占いの意味や夢の意味・心理や数字はどんな意味?SPITOPIは「占い」であなたの深層心理に迫ります。

 

運勢・占い・心理の秘密


https://spitopi.com/blog/20180213094458.html
流し目の仕方|するときの心理

流し目の仕方|するときの心理 | SPITOPI

SPITOPI
流し目の仕方|するときの心理

スポンサーリンク

流し目や伏し目をするのは、どのような心理によるものなのか、その原因を探りつつ、実践法をご紹介します。

  • 流し目とは?
  • 流し目のやり方
  • 「流し目」に色気を感じる理由
  • 流し目をする心理【好意がある】
  • 流し目をする心理【避けている場合】
  • 流し目をする心理【視線に入っただけ】
  • 流し目をする心理【恥ずかしさが交錯】
  • 流し目をする心理【第三者を気にしている】
  • 流し目をする心理【横顔に自信がある】
  • 流し目をする心理【怯えている】
  • 伏し目とは?
  • 伏し目のやり方
  • 伏し目をする心理
  • 流し目、伏し目は特に色気が出る
  • まとめ

1. 流し目とは?

流し目とは顔の正面を相手に向けずに、視線だけを投げかける目の動きのことを示しています。

基本的にはドラマやアニメの世界でも、恋愛的な好意を持っている心理状態を表していたり、セクシーな魅力を振りまく時に、そのような視線を効果的に用いることで知られています。

またそのような目の動きは第三者からも見えるため、三角関係の嫉妬を表現するために用いられることもあります。

またネガティブな意味においては、顔を向けたくもない相手に対し、睨むような感情を投げかける時に、流し目になることがあります。

その際は少し顎を上げるような格好になることが多いです。

2. 流し目のやり方

流し目のやり方は、体の正面はまっすぐ前を向いた状態で、自分の眼球がきつくない程度の角度から、対象となる相手に視線を投げかけます。

視線は比較的低めにする方がまつ毛の状態も美しく見え、相手にセクシーな印象を与えることができます。

また相手と目が合っているかどうかの問題ですが、こちらの流し目に気づいて相手もこちらを見ているようであれば、そのまま見続ける勇気があれば、視線をそらさないのが好ましいですが、緊張してそらしてしまったとしても、相手にとって気になる存在になることができますので、それはそれで効果的と言えます。

視線をそらす時は、下にそらすようにしましょう。

3. 「流し目」に色気を感じる理由

流し目に色気を感じる理由は、普段の目の印象とは違う一面を、自分のためだけに見せてくれたと感じさせる要素があります。

人間はギャップに特別な感情を抱く生き物ですので、だんだんの視線とは違う空気を感じるその眼差しに、ドキッとさせられることは自然なことです。

また流し目にすることで、目の白い部分も見えるので、目がより輝いて見えることがあり、そうした視覚的効果によって、普段の印象よりも艶めいて見えることがあります。

さらに言えば、流し目の状態をキープすることで目が疲労するので、うるうるとした輝きのある瞳の印象を相手に与えることができます。

4. 流し目をする心理【好意がある】

人間が意図的に流し目をする心理の一つとして、相手に好意はあることが挙げられます。

他の人にはそのような視線は絶対に投げかけないことから考えても、その人だけを特別視していることを伝えようとしていることがわかります。

基本的に人間は、眼球だけが動くのではなく、見たい対象がある方向に顔を向ける性質がありますので、流し目の状態というのは不自然な状態にあることを意味しますが、そのような状態をわざわざ作るということは、そこに明確な意図がある可能性が高いです。

明らかに睨んでいるわけでもない限りは、好意を感じさせるための視線と考えて良いです。

5. 流し目をする心理【避けている場合】

対面する人に苦手意識を持っている場合は、避けたい気持ちから流し目になってしまうことがあります。

それは少しでも早くその場から去りたい気持ちが先行してしまうことが原因となっており、早く会話を切り上げて立ち去りたい気持ちがそのような視線を作っています。

特に感情が顔に出てしまうタイプの人は、このような傾向が顕著に表れ、第三者の友人が思わずニヤついてしまうほど、相手に対する嫌悪感が現れます。

これは意図的にそのような感情を示している場合もありますし、無自覚にそのような目線になっている場合もありますが、いずれにしても相手を避けるための流し目というものは存在します。

6. 流し目をする心理【視線に入っただけ】

基本的に流し目は、恋愛感情がある心理を表しているとしましたが、一方で単純に誰かが視線に入っただけのケースもあり、相手を勘違いさせてしまう原因となる場合もあります。

特に相手が自意識過剰なタイプだと、前向きに勘違いをされることがありますし、夜の繁華街などでは、ナンパのとっかかりにされないように注意が必要です。

特に近眼の人は、何気なく遠くを眺めていることで偶然の流し目を作ってしまいがちですし、場合によってはそのような流し目のせいで勘違いする人が大量発生し、思わせぶりな人としてレッテルを貼られてしまいますので、気をつけてください。

7. 流し目をする心理【恥ずかしさが交錯】

流し目をする心理のひとつに、相手の顔を見たい気持ちと、自分が見ていることを気づかれたくない恥ずかしさが交錯している時、双方の心理に引き裂かれるような形で、流し目状態となってしまうことがあります。

