、人にどんな心理効果をもたらすのでしょう。

青色は、青い海や青い空などの大自然を連想させることからも分かるように、人に癒しの効果を与える力を持っています。

ビルの多い雑踏の中にいると、知らず識らずのうちに緊張してストレスを感じるものですが、大自然の中にたたずむと、自然と体の緊張がほぐれ、癒されることがあります。

それこそが、大自然のもつ癒しの力です。

青い服は、この大自然をイメージする色であるため、青い服を着ると、大自然から癒しの力を与えられるかのようなヒーリング効果をもらうことができます。

また、癒されると、落ちつきが出るため、興奮を押さえて冷静さを取り戻してくれる色でもあります。

また、雑念を取り払い、集中力を高めたいときに、効果を発揮する色でもあり、何かと人に良い影響をもたらす色となっています。

青い服を好む人の特徴「安定志向」

青い服を好む人は安定志向をしている場合が多いです。

というのも、青色は癒しの色。

危険なリスクを伴うような人生を好まず、落ちつきのある人生を好む傾向があるからです。

人生で吉と出るか凶と出るか、分からないような賭けにでることを嫌い、常に安定した中にいて癒しのある落ちついた生活を送りたいと思っています。

青い服を好む人には、夢を追いかけるような人は少ないはずです。

刺激的で波乱に満ちた人生よりも、先を見据えることができるような穏やかな人生を好みます。

仕事なら、公務員や一部上場企業など、倒産やリストラのリスクが少ない職業を好むことでしょう。

また、結婚相手を選ぶときも、相手への好きという感情だけで結婚することはなく、年収や年齢など、現実的な問題に目を向けて客観視してから決めていきます。

一時の感情に流されず、冷静に判断して行動する人が多いです。

スポンサーリンク

1 / 5
記事の続きを読む

スポンサーリンク

※当サイトは占いやスピリチュアルに関連する記事を掲載するメディアサイトです。
掲載中の記事には効果や効能に根拠がない物、証明されていない場合もありますのでご注意下さい。
また当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害について、運営者は一切の責任を負いません。
この記事は2018年10月16日に更新されました。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

無料占い