占いの意味や夢の意味・心理や数字はどんな意味?SPITOPIは「占い」であなたの深層心理に迫ります。

 

運勢・占い・心理の秘密


https://spitopi.com/blog/20180213094426.html
後悔を乗り越える方法

後悔を乗り越える方法 | SPITOPI

SPITOPI
後悔を乗り越える方法

スポンサーリンク

自分が失敗をして後悔を一度もしたことの無い人はいないでしょう。

「後悔先に立たず」とは、よく言ったもので、「あの時こうしていば・・・」と落ち込んだり、イライラしたり、クヨクヨしたりするのは、人間としての性なのでしょう。

そうして、その後悔を人の所為にせず、上手に乗り越えられたら、人は一回り成長しているのでしょう。

ですから、後悔するようなことをしてしまうのも、後悔に対してどう対処するか、その総てを「人生勉強」と捉えるべきではないでしょうか? 後悔に押しつぶされずに、踏ん張って乗り越える方法を見てきましょう。

  • 忘れてもいい後悔の種類
  • 忘れたらダメな後悔の種類
  • 後悔を乗り越える方法【現実を受け入れる】
  • 後悔を乗り越える方法【後悔したことから失敗を学ぶ】
  • 後悔を乗り越える方法【泣きたいなら号泣する】
  • どうにもならない後悔は忘れる
  • 今からでもできるなら行動する
  • 後悔を忘れる方法【時間に身を任せる】
  • 後悔を忘れる方法【新しい目標に向かって取り組む】
  • まとめ

