占いの意味や夢の意味・心理や数字はどんな意味?SPITOPIは「占い」であなたの深層心理に迫ります。

 

運勢・占い・心理の秘密


https://spitopi.com/blog/20180213151106.html
瞑想のやり方や効果など徹底解剖

瞑想のやり方や効果など徹底解剖 | SPITOPI

SPITOPI
瞑想のやり方や効果など徹底解剖

スポンサーリンク

瞑想とは心を静かな状態に保ち神に祈ったり、集中を高めたり、無心になること、思いを巡らすことなどをいいます。

瞑想をすることによって得られる効果や瞑想の方法などをまとめてみました。

リフレッシュしたい方にぜひおすすめです。

それでは早速見ていきましょう。

  • 瞑想の方法【何も考えずゆっくり呼吸を整える】
  • 瞑想の方法【始めは短時間からで構わない】
  • 瞑想の方法【思考をストップさせる】
  • 瞑想の方法【呼吸に意識を集中させてリラックス状態を作る】
  • 瞑想の効果【心配や不安から解き放たれる】
  • 瞑想の効果【集中力がアップする】
  • 瞑想の効果【創造性を高めることができる】
  • 瞑想の効果【頭の中がすっきりする】
  • 瞑想の効果【ストレスが感じにくくなる】
  • 瞑想の効果【嫌な感情をリセットできる】
  • 瞑想の効果【睡眠の質の向上】
  • 瞑想の効果【直感が鋭くなる、冴える】
  • 瞑想の効果【緊張しにくくなる】
  • まとめ

1. 瞑想の方法【何も考えずゆっくり呼吸を整える】

瞑想の方法【何も考えずゆっくり呼吸を整える】

瞑想というと、宗教家の人やスピリチュアルに傾倒している人がやっているイメージが強く難しく感じるかもしれません。

ですがそんなに堅苦しく考えることはありません。

リフレッシュ方法の一つ、気分転換、または自分の心の状態を整えるためにエクササイズと思って気楽に始めてみてください。

瞑想とは一言で言えば「思考を無の状態にする」ことが目的ですから、まずは何も考えずに目を閉じてリラックスして始めてください。

椅子でも床でも構いません。

ゆっくりとした気分でまず呼吸を整えていきましょう。

自分の呼吸に意識を集中させて吐いて、吸って、を繰り返し心を徐々に落ち着けていきます。

2. 瞑想の方法【始めは短時間からで構わない】

瞑想の方法【始めは短時間からで構わない】

瞑想をするのはいつがいいのかと言えば、これは本人の自由です。

空いた時間でも構いませんし、朝、晩と二回セットにしても構いません。

また最初から20分、30分と長時間続けるのは難しいかもしれません。

集中力が途切れたり、ただ退屈に感じるだけかもしれません。

始めは5分くらいからでもいいのです。

まずは短時間からで、慣れていくようにしましょう。

短時間でもいいのでできたら毎日続けることが望ましいです。

慣れていくうちに、自分に適した瞑想時間がわかってくるでしょうし、習慣化していきます。

3. 瞑想の方法【思考をストップさせる】

瞑想の方法【思考をストップさせる】

瞑想をしていて、思考をストップさせて無になろうとします。

ですが、次から次に考え事が浮かんでくることでしょう。

これは当たり前のことですから大丈夫です。

その思考が波のように押し寄せてくる状態を客観的にとらえてください。

過去の嫌だった事、恥ずかしかった事、頭にきた事などが次から次に浮かんできても瞑想を嫌にならないでください。

様々な思考が大波、小波のように押し寄せてそれぞれがぶつかりあって一瞬「無」の状態を感じることができるようになります。

集中力が途切れたらはっと元に戻りますが、無の状態を経験できることでしょう。

4. 瞑想の方法【呼吸に意識を集中させてリラックス状態を作る】

瞑想の方法【呼吸に意識を集中させてリラックス状態を作る】

瞑想をしていると最初は雑念、特にネガティブな事が押し寄せてくるかもしれませんが、そう言った時は何か言葉を唱えるとか、自分の呼吸に意識を集中させるなどして、心地よいリラックス状態を作るようにイメージをしてください。