このような心理から作られる流し目は、おっかなびっくりな感じで視線を投げかけるため、相手に挙動不審な印象を与えてしまうこともあるので、特に男性は注意が必要です。

純粋な恋愛の気持ちであっても、相手が受け取る印象は、陰湿なストーカーのような視線だと感じさせてしまうのは、残念なことですので、できるだけ自分の態度を明確に示しましょう。

8. 流し目をする心理【第三者を気にしている】

真正面を向いた状態で目だけを横に動かす流し目は、第三者に自分がその人を見ていることを気づかれたくない心理から、そのような視線になることがあります。

例えば恋のライバルが同じ場所にいる時など、自分も好きなことを知られているライバルに監視されていないかという気持ちから、まともに見ることができず、ライバルの監視の一瞬の隙を突いて、チラッと流し目を作ることになります。

まるでスパイのようなそのような視線は、他の第三者から見れば逆に目立つため、その視線の先が誰なのかをチェックされることで、気になる人がバレてしまうことがあります。

9. 流し目をする心理【横顔に自信がある】

SNSの写真などでも、常に同じ方面の顔を向けて写真に写る人がいますが、横顔に自信がある人は好きな相手と接する時、そちらの顔を向けるようにして話すため、自然と流し目になることがあります。

好きな相手にはできるだけ魅力的に思われたいと考えるのは自然なことですので、正面よりも自信のある角度で自分を見てもらいたいと願う乙女心を、嘲笑うことはできません。

よほどわざとらしい流し目にならない限り、そのような小さな努力が実を結ぶこともありますので、本気で好きになった人に対しては、流し目の効果も含め、あらゆる手段を投じましょう。

10. 流し目をする心理【怯えている】

流し目をする残念な心理の一つとして、その人の動向が気になって怯えている気持ちが反映されていることがあります。

電車の中に挙動不審な人がいたり、いつキレるかわからない高圧的な先輩と同席しているときなど、まともに顔を向けて見てしまえば、何見ているんだと恫喝されかねないため、流し目でその人の動きをチェックすることになります。

このようなケースの流し目に、恋心が含まれているはずがありませんので、ポジティブな使い方の流し目とは明確に差別化する必要があります。

目の動きはほとんど同じなのに、真逆の心理が内包されているところが、流し目の面白いところです。

11. 伏し目とは?

伏し目とは視線を下に落とした状態を示しており、対面している場合は、相手が見えない状態まで目線を下げることを表しています。

人間が伏し目を行う心理的背景には、相手に恥ずかしい気持ちや、後ろめたい気持ちが含まれており、その時の状況によってほぼ無自覚にそのような目の動きをします。

具体的に言えば、武道館を満員にするようなカリスマ性のある歌手にサインをもらう時など、自分のような人間と目を合わせていただくなんて申し訳ないという相手を敬う気持ちや、親友の恋人と浮気してしまった時など、合わせる顔もないときなどに、伏し目となります。

12. 伏し目のやり方

伏し目のやり方は、シンプルに視線を下に下げれば良いのですが、恋愛感情を相手に示す場合は、そこに流し目の要素も取り入れ、斜め下を見ることをお勧めします。

そうすることで相手に照れている気持ちと謙虚さを印象づけることが出来ます。

自分と両思いだと確信している相手でも、そっちも自分に惚れているんだろうと余裕の表情を示すよりも、伏し目を効果的に取り入れることで、付き合ってもらえるのか不安でたまらないという印象を相手に与えた方が、相手の能動性を引き出すことができますので、相手から告白されたい人は、是非活用してみてください。

13. 伏し目をする心理

伏し目をする心理にはいくつかありますが、基本的には対面する人の影響力が大きいがために、視線が下に下がってしまうという心理状態を表しています。

それがプラスに働いている場合は、自分にとって畏敬とすら感じさせる大きな存在に対し、謙虚な気持ちを示していますし、恋愛においても絶大な効果を発揮します。

特に男性は自分から女性を追いかけたい習性がありますので、目を合わせない事で追いかけたくなる心理を煽ることができます。

また一方でネガティブな意味で伏し目をする心理には、恐怖に怯える気持ちや後ろめたい気持ちが反映されることが多いです。

14. 流し目、伏し目は特に色気が出る

流し目や伏し目に人間の色気が宿ることは、そのような描写が歌舞伎などの伝統芸能の世界でも効果的に用いられてきたことからもわかるように、古来から人間が活用してきた普遍の感情表現と言えます。

男性が化粧を施し、女性の心理描写を表現する女形の世界でも、流し目や伏し目は女性の色香を表現する重要な場面で用いられ、台詞のない場面でも女性の心境の変化を見事に伝えることができます。

仮に自分の恋人が他の異性をそのような視線で見ていることを想像すれば、それが喧嘩の原因となりえることから考えても、そうした視線には異性に色気をアピールする力があることがわかります。

まとめ

流し目や伏し目に関する様々な考察をまとめてみました。

これらの視線の意味や、相手への伝わり方を知ることで、正しい使い方をマスターすれば、気になる相手を恋人候補として意識させることができますので、うまく活用しましょう。

※当サイトは占いやスピリチュアルに関連する記事を掲載するメディアサイトです。
掲載中の記事には効果や効能に根拠がない物、証明されていない場合もありますのでご注意下さい。
また当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害について、運営者は一切の責任を負いません。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

無料占い