1. 忘れてもいい後悔の種類

忘れてもいい、または忘れた方が良い後悔というものがあります。

それは、「○○すれば良かった」というものと、「やってみたけどダメだった、それなら○○すれば良かった」という2つです。

初めの「○○すれば良かった」というのは、もうその時は過ぎてしまいました。

どんなにああすれば良かった、こうすれば良かったと悔やんでも、どうすることも出来ません。

過去は変わらないのです。

考えるだけ時間の無駄です。

また、後者の方は、あなたはその時、自分なりに考えて行動したのです。

ただ、それが満足のいく結果に終わらなかったということ。

あなたが行動したことはとても良いことだったのです。

それでも結果がダメだったのなら、あなたは次回はこうしてみようという考えを持てた、という貴重な"人生勉強"をしたのです。

これらはもう過去のこととして、なるべく早く忘れましょう。

2. 忘れたらダメな後悔の種類

こちらは反省が必要なケースです。

内容としては、自分が原因で起こしてしまった失敗、そして、それが周囲にも迷惑を掛けてしまった場合です。

これは軽々に忘れ去ってはいけません。

嫌な思い出ですが、忘れてしまったら、また同じことを繰り返す恐れがあるからです。

そのことをしっかりと反省し、二度と繰り返さない様にすることを心にしっかり刻み込みましょう

そうすれば、同じことをする心配はありません。

そして、意識下にその反省が植えこまれたら、もうその事を日々思い出すようなことは止めましょう。

もう、そのことは自分の気持ちの中で乗り越えましょう。

そうしないと前へ一歩も進めなくなってしまいます。

3. 後悔を乗り越える方法【現実を受け入れる】

後悔を乗り越える上で、一番難しいのが、この「現実を受け入れる」と言う点でしょう。

後悔の原因となっていることを受け入れるということは、自分が犯した失敗をその通りに受け入れなければなりません。

自分の悪かった点も認めなければなりません。

でも、いくら弁解してももう仕方の無いことです。

過去のことですから、客観的になって当時のことを見、自分の行動のどこがいけなかったのかをしかっかり見極めましょう。

それが出来れば、後は後悔を乗り越えることに慣れて行きます。

原因をどうしても受け入れられないうちは、まだあなたがそのことに拘り過ぎているということです。

気持ちがネガティブなままなので、先へ進もうとする気持ちになれていないのです。

言霊ではありませんが、人生は「こうなる」「こうしたい」と思えば、段々とそちらの方へ向かって行くから不思議です。

前向きの姿勢で自分の人生を思い描くことはとても大切なことなのです。

その為にも、早く現実を受け入れ、そして、これも自分自身が招いたものだと認識することが大切です。

4. 後悔を乗り越える方法【後悔したことから失敗を学ぶ】

後悔するようなことがあっても、それをきちんと反省して乗り越えていけば、あなたは人生経験をどんどん積んで、これからの人生にそれらを活かしていくことが出来ます。

後悔=反省です。=よりは≠ではないでしょうか。

何の苦労もしたことの無い人は、ある程度の年齢になってから初めて失敗すると、その分立ち直りも心の傷も深くなりがちです。

あまりに順風満帆な人生よりも、何度か挫折を経験した方が、人間的にも強くなれます。

絶対後悔しない人が強いかというと、そうではありません。

逆に小心者で、責任感が無いので、「自分は悪くなかった」で済ませているだけかもしれません。

これでは、そのうち周囲からの信用も失ってしまいます。

失敗には人生における教訓が沢山含まれています。

落ち込んでいないで、教訓をしっかり受け止めましょう。

5. 後悔を乗り越える方法【泣きたいなら号泣する】

後悔している時、なかなか気持ちの切り替えが出来ない場合は、きちんと反省が出来ていない証拠です。

でも、若いうちは経験も乏しいので、後悔するようなことをしてしまったら落ち込むのは当たり前です。

でも、一人で落ち込んでいても気持ちはなかなか後悔を乗り越えることは出来ません。

泣きたかったら泣けばいいんです。

ちょっと泣いた位では忘れることは出来ないでしょう。

いっそもう、疲れてそのことを考えられなくなる位、号泣した方が良いです。

自分の気持ちを押し殺すことはいけません。

まず悲しい、悔しいのなら、涙を流していいではありませんか。

痛い時は痛い、泣きたい時は思いっ切り泣く、そうしてまず、自分の心を自分自身から解放しましょう。

自分の感情は自分で管理するしかありません。

カラオケで3時間歌いまくっても良いでしょう。

そうしてすっきりしたら、少し落ち着いて後悔していることを反省し、二度と同じ間違いはしないぞ!と決心する事です。

6. どうにもならない後悔は忘れる

これは、先程書いたように、○○すれば良かった、という後悔はすぐに忘れた方が良い、と同様に意味を持ちます。

例えば、後悔するようなことがあったとして、その相手がすれ違っただけの全く知らない人だったらどうでしょう? その人の電話番号も家も知りません。

もう一度会って話し合ったり、やり直したりが出来ない状況も世の中には沢山あるものです。

そういう類の後悔は、早目に忘れてしまうに限ります。

今度ああいうことがあったら、気を付けよう、という反省はしてもいいですが、今更どうしようもないことや偶発的なことに対しては後悔してもどうにもなりませんから、忘れるしかありません。