様々な思考が押し寄せてくるからといって瞑想が失敗というわけではありません。

自分がストレスを感じていたこと、疲弊していたことに改めて気がつける、自分の内面と向き合えるので大事なプロセスです。

瞑想に慣れてくれば自分の呼吸に意識を集中させて無の状態を作り出し、気持ち良くリラックスできることが実感できるでしょう。

ぜひそういった状態を作り出すべく瞑想習慣を取り入れてみてください。

5. 瞑想の効果【心配や不安から解き放たれる】

瞑想の効果【心配や不安から解き放たれる】

誰にでも簡単にできる瞑想の方法を紹介しました。

難しく考える必要はなく自分がリラックスできて心地良いと感じることができればいいのです。

さて瞑想には様々な良い効果があるといわれています。

まず瞑想の効果で得られるものは心の安定です。

日頃からネガティブ思考にとらわれやすい人、人からの悪意のオーラを受けやすい、感じ取りやすい敏感体質の人などは心配事、不安がそうでない人より圧倒的に多いでしょう。

瞑想をすることによって自分の心を上手にコントロールできるようになれば、心配や不安を感じにくくなります。

リラックス状態を自分で作り出すことができるという安心感、自信が、心配や不安から解放してくれるのです。

6. 瞑想の効果【集中力がアップする】

瞑想の効果【集中力がアップする】

日頃、あれもしなければ、これもしなければ、忙しい毎日を送っている人ほど瞑想する時間をあえて作って欲しいのです。

身体の疲れには皆気を使うのですが、脳の疲れには無頓着な人も多いのです。

仕事や用事に追われた生活をしていると体も疲れますが、それ以上に脳も疲れています。

瞑想をすることによって思考を一旦停止して無心になる状態を作ります。

瞑想する時間は人それぞれ違いますが、30分でも瞑想してリラックスすれば、気分がすっきりしてその後の仕事に対して集中力がアップすると感じることができるでしょう。

7. 瞑想の効果【創造性を高めることができる】

瞑想の効果【創造性を高めることができる】

瞑想の効果に自分自身の創造力を豊かにすることができます。

一つのことを続けていますと、アイデアが尽きたり、新しいことを考えることがもうできないと壁にぶつかることがあります。

そういったスランプ状態はどのような人であれ経験することはあるのではないでしょうか。

煮詰まった状態を解消させるために気分転換に出かけたり、身体を動かしたりといった方法を試す人もいますが、それ以上に簡単で効果があると言われるのが瞑想なのです。

長時間でなくても構いません。

10分程度の瞑想でも十分に効果が得られるのだといいます。

心がリラックスして、ポジティブな状態に戻ることが多く、不安、心配、苛立ちといった感情が少なくなります。

8. 瞑想の効果【頭の中がすっきりする】

瞑想の効果【頭の中がすっきりする】

何だかいつも疲れているような気がする、すっきりしない、どんより状態という人は脳疲労を起こしている可能性もあります。

身体をさほど使わないデスクワークなので「疲れないはずなのに疲れている」と思っている人は注意してください。

身体は疲れていなくても脳が疲れているかもしれません。

沢山の資料を読んだり、電話、メール、事務処理と対応に一日中追われて脳は休みたいと思っているかもしれません。

脳の疲労をとるのに一番効果的なのは睡眠をしっかりとることです。

それともう一つ同じように効果があるのが瞑想といわれているのです。

瞑想であれば仕事の休憩中でもできます。

ぜひ取り入れることをおすすめします。

5分でも瞑想して思考をストップさせて無になることで頭の中がすっきりしてきます。

できたら自宅で朝、夜も時間をとって瞑想するとなおいいでしょう。

9. 瞑想の効果【ストレスが感じにくくなる】

瞑想の効果【ストレスが感じにくくなる】

瞑想中は、様々な思考が押し寄せてくるのですが、客観的にそれを受け止めていく感じで最終的にはリラックス状態で無心になることを目指します。

日々の生活はストレスの原因になることが多くあるでしょう。

瞑想をすれば嫌な事も沢山浮かんできて自分が何に対して不愉快に感じるのか、辛いのかといったことも冷静に向き合うことになります。

ですからトラウマが多い人は最初は瞑想が辛いと感じるかもしれません。

ですが、自分の内面と向き合って一つ一つクリアにしていく作業を続けることでメンタルが強くなっていきますし、自分の感情をコントロールすることもできてくるのです。

結果的にストレスと感じることも上手に処理できるようになり、それまでよりストレスを感じにくくなる効果が得られます。

10. 瞑想の効果【嫌な感情をリセットできる】

瞑想の効果【嫌な感情をリセットできる】

瞑想をしていると、嫌な感情が浮かんできても、それを客観的に観察するという状態になります。

そのうちに様々な感情同士がぶつかり合い消えていきます。

結果的に瞑想後は嫌な気持ちが消えて心が軽くなったと感じる人が多いです。

もちろん、厳しい現実、状況はそのままで劇的に好転することはないのですが、自分の気の持ちようが変わるのです。

11. 瞑想の効果【睡眠の質の向上】

瞑想の効果【睡眠の質の向上】

寝る直前の瞑想も大変おすすめです。

その理由は寝る前の瞑想によって得られる効果が沢山あるからです。

なかなか寝付けない体質の人が瞑想をすることによって寝つきが良くなったと感じることが多いです。

瞑想では自分の呼吸に意識を集中させます。

深く息を吸って吐くを繰り返すことで気持ちが落ち着き、副交感神経が優位になって睡眠に適した状態になってくれます。

また寝つきが悪い人というのはそのこと自体が大きなストレスとなっていませんか。

「眠れなかったらどうしよう、明日は早いのに」そう焦れば焦るほど寝つけない、イライラ、時間ばかりが過ぎていくといった状態です。

そのストレス自体も瞑想をすることで解消できるのでまさに一石二鳥です。

12. 瞑想の効果【直感が鋭くなる、冴える】

瞑想の効果【直感が鋭くなる、冴える】

瞑想に慣れてきて、毎日ある程度の時間をかけるようになりますと、深い瞑想状態に入ることがあります。

そうなりますと、顕在意識(表面的な意識)が停止状態、無心になれます。

こういった時に潜在意識からのメッセージ、アイデア、直感が感じやすい状態になるのでしょう。

スピリチュアル的なことに興味がない人は信じがたいことかもしれませんが、直感というのは誰にも本来備わっている能力です。

瞑想によって直感が鍛えられて鋭くなるという効果を感じとる人はいます。

むしろ直感を鍛えるために瞑想をするという考え方の人もいます。

13. 瞑想の効果【緊張しにくくなる】

瞑想の効果【緊張しにくくなる】

人前に出るとあがってしまって態度がおどおどしてしまう、発言もしどろもどろになるという人ほど瞑想がおすすめです。

自分の思考を客観的に感じることで落ち着きを取り戻します。

良く見せたい、失敗したら恥ずかしい、そのような感情は人に対してどう思われるかということを気にしているから起こるもの。

瞑想をすることによって意識を自分の内側に向けるようになれば人のことなどそれほど気にならなくなってきます。

また人から受けるストレスにも強くなります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

瞑想の効果、方法をまとめて紹介しました。

どこか難しいイメージがある瞑想ですが、簡単にできるリラックス方法ととらえて始めてみてください。

ただ注意点は継続することに意義があるということです。

短時間でも続けることを心がけてください。

無心になる状態も大事ですが、自分自身がリラックスして心地良いと感じることができればいいのではないでしょうか。

瞑想とは心を静かな状態に保ち神に祈ったり、集中を高めたり、無心になること、思いを巡らすことなどをいいます。

瞑想をすることによって得られる効果や瞑想の方法などをまとめてみました。

リフレッシュしたい方にぜひおすすめです。

それでは早速見ていきましょう。


瞑想の方法【何も考えずゆっくり呼吸を整える】

瞑想というと、宗教家の人やスピリチュアルに傾倒している人がやっているイメージが強く難しく感じるかもしれません。

ですがそんなに堅苦しく考えることはありません。

リフレッシュ方法の一つ、気分転換、または自分の心の状態を整えるためにエクササイズと思って気楽に始めてみてください。

瞑想とは一言で言えば「思考を無の状態にする」ことが目的ですから、まずは何も考えずに目を閉じてリラックスして始めてください。

椅子でも床でも構いません。

ゆっくりとした気分でまず呼吸を整えていきましょう。

自分の呼吸に意識を集中させて吐いて、吸って、を繰り返し心を徐々に落ち着けていきます。

瞑想の方法【始めは短時間からで構わない】

瞑想をするのはいつがいいのかと言えば、これは本人の自由です。

空いた時間でも構いませんし、朝、晩と二回セットにしても構いません。

また最初から20分、30分と長時間続けるのは難しいかもしれません。

集中力が途切れたり、ただ退屈に感じるだけかもしれません。

始めは5分くらいからでもいいのです。

まずは短時間からで、慣れていくようにしましょう。

短時間でもいいのでできたら毎日続けることが望ましいです。

慣れていくうちに、自分に適した瞑想時間がわかってくるでしょうし、習慣化していきます。

スポンサーリンク

1 / 6
記事の続きを読む

スポンサーリンク

※当サイトは占いやスピリチュアルに関連する記事を掲載するメディアサイトです。
掲載中の記事には効果や効能に根拠がない物、証明されていない場合もありますのでご注意下さい。
また当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害について、運営者は一切の責任を負いません。
この記事は2018年10月16日に更新されました。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

無料占い