ネガティブ思考からは出来るだけ早く抜け出るのが一番です。

人間は常に前を向いて歩んでいく生き物なのです。

暗い気持ちで下を向いてばかりいては、幸運は逃げ去ってしまいます。

7. 今からでもできるなら行動する

「後悔先に立たず」でも、もし、あなたの後悔した出来事を今からでも修復出来るなら、勇気を出して取り組みましょう。

それは速いにこしたことはないでしょう。

遅れれば遅れる程、特に相手がいることの場合は取り換えしがつかなくなることが多いです。

修復出来ることは反省した後、勇気を出してもう一度やり直してみましょう。

それを繰り返しているうちに、後悔する頻度もどんどん減って行きます。

少しでも時間が経っていれば、物事を別の方向から見ることが出来ますし、客観性も持てるでしょう。

そうして冷静に後悔していることにもう一度チャレンジしてみましょう。

特に自分自身の将来に関わることなら、自分一人で考えることが出来るでしょう。

自分の生き方を最終的に決めるのは自分だけです。

ただ、その為のアドバイスを信頼出来る人から受けるのは良いことです。

人生経験が豊かな人に相談することで、自分の視野が狭かった事に気付くことも多いです。

また思いもしなかった良いアイデアを受け取ることも出来るでしょう。

そうした意見も参考にさせてもらえば、あなたにとっても最高の答えが出せるでしょう。

人間はいつでも、幾つになっても再スタートが出来るのです。

8. 後悔を忘れる方法【時間に身を任せる】

後悔だけでなく、人間良くしたもので、どんなことでも「時間が解決」します。

例え肉親を亡くしても、数年は悲しみに沈んでいるでしょうが、一生そのまま家から出ることすら出来ない状態で終わる人はまずいません。

それは肉親の死をその人が受け入れた瞬間に、心に余裕が出来るのです。

そして、それにはそれ相応の時間が必要となります。

後悔も同じことです。

最初はもう一度その人と顔を合わせるのもビクビクものかもしれません。

その時のショックが大きく、そのことについては考えたくないという気持ちになるのもよくわかります。

しかし、1週間、2週間、1ケ月、2ケ月と経つに連れて自分の気持ちに変化が現れてくるのが分かると思います。

特に、後悔したそのこと自体を思い出すことが少なくなってくるでしょう。

そして、日々の生活の忙しさにも紛らわされて、そのことを段々と忘れて行くようになるのです。

よく言う様に、「時間が解決する」ということを覚えておきましょう。

9. 後悔を忘れる方法【新しい目標に向かって取り組む】

後悔の念から少し立ち直れたら、次は新しい目標に向かって進みましょう。

後悔したこともあなたの人生勉強の1つです。

その内容に依っては、直ぐにも忘れて良いものもあるでしょうし、それをこれからの人生で活かせることもあるでしょう。

当然ですが、そして、残念ながら人間は過去を変えることは出来ません。

ですから「差し当たるそのことのみをただ思え 過去は及ばず未来知られず」という言葉があるのです。

過去をいつまでも引きづらず、未来をどうこう心配するのも取り越し苦労。

人間とは「今」というこの瞬間を精一杯心を込めて生きることが本来の生き方なのです。

ですから、後悔を速く乗り越え、自分が本来すべき仕事に誠実に取り組むのがベストの選択なのです。

誰にでも将来への夢があると思います。

「自分にはちょっと無理かな」と考えるのは、やってみてからのことにしましょう。

「今」、その事に取り組むことが出来るなら、今自分が努力出来ることを思いっ切りやりましょう。

自分が夢に思い描いたことなら、希望を持って取り組めるはずです。

まとめ

後悔を乗り越える方法を色々書いてきましたが、ただ一つ、してはいけないことがあるのは特筆しておきましょう。

それは、「自分は悪くない」という考え方です。

それはその件から逃げるだけで、これからの人生に何一つ活かすことで出来ません。

更に、こういう考え方の裏には罪悪感が伴うので、結局後悔を引き延ばすことになってしまいます。

しっかり反省し、どうしようもないことはサッパリ忘れて新しい人生を歩みだしましょう。

自分が失敗をして後悔を一度もしたことの無い人はいないでしょう。

「後悔先に立たず」とは、よく言ったもので、「あの時こうしていば・・・」と落ち込んだり、イライラしたり、クヨクヨしたりするのは、人間としての性なのでしょう。

そうして、その後悔を人の所為にせず、上手に乗り越えられたら、人は一回り成長しているのでしょう。

ですから、後悔するようなことをしてしまうのも、後悔に対してどう対処するか、その総てを「人生勉強」と捉えるべきではないでしょうか? 後悔に押しつぶされずに、踏ん張って乗り越える方法を見てきましょう。

記事の続きを読む

※当サイトは占いやスピリチュアルに関連する記事を掲載するメディアサイトです。
掲載中の記事には効果や効能に根拠がない物、証明されていない場合もありますのでご注意下さい。
また当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害について、運営者は一切の責任を負いません。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!